薬剤師

最高時給4,000円?派遣薬剤師は本当に好待遇?デメリットある?

派遣薬剤師の時給が高いという話は聞いたことがありませんか...?

実際、派遣薬剤師の時給は正社員よりも高く、年収にすると派遣薬剤師が正社員を100万円上回ることもあるのです。また、派遣薬剤師は残業がほぼゼロで、時間も自由に設定できるため時間の融通が圧倒的に利きます。

しかし、高給で時間の融通が効く派遣薬剤師はメリットばかりではありません。ここでは、派遣薬剤師のメリットだけでなくデメリットについてもお伝えします。メリットとデメリットを見比べて、派遣薬剤師に興味が湧けば実際に転職サイトで求人を調べてみると良いでしょう。

派遣求人サイト
時給
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3500~
3000

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給3000~
2500円

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給3000~
2000円

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.高時給だけではない?派遣薬剤師の大きなメリット3つ

派遣薬剤師が喜んでいる画像

①週1日4時間といったシフトでもOK。シフトの自由度が高い

正社員と比べて派遣薬剤師は時間を自由に設定できるため、仕事とプライベートを両立しやすいです。
特に、派遣薬剤師は育児に時間をかけたいママさん薬剤師にとって、時間を自由に使えるということで大変人気です。
結婚を機に夫と休日を合わせたくて派遣薬剤師になる新婚薬剤師も多くいます。

また、通常、ドラックストアや調剤薬局に勤める薬剤師は、薬品の発注や整理の関係で残業になってしまうことがあります。
パートやアルバイトだと気になる残業ですが、派遣薬剤師は残業代が高いということもあって定時で帰れるそうです。

⇒シフトを自由に申請できる派遣求人をみてみる

②時給が高い

他のパート・アルバイト薬剤師の仕事と比べて、時給が高いというのも派遣薬剤師の魅力の一つです。
その給料は、正社員には及ばずとも、時給3000円は当たり前で、高いところでは時給4000円といったところもあるそうです。
時間が短い派遣会社に勤めることで、高時給を獲得しながら、お金のかかる趣味に費やす時間とお金を手に入れることも夢ではありません。

気になる高時給派遣の探し方を知りたい方は以下の記事を参照ください↓

③自分にあった職を選ぶことができる

最近、薬学大学の増加の影響により過剰供給が嘆かれている薬剤師の就職先ですが、薬剤師の多くが女性ということもあり、結婚や出産のために仕事を辞める人が多く、薬剤師不足になっています。
そのため、今まで勤めていた職場と条件が合わなかった人や新しい仕事に就きたい人にとって、転職先を選ぶ際にまずは派遣会社で試してみるということもあるそうです。
実際、派遣先で気に入られればそのまま正社員に雇用してもらうこともあるようです。
派遣の求人を探す上で自力で探すよりも派遣求人サイトに登録して紹介してもらう方が出会う職場の数が2倍以上に増えます。

2.好待遇の派遣薬剤師だけど、デメリットもある

派遣薬剤師が苦しんでいる画像

①派遣先ごとに仕事内容が変わってしまう

派遣先では長くとも6カ月で職が変わってしまうため、派遣先が変わるごとに一から仕事内容を覚えなければいけないということが難点です。
ただ、同じような仕事をする職種や同系列のドラックストアに派遣してもらえれば、仕事内容が変わることはありません。
逆に、色々な職場を体験してみたいということで、派遣薬剤師となるという人もいるようです。

②経験がないと採用されない

派遣会社ではそれぞれの仕事内容にもよりますが、薬剤師としての経験が求められます。
多くは調剤業務の経験や人とのコミュニケーションなど、過去に何をやっていたか問われるます。その場合、初心者派遣薬剤師を求めている職場もあるので、色々な職場で経験を積み、更なる高時給派遣薬剤師を目指してみるのもいいかもしれません。

3.派遣?正社員?あなたに合っているのはどっち?

