転職エージェントを無料で使えるカラクリとは?損しないための活用術

転職エージェントが無料で利用できることに疑問がある男性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェントってどうして無料で使えるの?」「無料なんてアヤシイ…

求職者が無料で利用できる転職エージェントには、とあるカラクリがあることをご存じですか?このカラクリを知っておけば、きっと転職活動も安心して進められるはず! この記事では転職エージェントの実態や、世代別オススメの転職エージェント、詳しい利用方法など解説していきます。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

キュージェント

【20代・30代】
エージェントを直接指名!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

1.転職エージェントを無料で使える理由

「転職エージェント」とは求職者に企業を紹介し、転職をサポートするサービスのことです。各エージェントにはコンサルタント(キャリアアドバイザー)と呼ばれるスタッフが在籍しており、求職者一人ひとりの希望に合わせて企業を探してくれます。

求職者は一切料金を払うことなく、すべてのサービスを利用できるのが特徴です。とはいえ、「ホントに無料で使えるの?あやしくない?」「どこかで損するのでは?」このように不審に思う方もいるはず。

仕事探しから入社後のフォローまで、手厚い支援をしてくれるにも関わらず、なぜ転職エージェントは無料で利用できるのでしょうか?

それは、転職エージェントは求職者を企業に入社させることで、転職した方の年収の約30%を企業から報酬としてもらっているからです。

たとえば「年収300万円の候補者」が転職エージェント経由で入社すると、企業はその人の年収の約30%にあたる90万円を転職エージェントに支払います。エージェントの必要経費は基本的には人件費のみのため、利益のインパクトが大きいのが特徴です。

ただし、転職エージェント経由で転職した人が、入社後数ヶ月以内に退職した場合は、報酬の一部を返還するという企業側との取り決めがあります。

だからこそ転職エージェントは、入社後も求職者が長期にわたって活躍してくれるよう、最大限のサポートをしてくれるのです。

このように転職エージェントは、独自のビジネスモデルでサービスを提供しています。無料で使えるからといって求職者が不利益をこうむることはありません。

同じく無料で利用できる「ハローワーク」よりも徹底したサポート体制が整っているため、「転職を考えるのであれば利用しないと損!」とも言えます。

具体的な転職エージェントによる無料サポートの内容を知りたい方はこちらをご覧ください

2.転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントは、呼び名が違うだけで中身は同じだと思っている方も多いかもしれませんが、大きな違いがいくつかあります。

2つの違いを知らないまま転職活動を進める方もいますが、実は大きな違いがあるのです。転職活動をスムーズに進めるためにも、予備知識として両者の違いを知っておきましょう。

転職エージェントの「リクルートエージェント」と転職サイトの「リクナビNEXT」を例に比較してみましょう。

リクルートエージェント リクナビネクスト
求人探し方 転職エージェントとカウンセリングをおこない、適した仕事を紹介・応募してもらう。 求職者自身がWEBサイト上で気になる仕事を見つけ、企業に直接応募する。
求人 非公開求人が大半のため、登録者のみに求人を紹介。 サイト上で自分好みの条件で検索。
サポート コンサルタントにカウンセリングをしてもらえる。履歴書や職務経歴書の添削、面接調整、面接対策、条件交渉等手厚いフォローをしてもらえる。 サイトにお役立ち情報がたくさんある。企業からスカウトメール等をもらえる。
気軽さ 登録やコンサルタントとの連絡に時間を割く必要がある。 PCやスマホさえあれば手軽に求人や情報検索ができる。
こんな人にオススメ 転職が初めての人。転職プランが定まっておらず、キャリアについて相談したい人。 転職の軸が明確な人。転職活動を自分で進められる人。

転職エージェントと転職サイトの違いやメリットやデメリットを詳しく調べる。

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

転職成功者の8割が登録。求人情報数は日本最大級!転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくべき。登録後「レジュメ登録」をすれば企業からのスカウトを受けとれるのでオススメ。

リクナビネクストの評判が気になる方はこちら

全年代 実績
求人エリア 求人件数

全年代対応の人材業界最大の求人数を誇る、大手人材紹介会社です。リクルートエージェントでは、定期的にキャリアアドバイザーに対して研修や勉強会を実施していて、エージェントの質も高いのが特徴です。

リクルートエージェントの評判を知りたい方はこちら

3.転職エージェントによる無料のサポート7つ

転職エージェントは、転職の意思さえあれば誰でも無料で利用できます。ここからは、転職エージェントによる具体的なサポートを紹介していきます。

1.キャリアカウンセリング

将来、自分は何をしたいのか」 「自分にはどんな仕事が向いてるんだろう?

将来のことを明確に決めている人はそういません。そこで手助けをしてくれるのが、転職エージェントのコンサルタントです。

今はぼんやりとした将来像しか描けなくても、コンサルタントにキャリア相談をすることで、働くうえで重視するポイントが見えてくるでしょう。

また、今後どのようなキャリアが築けそうか、今のあなたの市場価値はどれくらいかといったことも教えてくれます。

2.求人紹介

コンサルタントはキャリアカウンセリングであなたの適性を見極め、複数の求人を紹介してくれます。

企業の事業内容、魅力、社風、福利厚生などをわかりやすく説明してくれるうえ、求人票を見るだけではわからない情報も教えてくれるでしょう。

ときには、コンサルタントが意外な求人を提案してくることも。自分の新しい可能性に気づかされるかもしれません。

3.履歴書・職務経歴書の添削

転職エージェントは履歴書や職務経歴書を丁寧に添削してくれるため、書類選考の通過率をアップさせることができます。

自分では気づかないような履歴書の改善点も、しっかりチェックしてくれますよ。

履歴書や職務経歴書といった選考書類に必要なテンプレートは、インターネット上に溢れています。しかしサンプル文章をそのまま使うのは絶対NG。

お目当ての企業に採用されるためには、自分を魅力的に見せるための工夫が必要です。

あなたの魅力が最大限伝わるような自己PRの書き方、経験・スキルの見せ方をコンサルタントに教えてもらい、完ぺきな書類を仕上げましょう。

まずは面談で話を聞いてみたい方はこちら

4.面接日程の調整

書類選考を通過したら、いよいよ面接です。

転職エージェント経由で応募した企業であれば、コンサルタントが面接日程を調整してくれます。働きながらの転職活動だと企業側に連絡を取るのも一苦労ですが、そのような手間を省けるのです。

平日時間が取れない場合は、土日に面接できないか企業側と交渉してくれることもあります。

コンサルタントは面接会場までの行き方や、オフィスへの入り方なども教えてくれるため、安心して面接に臨めるでしょう。

5.面接対策

転職活動において「面接が一番憂うつ」という方も多いのではないでしょうか?

新卒時と異なり、転職時の面接では、退職理由や前職で得たことなどを深く聞かれます。

コンサルタントは、面接官が気にするポイントや想定される質問を踏まえ、模擬面接を実施してくれます。自分では気づかない話し方のクセや、よりよい伝え方を教えてくれますよ。

面接時の服装もコンサルタントに確認してもらいましょう。応募する企業に好まれる服装かどうか、教えてくれますよ。

6.面接後のフィードバック

コンサルタント経由で応募し、面接を受けた場合、採用担当者が感じた印象などを面接後に教えてもらえます。

採用に至らなかったとしても、このフィードバックを活かして、次回以降の面接での振る舞いを改善することができます。

あの面接のどこが悪かったんだろう…」と悩むことなく、次の面接へと気持ちを切り替えられるはずですよ。

7.入社までのフォロー(年収、入社日交渉)

内定が出たあとも、転職エージェントのコンサルタントはフォローを続けてくれます。入社時期の調整や、年収などの条件交渉も任せてOK。

あなたがより理想的な条件で入社できるよう、交渉してくれるのです。

コンサルタントには入社前の不安やギモンも相談もできます。安心して入社日を迎えましょう。

このように、転職エージェントはさまざまな形であなたの転職をサポートしてくれます。これらすべてのサービスが無料なわけですから、使わない手はないですよね。

4.無料で使える転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方が分からない男女

「転職エージェント」で検索すると、たくさんのサイトが出てきて、一体どこに登録すればいいのか迷ってしまいますよね。

気になって見てみたサイトの印象が良かったとしても、それだけで登録を決めてしまうと、思い描いていたような転職を果たせなくなる可能性もあります。

では、一体どの転職エージェントを使えばよいのでしょうか?ここでは選ぶときの注意点と転職エージェントの特徴を紹介していきます。

転職エージェントの選び方 1. 必須条件は「大手」であること

まず絶対おさえておきたい条件は、大手のエージェントであること。なかでも人材業界大手の「リクルートエージェント」と「DODA」は必ず登録しておきたいエージェントです。

なぜなら、企業が求人を掲載するのはたいていこの大手2社だからです。「リクルートエージェント」と「DODA」の2社に登録しておけば、国内の求人の多くをカバーできるといっても過言ではないでしょう。

性別や年代、地域を問わず、オススメの転職エージェントです。

業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1DODA

DODAの特徴

  • 全国10,000件以上の求人数
  • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
  • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
  • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

DODAの評判を詳しく見てみる

リクルートエージェントの特徴

  • 非公開求人数100,000件以上
  • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
  • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
  • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

リクルートエージェントの口コミを見てみる

転職エージェントの選び方 2. サービスの利用者層が自分に合うこと

大手であること以外にも、転職エージェント選びのポイントがあります。それは、転職エージェントが提供するサービスのターゲットがどの年代なのか、どの業界・職種に特化しているのか、という点です。

たとえば40代なのに20代向けの転職エージェントに登録してしまっては、よりよい求人に出合えないかもしれません。

具体的に、年代別のオススメの転職エージェントを見ていきましょう。

20代・第二新卒におすすめの転職エージェント

思っていた仕事内容と違った」 「忙しいわりに給料が少ない…

入社前に描いていた理想と現実の差に打ちのめされ、転職を考えることが多い20代。20代なのに転職回数が5回以上という方も中にはいらっしゃるかもしれません。

そんな20代や第二新卒の方には、若手の転職に力を入れている「マイナビエージェント」がオススメ。新卒サイトで定評のある「マイナビ」ならではの転職ノウハウを活かし、若者の仕事探しをサポートしています。

また、20代の大卒をメインターゲットとする「DODA」もオススメ。キャリアタイプ診断や年収査定など、今すぐ役立つコンテンツも満載です。

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。

マイナビエージェントの評判はこちら

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

大手企業から優良中小企業まで他では手に入らないDODA限定非公開求人多数!人事担当者、現場の責任者との強いリレーションで好条件の非公開求人数は業界最大数で転職満足度が高い。転職を考えている人はまず登録しておくべき。

DODAの評判を見てみる

30代におすすめの転職エージェント

家族のためにもっと収入を増やしたい」 「もっとやりがいのある仕事をして、キャリアアップしたい

ある程度の経験を積んでいる30代は、20代よりも求人へのこだわりが強くなる傾向があるようです。

そんな30代にオススメなのは、大手企業や外資系企業などを取り扱う「JACリクルートメント」と、豊富な求人数が魅力の「リクルートエージェント」です。

利用者満足度や信頼度が高いエージェントなので、着実にキャリアを築きたい30代にぴったりですよ。いわゆる「ハイキャリア求人」もきっと見つかるはず。

30~50代 履歴書対策
求人数 高収入求人

30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。

JACリクルートメントの体験談はこちら

全年代 実績
求人エリア 求人件数

全年代対応の人材業界最大の求人数を誇る、大手人材紹介会社です。リクルートエージェントでは、定期的にキャリアアドバイザーに対して研修や勉強会を実施していて、エージェントの質も高いのが特徴です。

リクルートエージェントの評判を知りたい方はこちら

40代・50代におすすめの転職エージェント

会社都合で退職させられてしまった」 「働きすぎて身体を壊してしまった。マイペースに働きたい

20代・30代よりも切実な転職理由が増えてくるのが、40代~50代です。転職難易度が上がる40代・50代こそ、転職エージェントを利用して転職活動を進めましょう。

エージェントのなかでも、40代以上の転職ノウハウを持っている「リクルートエージェント」と中間管理職・専門職などハイキャリア層向けエージェント「ビズリーチ」は特にオススメ。

確実にキャリアアップするためにも、エージェントに相談しながらよい求人を見定めましょう。

キャリアアップしたい方はもちろん、今勤めている会社の将来性に不安がある方、なかなか上がらない給与に対する不満がある方など、何らかの悩みを抱えている40代・50代の方こそ、エージェントに相談してみましょう。

一人では描けないような、明るい未来が見えてくるかもしれません。

全年代 実績
求人エリア 求人件数

全年代対応の人材業界最大の求人数を誇る、大手人材紹介会社です。リクルートエージェントでは、定期的にキャリアアドバイザーに対して研修や勉強会を実施していて、エージェントの質も高いのが特徴です。

 
エグゼクティブ 転職サポート
年収アップ スカウト

国内最大級のエグゼクティブやハイクラス求人に特化した転職サイト。管理職やグローバル求人も多く、スカウトやヘッドハンティング転職が可能!

ビズリーチの評判を知りたい方はこちら

業界・職種別におすすめの転職エージェント

金融業界に転職したい」 「IT系ベンチャー企業がいいな

など、すでに転職したい業界を絞っている方は、その業界に強い転職エージェントにも登録しておきましょう。思わぬ好条件の求人が見つかるかもしれませんよ。

業界 おすすめ転職エージェント
IT ワークポート
外資系 JACリクルートメント
コンサル JACリクルートメント
アパレル ファッショーネ
金融 DODA

5.無料で使える転職エージェントの利用は複数登録が当たり前!?

とりあえず1社登録したし、これで転職活動が進められるよね

と安心していませんか?

実は、転職エージェントは複数登録するのが常識になりつつあります。なぜなら、1社しか登録していないと、出合える求人の数が限られてしまうから。

また、相性の合わないコンサルタントにあたった場合、転職活動自体が行き詰ってしまいます。

2社以上の転職エージェントに登録すれば、より多くの求人に出合えることはもちろん、万一「担当のコンサルタントが微妙だな…」と思ったときでも、ほかに登録しているエージェントのコンサルに乗り換えて転職活動が進められるのです。

とはいえ、片っぱしから転職エージェントに登録すればいいというわけでもありません。

登録したエージェントが多くなると、紹介される求人数やコンサルタントからの連絡回数が増えていきます。

それらすべてに対応するには時間も労力も必要ですし、情報を整理しきれず違うエージェント経由で同じ企業に複数回応募してしまう、といったミスにもつながりかねません。

登録数は多くても4~5社ほどにしておくと管理しやすいでしょう。

大手のエージェントの登録は必須ですが、

「自分に合いそうなコンサルタントを選びたい」
「軽い相談から始めたい」

といったことをお考えの方もいるかと思います。
そういった方は選択肢の一つとして、コンサルタント個人を指名できるサービス「キュージェント」を利用するのもいいでしょう。

キュージェントはエージェント会社ではなく、コンサルタント個人を指名することができる無料のマッチングサービスです。

おすすめコンサルタント 鈴木さんの特徴
・人事経験があり、採用側の視点から選考対策ができる
1600件の求人、60件の非公開求人を持っていて、隠れた優良企業を紹介できる
お悩み相談や情報提供だけでもOK
転職でお困りなら、まずは気軽に相談してみてください!

所属先 主な仕事内容
2004-2008 某法律事務所 弁護士を目指し勉強
2009-2014 丸紅コミュニティ(株) 営業・人事
2014-2015 (株)JAC Recruitment 転職エージェント
2015-2016 医療介護グループ法人 人事責任者
2016- キーコネクション株式会社 代表取締役

鈴木さんを詳しく見てみる

6.知っておくべき!無料の転職エージェントを利用するときのデメリット

転職エージェントのデメリット

無料の転職エージェントは、求職者にとっては転職を有利に進められる強い味方です。しかしメリットだけでなく、注意しなければならないデメリットがあるのも事実です。

どういったデメリットがあるのか、具体的に見ていきましょう。

担当者との相性に良し悪しがある

転職エージェントのコンサルタントには、経験豊富なベテランもいれば駆け出しの若手もいます。

そのため転職エージェント自体の評判はよくても、自分の担当コンサルタントはいまいち…と感じることもありえます。

人によっては「女性の担当者の方が話しやすい」「ベテランの人が落ち着く」といった要望もあるでしょう。

大事な転職活動において、頼れるコンサルタントであるかどうかは重要なポイントです。

優秀なキャリアコンサルタントは面談でのヒアリング能力が優れているので、求職者の希望に沿った求人だけでなく、少し希望とはずれているけれど興味を持ちそうな求人なども紹介してくれます。

スケジュール調整や求人の紹介もスムーズなので、テンポよく転職活動が進まないと感じたら注意信号かもしれません。

3.求職者の希望よりノルマを優先する場合も

転職エージェントは「何人転職させる」といったノルマを設定しているので、まれにその数字を追うことばかりに一生懸命になってしまうキャリアコンサルタントがいます。

ノルマを達成するため、求職者の希望よりも内定をもらえそうな求人ばかりをすすめてくるようになり、求職者は転職エージェントを利用するメリットを感じられなくなってしまいます。

もし希望と違う求人を紹介されたら、なぜその求人を紹介したのかを担当コンサルタントに確認しましょう。

その理由があまり納得できるものでない場合は、ノルマ達成が一番の目標になっているかもしれません。

質の高い転職エージェントに無料相談

7.キャリアコンサルタントと相性が合わなかったら…?

転職エージェントに登録すると、多くの場合、面談を担当したキャリアコンサルタントが求職者の転職活動を一貫してサポートすることになります。

そこで出てくる問題が、前出でもふれたキャリアコンサルタントとの相性です。せっかく登録しても、相性が合わなければ納得のいく転職をすることは難しくなってしまいます。

具体的にどのような点を意識して対応すればよいのかみていきましょう。

1.面談で明確な希望を伝えられているか振り返る

転職を考える理由はそれぞれあります。希望の業界で働きたい、チャレンジしたい職種があるなどの他に、家庭の事情でやむなく転職する方もいるでしょう。

キャリアコンサルタントは求職者の転職を叶えるためにヒアリングします。

「早く転職したい!けれどやりたいことも興味のある業界も特にない…」となると、とにかく広く求人を紹介しようとして、求職者にとって興味が持てない求人を紹介してきても仕方ないといえます。

まずは希望条件を振り返り、明確にしてみましょう。

とにかく年収を上げたい、大手がいいなど何でも構いません。難しければ、これだけは避けたいということを書き出していくだけでも希望条件の棚卸しができます。

それを伝えればスムーズに意思の疎通もでき、転職成功の可能性もぐっと高まるでしょう。

2.担当コンサルタントを変更する

希望を伝えたのに担当コンサルタントとのやり取りがかみ合わない場合は注意が必要です。

変更をする判断基準

  • 希望とは違う求人ばかりを紹介してくる
  • 業務時間中に連絡をしてくる
  • 業界や企業の知識が乏しい
  • 連絡が遅い
  • 意思の疎通ができない

転職は人生設計において大事な分岐点です。こちらの希望に沿った求人紹介やサポートをしてくれなければ、転職エージェントを利用しても納得のいく転職まで遠回りをすることになりかねません。

担当コンサルタントの対応に不満がある場合は、すぐに担当を変更してもらうことをおすすめします。

WEBサイトから変更手続きができることも多いので、合わないと感じたら遠慮せずに変更してもらいましょう。

3.他の転職エージェントを利用する

担当変更を依頼するのは気が引ける…という場合は、転職エージェントごと変更してしまってもよいでしょう。

別の転職エージェントを利用すればどのようなやり取りがあったのかも引き継がれずに済みますし、一番気持ちの負担も減ります。

そういった意味でも、複数に登録しておくことは本当にオススメなのです。

面談に定評がある転職エージェント

8.無料で使える転職エージェントとの面談内容と準備しておくもの

エージェントとの面談は自分の市場価値を知るチャンス

転職エージェントとの面談に臨む前に、面談の目的などをおさえておきましょう。極端に緊張する必要もありませんが、コンサルタントはあなたを企業に推薦してくれる人物ですから、決してないがしろにはできません。

具体的にどのような点を意識して対応すればよいのかみていきましょう。

1.転職エージェントとの面談の内容

面談はコンサルタントが転職者のことをしっかり理解するための場です。対話することで転職者が働くうえで重要視するポイントを明確にしていきます。

一方、採用時の面接は転職者がその企業に適しているかすり合わせをおこない、入社後のミスマッチをなくすためのものです。

面接を有意義な時間にするためには、転職者が自分の経験や今後の希望をしっかりと自分の中に持っていなければなりません。

とはいえ、大抵の人はそれを言語化することはできていないものです。しかし、コンサルタントとの面談は自分を言語化する良いチャンスといえるでしょう。

仮に言葉に詰まったとしても、コンサルタントが具体的にどう話せばいいのかアドバイスをくれます。

また、面談ではコンサルタントが転職者の経験やスキルについて、世間から見てどの程度のものなのかフィードバックをしてくれます。

あなた自身の市場価値も明らかになるのです。

面談に定評がある転職エージェント

2.転職エージェントとの面談の前に必要な準備、持ち物

転職エージェントは、履歴書と職務経歴書をもとにこれまでの経歴や今後の希望などをヒアリングしていきます。

これらの応募書類は書式自由であることが多いため、近年ではパソコンで履歴書と職務経歴書を作成する方法も主流となっていますが、手書きでもどちらでも構いません。

パソコン環境がなくて手書きのものを提出する場合は、面談後の応募書類の添削や参考資料などの確認がスムーズに進まないこともあるので、パソコン環境がない方は事前に転職エージェントに相談することをおすすめします。

面談当日に使用する応募書類の準備方法も、転職エージェントによってさまざまです。

例えば、面談までに印刷して持参する場合もあれば、事前登録時に書類データをアップロードしておき、転職エージェント側が面談当日に印刷しておいてくれる場合もあります。

事前のやり取りで準備方法が伝えられるので、そこで確認しておきましょう。

デザイナーやクリエイターの方はポートフォリオの提出を求められるので、併せて準備しておきましょう。

書類以外に必要なものも転職エージェントによってさまざまで、印鑑や身分証明書が必要なケースもあります。必要なものに関しては面談までの事前連絡で細かく教えてくれるので、不明な点はここでしっかりと聞いておきましょう。

3.転職エージェントとの面談の場所と服装

転職エージェントとの面談は、通常エージェントの会社で行われます。転職に関する情報には個人情報も含まれるため、プライバシーが守られるエージェントのオフィスが適しているのです。

ただし例外もあります。地方在住者やオフィスへの訪問が難しい方とは、Skype等のオンライン上で面談をおこなうケースもあります。面談時はできるだけ本番の面接と同じ服装を心がけましょう。

もし面接にふさわしくない点があればその場でコンサルタントに指摘してもらえるからです。業界によって好まれる服装やカラーがあったり、避けるべき化粧や身だしなみもあります。

面接は第一印象も大切です。採用担当者にマイナス印象を与えないためにも、コンサルタントにしっかりチェックしてもらいましょう。

面談に定評がある転職エージェント

9.無料の転職エージェントを利用した3つの体験談

転職エージェントの体験談を知人に話している様子

1.書類添削や面接のロープレをしてくれた

30代 男性 滋賀県草津市 メーカー 勤続年数2年 新卒入社

転職エージェントを利用してみてよかったと感じた点は2つあります。1つ目はサービスが充実していることです。

初めての転職だったので、右も左もわからないままリクルートエージェントに登録してみましたが、面接対策や書類添削サービスを積極的に活用したことで、結果的に内定をもらえることができました。

面接対策では実際に専門のキャリアアドバイザーの人が面接をしてくれるので、どのように答えたらいいかをアドバイスがもらえました。

私の場合は言葉足らずの説明が多かったので、よりわかりやすい表現にしてくれたり、アピールポイントを指摘して頂いて自己PRの補強につながりました。

何度でも利用することができますし、無料なのでありがたかったです。また、書類添削サービスも役に立ちました。

履歴書は誰が書いても変わりませんが、職務経歴書の場合は何を書くべきか、何を書くべきでないかを細かく指導してくださいました。

多く書きすぎると面接で企業が質問することがなくなることがあると言われたのが印象的でした。そんなことを考えて作成していなかったので目から鱗でした。

2.心が折れずに転職活動を続けられた

34歳 女性 800万円→1100万円

ずっと外資系で働いていたので、今回も同じ外資系で転職をしたいと考えていました。

転職エージェントの中では外資系を多く扱っていて情報も豊富だったので、JACリクルートメントに登録しました。

転職活動中は、キャリアコンサルタントが私のモチベーションを常に高く保てるようにしてくれたおかげで、めげずに転職活動を続けられました。

また、転職して半年ほど経ったころ条件などの確認や状況報告のために面談にきてくれ、サポートのきめ細やかさに驚かされたのを覚えています。

私の場合は、尊敬できるようなキャリアコンサルタントに出会えたことが、転職活動の中でとても大きかったと思います。

3.ストレスのない毎日を手に入れることができた

35歳 男性 年収:480万円→330万円

東北のできるだけ田舎の方で働ける求人を探していたので、求人数の多いDODAに登録しました。

前職のスキルを活かせる仕事を中心に探していましたが、キャリアアドバイザーさんは私のストレス状況を考慮して「人を癒すことができる性格面」を活かせる求人を探してきてくれました。

予想もしていなかったジャンルの職種でしたが、前職のスキルを活かせる仕事で転職していたらきっと転職し続けていたと思います。

自分では気づいていなかった性格面を気づかせてくれたDODAに感謝しています。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

DODA
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

転職エージェントとは?失敗しない選び方のコツと転職サイトとの違い

みなさんは転職エージェントとは何かご存知でしょうか?転職エージェントはコンサルタントやアドバイザーといわれる転職のプロが転職をサポートしてくれるサービスです。「

転職エージェントのメリット・デメリットって何?失敗しない使い方

「転職エージェント自体は知っているけど使い方がよく分からない」 「転職エージェントに登録した後の流れを知りたい」 と転職エージェントの利…

転職エージェントのサポート期間ってどれくらい?7社の特徴を比較

転職エージェントを利用するのが良いということはわかっていても、「転職エージェントは期間がきまってるの?」「転職サポート期間が終わったら転職サポートし…

転職エージェントの絶対失敗しない選び方は?大手4社の特徴を比較

転職活動をする際には、ほとんどの人が転職サイトや転職エージェントなどの転職媒体を利用していると思います。中でも転職エージェントはキャリアコンサルタントがつくため、「

転職エージェントの裏事情!騙されないために必要な知識と利用のコツ

転職エージェントが転職におすすめという情報は良く見るのですが、いざ使うとなると、「メリットばかり書かれているけど、これって本当なの?」「思ったような…

転職エージェントの仕組みを徹底解剖! 知らないと損? 企業との関係

「転職エージェントは無料で利用でき、求職者にはありがたいけれど無料にできる理由は?」「ブラック企業を紹介されたりという心配はないの?」これから…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事