Dollarphotoclub_92181658

一包化調剤とは?メリットとデメリット、調剤加算について

薬剤を種類ごとにまとめるのではなく、服用時点ごとに一包にする『一包化調剤』。実施している薬局や病院も少なくありません。一包化調剤のメリットとデメリット、また、一包化することによる調剤加算などについて説明してまいります。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

一包化調剤とは

複数種類の薬が処方されたとき、また、服用時点によって錠剤の個数や種類が変わるとき、患者の飲み忘れや飲み間違いなどが起こりやすくなります。一包化調剤は服用するタイミングごとに薬剤をまとめる調剤方法ですので、患者は飲む個数や種類を計算する必要はありません。また、一包化調剤のことを、ワンドーズと呼ぶこともあります。

例えば、朝は薬Aを2錠と薬Bを1錠、昼は薬Bを1錠と薬Cを1錠、夕食後は薬Bを1錠と薬Dを2錠飲むことが処方医の設定であった場合、薬剤を飲む度ごとに数と種類をチェックするのは患者に多大な負担をかけることになります。ですが、一包化調剤を実施して、『朝』と記した包にA錠2つとB錠を1つ、『昼』と記した包にB錠1つとC錠1つ、『夕』と記した包にB錠1つとD錠2つ入れておけば、患者は包に記載されている飲む時間さえ確認すればミスなく服薬することができるのです。

一包化調剤のメリットとデメリット

飲む分を1つの包にまとめて、すぐに飲める状態にしておく『一包化調剤』。どのようなメリットとデメリットがあるでしょうか。また、デメリットを最小限にするためには、どのような工夫が行えるでしょうか。

一包化調剤のメリット

患者の薬の飲み間違いや飲み忘れが少なくなることが、一包化調剤の最大のメリットです。残りの薬剤の個数が合っているかも一目で確認できますので、服薬管理もしやすくなります。その他にも、高齢者など手の力が弱くてPTPシートからカプセル剤などを取り出すことに困難を覚える方も、一包化製剤に変更するとシートから取り出す作業をしなくても済みますので、飲みやすくなることが期待できます。

また、処方日数や処方内容によっては、1錠や2錠などのバラ錠が出ることもあります。バラ錠は小さいので紛失しやすくなってしまいますが、ワンドーズで包状に管理するなら紛失する可能性も減らすことができます。

一包化調剤のデメリット

最大のデメリットは、薬剤師が調剤する時間が長くなり、その結果、患者を長時間待たせてしまうことがあることです。PTPシートから薬剤を取り出す業務なども増えますので、混みあっている時間帯などは、患者に目安となる時間を提示して、後で受け取りに来るように指示しなくてはならないかもしれません。

また、複数の薬がまとまって1包に入っていますので、どの薬がどのような効果を持つのか分かりにくくなるというデメリットもあります。薬の形で種類を見分けることができる説明書をよく読み、患者各自がそれぞれの薬効や副作用を理解する必要があるでしょう。

一包化調剤にかかる待ち時間を減らすには

薬局によっては病院と連携して処方せんのネット予約やネット受け付け、ファックスによる受け付けなどを実施しています。病院にいる間に薬局の受け付けを完了させておけば、薬局ですぐに受け取ることができるでしょう。

また、薬局で直接処方せんを提出する場合にも、処方薬を受け取れる時間を教えてくれることもあります。時間に余裕があるときに再度薬局に来るなどして、待ち時間を削減することができます。

その他にも、混雑しがちな門前薬局を避けて、自宅近くの処方せん薬局を利用することでも待ち時間を減らすことができます。ゆっくりと服薬指導を受けることもできますので、薬剤や服用に関して質問がある場合も尋ねやすくなるでしょう。

一包化調剤の点数加算

薬剤を一包化するためには、医師の了解が必要ですが、患者が一包化を望む場合は薬剤師に依頼して医師に問い合わせ、了承を得ることも可能です。

1回の処方日数が56日以下の場合は、7日分ごとに32点が加算されます。例えば35日分の場合は32×5で160点が加算されます。また、7で割って端数がある場合も32点加算されます。例えば10日分処方された場合は、7日分の32点と残りの3日分の32点の合計64点が加算されることになります。1回の処方日数が57日以上の場合は、日数に関わらず290点が加算されます。

一包化加算は一包化の作業全体に対する加算ですので、自家製剤業務や計量混合業務が同時に行われるときは、自家製剤加算や計量混合加算は同時に実施することができません。ただし一包化しない薬剤を自家製剤もしくは計量混合して同時に投薬する場合は、それぞれの処置に従い加算することが可能です。

まとめ

多種類の医薬品を処方されている患者や、リウマチやパーキンソン病などの心身の特性ゆえに手指に力が入りにくい患者に、一包化調剤は主に実施されています。必要と思われる場合は医師に疑義照会を行い、患者の利益を図っていきましょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えるべき!

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

ウェブ上では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位スキルアップを考えるなら断然エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 研修制度が整った職場の求人がどこよりも多い
  • 資格を活かした幅広い職場、職種の求人が業界最大級の転職サイト
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載

2位人材大手のマイナビ薬剤師は求人の幅が最も広い

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 薬剤師利用者満足3年連続NO.1
  • 研修制度やスキルアップの流れの詳細をコンサルタントが丁寧に教える。
  • 人材大手企業のマイナビは様々なジャンルの求人が豊富

3位独自の教育プログラムがあるファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 日本調剤監修の独自教育プログラムでスキルアップに不安なし
  • スキルを学びながら収入アップも可能にする
  • 面接同行サービスで薬剤師の希望が通りやすい
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら