管理薬剤師が得られる手当と相場

管理薬剤師が得られる手当と相場

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

医薬品を扱う全ての場所には、薬事法に従い「管理薬剤師」が求められます。管理薬剤師には、どのような手当てがあるのでしょうか。またその相場と手当の良い職場の探し方に関してもご説明いたします。

管理薬剤師が得られる手当の種類

通常、薬剤師として就職する場合、薬剤師という資格に対して「資格手当」が支払われます。資格手当は薬剤師としての経験年数は関係なく一律に支払われますので、勤務年数によって「職能手当」を支給して経験者を優遇することもあります。
では、管理薬剤師はこれらの手当てに加えてどのような手当てがもらえるでしょうか。また、どのような手当てをもらう機会が増えるのでしょうか。

管理職手当(役職手当)
管理薬剤師は管理職ですので、役職手当が支給されます。職場によっては資格手当と役職手当を込みで表記していたり、基本給与の中に組み込まれていることもあったりしますので、就職前にしっかり確認しておくことと給料明細をよく見ることが大事です。
役職手当が基本給に組み込まれている場合は、基本給に比例して賞与が増えますので年収が高くなることもあります。反対に基本給を安く抑えて役職手当や資格手当を高くしている場合は、賞与額に反映されませんので年間で見ると不利になることもあります。基本給の高さ、各手当が組み込まれているかどうかをチェックしておきましょう。

残業手当
管理薬剤師でなくても既定の時間以上仕事に携わった場合は残業代が支給されますが、管理薬剤師は管理責任があるため、他の従業員より残業する機会が多くなります。規模の大きなドラッグストアなどの店舗の場合は、業務が多く、残業時間が増えることも少なくありません。

管理薬剤師の手当の相場とは

一般に管理薬剤師の役職手当といっても、1万円~10万円とかなり大きな幅があります。管理薬剤師として任される業務内容の多さと、管理薬剤師の需要の高さに比例していると言っても良いでしょう。

手当額が良い職場

調剤薬局やドラッグストアなどの場合は、店舗の規模と従業員の数によっては管理薬剤師の仕事内容は非常に多くなります。一般的な役職手当は5万円前後となりますが、店長を任される場合などは8万円~10万円になることもあるでしょう。地域によっては薬剤師の数が不足していることもあります。そのような勤務場所の場合も8万円以上の役職手当を期待できます。
病院などの医療機関が勤務先となる場合には、薬剤師たちをまとめる仕事と薬の管理に責任を持つことだけが期待されているなら、3万円~5万円程度が役職手当として支給されます。
また、一般企業や製薬会社などの営業所や倉庫・工場において、法に従って管理薬剤師を配属はするけれど、特に忙しい業務はない場合は、役職手当は月に1万円~3万円程度と低めに設定されています。
しかし製薬会社でも論文の資料収集やデータ管理、MRの指導、医師などの医療関係者や専門家への応対など他領域に渡る内容の業務を行う場合は、5万円以上の高額の手当てが支払われることもあります。

手当の良い職場の見つけ方

役職手当は高ければ良いというものではなく、基本給が十分支払われている上で役職手当や資格手当などが相応額支給されていることが理想的だと言えます。手当額も含めた年収で、求人を選んでいく姿勢が必要なのです。
ですが、一般の求人情報では、役職手当や給与の明細が分かりにくくなっていることも多く、年間トータルでどの程度もらえるのか把握しづらいケースが多いです。それに加え、面接時にお金のことをしつこく尋ねるのは好印象とはなりませんので、言いだせないまま転職してしまうケースも少なくないでしょう。
そのような悩みは薬剤師専門もしくは医薬関係者専門の「転職エージェントサイト」で解決できます。専任のキャリアコンサルタントが、転職希望者に代わって転職先に手当額や年収・給与明細などお金に関わる不安な要素を全て尋ねてくれます。納得できる転職を実現するためにも、「転職エージェントサイト」の利用は必須と言えるでしょう。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら