漢方薬・生薬認定薬剤師資格

漢方薬・生薬認定薬剤師資格の役割と取得条件

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

昨今、医療現場で漢方薬や生薬のニーズが増えています。東洋医学への関心が高まりつつあり、漢方薬を処方する医師が増加しています。漢方薬・生薬認定薬剤師は薬局勤務薬剤師などに人気の資格です。

漢方薬・生薬認定薬剤師の目的・役割

医療の現場において、漢方製剤の優れた効能や効果が見直されてきています。西洋医学の医師たちも漢方薬を処方するケースが増えてきました。漢方薬は年配の方を中心にじわじわと知られるようになり、最近では若い年代でも漢方薬を好む人が増えてきています。

このような背景の中、漢方薬・生薬認定薬剤師制度は平成13年に発足しました。漢方薬・生薬に関する専門的知識を修得し、能力と適性を備えた薬剤師であることを認定する資格です。

漢方薬・生薬認定薬剤師は漢方に関する基礎的知識と処方調剤の考え方、漢方薬・生薬の基礎的知識などを学びます。患者さんが漢方薬・生薬を服用するときに、専門家として適切なアドバイスをすることが求められます。

漢方薬・生薬認定薬剤師 資格取得のために必要な条件

資格取得には公益財団法人日本薬剤師研修センターおよび一般社団法人日本生薬学会により実施される、漢方薬・生薬研修会の受講を終了して、試問を受験して合格する必要があります。

研修会は9回の講義研修(全45講演)と1回の薬用植物園実習(必修)からなり、座学、インターネット、ビデオ集合研修から選ぶことができます。遠方や多忙など時間の都合がつきにくい人にも受講しやすいシステムです。

研修会には原則として出席率80%以上かつ、薬用植物園実習レポートを提出しなければならないなど、試問受験資格などについて定められています。
研修会受講費は5~6万円(受講形態により異なる)、「漢方薬・生薬認定薬剤師」認定証の発行を希望する薬剤師は、約2万円が別途必要です。また、受講時には薬剤師の資格が必須です。

1月は自分の条件にあった求人と出会える可能性大!

冬のボーナス受給後の1月は、転職活動を始める方が増えます。。その結果、1月~2月中旬は各企業が退職者の空きを補うために待遇の良い条件「高額求人、土日休み、駅チカ、転勤なし」などの求人が多く出てきます。

転職サイトは基本的に早く登録した人から優先的に紹介をしてもらえるので、他の人よりも一歩先に登録をしておくと良い求人を紹介してもらえる可能性がグッと上がります。

今すぐ転職したいわけではない方も転職サイトに登録だけでもしておくと、2月後半~3月後半に転職を希望する薬剤師と比較すると『抱えている求人情報の量』という面で圧倒的な差をつけることが可能です。

漢方薬・生薬認定薬剤師 資格の更新方法と仕事内容

漢方薬・生薬認定薬剤師認定証の有効期間は3ヵ年です。認定証の更新は、3年間に規定された必須研修を含む漢方薬・生薬に関連する研修を受講することにより可能です。

研修会では、漢方薬の基本的な知識に限らず、生薬や薬用植物についても幅広く学ぶことができます。ハーブやサプリメント、健康食品などセルフケアを行いたい患者さんにも対応ができるでしょう。

漢方薬は効能を十分発揮され、安全に使用されるためには適切な指導が大切です。資格取得後も継続して研修を受けていく漢方薬・生薬認定薬剤師は、患者さんや処方する医師に対しても、常に自信をもって関わっていくことができます。

漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を活かせる職場

漢方を処方する調剤薬局や、漢方薬、生薬を扱うドラッグストア、病院薬剤師などで働くと、その資格の専門性を十分に生かすことができます。

漢方薬・生薬の専門的な認定資格を所持する薬剤師は、各職場でキャリアアップにもつながります。漢方薬は、西洋薬の併用も可能など、現代医学に欠くことができない薬です。これからの薬剤師に有望な資格といえるでしょう。
→認定薬剤師資格を活かした転職なら薬剤師求人専門サイトの「薬キャリ」がオススメ

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら