パート薬剤師なのに高年収でメリット豊富?デメリットには要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出産と子育てを経て、ようやく暮らしが落ち着いた。そろそろ復職しようかな?そんな希望を持つ女性の薬剤師経験者は大勢いるでしょう。

とはいえ毎日のフルタイム勤務は家庭の事情で不可。だから、できたらパートで働きたい。ママ薬剤師なら、当然その選択肢も頭にあるはず。パート薬剤師のメリットはなんでしょうか?デメリットがあるとしたら、いったいどんな?今回は、その辺りにスポットをあててお話します。

★厳選!パート薬剤師におすすめ転職サイト★
転職サイト名 高時給求人数 おススメポイント 求人を探す
マイナビ薬剤師 3万件以上 パート求人数業界最多

無料
登録

薬キャリ 9千件以上 ママ薬剤師専用の
求人ページ有り

無料
登録

ファルマスタッフ 3千件以上 パートだけでなく
派遣も選択可能

無料
登録

1.パート・派遣・正社員の働き方の違いとは?

薬剤師の雇用形態は正社員・パート・派遣、、と色々ありますよね。しかしそれぞれの違いや特徴はご存知ですか?以下の表で比較して見ましょう。

正社員・パート・派遣の違い

薬剤師 正社員・パート・派遣 違い

正社員・パート派遣の違いは把握できたでしょうか?それぞれの特徴を理解することで、自分のライフスタイルに一番あった働き方ができるようになるでしょう!

2.薬剤師がパートで働く3つのメリット

薬剤師 パート メリット

様々な雇用形態がある中で、薬剤師がパートとして働くメリットとはなんでしょうか?

【メリット1】条件面の有利さ

1つ目のメリットは「パート求人の条件の良さ」です。応募条件の段階でブランク可時間&曜日の相談OKとする勤務先が大半で、ママ薬剤師などにも門戸の広いのが特徴です。勤務地は駅チカか、そうでなければ車通勤OKのケースがほとんど。地方なら幹線道路沿いに大型スーパー併設の薬局や調剤併設ドラッグストアがあり、東京近辺では駅に近いだけでなく徒歩圏内にすら通勤しやすい勤務地が豊富に揃っているのです。

高額給与に加えて、「週3日だけ」や「午前中のみ」などのようにシフトの融通がきくのはパートならではのメリットでしょう。正社員では出勤日は定時まで必ず働かなくてはいけないですが、子どもの送り迎えなどあなたのライフスタイルに合わせて希望の勤務時間を決めることができるのです。

【メリット2】お給料のよさ

パートと聞くと正社員に比べてもらえないイメージがあると思いますが、実はパート薬剤師さんの時給はとっても良いのです。上記のメリットで述べたようにパート薬剤師は正社員に比べて時間の融通に融通を利かせて働けるのに、実は正社員と同じくらいの時給をもらって働けるのです。実際にパート薬剤師の平均時給2300円でフルタイムで働いた場合で計算してみると、正社員と平均年収と大きな差がないことがわかります。

時給2300円 × 1日8時間(フルタイム)× 20日 = 368,000円/月 【年収:440万】

時間に拘束されてしまうことが理由で正社員として働けない薬剤師でも、パートで働けば時間も自由に働けて、正社員と同じ時給で稼ぐことが可能なのです。

高収入・パート求人の豊富な
マイナビ薬剤師をチェック

【メリット3】異動・転勤がない

正社員とパートの間でもっとも違うのは、基本的に「異動・転勤がないこと」です。全国規模の大手チェーンに勤める正社員薬剤師と違い、転勤は基本的にナシで希望の店舗へ入店できるのが一般的です。

仮に転勤があったとしても、他店舗のヘルプか引越しをともなわない同エリア内の店舗異動程度です。転勤や異動がないことは、自分のライフスタイルが変わる心配無しに働くことができますよね。派遣薬剤師の場合も契約期間が終わってしまうと他の店舗に移動しなくてはいけないため、地元や自宅近くでずっと働くことができるのはパートだけなのです。

パート求人はママ薬剤師など何かと両立を目指す人に優しい

このようにパートの薬剤師は享受できるメリットが沢山あるのです。

薬剤師の70%は女性、加えて30代や40代のママさんが大半を占める職業です。「家庭との両立を目指す主婦層が働きやすい環境を提供しなければ応募がこない」雇う側もそのことをよく理解しているのです。

ドラッグストアや調剤薬局など雇う側にとっても、過去に実務経験のあるママ薬剤師を雇用するのはメリットです。まったくの未経験者を雇い、イチから研修を行い教育するよりも効率的。実際の職務や、どういった職場かを知っていると即戦力として期待できるのです。薬剤師には転職者歓迎の募集も多いですが、その理由のひとつは上に同じといえるでしょう。

パート求人の豊富なマイナビ薬剤師を見てみる

3.高額年収でも“アレ”が問題?パート薬剤師のデメリット

薬剤師 パート デメリット

薬剤師のパート求人にこれだけメリットがある一方、デメリットはあるのでしょうか?

【デメリット1】安定性の問題

一点目に挙げられるのは「雇用契約自体の問題」。パートは非正規雇用に当たるので、立場の上で正社員ほどの安定性がありません。つまり職場の雇用状況次第では長期雇用の希望でも望みの叶わないケースがあるのです。

加えてパートは職務経歴として認識されないことが多いため、いざ正社員として転職を目指す場合には不利になってしまいます。基本的にボーナスや退職金がないのもデメリットの一つでしょう。

【デメリット2】レジ対応など雑務の問題

OTC販売を行うドラッグストアの場合、レジ対応や接客、商品補充といった一般の販売スタッフと同様の雑務に追われるケースが出てきます。企業の多くは人件費削減のために必要最小限の人数しか店舗に配置していないのが普通です。そのため薬剤師として雇用されたとしても夕方など忙しい時間帯には代理的に通常の店舗業務に従事せざるをえない状況が出てくるのです。

こういった状況を少しでも改善するために近年は、「1店舗2ライン制」を採用しているサンドラッグをはじめ、「接客・カウンセリング」に責任を持つ薬剤師と、「店舗運営」に責任を持つ店舗運営責任者の役割分担をはっきりしているドラッグストアが実は多くなってきているのです。
しかし、そういった細かい情報は公開求人に掲載がありません。そういう時は転職サイトに登録し、薬剤師の職場に関する知識が豊富な転職エージェントに直接職場の事情を聞くことで、情報を得ることが可能になります。あなたの転職に強い見方をつけてみてはいかがですか?

パート求人に詳しいマイナビ薬剤師に無料登録

4.損得の別れ道!扶養をどう考えるか

他業種に比べると「パート薬剤師のお給料は高給!でもその分、扶養ってどうなっちゃうの?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか? 働く女性が結婚した場合、「扶養」は避けて通れない重要なポイントです。ここからは、あなたが「どれくらいの収入を得たいか」を想定した上で読み進めてください。

年収が一定額以上になると、扶養控除内から外れて、額に応じた住民税・所得税・社会保険料が給与から天引きされることになります。その仕組みは以下の通りです。

薬剤師 扶養内 扶養外

基本的には上記を超えないように調整することになりますが、薬剤師は高時給のため、比較的早い段階で100万円を超えていきます。
例えば時給2100円の職場で働いたとすると以下のようになります。

  1. <1日3.5時間×週3日働いた場合>

    時給2,100円×3.5時間×3日=22,050円/月
    【年収:約106万円】→住民税のみ支払い

  2. <1日4時間×週3.5日働いた場合>

    時給2,100円×4時間×3日=25,200円/月
    【年収:121万円】→住民税・所得税支払い

  3. <1日4時間×週4日働いた場合>

    時給2,100円×4時間×4日=33,600円/月
    【年収:約161万円】→住民税・所得税・社会保険・夫の控除適用無し

それぞれによりますが、一般的に妻の収入がと言われています。つまり、130万の壁を超えてしまいそうなのであれば、上の例の3のように扶養を外れて多めに稼いだ方が手取りが大きくなることもあるのです。
もし、自分がどれくらい稼いだらお得なのか分からないという方は転職エージェントに相談してみることをオススメします!あなたのあらゆる転職の不安に対して相談に乗ってくれますよ。

パート求人に詳しいマイナビ薬剤師に無料登録

5.パートよりも稼げるもう1つの働き方

扶養外でもいい!」「働けるうちに稼ぎたい!」「ずっと同じ職場じゃなくても大丈夫

そんなあなたには「派遣薬剤師」をおすすめします。派遣薬剤師はパートと同じような条件なのにパートより時給が1.5倍ほど高く、時給が3000円を越えることがほとんどです。

ファルマスタッフ|派遣 調剤薬局求人

ファルマスタッフ 派遣 高時給 ※本求人は2019年2月時点のものです

転職エージェントに相談することであなたにあった働き方を見つけてみてはいかがですか?

派遣に強いファルマスタッフをチェック

この記事を監修した人
HOP!薬剤師 編集部
カネさん
薬学部卒業後、高知県の調剤薬局に就職。3年間、臨床経験を積む。その後、転職活動の合間に都内で派遣薬剤師として勤務。大手医療系人材紹介会社に入社し転職エージェントとして求職者をサポート。現在はHOP!薬剤師でキャリアに悩む薬剤師さんに向けて記事の企画や監修を行う。
閉じる
もっと見る

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

薬剤師の時給は2300円が相場?パート派遣の高時給求人を探すコツ

「薬剤師のパート時給って実際どれくらいが普通なの?」 という疑問にお答えし、薬剤師の時給相場を「職場」「雇用形態」「地域」の3つの面か…

  • 🕒
  • 2019.04.22更新

【必読】薬剤師が夜間勤務のバイト・パートで働くための情報とコツ!

「夜間にバイトって条件良いって聞くけどどれ位なんだろう?」 「求人はどこで探したらよいのかな?」 日中よりも好条件の夜間のバイト…

  • 🕒
  • 2019.04.11更新

週一のパート薬剤師求人の探し方。ひとりで探しても無駄の理由とは

「子育てや家事の合間に週一日だけ働きたい」「副業として、土日のどちらか働きたい」などの思いから、週一のパート求人を探している薬剤師さん。 週一…

  • 🕒
  • 2019.04.01更新

薬剤師パート・アルバイト求人|稼ぐなら高時給な土日勤務がおすすめ

主婦が多いこともあって、土日休みを希望する人が多い薬剤師。そのため薬剤師不足に陥りやすい土日や夜間の求人は平日よりもかなり高い時給で募集しています。 薬局やドラッグストアを中心に求人はたく…

  • 🕒
  • 2019.04.01更新

薬剤師のダブルワーク(派遣&パート)!求人で注意すべきこととは?

スキルアップや収入アップのために、余っている時間を利用したダブルワークを考えている薬剤師はいませんか。 ダブルワークは会社の就業規定で認められていれば可能ですが、薬局や卸売販売業の管理薬剤師は薬事に関…

  • 🕒
  • 2019.03.06更新