ママ薬剤師が保育園・託児所付き求人を探すベストな方法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て中の薬剤師が職場を探すとき、希望する条件にあがるのが「託児所あり」というキーワード。

子育てしながら収入を得て、キャリアアップをし続けるためには、子供を預けておける託児所は欠かせないものといえます。では、実際に託児所を設けている病院や企業はあるのでしょうか。

そして、そのような勤務先に応募するときに気をつけておくことは何でしょうか。

このページでは、育児休業から復職する薬剤師が託児所を探す際に知っておきたいことを、まとめてご紹介します。

★厳選!ママ薬剤師におすすめ転職サイト★
転職サイト名 高時給求人数 おススメポイント 求人を探す
薬キャリ 9千件以上 ママ薬剤師専任
エージェントが在籍

無料
登録

マイナビ薬剤師 3万件以上 パート求人数業界最多

無料
登録

ファルマスタッフ 3千件以上 パートだけでなく
派遣も選択可能

無料
登録

1.実は、託児所付きの職場が増えてきています。

2016年2月に報道されたとおり、「保育園落ちた、日本死ね」というブログが世のお母さんたちの関心を集めました。子供を預ける先がないとなると、活躍しようにも活躍の場を見出せないことにつながるからです。

薬剤師をはじめ、何らかの有資格者にとっても、この問題は大きく横たわります。企業側としてもそんな状況を打破するため「動き」を見せ始めました。具体的に説明していきます。

企業イメージのアップ・応募者増加を見込んでいる

託児所を確保できないのは何も都市部だけではなく、地方でも同じです。これは、企業にとっても薬剤師個人にとってもマイナス要素となり残念なことです。

これを打開するために、託児所などを設け、職員に安心して働いてもらえるよう動き始めた企業が増えています。企業としてもイメージアップや応募者が増えることを期待しています。

託児所つきの職場は離職者も少ない・職員は充足

託児所のある職場は、薬剤師の離職者が少なく、職員が不足することはほとんどないようです。女性が職場にとどまり、キャリアを積めるような制度も採用していることが多いためです。このような病院(企業など)からの求人が出されても、応募者がすぐに集まることは自然なことでしょう。

応募者がすぐに集まってしまうため、託児所付きの職場は求人を非公開求人にしているところがほとんどです。それぞれの求人サイトが独自に持っている非公開求人案件があるので、「託児所付き求人」を探している方は転職サイトに登録することをおすすめします。

マイナビ薬剤師で託児所付きの職場を探してみる

2.託児所の多い職場はどこ?ランキング形式でご紹介!

では、実際に託児所の多い職場はどこでしょうか。

1位:病院

敷地が広いことから託児施設を建てることが可能で、社員の福利厚生のために設けられます。職員のための施設なので、勤務している職員のみで利用します

2位:薬局

病院併設型薬局ならば、病院の託児所を利用することも可能なケースがあります。

3位:製薬会社

託児所というより、保育サービス提供会社との提携も少なくありません。また託児補助制度を設けている企業もあります。

4位:ドラッグストア

店舗というよりも、本社・支社単位で社員数が多い場所ごとに託児所が設けられていることがあります。

多くの職場が託児所を設置していますが、一社一社ホームページを探していくのはなかなか大変なことです。「すぐに知りたい!」と思っている方は転職サイトのコンサルタントに聞いてみてはいかがでしょうか。

マイナビ薬剤師に無料登録

3.職場に託児所があることの具体的メリット4点

薬剤師が託児所のある職場を選ぶメリットは以下の通りです。

託児所(保育所)探しの手間が不要

職場探しと託児所(保育園)探しを同時に行うことはとても大変なことです。職場に書類審査・面接でOKをもらった後、職場近隣で子供を預かってもらえるところを探し始めたのでは、勤務初日に間に合わないことも考えられます。

職場と託児所どちらが先に決まるかという綱渡りの状態を防ぐために、託児所のある勤め先を探す方が増えています。

送迎の時間が短くてすむ

子供が二人以上いる場合、違う保育園(託児所)への送迎だけでもかなりの時間がかかってしまいます。子供を預ける場所を一カ所に集約し、送迎の時間を短縮するだけでも、時間的・体力的利点は大きなものとなります。

子供に寂しい思いをさせなくてすむ・体調不良への対応も楽

職場に併設されている託児所ならば、子供と離れている時間も短くてすみます。泣く子を預けるのは心理的にも重たいものですから、職場に併設された託児所ならば、ちょっとした休憩時間に様子を見に行くこともできます。

病院併設託児所なら、子どもの体調が悪いときも小児科での診察してもらい、その後お母さんは仕事に戻れることもあります。

キャリアプランを重視できる

出産を期に、キャリア形成をあきらめる女性薬剤師は多いです。子供を預けられる環境があれば勤めを続けることも不可能ではありません。

また、そのような職場では女性の活躍を後押しする空気がありますから、何かのときにも「お互い様」という気持ちで前向きに働くことができます。

4.託児所付きの職場を探す時に注意することって…?

上記のように、職場と託児所が近いことで得られるメリットはとても多いです。しかし、そういった職場を見つけることができなければ意味がありませんよね。託児所ありの職場を見つけ出す方法や注意点はあるのでしょうか。

求人情報に「託児所あり」と記載することはほどんどない

託児所は福利厚生の一環です。このため託児所を売りにしたような求人の仕方はしません。「働くママに優しい」といった表現を使います。このようなニュアンスの言葉を見かけたら、詳細を調べてみることをおすすめします。

託児所に空きが出ることを期待しての転職はできない

職場に託児所があることがわかっていても定員に達している場合、「空きが出たら転職したい」と希望する方もいらっしゃるでしょう。ですが、託児所を利用できることを前提とした転職希望はそうやすやすと通るものではありません。

託児所を利用できるのは平日のみ

いくら病院など職場に併設されている託児所といっても、すべての託児所で24時間365日いつでも子供を預けられる訳ではありません。

「医師等の確保対策に関する行政評価・監視結果報告書 第4-2」では、調査対象となった142 医療機関の院内保育所中で65機関のみが24時間保育を実施しています(※)。

休日保育を実施しているのは61機関のみで、さほど多くはありません。託児所が併設されていたとしても、外来が開いている時間帯・平日のみ、と理解しておくと間違いはないようです。

マイナビ薬剤師に無料登録

5.託児所有の求人情報をいち早くキャッチする良い方法は?

育児と転職活動で多忙なママ薬剤師は、細かな情報にまでアンテナを張ることが難しいものです。

同居の親もおらず、夫婦二人(もしくはシングル)で子育てしなければならない場合は、やはり託児所ありの職場が希望の最上位にあがることでしょう。少なくとも提携託児所(保育所)があれば、という希望もあるはずです。

そのようなニーズも、薬剤師専門の転職サイトに登録し、エージェントに相談することでグンと実現の可能性が高まります。なぜなら、転職エージェントは薬剤師が働く職場を網羅的に把握しており、「ママ薬剤師が安心して働けると評判の職場」も知っているからです。

それは自分一人の力で見つけることは難しいものです。ママ薬剤師ならではの勤務形態やそれにまつわる悩みに沿った職探しは、やはり薬剤師転職のプロである転職エージェントの力を借りることがベストといえるでしょう。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

薬キャリの特徴

病院 調剤薬局 正社員 派遣
電話・メール 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

ファーマキャリアの特徴

調剤薬局 ドラッグストア 正社員 パート
電話・メール ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

関連記事

子育てママ薬剤師、復職成功のカギは【求人調査】!?

「薬剤師として勤務していたが出産で休職。しばらくは家事と育児に追われる毎日だったけれど、子供も大きくなってきたし復職したくなってきた。でも、ブランクもあるし、子育てとの両立でうまく働けるのか不安・・…

薬剤師で時短勤務したい!正社員からパート・派遣に転職したい方必見

「子育てで忙しいから、時短で働きたい!」 「フルタイムじゃ体力持たない・・・もっと短い時間で働けないかな?」 薬剤師さんの中には…

ママ薬剤師でも安心のパート求人|子ども最優先で働きたい!

「そろそろパートで働き始めようかな」 「家庭優先で働けるパートの求人なんてあるかな?」 パートとして復帰を考えるママ薬剤師は、本…

薬剤師が福利厚生の良い職場に転職する方法|どんな求人を選ぶべき?

福利厚生とは働く従業員やその家族に対して通常の給与にプラスして行うサービスで、法律で事業主に義務付けられている社会保険などと住宅手当など独自のものがあります。 薬剤師の福利厚生は各職場によって様々で、…

子育てを終えて、未経験から薬剤師になりたい人がやるべき事とは?

薬剤師の免許は持っているが薬剤師として働いた事が無い、いわゆるペーパー薬剤師は意外といます。特に、産休・育休を終えてママ薬剤師になりたい人は働くことからもブランクがあるため、復帰するためにはパワーが…