転職エージェントを無料で使えるカラクリとは?損しないための活用術

転職エージェントは無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェントってどうして無料で使えるの?」「無料なんだから、何かワナがあるんじゃないの?」と思っていませんか?確かに、転職エージェントにはデメリットもあります。

しかし、その仕組みと正しい使い方を知れば、転職を成功へと導くことは可能なのです!

この記事では、現役のキャリアコンサルタント監修のもと転職エージェントの利用のアドバイスとともに無料で利用できる仕組みをご紹介します。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

無料の転職エージェントの仕組み

転職エージェントは登録すると、キャリアアドバイザーと呼ばれる専任の担当者が登録した求職者一人一人に付き、求人を紹介してくれます。

そして、求職者が実際に転職を成功させると、転職先の企業側から転職エージェント側へ紹介料として報酬が支払われます。

この企業からの報酬を利益として運営しているので、求職者は転職エージェントを無料で利用することができるのです。

転職エージェントの報酬の仕組み

また、この仕組みには細かい規定のようなものがあり、紹介報酬の額は転職者の年収の約3割、また入社後3か月以内に退職した場合は報酬の一部を返還する必要があります。

つまり、年収300万円の転職希望者が実際に転職を成功させ、3か月間働いたら、転職エージェントは企業側から、90万円の紹介報酬をもらうことができるのです。

企業は少しでも良い人材を入社させたいという希望があります。また、求める人材像があります。
紹介会社を利用することで、求めている人材のみに絞って応募してもらうことができるため、企業の人事は厳選された人材のみの選考に時間を費やすことができるのです。
ゆえに、お金をかけてでも、企業は人材紹介会社を利用して良い人材の採用をしていきたいとの意向があります。

無料の転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントと転職サイトの違いに悩む男性

みなさんは転職エージェントと転職サイトの違いは知っていますか?どちらも無料で利用できますが、サポート内容には明確な違いがあります。

転職エージェントは担当のキャリアアドバイザーが付き、求人紹介から応募までサポートをしてくれますが、転職サイトはweb上での求人探しから、応募まですべて自分自身で行う必要があるのです。

転職エージェントと転職サイトサポート内容の比較

では、株式会社リクルートキャリアが運営する転職エージェントの「リクルートエージェント」と、転職サイトの「リクナビNEXT」を例にサービス内容について比較してみましょう。

- リクルートエージェント リクナビNEXT
担当者 付く 付かない
気軽さ エージェントとのやり取りが必要 自分のペースでできる
求人数 エージェントが保有している求人のみ とにかく多い
求人の質 非公開求人がある 公開求人のみ
探し方 紹介してもらう 自分で探せる
企業とのやり取り 代行してもらえる すべて自分で行う
書類添削 エージェントが添削してくれる すべて自分で行う

-転職エージェントと転職サイトのどっちを利用するべき?-

  • 転職エージェント・・・転職が初めての人。転職プランが定まっておらず、キャリアについて相談したい人。
  • 転職サイト・・・転職の軸が明確な人。転職活動を自分で進められる人。

このように、転職エージェントと転職サイトのサポート内容にはさまざまな違いがあるので、自分に合った方を選んで登録することをおすすめします。

転職サイトの最大手!リクナビネクストの評判を調べる

リクルートエージェントの評判を調べる

転職エージェントと転職サイトの仕組みの違い

転職エージェントと転職サイトはサポート内容に差があることをご紹介しましたが、それによって企業から支払われる報酬の仕組みは異なります。

転職エージェントは求職者が入社した後に紹介報酬として企業側からエージェント側へ支払われますが、転職サイトは、入社するしないにかかわらず、求人情報や求人広告を掲載した時点で、掲載料として報酬を支払わなければなりません

転職サイトの報酬の仕組み

このように、転職エージェントと転職サイトは企業側から支払われる報酬のタイミングが異なります。しかし、どちらも無料で利用できることには変わりありませんので安心して利用してください

転職サイトなどの媒体や求人広告では、企業の求めている人材像を細かく明記し、絞ることが出来ません。
年齢制限や性別の制限の記載はNGとされているのです。
そのため、求人媒体で応募があった方全員に対して、対応しないといけないため、企業の人事担当者には、時間がかかるというデメリットが生まれてしまうのです。

では、企業が転職サイトへ求人を掲載するメリットとは何なのでしょうか?それは、より低価格で人材を募集し、より多くの求職者から選考・採用したいという事です。

ですから、転職サイトへ掲載されている求人は、採用意欲が高いのが特徴です。また、未経験歓迎など、採用基準が低い求人も多いので、転職も成功しやすいでしょう。

転職者の8割が利用するリクナビネクスト

無料の転職エージェントの7つのサポート

ここからは転職エージェントのサポート内容について細かくご紹介します。

1.キャリアカウンセリング

キャリアコンサルタントを利用している様子

転職エージェントへ登録するとまずキャリアアドバイザーとのカウンセリング(面談)が行われます。

面談では、転職理由や転職先への希望条件などさまざまざな内容を求職者とキャリアアドバイザーで話し合います。

しかし、「将来、自分は何をしたいのか」「自分にはどんな仕事が向いてるんだろう?」など、将来のことを明確に決め、自己分析が出来ている人はそういません

今はぼんやりとしたキャリアプランしか描けなくても、コンサルタントとのキャリア相談を通すことで、働く上で大切にしていきたいことが見えてくるでしょう。

また、今後どのようなキャリアが築けそうか、今のあなたの市場価値はどれくらいかといったことも教えてくれます。

転職する上で、一番重要なところです。1人で自己分析を行うと限界があります。
しかし、客観的に自己分析を一緒にやってくれるので、自分では気づかない魅力に気づくことが出来たり、キャリアの棚卸しを一緒にしてくれるのが、キャリアアドバイザーです。
自分の枠の外にある考え方・価値観を提供してくれるので、選択の幅を広げることが出来るはずです。

2.求人紹介

非公開求人を選ぶキャリアアドバイザー

キャリアカウンセリングを行った後は、実際に求人を紹介してもらいましょう。エージェントは企業から集めた多くの求人から、あなたの適性を見極め、求人を紹介してくれます

その際には企業の事業内容、魅力、社風、福利厚生などの説明もあるので、応募企業を決めるのにとても参考になるはずです。

求人票に記載がある内容はもちろん、転職エージェントは人事の方と直接やり取りを行っています。
ですから、求人票に記載のない内容を教えてもらうこともできます。
さらに、企業の気になる点を求職者の代わりに、聞いてもらえるのも、転職エージェントを利用するメリットです。

3.履歴書・職務経歴書の添削

選考書類の添削

履歴書や職務経歴書といった選考書類に必要なテンプレートは、インターネット上に溢れています。しかしサンプル文章をそのまま使うのは絶対にNGです。

しかし、転職エージェントなら履歴書や職務経歴書の添削もしてくれるので安心です。

企業によっては、アピールするポイントを変えるなど、丁寧にサポートしてくれるため、書類選考の選考率もUPします

お目当ての企業に採用されるためには、自分を魅力的に見せるための工夫が必要です。

あなたの魅力が最大限伝わるような自己PRの書き方、経験・スキルの見せ方をコンサルタントに教えてもらい、完ぺきな書類を仕上げましょう。

履歴書や職務経歴書の作成は苦手な方が多いですね。
また、自己流でやる方も多く書き方が間違っている方も多いです。
でも、転職エージェントを利用することで、魅力的に魅せる履歴書・職務経歴書の書き方を教えてもらえますから、それだけでも利用する価値はあると思います。

4.面接日程の調整

面接などの日程調整

書類選考を通過したら、いよいよ面接です。

転職エージェント経由で応募した企業であれば、コンサルタントが面接日程を調整してくれます。平日時間が取れない場合は、土日に面接できないか企業側と交渉してくれることもあります。

働きながらの転職活動だと企業側に連絡を取るのも一苦労ですが、そのような手間を省けるのです。

また、企業によって面接回数などは異なるので、1社だけ選考が進んでしまうと焦って内定承諾をしなくてはなりません

しかし、それでは、転職先選びに失敗してしまうリスクがあります。

そのような事態にならないために、コンサルタントは企業をしっかり比較できるように面接の日程を調整してくれます。

ご説明の通り、企業によって選考ステップが異なるため、調整しながら日程を組まないと、内定の返事等おまたせさせてしまう場合があります。
転職エージェントは企業の選考ステップをある程度把握しています
だからこそ、各企業の選考ステップに合わせて優先順位をつけながら、広い視点で日程を調整してくれますよ。

5.面接対策

マイナビエージェントで相談をする女性

転職活動において「面接が一番憂うつ」という方も多いのではないでしょうか?新卒時と異なり、転職時の面接では、退職理由や前職で得たことなどを深く聞かれます。

コンサルタントは、その企業ではかつてどのような質問をされたのかや面接官が気にするポイントをふまえ、模擬面接を実施してくれるのでとても心強い味方です。

さらに、自分では気づかない話し方のクセや、よりよい伝え方を教えてくれるので、面接対策は万全です。

転職エージェントは、過去選考した方がどのような質問を受けたのか?どのような理由で内定につながったのか?お見送りになったのか?というデータを把握してます。
その情報を知っていることで、安心して面接に挑むことができると思います。
面接対策は情報戦の部分もあるので、ネットや自分だけの情報に頼るのではなく、プロの転職エージェントの情報に頼るといいかもしれませんね。

6.面接後のフィードバック

転職エージェントに相談する20代女性

面接を受けた場合、企業の採用担当者が感じた印象をコンサルタント経由で面接後に教えてもらえます

採用に至らなかったとしても、このフィードバックを活かして、次回以降の面接での振る舞いを改善することができます。

あの面接のどこが悪かったんだろう…」と悩むことなく、次の面接へと気持ちを切り替えられるはずですよ。

転職エージェントは面接後、求職者の代わりに御礼の連絡と印象を確認し、面接後のフォローをします。
面接時に選考結果は通常1週間以上かかってしまうだろうと言われても、転職エージェントが間に入ることで、選考の状況の進捗を確認することもできるので安心ですね。

7.入社までのフォロー

内定が出たあとも、転職エージェントのコンサルタントはフォローを続けてくれます。入社時期の調整も任せてOK。

あなたがより理想的な条件で入社できるよう、交渉してくれるのです。

コンサルタントには入社前の不安や疑問も相談できます。安心して入社日を迎えましょう。

このように、転職エージェントはさまざまな形であなたの転職をサポートしてくれます。これらすべてのサービスが無料なわけですから、使わない手はないですよね。

内定が出た後のフォローとしてよくあるのは、内定辞退に関してです。
たとえば、良い報告をするのは率先して行えるが、悪い報告(内定辞退等)をする場合は気が引けてしまうのかもしれませんね。
転職エージェントは代わりに、内定辞退の連絡もしてくれるので、安心して内定受託に向けて取り組むことができます。
もちろん、ご説明の通り、入社前の面倒な手続き(入社日交渉・労働条件通知書等)も代行してもらえますよ。

無料の転職エージェントの選び方|結局、どこを使えばいいの?

登録すべき転職エージェント

「転職エージェント」で検索すると、たくさんのサイトが出てきて、一体どこに登録すればいいのか迷ってしまいますよね。

気になって見てみたサイトの印象が良かったとしても、それだけで登録を決めてしまうと、思い描いていたような転職を果たせなくなる可能性もあります。

では、一体どの転職エージェントを使えばよいのでしょうか?ここでは選ぶときの注意点と転職エージェントの特徴を紹介していきます。

必ず1社は「大手」に登録すること

まず絶対おさえておきたい条件は、必ず1社は大手の転職エージェントに登録することです。なかでも人材業界大手の「リクルートエージェント」や「doda」は登録しておいて損はありません。

大手の転職エージェントの場合、多くの求職者の登録があるので、企業側もその分より多くの候補者に自社の求人を紹介してもらえる機会も増えます。

だからこそ、より良い人材が集まりやすいと考え、大手の転職エージェントにはさまざまな企業の求人が集まります

求職者にとっても求人の数が多いことは選択肢の幅も広がるメリットもあります。

転職エージェントは複数登録することも可能なので、1社は大手の転職エージェントへ登録することをおすすめします。

サービスの利用者層が自分に合うこと

自分自身がターゲット層と合う

大手であること以外にも、転職エージェント選びのポイントがあります。それは、転職エージェントが提供するサービスのターゲットがどの年代なのか、どの業界・職種に特化しているのかという点です。

たとえば40代なのに20代向けの転職エージェントに登録してしまっては、よりよい求人に出会えないかもしれません。

【年代・性別おすすめ転職エージェント一覧】

20代・第二新卒 マイナビエージェント
-評判を調べる-
doda
-評判を調べる-
ハタラクティブ
-評判を調べる-
30代 リクルートエージェント
-評判を調べる-
JACリクルートメント
-評判を調べる-
40代~50代 リクルートエージェント
-評判を調べる-
キュージェント
女性 リブズキャリア
-評判を調べる-
スタッフサービス
-評判を調べる-
マイナビエージェント
-評判を調べる-
doda
-評判を調べる-

【業界・職種別おすすめ転職エージェント一覧】

IT レバテックキャリア
金融 doda
営業 リクルートエージェント
アパレル ファッショーネ
外資系 JACリクルートメント
コンサル JACリクルートメント

*それぞれの転職エージェントの公式ページは表内のリンクからご覧ください。

ビズリーチは一部サービスが有料

ビズリーチ

人材紹介会社のほとんどが無料で利用できる中で、ビズリーチは一部サービスを有料にしています

ビズリーチは運営費用を求職者にも負担してもらうことで、より自由に求職者が求人を探すことができると定義しているのです。

ビズリーチの評判と仕組みを知りたい方はこちらの記事へ

大手の場合、安心感はありますが、ほとんどの作業が分業化されているため、担当者がコロコロ変わったり、スピード感が遅くなることも考えられます。
キャリアアドバイザーによって、とにかく求人を多く提案する人もいれば、厳選した求人のみ提案する人など、同じ企業内でもアドバイザーにより異なります。
ですから、担当のキャリアアドバイザーに対して、自分の希望があれば(女性OR男性など)登録の段階で事前に伝えることをオススメします。
転職エージェントのホームページにあるキャリアアドバイザー一覧を参考にするのもオススメですよ。

無料で使える転職エージェントの落とし穴!注意すべきポイント

戸惑う求職者

転職エージェントは、転職を有利に進められ、かつ無料で利用できるので、とても便利です。しかし、利用に関して思いがけない落とし穴に遭遇してしまうこともあります。

ここからは、転職エージェントを利用する際の注意点をご紹介します。

転職エージェントの複数登録は連絡頻度が増えて大変!

頻繁な連絡に戸惑う求職者

転職エージェントは複数登録をすることが可能です。

転職エージェントによって、保有している求人の種類も異なるので、複数社登録して、紹介してもらえる求人を比較することは、より良い転職をするためには有効な手段です。

しかし、各エージェント会社の担当者とやり取りが必要となるので、その分連絡頻度も増えてしまうのです。

ですから、複数登録するのは3社以内をおすすめします。

例えば、転職エージェント3社、もしくは、転職エージェント2社+転職サイト1社などの組み合わせが、求人情報も取得しつつ、転職活動のサポートも得られるのでおすすめです。

転職エージェントへの登録のデメリットとして求職者の方に一番思われているのが、「連絡の頻度が多い」ということです。
キャリアアドバイザーは転職をしてもらうために、こまめに連絡をします。
転職熱が高いとき・具体的に転職に向けて動けている時は、負担に感じませんが、
転職をしようか迷っていたり、少しゆっくりしながら探したいときは、
キャリアアドバイザーのスピード感とズレが生じてしまうことが多々あります。
そのため、連絡の頻度を控えてほしいときは、事前に伝えておくことをオススメします。

どのような担当者が付くか分からない!

担当者が分からない

転職エージェントへ登録すると自動的に担当者を振り分けられます。

転職エージェントのコンサルタントには、経験豊富なベテランもいれば駆け出しの若手もいます。

そのため転職エージェント自体の評判はよくても、自分の担当コンサルタントはいまいち…と感じることもあります。

人によっては「女性の担当者の方が話しやすい」「ベテランの人が落ち着く」といった要望もあるでしょう。

大事な転職活動において、頼れるコンサルタントであるかどうかは重要なポイントです。

転職エージェントでは担当者を変更が可能なので、我慢する必要はありませんよ。

コンサルタントとの相性が合わないと感じた場合、他の担当者に変えてもらう。または、希望・要望を改めてしっかり伝えることが大事になります。
合わない担当と連絡を取り合ってもストレスになるだけですし、良い転職には繋がりません。
正直に、希望・要望を伝えることをオススメしてます。

担当者の変更を申し出る際の判断基準

  • 希望とは違う求人ばかりを紹介してくる
  • 業務時間中に連絡をしてくる
  • 業界や企業の知識が乏しい
  • 連絡が遅い
  • 意思の疎通ができない

転職は人生設計において大事な分岐点です。こちらの希望に沿った求人紹介やサポートをしてくれなければ、転職エージェントを利用しても納得のいく転職まで遠回りをすることになりかねません

WEBサイトから変更手続きができることも多いので、合わないと感じたら遠慮せずに変更してもらいましょう。

無料の転職エージェントをもっと有効活用するための面談のポイント

転職の面接で失敗しないマナーの解説

転職エージェントとの面談は、転職先の希望条件を伝えたり、コンサルタントとの相性を図るためには重要なものです。

具体的にどのような点を意識して対応すればよいのかみていきましょう。

1.転職先への希望条件や転職理由についてある程度考えておく

将来したい事が分からない様子

面談はコンサルタントが転職者のことをしっかり理解するための場です。

面談の時点で、完璧に答えられるようにしておく必要はありませんが、しっかりと対話ができる程度に、転職先の希望条件や転職理由を自分の中で洗い出しておく必要があります。

仮に言葉に詰まったとしても、コンサルタントは転職のプロです。さまざまな転職希望者との面談をこなしてきていますから、面談のノウハウは完璧です。

あなたの考えをうまく引き出してくれるはずですよ。

2.面談では嘘を付かずに正直に答える

コンサルタントとの面談では、正直に話すようにしましょう。

転職活動においてコンサルタントとの信頼関係は非常に大切です。

コンサルタントの質問に対して、嘘なく答えることは、あなた自身の信用にもつながります。今のあなたにふさわしい転職先を紹介してもらうためにも素直さは必要なのです。

よくあるのが、企業の面接じゃないという点から、質問に対して適当な回答をする求職者がいます。
しかし、転職エージェントも何十人もの人材をみているため、回答ひとつで信頼できる人か否かという点は伝わってしまうものなのです。
ですから転職エージェントとの面談の際は、適当な対応をするのではなく、正直に自分の状況をお伝えし、誠実な対応をすることをオススメします。
誠実な人と判断してもらえれば、面談担当したキャリアアドバイザーも真剣にあなたの転職サポートをしてくれますから。

模擬面接と思って、服装には気を付ける

30代女性の面接の服装解説

転職エージェントとの面談は、企業の選考のための面接とは異なるものです。ですから、面接ほど気合を入れて臨む必要はありません。

しかし、だからといって何も気にせずに面談に臨んでしまうと損をしてしまいますよ

いざ、企業の面接を受ける際に「どんな、服装で行けばいいんだっけ?」「この服で大丈夫かな?」などと、不安に思う方は多くいらっしゃいます。

そのような事態に陥らないためにも、エージェントとの面談の服装は、なるべく企業との面接を想定して臨みましょう

もし、面接にふさわしくない点があれば、その場でコンサルタントに指摘してもらえます。しかも、業界によって服装やカラー、避けるべき化粧や身だしなみに好みがあります

面接は第一印象が大切です。採用担当者にマイナス印象を与えないためにも、コンサルタントにしっかりチェックしてもらいましょう。

無料の転職エージェントの利用体験談・口コミ集

体験談・口コミ(1)

30代 男性 滋賀県草津市
メーカー 勤続年数2年 新卒入社

転職エージェントを利用してみてよかったと感じた点は2つあります。1つ目はサービスが充実していることです。

初めての転職だったので、右も左もわからないままリクルートエージェントに登録してみましたが、面接対策や書類添削サービスを積極的に活用したことで、結果的に内定をもらえることができました。

面接対策では実際に専門のキャリアアドバイザーの人が面接をしてくれるので、どのように答えたらいいかをアドバイスがもらえました。

私の場合は言葉足らずの説明が多かったので、よりわかりやすい表現にしてくれたり、アピールポイントを指摘して頂いて自己PRの補強につながりました。

何度でも利用することができますし、無料なのでありがたかったです。また、書類添削サービスも役に立ちました。

履歴書は誰が書いても変わりませんが、職務経歴書の場合は何を書くべきか、何を書くべきでないかを細かく指導してくださいました。

多く書きすぎると面接で企業が質問することがなくなることがあると言われたのが印象的でした。そんなことを考えて作成していなかったので目から鱗でした。

とじる
つづきを読む

体験談・口コミ(2)

30代 男性 東京都在住
営業職から調達職、化学業界から電機業界への転職を経験

キャリアアドバイザー自ら発信されることで、転職活動に役だったことはあまりありませんでした

特に、私の場合には担当者が入社したてだったり、経験の浅い方が多かったのか慣れていない印象でした。

しかし、こちらから質問をして引き出すと有益な情報を得られましたね

例えば、書類の書き方について、業務内容のみではあまり印象付けが足りないと感じていましたのでどうしたらいいかという問い合わせをしたところ、アピールポイントを受ける企業ごとに関連しそうな業務に一言追加するといったアドバイスをもらえました。

紹介してもらえる案件についても、希望とのずれがありましたので自分で転職サイトから案件を数件持っていき、その案件に近いものを紹介してもらうようにするなど工夫しました。

とじる
つづきを読む

体験談・口コミ(3)

20代 男性 愛知県在住
社内SEから派遣SE、製造業からIT業界への転職

私は、dodaリクルートエージェントへ登録しました。

まず、自分の住んでいる地域での転職市場の状況についての説明がありました。

次に、今の年齢での職種の募集が多い事、希望にマッチする求人が数多くあることなどたくさんの安心材料を提示していただけました

紹介する企業についても、アドバイザー視点の率直な感想や、職場の印象、業務の内容など事細かに教えて頂いたので参考になる情報が多かったです。

また、それまでの経歴者や作成した履歴書などから、今までの自分では気が付かなかった強みや弱み、面接でのアピールポイントなどを見つけてもらえたのですごく助かりました。

とじる
つづきを読む

体験談・口コミ(4)

20代女性 福岡県在住
営業職から事務職への転職

転職が初めてだったので、面談から内定までにかかる時間だったり、現在の転職就職状況を自身で何もわからずに調べるよりも専門家がわかりやすく説明してくれるので大変助かりました。

アドバイザーからは、現在の資格保有状況や学歴から見合った年収や就職しやすい企業、更にキャリアアップの為にチャレンジできる企業を其々提案があり、それに向けた企業との面談方法等のアドバイスをいただきました。

自分が何が足りていないのかを第三者目線から指摘があったので、問題点への対策方法を転職先にエントリーする前に気づけたのは良かったと思います。

とじる
つづきを読む

現役キャリアコンサルタントが語る転職エージェントの活用について

監修
転職コンサルタント
勝本 じゅんこ
(キーコネクション株式会社)

キャリアコンサルタントの資格を持ち、たくさんの求職者の方の転職をサポートしてきた勝本じゅんこさん。

自身がコンサルタントとして企業と求職者の間にたって転職をサポートする中で知る、転職エージェント活用のコツやアドバイスをご紹介します。

【勝本さんからのメッセージ】

転職エージェントを検索すると、良い点・悪い点・賛否両論あります。

私は、転職エージェントを活用してもしなくても、今の時代、転職はしやすい環境だと考えます。

ただ、転職エージェントを活用することで、客観的に自分を判断してくれて、枠の外の考えを教えてくれます。そうすることで、選択肢が広がるのではないでしょうか。

自分の可能性が広がる仕事・やりたい仕事に挑戦できる時代からこそ、自分の見える世界だけに執着するのは損かもしれません。

キャリアアドバイザーとの面談を通して、客観的な意見をもらい、さまざまな選択肢をみつけて、満足のゆく転職をしていってくださいね。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

転職エージェントの賢い使い方って何?デメリットを理解し失敗に注意

「転職エージェント自体は知っているけど使い方がよく分からない」 「転職エージェントに登録した後の流れを知りたい」 と転職エージェントの利…

転職エージェントの裏事情!騙されないために必要な知識と利用のコツ

転職エージェントが転職におすすめという情報は良く見るのですが、いざ使うとなると、「メリットばかり書かれているけど、これって本当なの?」「思ったような…

人気転職サイトランキング!おすすめポイントと特徴を比較

この記事の目次あなたに"ぴったり"な転職サイト診断チェッカー!転職サイトランキング あなたに"ぴったり"な転職サイト診断チェッカー! 転職サイトランキング 転職サイトのランキングを紹介します。 第1位 ...

転職エージェントのサポート期間ってどれくらい?7社の特徴を比較

転職エージェントを利用するのが良いということはわかっていても、「転職エージェントは期間がきまってるの?」「転職サポート期間が終わったら転職サポートし…

転職エージェントの絶対失敗しない選び方は?大手4社の特徴を比較

転職活動をする際には、ほとんどの人が転職サイトや転職エージェントなどの転職媒体を利用していると思います。中でも転職エージェントはキャリアコンサルタントがつくため、「

転職エージェントの仕組みを徹底解剖! 知らないと損? 企業との関係

「転職エージェントは無料で利用でき、求職者にはありがたいけれど無料にできる理由は?」「ブラック企業を紹介されたりという心配はないの?」これから…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事