Women have a research

HIV感染症薬物療法認定薬剤師とは?業務内容や資格取得方法について

根本的治療法・治療薬が確立されていない『HIV感染症』。感染から発症までの潜伏期間の個人差が大きいことも、治療をより一層困難にしています。HIV患者における薬物療法の専門家『HIV感染症薬物療法認定薬剤師』は、具体的にはどのような業務に従事するのでしょうか。資格の取得方法や年収、やりがいについても説明してまいります。

おすすめ転職サイト
ここがオススメ
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
資格が活かせる求人が豊富

詳細

2位 マイナビ薬剤師 耳寄りな非公開求人が豊富

詳細

3位 ファルマスタッフ コンサルタントの対応が丁寧!

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,HIV感染症薬物療法認定薬剤師とは

治療が一生涯にわたることが多いHIV疾患。比較的、抗HIV薬は短期間で認可が下りるため、治療効果がどの程度期待できるのか、またどのような副作用があるのか、どの薬と相互作用が起こり得るのかも投与前には分かりにくいのが特徴です。

そのため、HIV患者の薬物療法に関わる薬剤師には、厳密な薬剤管理と患者の観察、そして薬剤に関する副作用情報をスピーディに入手することが求められます。HIV患者への治療は、医師や看護師、他の医療スタッフたちとチームを組んで実践しますが、その中でも薬剤師は、薬剤に関する幅広い知見と深い観察眼が期待されるのです。

HIV感染症薬物療法認定薬剤師の役割

『HIV感染症薬物療法認定薬剤師』は、HIV感染症における薬物療法の専門家として、取り扱いに注意を要する抗HIV薬の管理や患者への服薬指導、新薬における情報をチーム内に適切に伝えて共有すること、処方提案を行うことなどに関わります。

一度診断されると、一生治療を続けていくことになる疾患ですので、薬物治療に大きな精神的・身体的苦痛が伴うことも少なくありません。HIV感染症薬物療法認定薬剤師には、患者と密接にコミュニケーションをとり、治療方法や服薬効果を適切に説明するなどして、患者が安心して治療を続けていけるようにサポートすることも求められています。

また、HIV感染症薬物療法認定薬剤師としての経験と知識、専門性を活かし、HIV感染予防活動も行うことができます。HIV治療に関する正しい知識を伝え、どのように予防できるのか、また検査方法や症状の早期発見方法などの教育にも携わります。

2,HIV感染症薬物療法認定薬剤師の資格取得

日本病院薬剤師会が認定する『HIV感染症薬物療法認定薬剤師』の資格を取得するためには、どのような条件を満たし、また、どのような試験を受ける必要があるでしょうか。

HIV感染症薬物療法認定薬剤師の受験申請資格

  • 薬剤師として5年以上の実務経験があり、HIV感染症薬物療法認定薬剤師資格の受験申請時において3年以上、HIV感染者の指導を行っていること。
  • 日本病院薬剤師会もしくは日本薬剤師会の会員であること。
  • 日本医療薬学会・日本薬学会・日本臨床薬理学会・日本エイズ学会のいずれかの会員であること。
  • 日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師・日本医療薬学会認定薬剤師・薬剤師認定制度によって認定された認定薬剤師・日本臨床薬理学会認定薬剤師のいずれかであること。
  • 日本病院薬剤師会が認定する研修施設で実技研修を規定単位以上受けていること。
  • 日本病院薬剤師会が認定するHIV感染領域の講習会やセミナーを規定単位以上受けていること。
  • HIV感染者への指導実績が30症例以上あること。
  • 所属する病院長もしくは施設長の推薦があること。

HIV感染症薬物療法認定薬剤師の資格試験

受験申請資格を全て満たす薬剤師が、HIV感染症薬物療法認定薬剤師資格の認定試験に合格すると、HIV感染症薬物療法認定薬剤師として認定・登録することができます。5年ごとに資格を更新しますが、3年間は更新を保留することも可能です。

更新するためには、資格取得中に必要単位数の講習会を受講し、関連する学会での発表もしくは関連する雑誌への投稿が1件以上ある必要があります。また、HIV感染者の10症例以上の指導実績を報告する必要もあります。

3,HIV感染症薬物療法認定薬剤師の年収とやりがい

病院でHIV感染症に関する専門家として働く場合は、『HIV感染症薬物療法認定薬剤師』の資格を持っていることによる特別な手当や報酬はあまり期待できません。あくまでもチーム医療を行う一員としての待遇となりますので、他の病院薬剤師と同じく450万円~600万円前後の年収となるでしょう。

HIVと薬物治療に関わる知識を活かして製薬会社などの民間企業に勤務する場合は、各製薬メーカーともに開発に力を注いでいる分野でもありますので、需要も大きく、年収も600万円~1000万円程度になることもあります。

HIVに関わることは、長期的治療と最新医療に関わること

HIV感染症自体は根治治療がまだ難しい疾病ですので、患者1人1人と長く付き合っていくことになります。高い倫理観に基づくサポートを提供することで、患者の服薬率を高めることに貢献できるという大きなやりがいがあります。

また、HIV感染症は新薬開発が活発に行われていますので、HIV感染症薬物療法認定薬剤師は常に最新の情報を入手しなくてはなりません。最新の医療に携わるという深い満足感も得られるといえるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら