ダブルワークで二つの調剤を作るイメージ

調剤を行わない?!OTC薬剤師の仕事内容

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,OTCと薬剤師の関係とは

OTCはOver The Counterの略で、カウンター越しに販売するスタイルを意味することから、従来は大衆薬や市販薬と呼ばれていたドラッグストアや薬局で手に入る薬のことです。法律用語としては、一般用医薬品などと表現されていたものですが、2007年以降は医師の処方なしに購入できる医療用医薬品以外の薬品をOTC医薬品という名前に統合しています。
このOTC医薬品は医師の処方箋なしに購入できるものですが、含まれる成分やその含有量によって、要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品の4種類に分類されます。このうち要指導医薬品と第一類医薬品に関しては、購入する条件として薬剤師の説明を聞くことが定められているため、薬剤師のいない店舗では取り扱いができず、また薬剤師が不在の時間帯も買うことができません。

2,OTC薬剤師は一般客への販売も多い

ドラッグストアなどでOTC医薬品を中心に扱う薬剤師は特にOTC薬剤師と呼ばれています。調剤薬局と併設しているドラッグストアでは調剤も行う場合がありますが、多くはOTC医薬品を専門に扱うため、調剤を行わず、薬の販売が主な仕事となります。そのため、出産や育児でブランクが空いた薬剤師が復帰するには適していますが、接客をする場面が多いことから、人と接するのが苦手な人には向きません。
しかし、OTC医薬品を販売するためには、薬剤師免許を持つ有資格者を常駐させる必要があることから、求人も多く、時給などの待遇面も悪くありません。
実際にOTC薬剤師の求人をさがす⇒

3,薬剤師としての仕事は広い

OTC薬剤師としてドラッグストアなどで働くことになると、薬剤師本来の仕事内容とは異なる作業も多くこなさなければならなくなります。例えば、レジ打ちや掃除、接客なども日常の作業になりますし、医薬品以外の商品の取り扱いもしなくてはなりません。販売員と同様のことをする時間が多くなりますから、「薬剤師として」という部分にこだわり過ぎると勤まらない部分もあります。
OTC薬剤師の場合、一般の薬剤師よりも必要になるのは、コミュニケーション能力です。お客さんとの会話の中から症状を聞き取ってそれに合った薬を選んでおすすめをするのもOTC薬剤師ならではの仕事の1つです。

4,OTC薬剤師として働くには

OTC薬剤師は正社員だけでなく、契約社員、派遣社員、パートなど様々な雇用形態があり、常勤としても非常勤としても求人があります。また、給与も調剤薬局などより高めの設定で募集されることが多いようです。特に薬剤師の数が少ない地方などでは、3000円を超える時給で募集されることも多く、経験などを考慮するともっと高時給で採用される場合もあります。OTC医薬品を販売するためには必ず1人は薬剤師を置かなければならないことから募集も多く、ドラッグストアの店頭や新聞の折り込みチラシなどでも募集されることが少なくありません。
ただし、条件のよい転職先を探すのであれば、転職サイトなどを利用して、より条件の良い物を検索した方がよいでしょう。こだわる条件を入力して検索することにより、効率的に候補を絞ることができます。

薬剤師の転職・求人サイトを有効活用する方法を知っていますか?

転職希望日を6ヶ月以内にするのがおすすめです。 転職エージェントは、転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、いつ転職しようか迷っている方は極力「6ヶ月以内」と回答すると後回しにされることはありません。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリー)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら