40代におすすめの転職サイト!前後半の特徴と決定率を上げる選び方

転職を考えている40代男性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代は転職サイト選びで転職決定率が2倍に!

40代は転職が難しい

こんなことを聞いたことはありませんか。たしかに他の年代と比較してしまうと、難しい側面も多いでしょう。

しかし転職サイトの選び方を少し工夫するだけで、転職決定率が大きく変わります。40代でも転職成功させたくありませんか。

転職決定率が高いおすすめ転職サイトを見てみる

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

40代にとって転職決定率が転職サイト選びに重要

転職市場において40代は転職が難しいと一般的に言われています。それは一般企業が40代に求める条件が、かなり細分化されてしまいマッチする求人に出会える確率が低いからです。

ではなぜ転職決定率に差が出ているのでしょうか。それは転職サイトによって、保有している40代向け求人のバリエーションが大きく異なるからです。バリエーションが多い転職サイトは、マッチングの確立も上がり、結果としてマッチング成功率が高くなります。つまり40代が転職を考えたときに、利用するサービスの転職決定率を気にすることが重要だと言えるでしょう。

40代以上の転職事情についてさらに知りたい人!

男女で大きく異なる40代のおすすめ転職サイト

40代の転職で企業のニーズが細かく分かれてくるため、マッチングが非常に難しいタイミングです。特に男女で求められている役割や状況も違ってくるため、転職で使う転職サイトも使いわける必要があります。ここではそれぞれ男性と女性におすすめの転職サイトを紹介します。

40代男性におすすめの転職サイト

JACリクルートメント

転職サイトに登録して転職エージェントに相談する40代

JACリクルートメントは30代から40代の転職者におすすめの転職サービスです。

そんなJACリクルートメントの特徴には、次のようなものがあります。

  • 中堅のマネジメント層の転職に特化している
  • キャリアコンサルタントによる転職サポートが手厚い

40代と言えば中堅層で管理職として活躍する世代ですが、JACリクルートメントは中堅のマネジメント層の転職に特に強い転職エージェントです。管理職として年収アップやキャリアアップを狙う40代向けの非公開求人数が多いです。

さらに、JACリクルートメントのキャリアコンサルタントのサポート力の高さには定評があり、インターネットの口コミでも高評価です。

JACリクルートメントについて見てみる

リクナビネクスト

リクナビネクストは転職者の8割が利用した経験があると言われる、様々な業種・職種において圧倒的に高いシェアを誇る業界最大手の転職サイトです。

そんなリクナビネクストの強みは次のようなものがあります。

  • 圧倒的な求人案件数で自分にマッチする可能性が高い
  • 求人の85%が他にはない限定独占求人

一般的に30代後半からは転職が厳しくなっていくと言われています。それは言い換えれば、重要ポストの求人が多くなっていくため採用要件も高くなっていくからです。リクナビネクストを使えば、自分の強みを生かせる転職先を探すことが出来るので、転職の成功確率を高めていくことが可能でしょう。

独自のアンケート調査に基づく結果からも、リクナビネクストの転職決定率の高さが立証されました。

リクナビネクストの詳細を見てみる

キャリアアップのために40代で転職するときの注意点

40代の転職について注意喚起する男性

40代の男性が「年収を上げたい」「もっと面白い仕事がしたい」などという理由から転職を考えている場合、どのようなことに気を付けて転職活動をすればよいのでしょうか。

40代になると転職が難しくなる理由には、大きく次の二つがあります。

「管理職の求人自体が少ない」

20代や30代向けの求人に比べると、40代以上の中高年向け求人はぐっと少なくなります。求人に年齢制限はありませんが、40代以上の転職となるとやはり管理職として転職したい人が増えます。

しかし、もともと管理職向けの求人は少ない傾向にあり、そのため40代以上の転職は難しくなってしまいます。

「求められる能力やスキルが細分化され、マッチングが難しくなる」

企業側が中途採用者に求める能力やスキルと、転職者が持つ能力、スキルがマッチして初めて転職成立となります。

しかし、40代を超えると企業が求めるスキルはどんどん細分化されていきます。20代、30代の場合、入社してから仕事を覚えることを織り込み済みで、「IT業界で5年の勤務実績がある」「営業経験」などというざっくりとした幅広いスキルを求められることがほとんどです。

しかし、40代を超えると「〇〇プロジェクトをマネジメントできる」「〇〇業界別に特化した営業職の経験」などと、特定の能力を持つ人材や専門職の人材の募集が多くなっていきます。

40代の転職を成功させるためには?

前述のとおり、40代を超えるとスキルが細分化されるため、特定の能力を持つ人材の募集が多くなって来ます。

転職者と企業のマッチングが難しくなる一方で、お互いのニーズが合致すればスムーズに話が進むはずです。

このような40代の転職事情を踏まえて、どのようなことに注意しながら転職活動を進めるべきかについてお話しします。

自己分析と企業情報の収集のために転職エージェントの利用が吉

企業が求めるスキルが細分化されていくということは、自分が持つスキルがどの企業に必要とされているのかを正しく認識しなければ転職活動はうまくいかないということです。

自分に合った企業を見つけ出すためには、自分自身の能力やスキルを正しく把握し自分の市場価値を知ることが先決なのです。

そして、どの企業がどんな人材を求めているのかということを調べましょう。求人情報だけでは募集内容がはっきりしないことがほとんどです。

転職エージェントを利用すれば、キャリアコンサルタントが募集内容に書いてある以上の詳しい情報も調べてくれます。

特に、年収アップを狙うなら、自分が持つ価値と企業が求めるものを正しく見極めなければなりません。

客観的な目で見たあなたの市場価値を知るためにも、詳しい企業情報を知るためにも、転職エージェントでキャリアカウンセリングを受けながら転職活動を進めるのがおすすめです。

業界最大手!リクルートエージェントを見てみる

管理職ならハイクラス向けの転職エージェントがオススメ

管理職として転職を希望するなら、ハイクラス向けの転職エージェントを利用することをおすすめします。

最初からハイキャリア層向けの求人だけを集めているため、転職活動がスムーズに運ぶはずです。

また、キャリアアドバイザーもハイクラス向けの転職実績が豊富ですから、的確な転職のアドバイスを受けることもできます。さらに、ハイスペック求人も数多く保有しているため、良い求人に出会える可能性が高まるでしょう。

ハイクラス向けの転職サイト「ビズリーチ」を見てみる

リストラなどによる再就職で気を付けるべきこと

リストラを告げられた40代

リストラなどで職を失い、再就職を望んでいる中高年の場合はどのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。

リストラされた中高年の再就職がうまくいかなくなる要因には、

「焦って再就職して情報収集が不十分になる」

「自分に自信がなくなりがち」

ということがあります。

転職先のことを良く調べずに焦って再就職を進めた結果、ブラック企業に転職してしまった、給与が大幅に下がってしまったなどという失敗に陥りがちです。

また、リストラされて自信を失った状態なので面接で上手にアピールできず、内定がなかなかもらえないということにもなります。

このような失敗をしないためにはどうしたら良いのか、ご説明します。

中高年向けの求人情報を正しく知るために転職エージェントの利用がおすすめ

中高年が転職するなら中高年向けの転職サイトや転職エージェントを利用するのがおすすめです。

ただ、企業が中高年向けの求人を出すということは、それなりの理由があります。

「能力が高い中高年にしかできない仕事だから」

という理由である場合ももちろんあります。

しかし、中には、

「仕事内容がきつい割に給料が極端に低い」

「夜勤が多い精神的にきついなど、誰もがやりたがらない仕事である」

などという、条件が悪いためが集まらず、再就職を焦っている中高年をターゲットにしているというケースもあります。中にはブラック企業の求人も混ざっていることもあるのです。

中高年向けの求人である理由は何かをしっかり見定めるためにも、転職エージェントの利用をおすすめします。

書類選考を通過するために応募書類に企業が求めるキーワードを入れる

中高年が転職する際によく聞くのが「書類選考が全く通らない」という悩みです。

いくつもの会社に応募書類を送っても全て返ってきてしまって、焦りを感じている中高年の転職者は多いと思います。

そんな時は、履歴書や職務経歴書に「企業が求めているキーワード」をふんだんに入れるようにしてください。

例えば、外資系企業なら、「管理職」ではなく「マネージャー」などという横文字を使います。エンジニアの募集なら専門的な用語を多用するなど、その企業が好む書き方をしてみましょう。

たったそれだけのことでも、「この人はこの業界に詳しい」「仕事ができそう」という印象を応募書類から与えることができます。

正社員求人にこだわらないという選択肢もある

なかなか内定をもらえないのであれば、正社員にこだわらないという選択も視野に入れましょう。中高年の場合どうしても「正規社員」にこだわる人が多くなります。

しかし、正社員にこだわり過ぎた結果仕事がない状況が続くことでますます転職に不利になるということもあります。

条件はさほど悪くない、正社員に登用されるチャンスがあるなどの場合は、契約社員や派遣社員になるという選択肢も視野に入れるべきでしょう。

40代の女性が転職活動で気を付けるべきこととは?

転職サイトを知らず転職活動に悩んでいる40代女性

40代の女性が転職活動で気を付けるべきこととは、何なのでしょうか?

女性は40代になると子育てが終わって仕事に専念できるため、実は一番の働き盛り世代です。しかし、その一方で正社員として転職することが難しいという問題もあります。

  • 40代の女性向けの求人が少ない
  • 年齢を理由に企業が雇いたがらない
  • 子育てが終わって復職する女性などブランクがある

ということが原因として考えられます。

そんな厳しい状況の中、40代の女性はどのように転職活動を乗り切っていけばよいのかをお話ししましょう。

40代女性ならではのアピールポイントがある

転職の選考でアピールする40代女性

女性が40代になると転職がしづらくなりますが、そんな時は40代の女性だからこそ持つスキルや能力を存分にアピールすることで、転職活動がスムーズに運ぶことがあります。

40代の女性が持つ能力として、主に以下の2つが挙げられます。

高いコミュニケーション能力

一般的に中高年の女性のコミュニケーション能力は、非常に高いものがあります。

女性は男性よりも人に対する細かい気遣いをすることが上手です。そして、良い意味での「図太さ」を持っています。

若い人なら「おせっかいかな」と遠慮してしまうところを、中高年の女性はぐいぐいと相手に話しかけます。

しかも、相手の気分を害することなく、難なく相手の気持ちを開いてしまうのです。このようなコミュニケーションは、若い女性にはまねできません。

高い営業能力

コミュニケーションの高さをさらに生かせることができるのが「営業」です。

特にこの能力が威力を最大限に発揮するのは、女性を相手にしたです。40代の女性は、同じ女性に共感し女性の顧客の心をつかむのが上手です。もちろん、男性相手にも高い営業能力を発揮します。

このような能力は介護職や販売などの接客業をする上で、かなり役立ちます。面接でしっかりアピールしましょう。

資格やスキルがないと正社員として転職するのは難しいことを覚悟しておこう

40代になると男性も女性も求人数がぐっと減ります。

特に、女性の場合、資格やスキルがないと正社員として転職することは困難であると覚悟する必要があります。

特に、女性に人気の事務職で正社員になることは難しいでしょう。パソコンスキル、簿記や医療事務の資格がないと正社員になることは難しくなります。その点、看護師や薬剤師、保育士などの専門職の資格を持っていると有利です。

正社員になるのが難しい場合は、派遣社員や契約社員になることも選択肢に入れる必要があるでしょう。

女性管理職の求人を紹介してもらう!キュージェント

女性の管理職になりたいけど、求人が見つからない...
まだバリバリ働きたい!...
そのように思ってらっしゃる女性は増えてきているのではないでしょうか。

キュージェントはエージェント会社ではなく、エージェント個人を指名することができる無料のマッチングサービスです。

女性管理職、もしくは管理職ではなくても、やりがいのある仕事をしたいと思ってらっしゃる女性の方にご紹介させていただきたいのは、キーコネクション株式会社で代表取締役をされている「鈴木健太」さんです。
常に1600件の求人、60件の非公開求人のご紹介が可能で、あなたの理想の企業を短時間で見つけることが出来ます。
気になった方は一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめの転職コンサルタント
所属先 主な仕事内容
2004-2008 某法律事務所 弁護士を目指し勉強
2009-2014 丸紅コミュニティ(株) 営業・人事
2014-2015 (株)JAC Recruitment 転職エージェント
2015-2016 医療介護グループ法人 人事責任者
2016- キーコネクション株式会社 代表取締役

鈴木さんを詳しく見てみる

40代女性におすすめの転職サイト

リクナビネクスト

40代の女性におすすめの転職サイトはリクナビNEXTです。

その理由は、

  • 求人掲載数が多く40代の女性にぴったりの求人も多い
  • スカウトメール機能が充実している

ということがあります。

リクナビNEXTの最大の特徴は?

リクナビNEXTは業界最大手のリクルートが運営する転職サイトで、とにかく登録者数と求人数が多いです。

40代になると求人数が少なくなるとお話ししましたが、リクナビNEXTならもともとの求人数が多いため、こだわり条件が多い40代女性向けの求人に絞っても多くの求人の中から選ぶことができます。

また、リクナビNEXTのスカウトメール機能はとてもおすすめです。自分のプロフィールや希望条件を書いたレジュメを登録しておけば、企業がそれをみてスカウトメールを送信してくるという機能で、紹介求人は求職者とマッチする可能性が高いです。また紹介求人件数も多いので、転職先を探しやすいです。

リクナビNEXTのメリットって?

自分に合った求人検索が出来る転職活動の手間が省けるなどの機能的なメリットや、紹介会社が総合人材サービス企業のリクルートグループであることの信頼感などがあります。

さらに、リクナビNEXTのスカウトメール機能をもっと上手に使いこなすために、レジュメの書き方を指導してくれます。

スカウトメール機能を利用すればさらに出会える求人の数が増えますから、利用してみることをおすすめします。

リクナビネクストの詳細を見る

40代前半と後半で転職事情は大きく異なる

40代の男性と女性の転職事情についてお話ししましたが、それでは、40代の前半と後半では事情は違ってくるのでしょうか?

一般的に、40代の後半になるとさらに転職活動は厳しくなると言われています。

それはなぜなのか、どのように転職活動を進めていけば良いのかについて、ご説明しましょう。

40代前半の転職で気を付けるべきこと

40代の前半は30代よりは転職市場における価値が下がるものの、まだまだ良い条件で転職できるチャンスがあります。

その理由としては、次のようなものがあります。

「マネジメント経験があるため、管理職としてもプレイヤーとしても活躍できる」

「まだまだ新しい環境に適応できる力がある」

この点を踏まえて、チャンスをつかむためにはどうすれば良いのか、その企業人事が見ているポイントをご説明します。

今後のキャリアプランを立てておく

どの世代でも転職時にキャリアプランを立てておくことは重要です。

では、40代前半で転職する場合のキャリアプランとはどのようなものなのでしょうか。

40代前半の場合、豊富な仕事経験があり管理職の仕事をこなしつつ、現場でプレイヤーとして働いている人が多いと思います。

そんな40代前半の人が転職した後定年までの20年近くをどのように働くのか、転職するならしっかりと決めておかなければなりません。

今は現場のプレイヤーと管理職をこなしていても、いずれは管理職として現場の責任者になることになるでしょう。そのためには、どのような経験やスキルが必要なのかを具体的に考える必要があります。

定年まで働きたい人は何が重要?

もちろん、現場の仕事一筋で定年まで働くという人もいるでしょう。そんな人は、持っているスキルや知識が重要になってきます。

今持っている知識やスキルの価値が下がれば、仕事はなくなってしまうかもしれません。そうならないためにも、常に新たなスキルや知識を得続ける努力が必要です。

このような、今後の具体的なキャリアプランを立てておかなければ、転職先を決めることは難しいですし、転職後に活躍することは困難でしょう。

マネジメント経験は必ずアピールする

どの企業もマネジメント経験が豊富な人材を求めています。

特に、40代以上の中途採用者には、ほとんどのケースでマネジメント経験が求められます。

ですから、書類選考や面接では、必ずマネジメント経験をアピールすべきです。

採用枠が現場仕事を担当するプレイヤーだったとしても、採用担当者は経験を積んだのちに管理職として活躍してほしいと判断するはずです。

「絶対に管理職になることはない」という条件の求人案件でも、年上になるとチームリーダー的な働きを必ず求められます。

ですから、チームリーダー経験やプロジェクトを取りまとめた経験、部下の育成経験などを詳細にアピールすることでマネジメントキャリア採用を狙うのもありでしょう。

新しい環境に対する適応能力の高さをアピールする

中高年の中途採用者を採用する企業の一番大きな心配は、中途採用者たちが新しい環境に適応してくれるかどうかということです。

40代前半ならまだまだ新しい人間関係や環境に適応する力がある世代ですが、本当に適応できるかどうかということは人によって大きく異なります。

自分のやり方を頑なに守り、人の意見を聞かない中高年は多いのです。

企業は中高年を採用する時には、仕事の能力以上に「適応能力」を気にします

そのため、面接では、過去の職場で人間関係が円満だったことや部下を取りまとめてプロジェクトを成功させたなどという人間関係に関する情報や、新しい仕事のシステムを作り上げたなどという適応能力の高さを、しっかりアピールするようにしてください。

40代後半の転職で気を付けるべきこと

では、40代後半になると、どのように気を付ければ良いのでしょうか。

40代も後半を過ぎると、新しいことに対する適応能力が下がる傾向にあります。

一方で、仕事経験は豊富でベテランの域に達している人も多く、仕事の能力は高くなっています。

40代後半になると、前述した40代前半で気を付けるべきことは頭に入れつつ、さらに次のようなことにも気を付けなければなりません。

厳しい転職活動だがミスマッチを極力減らす努力を

厳しいことばかり言うようですが、やはり40代後半になると転職活動は厳しくなると覚悟するべきでしょう。書類選考が全く通らず面接にさえたどり着けない、という話もよく聞きます。

だからと言って、あきらめてはいけません。そのような人は、たいてい企業との間でミスマッチが起きているのです。

ミスマッチが起きる原因のほとんどが、

「自己分析の内容が間違っている」

「企業が求める人材像を把握していない」

のどちらかが考えられます。

自己分析するときに必要なこととは?

自己分析をする際には、「自分がどれくらいの地位に上り詰めたか」「年収はどれくらいだったのか」などという、所属していた企業でしか通用しない評価は転職活動では意味がありません。

「どのような実績を残したか」ではなく、「転職後に何ができるのか」という客観的で的確な自己分析をする必要があります。

そして、その自己分析によって導き出された自分の能力やスキルを必要としている企業はどこか?ということを正しく知らなければなりません。

そのためには、できるだけ多くの企業情報を収集し、それらの情報を深く調べましょう。

例えば、「IT業界での実務経験5年以上」「新規プロジェクトの立ち上げができる人材が欲しい」などという求人情報だけを見ても、企業が求める人材像は何か全く分かりません。

実務経験とは具体的にどのような仕事の経験のことなのか、新規プロジェクトとはメンバーが何人で期間はどれくらいのプロジェクトなのか、などという細かい情報を知る必要があります。

このような求人情報の詳細を知るためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。担当コンサルタントに頼めば、直接企業に問い合わせてくれるはずです。

40代後半の人材を求める企業が求めるスキルの傾向を知ろう

企業が40代後半の人材に求めるスキルには、ある傾向があります。

それは、

「新しい会社が会社の基盤を整えるために、経験豊富な人材が欲しい」

「新規プロジェクトを立ち上げるために、プロジェクトを任せる人材が欲しい」

「教育なしに即戦力になる人材が欲しい」

などという「豊富な経験が欲しい」ということです。

経験豊富な人材を一人中途採用することで、若い人材を長い年月かけて育成する必要はなくなるわけです。企業からしてみれば、経験豊富な中途採用者を採る方が安い買い物になるのです。

その企業が指定する業務範囲の中ですぐに結果を出すことができるのであれば、そこを強くアピールすることで採用の確率はかなり高くなるはずです。

40代後半の転職活動では、「自分が持つ経験が生かせる企業はどこなのか?」を知ることができればほぼ間違いなく転職活動を成功させることができると言えます。

40代におすすめの転職サイトまとめ

20代や30代の時とは異なり、40代になると途端に転職活動が難しいものになります

20代や30代では、あまり深く考えずに転職しても転職後に仕事を覚え適応していけば転職が成功したことになる、という「結果オーライ」なケースが多いのかもしれません。しかも、若いうちは求人数が多いという強みもあります。

しかし、40代になると求人は減り、企業が求めるスキルは細分化されていきます。そのため、企業と転職希望者のマッチングが難しくなってしまうのです。

そんな状況だからこそ、自己分析や企業情報の収集を怠りなく行うことで、40代ならではのスキルをアピールし企業のニーズを正しく把握しなければなりません。

そのために、転職サイトや転職エージェントを上手に利用してみてください。

紹介している40代向けおすすめ転職サイトの一覧

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1!リクナビNEXT

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

転職成功者の8割が登録。求人情報数は日本最大級!転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくべき。登録後「レジュメ登録」をすれば企業からのスカウトを受けとれるのでオススメ。

リクナビNEXTで求人を探す

転職活動の成功を全力サポート!パソナキャリア

 
取引先数 転職サポート
年収アップ 女性

求人数40,000件以上を誇る業界トップクラスの転職エージェント。年収アップなどの条件交渉も親身にサポートしてもらえます。各専門分野に精通したキャリアアドバイザーと一緒に転職を成功させましょう。

パソナキャリアで求人を探す

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

全年代 実績
求人エリア 求人件数

全年代対応の人材業界最大の求人数を誇る、大手人材紹介会社です。リクルートエージェントでは、定期的にキャリアアドバイザーに対して研修や勉強会を実施していて、エージェントの質も高いのが特徴です。

リクルートエージェントで求人を探す

管理的職業・国際人材求人数No.1!JACリクルートメント

30~50代 履歴書対策
求人数 高収入求人

30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。

JACリクルートメントで求人を探す

年収600万以上の支持率No.1 BIZREACH

 
エグゼクティブ 転職サポート
年収アップ スカウト

国内最大級のエグゼクティブやハイクラス求人に特化した転職サイト。管理職やグローバル求人も多く、スカウトやヘッドハンティング転職が可能!

ビズリーチで求人を探す

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

20代女性におすすめの転職サイトは?厳選4つと失敗しないポイント

女性はライフイベントによって働き方も大きく左右されるため、20代のうちに転職を考える方も少なくありません。この記事では、「20代女性はどの転職サイトを使うべきなの?」と悩む…

第二新卒おすすめの転職サイト!失敗しない選び方と転職活動の注意点

就職活動で失敗し、第二新卒で転職をしようとする人は多くいます。 しかし、社会人経験があるといっても、世間的にはまだ新人と言われる年齢の第二新卒は転職先選びに気をつけない…

30代おすすめ転職サイト4社の特徴比較!転職活動する上での心構え

「30代でスキルを活かして転職したい」「35歳で転職限界なの…?」30代は今後のキャリアを見つめ直し、自由に転職が検討できる最後のチャンスです。 …

大手転職サイト選びで失敗したくない!おすすめ7社の特徴と違い

大手転職サイトに対して「大手なら優良求人が多そう」 「知名度があるので何となく安心」といったイメージを持っている方は多いかもしれません。 …

転職サイトのスカウト機能は意味がない?機能の仕組みと上手い使い方

「転職サイトのスカウト機能って本当に役に立つの?」と思っている方も多いかもしれません。 スカウト機能は、うまく使わないと、煩わしいばかりで転職活動もうまくいきません…

50代おすすめ転職サイトランキング!各社の比較と失敗しない利用法

「50代の求人って少ないな」「ハローワークに行っても良い求人がなかった」など、50代で転職をする際には、その求人の少なさに困ることが多いのではない…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事