薬剤師 転職方法

薬剤師の転職方法エトセトラ~効率マルの成功法則をあぶり出す!

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

転職によるキャリア&給料アップ。生涯年収の面で恵まれていると言いがたい薬剤師なら、一度は脳裏に浮かべたことでしょう。
「転職は未経験だけど、チャンスがあれば」
「20代も後半になり、思い切ってキャリアアップできるのは今しかない?」
このように内心で思っても、仮に今が安定しているなら踏み出すのは勇気がいるものです。現在の職場を棄ててまで…、そんなためらう気持ちも理解できます。
では、現状の待遇条件より以上の求人情報に出会い、転職成功の確率を飛躍的にアップさせる方法があったらどうしますか?
迷える薬剤師のために、転職を成功させる方法と注意点をまとめてみました。

転職活動の基礎知識~転職には“流れ”がある

転職しようと考えた際に、唐突に前職から飛び出す人はいないでしょう。どこかにコネ、ツテがあるケースのみ、そうした無鉄砲でもOKとなるくらいです。
転職先候補の情報収集からはじめるのが大多数のスタートラインで、主なツールはスマホや携帯のはずです。PCの人もいるでしょうが、いずれにせよネットの求人サイトに入って希望職種や勤務条件によって絞り込みを行い求人検索。慎重な人なら最初に口コミのある求人サイト比較から入り、サイトの評判自体を調べるケースもあるでしょう。
しかし、じつのところそれのみでは片手落ちです。志望動機や自分のスキル、希望条件など。転職する理由や、なぜ次に選んだ勤務先のがソコなのか、しっかり優先順位を明白にする必要があるのです。
いわゆる自己分析の必要性があるわけですね。
そうして次に目指す業界や職種の研究を行い、履歴書や職務経歴書の作成、それから面接のマナー確認や円満退社へ。
こういった法則、流れに沿って行うのが転職活動の基礎知識です。かつ成功へと導くポイントになります。
端的にまとめると、次のような順序です。

1.退職&転職する目的、経験やスキルの把握(自己分析)
2.希望条件に優先順位をつける
3.スケジュールに沿った転職資金準備
4.求人、業界情報の収集
5.自己分析に基づいた応募書類作成
6.面接のマナーや想定される質問の確認
7.円満退社(引継ぎ、年金、保険申請など)と入社準備 

転職成功法則の第一であり初歩のコツ。まずはこの流れを覚えましょう。

賢い転職方法発見のために~薬剤師求人&業界事情を熟知するのは?

転職サイトで情報収集したとしても、不安が残る。そういった人も、いるはずです。
「しょせん広告だから、体裁のいいことしか書いていないかも」
残念ながら世の中には、ホワイトのフリをしたブラック企業が存在します。薬剤師業界も例外ではありません。広告をただ見るだけなら、そんな落とし穴にハマる可能性も捨て切れません。
こんな危惧やトラブルの原因を排除するには、どうすればいいでしょうか。頼れるヘルパーと呼べる第三者にアドバイスをもらう、あるいは就職のプロであるハローワークや薬剤師就職のプロであるコンサルタントの利用。これが最上の方策です。
なかでも最高に頼れるのは?
順に検証してみましょう。

1.知り合いや先輩転職者

いわゆるツテ情報ですね。薬剤師の場合、基本的に医療系が転職先で狭い世界です。調剤薬局への転職希望なら、そのカテゴリに勤務する現職か経験者に尋ねる手があります。比較的転職が頻繁な薬剤師業界ですから、相談できる相手の1人や2人、たいていの人が思い浮かぶはずなのです。
こうした人々なら、良い評判も悪評も、分け隔てなく素直に教えてくれるでしょう。仕事内容の詳細や給与の相場、残業や出張、休日出勤が多いのか少ないのかといった細かな内容まで、把握できるケースもあると思います。
この方法での最大の問題点は、該当する職種の説明ができても、転職先自体の実情把握ができない場合があることです。知り合いや先輩が、自分の転職先候補に就職していれば非常にリアルな情報ですが、しかしそうでないケースでは結局のところ状況証拠にすぎません。切迫したリアルさに欠ける点が否めないのです。

2.キャリアコンサルタント

転職エージェントとも呼ばれます。営利目的での就職、転職斡旋サービスを行いますから、求職者の希望以上に取引先である求人先の希望を重視するのでは? と心配している方もいるのではないでしょうか。
確かにどんな担当者がつくかで転職先レベルが決まることもあり、その点の見極めは大切です。コンサルタント会社の得意分野や規模、知名度といった要素で左右されるケースも当然あるでしょう。
こうしたガッカリを回避するには、以下の方法を採用するのがオススメです。

1.最低2~3社に登録
2.薬剤師専門エージェントか否か
3.アピール度の高い職務経歴書の作成法など、具体的なアドバイスをくれるか
4.薬剤師の業界事情、転職先候補の内部事情に詳しいか
5.地域、パート募集など求人先の条件に偏りがないか

色々な薬剤師専門コンサルタントを試して、コンサルタント会社自体や担当者の見極めを行う。それ自体の評価を行いつつ、同時に求人募集情報と向き合うのが賢い方法です。
もちろん、デメリットばかりではありません。コンサルタントを活用することで、様々なメリットが受けられます。
たとえば転職活動の流れ説明における6の面接について。これ自体にも、じつは一定の流れがあります。面接官がたずねる質問の定型、質問されやすい項目があるのです。
しっかりしたコンサルタントなら、こうした類型を知っています。それを教わり、面接通過のためのイロハが分かったおかげで緊張せずスムーズな面接ができた。こんな経験をして晴れて希望の転職先へ入社した人も大勢います。
3にあるアピール度の高い職務経歴書の作成法や、業界および転職先候補の裏&内部事情についてアドバイスを受けるだけでも、有利に違いありません。
信頼の置ける薬剤師専門コンサルタントなら、なにより沢山の求人先と取引があります。病院求人や調剤薬局求人、各種医療機関から製薬会社と色々です。グループ会社なら、東京や大阪などの都市圏だけでなく、地方にもルートを持っています。
知り合いや先輩転職者のケースとは違い、自分の希望する先の内部情報を把握している点が、とくに頼れる部分です。好条件が当然とされる非公開求人を多数保有している点でも有利です。
アドバイスが詳細で専門的、求人先が数多いなど、薬剤師専門コンサルタントの利用には様々なメリットが期待できます。

3.ハローワーク

ハローワークは公共の職業安定所であり、非営利で就職斡旋を行います。この点、信頼できそうなイメージを抱くと思います。ハローワークなら薬剤師求人においても信頼性が高いのでしょうか? 
問題が2点あります。
ひとつは職員の業界認知度です。薬剤師専門ではないのがネックで、どこが薬剤師にとって主要な勤務先で、どんな仕事で給与相場がどれくらいかといった知識がないために、コンサルタントのような詳細アドバイスができません。
一方の問題は、ハローワークに集まる求人票自体が一般公募にすぎず、業界も業種も多種多様であることです。むしろ一般企業の求人が大多数なのです。薬剤師求人が見たいのになかなか見つけることができず、ムダに時間を費やしてしまった。そんな笑えない失敗談も存在します。職員の認識不足で完全に毛色の異なる職場が紹介されるケースもあります。
ハローワークを利用した薬剤師転職活動は案外難しく大変なのだと、考えたほうがよさそうです。

結論を述べるなら、上記3者ののうちではキャリアコンサルタントの活用が最も効率的で、成功に近い方法と言えるでしょう。
求職者の立場からすれば、登録から転職成功まで、アドバイスを実行する以外の労力がゼロ。料金が必要ない点もメリットですから、むしろ利用しないのは損かもしれません。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら