img20170008

ママ薬剤師で子育てしながらでも、正社員&時短勤務で働ける職場

子育て中の女性薬剤師にとって、仕事と子育ての両立はとても重要ですよね。世間のママ薬剤師たちはどのような働き方で子育てとの両立をしているのでしょうか。このページでは子育て中の女性薬剤師の仕事復帰後の働き方について紹介してます。仕事に復帰したいけど不安を抱えている薬剤師はぜひ参考にしてみてください。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.ママ薬剤師必見。最短3時間〜勤務可能、高待遇の職場は存在する?

女性が結婚・出産後も働ける職場として、看護師と並んで薬剤師は他の職種より恵まれた環境にあります。薬剤師は日本全国どこの職場にいっても働く場があり、パート勤務や派遣という勤務形態の多いのが特徴で女性が働きやすい理由とも言えます。そのため、ママ薬剤師として家事や育児と仕事を両立させながら活躍している薬剤師は非常に多いのです。

もし正社員としての勤務を望むなら、結婚・出産後もできるだけ辞めないで時短勤務制度をどんどん活用することをおすすめします。正社員勤務の方が福利厚生制度を利用できるなど待遇が良くボーナスもあるため、パートや派遣よりも収入面でも待遇面でも安心して働けるためです。

会社側としても、時間短縮勤務制度を利用して長く働いてほしいはずです。以前に働いていた職場に復帰したいという気持ちがあるのなら、正社員の方が安定した収入を確保できるので長い目で見ると得をするでしょう。

しかし企業には育休・産休や時短勤務を認めることが義務付けられてはいるものの、世間ではまだママ薬剤師の時短勤務を受けいれようとしない職場が多くあるのが現実です。前職との折り合いがつかず、そのまま復職を諦めてしまうママ薬剤師も多くいます。このようなケースは中小の薬局に多く見受けられますね。

これに対して大手のチェーンの薬局では時短勤務や育休を認めているケースがほとんどです。復帰しやすいから前と同じ職場が良いというママ薬剤師は多くいますが、実は思い切って別の職場に復帰した方が、子育て中の薬剤師に対しての理解もあって断然働きやすかったということもありますよ。
薬剤師専門の転職サイトでは職場の地域や勤務形態まで指定して求人を探すことができます。一度あなたの希望条件にあった求人がないか見てみてはいかがでしょうか。

ママ特有の勤務希望条件で探せる薬キャリで求人を見てみる

2.時短勤務は正社員よりパートの方が有利

時短勤務の正社員で働くのとパートで働くことでは、何が違うのでしょうか?

一番の違いは正社員は会社の制度に守られているが、パートはそうではないということです。正社員は社会保険に加入しボーナスもあり有給休暇だけでなく夏季休暇や育児介護休業や看護休暇制度などの特別休暇制度があります。そして、普段はあまり意識していないかもしれませんが、パートは経営者の独断で首にされてしまうこともあります。正社員はそのような事はもちろんありません。

しかしパートだと子育て中ということを考慮され、正社員よりかは職場から早く帰りやすいということもあります。やはり正社員の時短勤務に対する対応がまだ確立されていない薬局だと、時短勤務制度を利用しているママ薬剤師に対しての態度は冷ややかです。また復帰してすぐ妊娠、育休取得というようなケースはそのような薬局側としてはかなり対応に困るとのことです。
もし今後も出産の予定がある薬剤師は、育休に対して理解がある大手薬局チェーンへの転職またはパートでの勤務を選択したほうが職場での理解も得られやすく、トラブルなく働けます。

また育児休暇を取得後職場復帰していざ子育てと仕事を両立させ始めたら、案外大変だった・・・と、結局仕事を辞める人も多いのです。子育ては親の助けを得られなかったり熱を良く出す子供だったりなど不確定要素が大きく、予想外のことが起こりやすいものですから仕方のないことです。

一番の基本は家庭なのですから、家族を最優先にしなければ仕事もうまくいかないでしょう。そのため、無理せずに正社員からパートにシフトしていくことやママ薬剤師が安心して働ける職場に転職することも、時には必要です。無理せず働けるシフト制だったり、子供の休みに合わせて土日祝日が休みだったりする調剤薬局やドラッグストアなどの求人情報はたくさんあります。

まだまだ女性にとって働きにくい世の中ですね。少しでも働きやすい環境で働くために最善の選択をとりましょう。

【すぐには転職を考えていない薬剤師さんへ】

「今すぐ転職するわけじゃないけど、求人見てみようかな」

「夏のボーナス後に転職しようかな」

このように考えている薬剤師は多いのでは?5,6月は、大手薬局,ドラッグストアが「3月末に退職した薬剤師のポストが埋まらなかった」「新卒が定着しなかった」等の理由で、条件の良いレア求人を出しやすい時期です。今のうちに、転職サイトを見てみて自分にぴったりの職場をゆっくり吟味するのもおススメですよ。

3.ママ薬剤師が希望通りの働き方をするためにはどうしたらいいの?

数ある薬剤師の求人情報からあなたの希望通りの職場を見つけるためには、薬剤師専門の求人サイトに登録することをおすすめします。

求人サイトに登録すれば転職コンサルタントがそれぞれの転職者に合った求人情報を紹介してくれるだけでなく、転職活動に関する様々な相談に乗ってくれます。特に、ママ薬剤師の募集情報に強いサイトなら、子育て中の女性の働き方に関する悩みにも積極的に相談に乗ってくれます

非公開求人も多く扱っているため、時短勤務希望者には「土日のみ勤務」「週2日〜勤務」といった時短求人をすすめてくれたり、育休で仕事のブランクがある人には研修制度が充実した企業を探してくれたり、それぞれの希望に合わせたきめ細かい対応をしてくれます。特に、ママ薬剤師のように色々な条件がある人に、求人サイトはおすすめです。

転職コンサルタントは転職に悩む患者さんを解消してくれるお医者さん的存在!?

転職コンサルタントって何をしてくれるの?」と不安や疑問に思っていませんか?
お医者さんの場合、患者さんの症状を聞いてその人に効果があるお薬を処方します。同じように、転職コンサルタントはあなたの悩みや不安、自分では気づかなかった症状に適した求人を紹介してくれるお医者さん的存在なんです。

薬剤師専門のコンサルタントは、病院の診察と違って登録無料で悩みにのってくれます。あなたに適した求人紹介だけでなく面接のセッティング、給与交渉、働き始めた後のアフターケアまでサポートしてくれます。

また、1000名以上の薬剤師さんを診てきた女性転職コンサルタントは「女性にとって働きやすい環境」 という観点を重視した紹介もしています。不安や悩みが固まっていなくても一人で抱え込まず、いちから一緒に担当してくれるかかりつけ医とも言えます。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら