女性薬剤師の職場ポイント

薬剤師は就職難に!?安定したい人にオススメな人気就職先ランキング

大学を卒業し、薬剤師になった方の多くは、これまでの苦労やかかった学費のことを考えると、より条件の良い職場(会社)に出会いたいと思うことでしょう。
「これから薬剤師は就職難になる」
とささやかれていますが、薬剤師国家試験にも合格したのであれば、それをフル活用し安定して稼ぎたいと思うのは当たり前です。

このページでは、薬剤師の新卒就職率の真実と、今後も安定して稼げるオススメの職場や就職活動のスケジュール、意外な職場や就職活動を行うにあたっての注意点などを総合的に紹介します。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

【失敗しない】就職・転職先の選び方

まずは転職先に求める条件を、具体的に考えてみましょう。この考えがしっかりしていないと、就職や転職を繰り返してしまう可能性が大きくなります。

「給料はいくらくらい欲しいのか」、「年間の休日数はどのくらいか」、「サービス残業が頻繁に行われていないか」など、とことん希望の条件をつきつめていきしょう。

その中から、絶対に譲れないという点を見つけ、その条件に合った就職先を選ぶと失敗や後悔するリスクを低くできます。

職場選びに失敗しない1つの方法

自分の希望が決まったら次は、就職先をどのように探すかが大切になります。本当に希望通りに働けるのか?実際は働いてみないと分からないのでは?と不安になることでしょう。

では、どのようにして自分に合った職場を選べば良いのでしょうか?会社プロフィールだけでは判断できませんし、会社の大小でも判断できません。

この場合、薬剤師専門の転職サイトが持つ求人情報サービスを利用することが職場選びに失敗しない1つの方法になります。

例えば、薬剤師専門の転職サイト薬キャリには独自のデータベースがあり、専門のコンサルタントが「こういう条件で働きたい薬剤師さんがいるのですが、いかがですか?」と就職先に確認してくれます。 

つまり、薬剤師のニーズありきで動いてくれるので、「子育てに理解はあるのか」「シフトは組みやすいのか」「17時までに帰れるのか」「長期休暇は取れるのか」といった求人情報に出てこない、職場環境まで知ることができます。

また、薬キャリではそれ以外に就職・転職で必ず必要となる履歴書の書き方や面接対策指導、転職スケジュールの組み方など、面談から入社まで幅広いサービスを無料で受けることができます。

薬剤師は本当に就職難になる?新卒・既卒の就職率データ

薬剤師は供給過多と言われ、「就職難になるのでは?」と思われていますが、実際はどうなのでしょうか?

新卒の8割は薬剤師に就職できる!

厚生労働省が発表した平成25年のデータによると、薬剤師の求人倍率はなんと10.05倍だそうです。

ただ、薬学教育協議会の発表した平成27年度「就職動向調査結果報告書」によると、薬学部薬学科卒の人の就職率は82%となっております。

文部科学省の発表した平成27年度の大学生の就職状況と比較すると薬学部生の就職率が10ポイント上回っています。

薬学部性の就職率データ

薬学部 大学
就職率 82% 72%

※就職率は、情報元のデータを利用し、卒業生全体の就職率を算出しています。

既卒薬剤師の就職は難しい?

薬剤師は既卒や第二新卒だからといって、就職が難しいということはありません。

未経験歓迎の求人も多くありますし、なにを言っても薬剤師不足はまだまだ解決していないので、焦る必要も特にありません。

問題は「薬剤師国家試験」に受かるか、です。

薬剤師の就職率は求人倍率が高いことも相まって、大学全体の就職率よりも高くなっています。

しかし、薬剤師には「薬剤師国家試験」の資格を取得していなければなることができません。

この「薬剤師国家試験」の合格率は「60%~80%」となっていますが、既卒者の合格率は「55%前後」です。

反対に、資格が取得できたのであれば既卒でも就職先には困らないでしょう。

既卒から薬剤師を目指すための「就職活動」の方法

既卒薬剤師の就職は新卒とどう違う?

新卒薬剤師であれば、就職の年の前年、3~4月頃からエントリーを開始し、4~8月の間で説明会や面接、9月頃から内定というステップを踏みます。自己採点によって国家資格合格見込みとなってから就職活動をスタートさせることとなれば、スケジュールはかなりタイトなものとなります。

これと比べ、既卒者は資格なしで就職にチャレンジしなければなりません。先にもご説明したとおり、今すぐ気になる企業などへ接触を試みなければらないのです。国家試験にパスできなかった分、視野を広く持ちチャレンジしましょう。

既卒者の「つらさ」と必要な心構え

既卒者の中には、国家試験に3年連続不合格、薬剤師という仕事へのあこがれを捨てきれずひたすら勉強・就職活動を続け、気持ちが病んでしまった男性もいました。
試験不合格によって自分を責め、パニック障害から就職活動ができなくなった女性もいました。

このような事例から学べることは、自分の思い描いてきたキャリアプランをすぐに刷新、薬剤師試験合格まで“新卒”で就職できる会社を確保し、社会人としてのブランクを作らない努力です。

既卒薬剤師は就職活動のとき、面接官からどう見られている?

面接官が既卒者をどう見ているのか、とても気になるところです。薬剤師専門の転職エージェントに、既卒薬剤師に対して面接官が思いがちな「心の声」を聞いてみました。

  • 「人として大丈夫なのだろうか:ポテンシャル採用(新卒)で就職できなかったのは人材としての問題があったのではないか。キャリアもないので不安」
  • 「薬剤師の資格がないなら採用したくない。薬剤師不足の近年、資格がなく即戦力にならない人材を雇う余力は企業にもない」
  • 「柔軟性はあるのか。生真面目すぎて融通がきかないため就職できなかったのでは。柔軟さのない人は扱いにくい」

など、やはり既卒者に対する企業側の目は厳しいようです。

既卒薬剤師は面接で何を聞かれる?

既卒者として就職活動を行う際に気になるのが、履歴書や面接の際にどこを重点的にチェックされるのか、何を答えるべきかという点です。もしも面接の際に既卒であることに触れられたのであれば、ストレートに迷いなく受け答えをするようにしてください。ポイントは「結論から話し、理由をしっかり伝える」ことです。

既卒薬剤師の就職活動の面接

既卒であることについて質問された時の返答例を以下に挙げます。

  • 返答例1
    「病院薬剤師として内定をいただいていましたが、国家試験に不合格となってしまい内定が取り消しとなってしまいました」
  • 返答例2
    「○○に没頭しすぎて、お恥ずかしい話就職活動をあまり積極的に行っておりませんでした。でもその研究の中で御社を知り、○○の分野では素晴らしい成果を出しているので注目をしておりました。自分としては、国家試験はこれまで通りチャレンジし続けますが、これまで研究していた○○の分野で□□を成し遂げたいという夢も叶えていきたいです」

また、事前に面接のシミュレーションを行い、よどみなく的確に回答できるよう準備してください。資格もキャリアもないことは面接官もわかっています。
変に取り繕おうとせず、正直に、前向きに受け答えすることが重要です。

薬剤師の資格取得に関して聞かれたら

もし、薬剤師の資格取得に関して質問されたら、どのように答えるのがベストなのでしょうか。よくある質問パターンと、その解答例をまとめました。

面接官
薬剤師試験はいつまで受けるつもりですか?(期限は決まっているのか)
  • 回答例
    「○○歳までは受かるまで挑戦し続けます。その間に御社で様々な仕事を経験し、今後の人生に活かしていこうと考えています」
面接官
「どうしてそんなに薬剤師にこだわるのですか?」
  • 回答例
    「○○を成し遂げたいと考え、薬剤師になりたいと考えています」
面接官
「最近採用しても転職する人が多いですが、あなたも先々は転職したいですか?
  • 回答例
    「正直今はわかりません。ですが、自分のやりたいことを実現できる環境には積極的に挑戦していきたいと思っています」

就職に際し、資格取得を果たしたら転職されてしまうのではという不安、それまでの期間はどうするのかといった疑問は、雇用側もストレートにぶつけてきます。はぐらかすことなく前向きに熱意を伝えることが必要です。

既卒の薬剤師がチェックすべき情報源はこれ

新卒であれば、大学を通じ得ることのできる情報もありますが、既卒者の場合はそれが望めません。情報から遮断されていると感じられる方もいらっしゃることでしょう。就職活動の際、既卒薬剤師が行うべき情報収集法は以下の3つがあります。

  1. 「複数のサイト登録(エージェントからの情報収集)」
  2. 「現役薬剤師と交流できる場所に出向く」
  3. 「大学OB・OGから求人状況を聞く」

既卒薬剤師の就職体験談からヒントを得る

既卒薬剤師が就職活動を行う場合、何から着手し、どのように乗り切るのが良いのでしょうか。先輩である既卒薬剤師の体験談からヒントを得ておくのもよいでしょう。ここでは既卒でありながら就職を果たした4人の事例を挙げます。

【事例1】薬学以外で得意分野をリストアップ

残念ながら薬剤師試験には合格しませんでしたが、学んだ薬学をベースに自分にできること・得意なことをリストアップし自分の強みと弱みを理解することからスタートしました。医療業界の中で薬剤師以外にどんな仕事に向いているのかを探すことで方向性が見えてきたことから、その職種を中心に履歴書を送付し、面接を受けることでドラッグストアに採用されました。

【事例2】病院事務のアルバイトから正社員雇用へ

医療の現場から離れない場所で仕事を見つけたかったため、病院事務のアルバイト求人に応募しました。次回の国家試験を突破するために先輩薬剤師たちのサポートをしながら実践的な知識を身につけたいとアピールすることで合格しました。また、のちに国家試験に合格し、薬剤師として正社員として雇用されました。

【事例3】どうしても面接を、と手紙でアピール

あこがれの調剤薬局の求人を発見しましたが、残念なことに薬剤師の資格が必須条件でした。しかしあきらめられず、手紙で「どうしても御社で働きたい」と熱烈にアピールし、面接のチャンスをもらうことができました。薬剤師としての働き方はできませんが、内定を勝ち取ることができました。

【事例4】病院では薬剤師資格が必須、病院事務・看護師サポートで入社

どうしても病院で働きたかったのですが、研修生のように雇用してくれる病院はほぼありませんでした。このことを受け、病院事務や看護師サポートというスタンスで応募し、面接で「薬剤師の資格取得を目指しています。資格が取れたら異動したいと思っています」と伝えることで採用してもらいました。

薬剤師は出身大学で就職先・年収に差が出る?

就職に有利なのは何といっても新卒です。
既卒の場合、「それまで何をしていたのか」が厳しく問われ、中途採用の扱いになるからです。
“空白期間”のない新卒は、やる気さえあれば採用はとてもスムーズなのです。

私立・公立別で卒業大学と就職先を追っていくと、以下のような傾向が見えてきました。

【私立大学における4年制・6年制ごとの就職先の割合】
調剤薬局 ドラッグストア 企業 病院
4年制 2割 2割 3割 3割
6年制 1割 2割 4割 3割
【公立大学における4年制・6年制ごとの就職先の割合】
調剤薬局 ドラッグストア 企業 病院
4年制 1割 1割 3割 5割
6年制 1割 2割 4割 3割

私立大学・公立大学という違いにおいても就職先の割合は異なってますが、4年制と6年制との差も発生しています。
6年制の大学を卒業した薬剤師は、4年制卒に比べ初任給が1~2割高く、それがボーナスの額にも反映されます。

多くの職場がボーナスを月給の1~1.5ヵ月と設定していますから、この1~2割の初任給の差がのちのち大きなものになります。

薬剤師に就職する際に有利になる「資格」

新卒薬剤師の就職は資格よりも「英語」

では、その新卒がライバルに差をつけて就職するために、何か特別な資格を持っておいた方がいいのでしょうか。

結論から申し上げれば、「特にありません」。

しいて言うならば、事務や接客業務の際にあると便利な、

  • 「TOEIC800点以上」
  • 「マイクロオフィススペシャリスト」

などの資格です。

ですが、これらはあくまでも肩書き的なものです。

企業や病院も、最初から大きな仕事を任せたりはしません。

これらの資格を持っていたとしても、年収が上がることはほとんど無いと考えていいでしょう。

薬剤師にオススメの就職先ランキング!

就職先として人気があるのがドラッグストア・調剤薬局・製薬企業です。それぞれの業界の人気企業ランキングを紹介します。

カテゴリ ランク 企業名 理由

ドラッグストア

1位 ドラッグイレブン ネームバリューと年収で人気
2位 ココカラファイン ネームバリュー
3位 大賀薬局 県外転勤が少ない安心感

調剤薬局

1位 日本調剤 安定性と環境のよさ
2位 イオンリテール キャリア選択が豊富であること
3位 総合メディカル 年収のよさ

製薬企業

1位 旭化成ファーマ 年収のよさと安定性さ
2位 ジョンソンエンドジョンソン 働きやすさとホワイトカラーイメージ
3位 武田薬品工業 安定性

「ドラッグストア」のカテゴリに、マツモトキヨシやスギ薬局がランクインしていないことに意外性を感じる方もいるかもしれません。
また、製薬企業では、営業職であるMRの求人を見かけることもあるのではないでしょうか。ドラッグストアや製薬企業は入社説明会を開くことも多いので、積極的に出向いてみてはいかがでしょうか。

一方で、「まずはキャリア形成を」と希望する薬剤師に人気なのは病院です。

「あらゆる場面に対応できる実力を身につけたい」というのがその理由です。
多くの症例に触れながら働き広い知識や経験を積みたいと考え、総合病院での勤務を志望する方が多いのです。

給料重視な薬剤師の就職先は「製薬会社」

新卒のうちでは、製薬会社だろうがドラッグストアや病院などと大差なく、年収は300万円くらいです。

しかし、より実力をつけていけば30代で年収1000万円も稼ぐことができます。

製薬会社で就ける職種は以下の7つですが、いずれも年収700万円を超えてくる高給な職場です。

  • MR……800~1,200万円
  • 開発……700万円~
  • 研究……700万円~
  • CRO……800万円~
  • CRC……700万円~
  • DI……800万円~
  • 卸……700万円~

また、福利厚生もしっかりしているので、働きやすさもあるのが製薬会社で働く「企業薬剤師」です。

やりがい重視な薬剤師の就職先は「病院」

キャリア形成をするなら「病院」と書きましたが、様々な場面に遭遇するので知識も多くつき、非常にやりがいのある職場です。

主なやりがいとしては、

  • 患者さんと向き合える
  • チーム医療に携われる
  • 最先端医療を経験できる

などがあります。

薬局やドラッグストアで働く薬剤師では絶対に味わえない経験ができるのが「病院薬剤師」なのです。

薬剤師国家試験に落ちたら就職活動はどうすべき?

薬剤師の国家試験に落ちると内定は取り消される?

「薬剤師」という職自体は、国家試験に落ちてしまうとどうしても就くことができません。

その場合、内定があっても辞退せざるを得ませんが、なかには内定を取り消さずに試験合格まで待ってくれたり、予備校代を出してくれる企業・病院もあります。

しかし、なかには「既卒」というだけで悪いイメージを持つ企業もあります。

ですので、試験勉強中であっても「新卒」の看板が使えるうちに気になる企業・病院などにアプローチすることをおすすめします

経団連などの組織が、大学卒業後5年以内を新卒者扱いにするよう企業などに求めてはいますが、残念なことに医療の現場ではそれが認められていないのが現実です。

資格取得できるまで、社会経験を積む期間と割り切り、医療業界以外の仕事にも目を向け、就職を勝ち取るための動きを即座に始めてください。

薬剤師資格の取得を目指しつつ、働く場を手に入れるには

これまで見てきたように、既卒・資格取得できなかった薬剤師にとって、就職は若干のマイナス要素があります。ですが、それを切り返す方法もいくつかありました。これらは転職エージェントからのアドバイスで実行できたことです。

エージェントは薬剤師転職のプロです。
既卒者を就職に導いた経験も豊富に持っていますから、そのノウハウを活用しない手はありません
あなたの強みを引き出し、就職に結び付けてくれることでしょう。

薬剤師への就職に有利な年齢は?高齢でも不利ではない!

薬剤師への就職は定年後でも可能!

薬剤師の職場には年齢制限が設けられていない場所が多く、40代、50代、定年後でも働ける職場もあります。

ただし、薬剤師未経験であったり、これから資格取得を考えている場合、高齢になってしまっていると就職は難しく、特に「病院薬剤師」や「製薬会社勤務」は不可能です

しかし、ドラッグストアや調剤薬局では年齢制限がないところも多く、研修制度を充実させて未経験薬剤師の採用を行っているので就職できる可能性は大いにあります。

公務員薬剤師への就職には年齢制限がある

公務員薬剤師となると、話は別となります。

公務員の場合、年齢制限が明確にあり、国家公務員なら29歳未満、地方公務員ならば経験者でも36歳未満というところが多いようです。

年齢制限は自治体によっても異なるので、各自治体のWEBサイトをご確認ください。

パート薬剤師に就職したいと思ったらすべきこと

パート薬剤師は時給相場が2,000円以上、3,000円以上も狙えます。

なので、自由な時間を持ちながら普通のパートよりも稼ぎたいと思うのであれば、パート薬剤師という選択もアリです。

しかし、パート薬剤師ならどんな職場でもオススメというわけではありません。

理想の職場を探すには「薬剤師専門の転職サイト」を利用することをオススメします。

薬剤師専門の転職サイトを利用すれば、パートでもしっかりとキャリアコンサルタントが付き、家庭との両立がしやすい職場、自分の時間が作れる職場など、それぞれの希望に合った職場を無料で探してもらうことができます。

パート薬剤師として就職するなら、ぜひ利用してください。

薬剤師におすすめの就職サイトTOP3

薬剤師は国家資格保有者。医療の現場で働き、人の健康や命に関わる大事な役目を担ったり、表に見えない場所から国民・地域住民の生活を守ったりと、一種独特な世界で生きていくことになります。

だからこそ、職場ごとの情報をキャッチし、「自分に合うかどうか」をしっかり見極める必要があります。

でも、自分一人では限界がありますよね。
そこで「薬剤師専門の転職エージェント」の力を借りることをおすすめします。一人ひとりに合った働き方が何なのかを模索中であっても、相談にも快く応じてくれます。

一般的な求人サイトを見てもいまひとつピンとこなくて困っていて、キャリア形成に至るまでのアドバイスが欲しいと思ったら、是非薬剤師専門エージェントに相談してください。
その豊富な経験から、あなたの進むべき道を指し示してくれることでしょう。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら