40代薬剤師が安心して転職する画像

40代の薬剤師が転職するにあたって直面する不安と解決策

どのような業種業界であっても、転職のリミットは40代というのが一般的です。薬剤師であっても同じこと。40代の薬剤師であるあなたもその点で不安を抱いている事でしょう。 このページでは、40代の薬剤師が転職できるのかという「そもそも論」を皮切りに、転職できた勤務先、年収や気になる転職理由など、薬剤師ならではのミドル転職事情をご説明します。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.薬剤師で40代って転職できないでしょ…?

結論からお伝えすれば、40代でも転職は可能です。実際、40代になってそれまでに企業で働いてきた多くの薬剤師が調剤薬局やドラッグストア、病院への転職を成功させてきています。

しかし、40代ともなると転職に対して不安が多いのも事実です。

40代向けの求人が多く掲載されている転職サイトはこちら

40代薬剤師が転職にあたって不安に思うこと

転職しようとするとき、40代薬剤師が不安に思うのは、

  • 年齢・・・年齢的に転職成功出来るかどうか
  • 収入減少・・・現在のキャリアで転職したら年収は上がるのか下がるのか
  • 転職先での人間関係・・・新しいところでうまくやっていけるのかどうか

これらが主なものです。せっかくなら年収も上げたい、けれど40代の自分が新しい職場にうまくなじめるのかといった不安なのです。ですが、これらの不安は転職サイトのコンサルタントに相談することで解決できるのです。

たとえば、40代の薬剤師に最もオススメの薬キャリに一分で無料登録をすれば、「通勤30分以内」、「残業なし」…など、最短即日であなたの希望にピッタリな職場を紹介してもらえます。

自分で求人を探す手間が省けますし、待つだけで転職可能なのです。しかも「もっと年収上げて欲しい」「出勤日数を減らして欲しい」などの条件交渉も無料でしてくれます。

40代薬剤師の転職理由

それでは、40代薬剤師の転職理由についてみてみましょう。男性・女性を問わず、「私と似ているかな」と思われるケースがあるかもしれません。

  • 子供の進学でお金が必要となり、収入アップを目指して転職を希望
  • 家族の事故や病気、介護で時間が必要となり、勤務時間を減らしたい
  • 自分の仕事の専門性を高めるため、勉強時間の確保もしくはキャリアアップできる職場に努めたい
  • リストラされてしまった
  • 体力的な問題で、勤務時間を短くしたい(例:電車30分以内、自転車通勤圏内)
  • 医療業界に嫌気がさし、ほかの業界で働きたい
  • 人に言えない理由でこれまでの勤務先を辞めざるを得なかった
  • 離婚して子供を養うためにもっと稼げる勤務先を探している

珍しい40代の転職動機

40代薬剤師の転職理由でことさら珍しいケースをご紹介します。あまり好ましくないパターンもあるようです。これは参考程度にご覧ください。

【男性】

  • 役者になりたいという夢のための時間が欲しい、勤務時間を減らしたい
  • 横領で勤務先から追い出された

【女性】

  • 周囲とうまくやれなかったため、自主退職にみせかけたリストラ
  • 不倫など、社会的に問題となる行動の末職場を追われた

2.40代の薬剤師が転職活動を始める前にチェックすべきポイント

これまでに転職経験がない40代の薬剤師にとって、転職活動はハードルの高いものと感じられることでしょう。ですが、不可能ではありません。転職活動を始める前に、以下のことを自己チェックしてください。

これからどんな生き方をしたいか、という計画を

40代ともなると、転職そのものが難しい年代です。若い人とは違い、チャンスはそう多くはありません。自分が実現したいことのビジョン、そして転職を希望する企業などの方向性がマッチしていなければ転職活動も空振りです。まず、みずからの人生設計を明確にする必要があります。

キャリアの棚卸し

これまで自分が身につけてきたキャリアやスキルを紙に書き出し、おさらいしてください。強みと弱みを把握することで、応募すべき企業が見えてきます。

それでも、今の転職事情や求人の傾向まではカバーできません。薬剤師専門の転職サイトへ登録し、様々な世代の転職をサポートしてきたエージェントの力を借りてみてはいかがでしょうか。

キャリア分析にも手を貸してくれるはずです。たとえば、40代にオススメの薬キャリでは地域専任の薬剤師転職コンサルタントが、最新の採用動向や、現状の不安/疑問点にお答えすることが出来ます。客観的な意見を受けることで自分自身に対して新たな認識が出来るのかもしれません。

あまり聞きたくないことを告げられることもあるでしょうが、現状にマッチした転職を果たすため謙虚な気持ちで受け止めてください。周囲の状況に配慮できる大人の対応も重要なポイントです。

40代の転職こそ、経験豊富な転職エージェントの力を借りるべきです。転職活動は、転職サイトへの登録からはじめましょう。

3.40代薬剤師だからこそ転職先に見られることとは?

どのような業種でもいえることですが、20代・30代のいわゆる「伸びしろ」がある世代と異なり、40代の転職にはある程度制限がかかります。これが40代の転職を厳しくするひとつの要因です。

転職にあたって見られるポイントは?

では、40代の薬剤師が転職を希望する際、どこを見られているのでしょうか。

  • これまでの十分な経験をもとにした具体的なキャリアビジョンを持っているか
  • 新しい職場でのコミュニケーション力、人材育成・指導に関する知識や経験があるか
  • 健康面で問題はないか、メンタル面で問題がないか

4.40代薬剤師で転職して年収アップした事例!定年後も働けるの?

転職のリミットとも言える40代、いわば「がけっぷち転職」ともいえるこのタイミングでも、将来の夢を抱く余地はあります。一方で気になるのが年収、そして定年後に働けるチャンスです。

年収アップは見込めるのか

第一の希望かもしれない年収のアップは、40代薬剤師にとって手の届く範囲にあるのでしょうか。年収アップを果たした転職事例からヒントを得ることができます。

【事例1】女性・調剤薬局から病院薬剤師へ

専門薬剤師の資格を取得したいと希望し、その領域で有名な医師が在籍するこの病院で働きたいとアピール、転職を果たしました。

【事例2】女性・病院薬剤師から総合病院薬剤師へ

これまでの経験を活かし、「後輩薬剤師の指導を通して医療業界の接遇を底上げしたい」と面接で猛アピール、それが功を奏して転職することができました。

【事例3】男性・病院薬剤師からドラッグストア新規事業統括部長へ

これまで積んできた薬剤師としての経験を活用して、「御社の新ビジネスに役立ちたい」とアピールすることで新規事業統括部長の座を獲得しました。

これらの事例からわかることは、人に語れるだけの経験を積んでいること、その経験が企業や病院が目指しているものとマッチしたときに年収アップを伴った転職ができるということです。タイミングも重要といえます。

高収入を狙う薬剤師におすすめする3つの職場

定年後も働けるところへ転職できるのか

40代の薬剤師が転職したいと考えるとき、「定年後も働ける職場」を条件に含むことが多いものです。当然、定年後の雇用条件や待遇は気になるところです。では、40代薬剤師の転職と定年後の関係を見てみましょう。

1.ドラッグストア

薬剤師有資格者の登録が必須であるため、年齢を問わず薬剤師を募集しているケースが多いです。

2.大学客員教授

これまでに実績・功績があれば、大学からの依頼を受けることがあります。

3.化粧品OEM企業の社外取締役

化粧品OEMを行う企業の中には専門知識をもたないまま、という会社もあり、需要自体はあります。

上記の職場の中で一番現実的なのはドラッグストアです。よほどの実績や功績がなければ大学客員教授や社外取締役は高い壁といえます。実際に、40代で転職した薬剤師の中で定年後も働いているという人は、約5%ほどなのです。

5.40代の転職事例から見る「実際と満足度」

転職の際に一番気にかかるのは、「この転職によって何が得られるのか」ということではないでしょうか。なかでも特に心配なところは年収かもしれません。年収が下がってしまった40代薬剤師の転職事例から、現実を見ていきましょう。

【事例1】男性・ドラッグストアから調剤薬局へ

ドラッグストア勤務である程度の年収を得てはいましたが、あまりの激務から心身ともに不調を来たしてしまいました。勤務時間を減らし、健康を取り戻したかったため、多少年収が下がったもののおおむね満足しています。

【事例2】女性・病院薬剤師から調剤薬局へ

病院では役職についていましたが、少々勝気な性分であったことからコミュニケーション能力が低いと判断されてしまいました。お世辞にも良いとはいえない病院での人間関係にほとほと疲れ、年収が下がってしまう調剤薬局へ転職。残念ながら満足できていません。

【事例3】男性・調剤薬局から企業の研究職へ

大学時代から研究職に就きたいと思っていました。その夢はかないませんでしたが仕事と割り切って調剤薬局勤務を続けてきました。それでもやはり研究職の夢をあきらめきれず企業へ転職。年収は下がりましたが満足しています。

これらの転職事例からわかることは、健康のため、夢のための転職であれば多少年収が下がってもある程度の満足を得ることができますが、自分自身の性分の問題であれば満足できない、ということです。

そもそも、40代の薬剤師が働き始めた頃の年収相場は、今と比較して高い水準にありました。ですが、それも昔のこと。今の“相場”を理解していないがために、知らず知らずのうちに希望給与のハードルを上げてしまっていないかをチェックする必要もあります。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら