【要注意】薬剤師の年齢|転職は20代までが有利?真実と成功のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薬剤師がスキルアップや年収アップを目指し転職を考えるならば、やはり20代のうちがよいのでしょうか。年齢が上がれば上がるほど転職は難しくなるのでしょうか。「やりがいが欲しい」「もっと自分に合った職場や働き方があるのではないか」。このページでは、薬剤師の転職事情の中でも「年齢制限」にフォーカスしてご紹介します。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000~円、年収800万円以上

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500~円、年収780万円以上

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000~円、年収730万円以上

詳細を見る

1.公務員薬剤師を目指すなら年齢制限に注意

明確に年齢制限のある転職先があります。それは「公務員薬剤師」です。国家公務員は29歳未満が多く、地方公務員の場合には東京都ならば経験者(主任)であっても36歳未満です。公務員薬剤師を目指すのなら、公務員資格を取得するために必要な期間を見込んですぐにでも取り掛からなければなりません。年齢制限については自治体にもよりますから、WEBサイトの募集情報をすぐにでもチェックしてください。

また、公務員試験は、筆記試験と面接により実施されますが、合格したからといってすぐに採用されるわけではありません。あくまでも「採用者候補名簿」に載り、欠員が出たときに補充されるというものです。突然の欠員によって募集が出されるケースも存在はしますが、ライバルが多いことは容易に想像できます。

これを見越して先手を打ち、欠員が出る前に採用者候補名簿に名前が載せられていることがベストです。

2.薬剤師の年齢分布から見る20代で転職するのが有利な理由

公務員薬剤師だけでなく、転職をするなら20代のうちが理想的な理由が他にもあります。

薬剤師の資格を取得し、新卒として働けるのは早くても25歳からですよね。2014年に厚生労働省が発表した薬剤師の数(年代別分布)を見てわかるように、20代の薬剤師は、30代~40代の人数に比べて半数近く少ないことがわかります。

年齢 人数
29歳以下 38,763人(13.5%)
30~39歳 73,470人(25.5%)
40~49歳 68,511人(23.8%)
50~59歳 59,849人(20.8%)
60~69歳 33,998人(11.8%)

出典:厚生労働省 平成26年「医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」

20代の人はやはり体力があり、柔軟性もありますので、多くの職場が数少ない20代の薬剤師を求めています。キャリアアップに対する意欲も高いですから、即戦力を求められる30代~の採用とは異なり、仕事に対する姿勢やポテンシャルの高さを重視した採用になると言えるでしょう。そのため、今まで経験したことのない職場での再就職が有利なのは、20代ならではです。

薬学部を卒業し、国家資格を取得。ようやく薬剤師として働いているが想像していた業務と違う…。そんな薬剤師さんは、若いうちに他の職場に転職することをおすすめします。思い描いていた薬剤師としての職場が見つかるはずです。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

こんな薬剤師さんが利用しています

  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

3.薬剤師の年代別転職成功談・失敗談。成功の秘訣とは

薬剤師が転職する際の年齢制限は、「1.」で先述した公務員以外特にありません。企業や病院のニーズと、転職を希望する薬剤師のニーズがマッチしさえすれば問題はないのです。では、年代別の転職成功例・失敗例をご紹介します。

【50代】転職成功例

ドラッグストア店長だった50代男性。年齢的にも自分の時間を大切にしながら働きたいと、夜勤のない転職先を探していました。初めての転職だったこと、穏やかな性格と気配り上手、コミュニケーション能力を買われ、調剤薬局への転職を果たしました。

【40代】転職失敗例

調剤薬局で管理職一歩手前だった40代後半の男性が、転職先で管理職に就きたいと希望。人間性もスキルにも決して問題はありませんでした。ですが、転職を希望した先の平均年齢は50代と高かったことから、全員が反対し転職することはできませんでした。

4.あなたの給料は多い?少ない?薬剤師の年齢別平均年収

転職したい理由はひとそれぞれです。よりよい環境でやりがいを求めたいという方もいれば、年収アップを希望しているという方もいるはずです。ここまでは薬剤師の転職にまつわる“環境”をご説明してきましたが、その基礎知識を持ったうえで、世代別・勤務先別の平均的年収をご覧になってください。

年代 調剤薬局 製薬企業 ドラッグストア
20代 250万円~300万円 300万円~400万円 200万円~300万円
30代 250万円~400万円 300万円~450万円 200万円~350万円
40代 300万円~450万円 450万円~550万円 300万円~400万円
50代 300万円~550万円 450万円~600万円 300万円~600万円

あなたの世代・勤務先と照らし合わせてチェックしてみてください。おおむね合っていましたか?それとも「自分の年収は少ない…」と感じたでしょうか。

5.薬剤師が年収を今より上げる方法

もし、今の職場環境や年収に不満があり、年収をアップさせたいと考えているのなら、もっとも近道といえる選択肢は転職です。今の職場でなんとなく仕事を続けていてもモチベーションが上がらず、昇進もしにくいでしょう。

転職するなら薬剤師専門の転職サイトに登録することをおすすめします。

「年収をアップさせたい」「キャリアアップをしたい」「この条件はゆずれない」などの希望を転職エージェントに伝えれば、忙しいあなたに代わって様々な求人を紹介してくれるでしょう。エージェントは数多くの事例を経験しており、なおかつあなた自身の人柄・キャリアを的確に理解したうえでおすすめの転職先を紹介してくれます。また、非公開情報を持っていることもありますから、相談しなければチャンスを逃すことになります。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

男性薬剤師にとって「恥ずかしくない年収」のラインは何万円?

男性薬剤師の皆さん、今の年収に満足していますか?「同年代の薬剤師と比べるとどうなんだろう?」という疑問は、当然浮かんでくるかと思います。 このページでは「男性薬剤師と仕事…

薬剤師転職の仕事の選び方と転職失敗しないための口コミ・体験談6選

【マンガ】「転職したい」と考えているけれど、不安があって一歩を踏み出せずにいる…。この記事ではそんなモヤモヤを抱えた薬剤師のために、最低限これを知っておけば転職活動が始められる、という転職の基礎知…

あなたの職場は大丈夫??薬剤師で退職金をもらえないパターン

薬剤師の退職金は病院、調剤薬局など働く職場によって平均相場は大きく異なり、場合によっては退職金が無いという可能性もあるのです。勤続年数によっても金額に差があるので、きっちりと…

調剤だけじゃない!薬剤師の「多様な」仕事内容を職種別に徹底紹介

薬剤師が活躍する職場は調剤室だけではありません。薬のプロフェッショナルとして、製薬会社や病棟など、様々な場所で活躍しています。 このページでは薬剤師の仕事内容を職場別に紹介しています。今の…

薬剤師の転職方法!転職成功のための方法と注意すべきポイントとは?

転職によるキャリア&給料アップ。生涯年収の面で恵まれていると言いがたい薬剤師なら、一度は脳裏に浮かべたことでしょう。「転職は未経験だけど、チャンスがあれば」「20代も後半になり、思い切ってキャリアア…