Dollarphotoclub_84763176

パート薬剤師の働き方 メリットデメリットからわかる自由な働き方とは

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師パートという働き方のメリット

薬剤師がパートで働くメリットは、自分の都合に合わせた時間の使い方をしやすいという点かもしれません。午前だけ、午後だけ、週3日休み等、自分の生活とのバランスを考えながら、勤務する時間を選べるのがポイントです。
また、結婚、出産を経て復職する際にも、パート勤務なら子育てしながらでも復帰しやすいという面があります。
更に、チェーン展開している調剤薬局やドラッグストアが勤務先であっても、パートは基本的に転勤がありません。残業も正社員と比べれば少なめなので、主婦薬剤師の場合、家庭との両立がしやすく、配偶者の理解も得やすいでしょう。

  ⇒こだわりの条件求人が調べられる

薬剤師パートという働き方のデメリット

パートで働くデメリットは、何よりもまず、正社員と比べると雇用が不安定だという点でしょう。正社員と仕事内容がほぼ同じ常勤パートや派遣薬剤師であっても、時給で働く場合は、給与や社会保険などの待遇面に正社員と差が見られます。産休や、育休などの制度も基本的に正社員に対するものですし、いざ辞める時にも退職金などほとんど見込めません。
また、管理薬剤師など、より責任ある仕事をしたいと考えている人は、パートのままではなれませんし、「勉強のための時間を作るため」「薬剤師の資格を活かして収入を得るのが目的」などと割り切らないと、物足りなく感じてしまう可能性はあります。

自由な働き方が薬剤師パートにはある

薬剤師求人を見ると、常勤薬剤師とパート薬剤師の募集があり、比較するとパートの方が勤務スタイルに幅があることがわかるはずです。子どもの時間に合わせる、扶養の範囲に収まるように収入を調整する、通勤に便利な近所の薬局やドラッグストアを選ぶなど、自由な働き方を選べるのもパートならではの働き方です。特に、結婚して子育て中の場合、パートであればシフトの融通が利きやすいので、気兼ねなく働けます。
ファルマスタッフは薬剤師の自由な働き方を可能にします無料登録で相談してみる

薬剤師パートの求人を探すには

病院や診療所も、薬局やドラッグストアも人が普段立ち寄りやすい場所にできるのが普通ですから、薬剤師の場合、家の近くでパートの求人が見つかる可能性は他の職業よりも高いと言えるかもしれません。
パートの求人は、折り込み広告や、調剤薬局、ドラッグストア、診療所のなどに貼られている求人ポスターなどでも見つかりますが、インターネットの転職サイトには薬剤師パートに特化したものもあります。そのようなところを利用すると、効率的に探すことができるでしょう。

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら