yakukyari

【女性薬剤師向け】産休・育休を賢く使う転職方法

結婚すると、女性は「産休・育休」を取得できるか気になるもの。今回ご紹介する20代女性薬剤師さんは結婚を機に転職を決意します。土日はまともに休めない病院から調剤薬局に転職した彼女がとった戦略とは?
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1.ママ薬剤師向け育休・産休制度の利用方法

土日どちらかは絶対に出勤という多忙な病院で勤務していた私が、転職を考えるようになったきっかけは結婚でした。結婚しても薬剤師として働きたかったので、現在の職場では難しいと気付いたとき転職を決意したのです。

女性薬剤師なら気になる2つのポイント

私の中で、転職条件は自然と浮かんでいました。

  • 産休・育休取得できるの?
  • 子育ては考慮してくれるの?
  • まず、結婚ということで、私の中には当然「産休・育休」が取得できるかどうかが重要でした。そして、出産後のことを考慮して、子育てに配慮した働き方を認めてくれるかというのも外せない条件でした。

    そこで、実際の求人情報を探すために、最初にm3(エムスリー)の薬剤師転職サイトに登録したのですが、登録してすぐにキャリアアドバイザーの方から電話があったので驚きました。転職希望条件についてヒアリングされたのですが、しっかりと上記2つのポイントを伝えたのです。

    育休・産休制度の解説

    育休・産休制度を初めて利用する方向けに簡単に制度内容を説明をします。
    制度内容をご存知の方は、次の「産休・育休の取得実績がある職場を探し出す」へお進み下さい。

    産休期間・育休期間について

    産休期間は産前休業(出産予定日の6週間前)と産後休業(出産の翌日から8週週間)のことを指します。産前休業は会社へ請求すれば取得できます。産後休業は、出産の翌日から8週間は就業できない規定になっています。

    育休期間は、育児休業(1歳未満の子供を養育する1年間。最長1年6ヶ月)のことを指します。

    育休制度の取得条件について

    産休制度は誰でも取得可能です。一方で、育児制度は取得できる方の条件が決まっています。

    育休・産休に関する給付金

    1.出産育児一時金
    2.出産手当金
    3.育児休業給付金

    2.産休・育休の取得実績がある求人を探す

    2〜3日経った頃、キャリアアドバイザーから私の希望にかなう求人情報を10件ほど紹介されました。実は先に挙げた2つのポイントに加えて「地元付近で働きたい」との希望も伝えていたので、かなり希望条件は多かったのですが僅か3日程度で求人を紹介されるとは思ってもなかったです。

    産休・育休制度に加えて「実績」がある職場との出会い

    さらに驚かされたのは紹介された求人情報は全て育休や産休の制度があるだけでなく、取得実績のあるところばかりだったことです。薬剤師の求人は非公開が多い中で、取得実績のある職場を紹介してくれたのは大変嬉しかったです。

    制度があっても、行使できなければ意味がないのは言うまでもありません。産休・育休取得のためには、取得実績がある環境に転職することが正解なんでしょうね。

    3.出産・育児経験のある薬剤師が多い職場を見つけ出す

    子育てのことも考えて、実は最初にキャリアアドバイザーの方とお話した際に「子供ができるまではたくさん働きたいが、子供ができてからは短縮勤務で働きたい」という希望を伝えていました。

    経験者がいる職場には安心感がある

    私の希望を踏まえてキャリアアドバイザーの方からは、さらに出産・育児経験のある先輩ママ薬剤師さんが多い薬局をご紹介いただきました。また、高時給の非常勤薬剤師の求人ということで、子育てを考慮してくださっていること感じられました。

    出産・育児を経験されて勤務されている方がいるといないのとでは信用度が違いました。ご紹介いただいた薬局には3件ほど足を運びましたが、中でも一番雰囲気が良い職場に転職することにしました。

    私が転職を考えてから、実際に転職するまでの期間は今思えば2週間ほどでした。もちろん元の職場での引き継ぎなどがありましたので、最終的には1か月ほどかかりましたが快く受け入れていただけました。

    現在妊娠5か月ほどですが、週に3回5時間ずつの勤務を認めていただいています。出産・育児の経験のある先輩ママさんも多く、とても心強い職場です。

    4.女性薬剤師の転職成功のために

    いかがでしたでしょうか?結婚を機に転職を考えた20代女性薬剤師のお話でしたが、2週間という短い期間で「産休・育休取得実績有り」「子育てを配慮する」という希望通りの転職を果たせたのは、

  • 最初に「産休・育休」「子育て」等の希望を伝える。
  • 産休・育休制度の取得実績がある職場を探す。
  • 実際に薬局・病院へ行き、雰囲気を感じる。
  • この3点をしっかりと抑え、転職活動を行ったことが大きいと言えます。また、2週間という早い期間で転職を決められたのは、自分1人で動くのではなく薬キャリのキャリアコンサルタントの力を借りたことが大きな要因になっています。

    求人を探してくることもそうなのですが、とりわけ「取得実績が本当にあるかどうか」なんてことは簡単には把握できない情報です(薬局・病院の内部情報ですから当然ですね)。

    女性にとって気になる産休・育休の本当の取得実績を把握するためにも、薬キャリなどの転職サイトに登録して一度自身の希望全てを伝えてみることは転職の成功のためにも重要なことでしょうね。

    転職コンサルタントは転職に悩む患者さんを解消してくれるお医者さん的存在!?

    転職コンサルタントって何をしてくれるの?」と不安や疑問に思っていませんか?

    お医者さんの場合、患者さんの症状を聞いてその人に効果があるお薬を処方します。同じように、転職コンサルタントはあなたの悩みや不安、自分では気づかなかった症状に適した求人を紹介してくれるお医者さん的存在なんです。

    薬剤師専門のコンサルタントは、病院の診察と違って登録無料で悩みにのってくれます。あなたに適した求人紹介だけでなく面接のセッティング、給与交渉、働き始めた後のアフターケアまでサポートしてくれます。

    また、1000名以上の薬剤師さんを診てきた女性転職コンサルタントは「女性にとって働きやすい環境」 という観点を重視した紹介もしています。不安や悩みが固まっていなくても一人で抱え込まず、いちから一緒に担当してくれるかかりつけ医とも言えます。

    1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

    転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

    ①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

    ②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

    という2つのメリットがあるのです!

    これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

    1位エムスリー(薬キャリ)

    『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

    こんな薬剤師が利用しています
    • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
    • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
    • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

    2位マイナビ薬剤師

    『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

    こんな薬剤師が利用しています
    • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
    • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
    • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

    3位ファルマスタッフ

    『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

    こんな薬剤師が利用しています
    • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
    • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
    • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
    →希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら