日本の資格で働けるの?オーストラリアで薬剤師として働く方法と求人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊かな自然と温暖な気候が人気のオーストラリア。メルボルンは「住みやすい都市ランキング」に何度も1位に輝いています。その為、永住を希望する人や語学留学で訪れる人など、日本人から人気の旅行先・留学先です。 日本で薬剤師免許を取得した人が、オーストラリアで薬剤師として働くためには、どのような手続きを経る必要があるでしょうか。オーストラリアで薬剤師になる方法と薬剤師として就職する方法についてご説明いたします。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職希望時期:働き方 求人を探す
薬キャリ 半年以内:派遣

詳細を見る

マイナビ薬剤師 1年以内:正社員

詳細を見る

ファルマスタッフ 半年以内:パート

詳細を見る

1.オーストラリアで薬剤師資格を取得する方法。日本の資格で働ける?

オーストラリアの国旗

基本的に、医師や薬剤師など医療系の資格は、国によって決められています。使用する医薬品や医療に関する法律も国ごとに異なりますので、海外免許は使用できないのが決まりです。

ですが、オーストラリア以外の国で薬剤師免許を取得している人は、オーストラリアの大学薬学部の2年次から編入することが可能です。ただし、日本国内の薬学部で一定基準以上の優秀な成績を収めており、語学(英語)の面でも問題が無いと判断された場合に限られます。

日本の薬剤師資格を取得していない場合

  • IELTSなどの外国人用英語力試験を受験する
  • 薬科大学と大学院の修士課程に入学する
  • 薬学修士課程を卒業し、州ごとの専門的な研修を9カ月以上受ける
  • オーストラリアの薬剤師試験を受験する

日本の薬剤師資格を取得している場合

  • IELTSなどの外国人用英語力試験を受験する
  • 薬科大学大学院に編入する
  • 薬学修士課程を卒業し、州ごとの専門的な研修を9カ月以上受ける
  • オーストラリアの薬剤師試験を受験する

オーストラリアの薬剤師試験は、口頭試問もあります。流暢な英語だけでなく、医薬用語・薬学用語もしっかりと習得しておく必要があるのです。また、学校卒業後の臨床研修は、各自で研修先の医療機関を探さなくてはなりません。在学中から情報収集をしておきましょう。

2.オーストラリアの薬剤師の年収って高いの?

オーストラリアの薬剤師

オーストラリアの薬剤師の平均年収は400万円~500万円と、特別高くはありませんが、専門性の高さから地位の高い職業の一つです。

かつてはイギリス連邦内のイギリスやカナダ・オーストラリア・ニュージーランドなら薬剤師の免許の書き換えが比較的容易とも言われていましたが、現在では修士以上を取得している場合でも、外国で新規に薬剤師免許を発行するためには、1年以上の大学院での勉強と研修の後に受験資格が与えられるようになっています。

3.オーストラリアで薬剤師試験を受けずに働く方法

シドニーの景色

現地で仕事を見つけ就労ビザを取得することや、永住ビザを取得して就職することも一つの方法ですが、日本系の企業や職場で薬剤師の求人を募集しているところを探すのも良い方法です。

日系企業での募集は、海外求人を数多く取り扱う求人サイトや薬剤師専門転職サイトなどで見つけることができます。

薬剤師として海外で働くにはハードルが高いかもしれませんが、「薬剤師としての経験」を生かして働きたいのであれば、可能かどうかを踏まえて薬剤師専門求人サイト、薬キャリに相談してみるのが手としてはおすすめです。医療系人材紹介会社との提携数が33社あり、40,000件の求人数を誇っているため、「海外で働く」という特殊な求人でも見つかるかもしれません。就職希望者のスキルや条件に合わせて、最適な職場を探していきましょう。

薬剤師の転職サイトごとの特徴まとめ一覧はこちらから。

薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続No.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

薬剤師が転職する際の注意点とは?転職経験者に聞いてみた

「初めての転職で不安…どの情報を信じればいいの?」 「絶対転職に失敗したくない!注意すべきことはある?」 売り手市場と言われる薬…

第二新卒向け薬剤師求人の探し方。失敗しない転職・就職方法とは

「残業が多い…」 「希望していた企業を諦めきれない…」 「とにかく今の職場、辞めたい」 など、現…

薬剤師が転職に失敗するワケとは?失敗談と成功のための4つのコツ

人生において一大イベントとも言える「転職」当然、失敗したくはないですよね。このページでは薬剤師が転職を成功させるためのポイントを、「先輩たちのリアルな失敗事例」をもとに…

50代薬剤師は転職ラストチャンス|求人を見る時の2つのポイント

「50代でも転職ってできるの?」「実際求人はどの位あるの?」「あともう少しで定年だし、正社員じゃ責任重すぎるかも・・・」…

あなたの職場は大丈夫??薬剤師で退職金をもらえないパターン

薬剤師の退職金は病院、調剤薬局など働く職場によって平均相場は大きく異なり、場合によっては退職金が無いという可能性もあるのです。勤続年数によっても金額に差があるので、きっちりと…