今まで派遣として働くことのメリットとデメリットに関して説明してきました。
ですが、きっと「結局自分はどちらの働き方があっているのだろう?」と疑問に思っている人もいると思います。

そこで、これからどんな人が派遣として働くことに向いていて、どんな人が正社員として働くことに向いているのかを述べていきます。

派遣が向いている人

まずは派遣として働くのが向いている人について説明してきます。

ズバリ、派遣として働くのが向いている人はこんな人です!

  • 結婚、出産、育児などライフスタイルに変化があった女性薬剤師
  • 子供が幼稚園や学校に行っている時間だけ、残業なしで働きたいママさん薬剤師
  • 決まった時間で効率よくお金を稼いで、プライベートの充実もさせたいと思っている方
  • 実際に働いてみてから職場を決めたいと思っている方
  • 正社員で働くつもりはないけど働きたいと思っている方

やはり、先ほど述べたメリットを最大限活用したい、できる方が派遣には向いています。
一番下の正社員で働くつもりはないけど働きたいと思っている方というのは、正社員で働くと時間的制約がかかったり、役職がつくと責任が伴ってしまうのでとりあえず働きたい方ということです。

正社員が向いている人

次に正社員として働くのが向いている人について説明していきます。

ズバリ、正社員として働くのが向いている人はこんな人です!

  • 同じ職場で長く働きたい人
  • 住宅手当、地方手当、ボーナスを重視する人

派遣とは違って、正社員だと職場がコロコロと変わることはありません。なので同じ職場で働きたいなら正社員の方がよいでしょう。
また、正社員だと住宅手当、地方手当、ボーナスなどの各種手当がつくので、これらを重要視するなら正社員の方が向いていると言えます。

一般的に正社員と比較すると、派遣はあまり良いイメージがないかと思いますが、薬剤師の派遣に関していうとまた別の評価が得られるのではないでしょうか?
派遣はあまり安定性がないイメージを持たれると思いますが、薬剤師に関してはそもそも人が足りていないので、働き先に困ることがなく、安定性もしっかりあります。
派遣に関して興味を持った方は、以下のボタンから実際に自分の目で派遣の求人を見てみることをオススメします!
かなり良い条件での求人が多いことにきっと驚くはずです。

4.あなたのライフイベントに合った派遣薬剤師の求人を見つけましょう

これまで派遣薬剤師のメリット・デメリットを見てきました。
高収入で、福利厚生も整っており、時間を自由に使える派遣薬剤師は特に、ライフイベントに変化が訪れた新婚さんやママさん、更なるキャリアアップを図る人にオススメです。
具体的にどんな求人があるのか、業界最大手の薬キャリで実際の求人を見てみましょう。

薬キャリで薬剤師の派遣求人を検索してみた

実際に薬キャリで求人情報を調べてみると、なんと時給3,500円の高時給求人が見つかりました。

tanpatsu7

その他にも、住居用意や赴任費用の負担などの求人もありました。
時給と共にチェックしたいポイントですね。

tanpatsu7

これはほんの一部ですが、かなり好条件の求人が多いです。
このように求人情報の時給や福利厚生に注目してみると、働きやすい職場を見つけやすいと思います。

以下の表で、大手2社、薬キャリとファルマスタッフ「時給3500円以上」「福利厚生が整っている」「転職コンサルタントの丁寧さ」の観点で比較したので見比べてください!

ちなみに、派遣を考えているなら「薬キャリ」「ファルマスタッフ」のどちらも登録しておくことをお勧めします!
複数サイトに登録しておくことで収集できる求人情報が格段に増えたり、各サイトの担当コンサルタントの比較ができるからです。無料で利用できるので特にデメリットもありません。

登録者数No.1の「薬キャリ派遣」で派遣を始める

hataraku-banner02
時給3500円以上 福利厚生 転職コンサルタント
  • 派遣の求人掲載数、登録者数NO.1!
  • 時給3500円以上の求人多数
  • 各種保険(社会,雇用,労災,薬剤師賠償責任保険)に加入できる
  • 育休/産休を取れるまでの勤続期間が、他社よりも短いので女性にオススメ!
  • 転職コンサルタントが圧倒的に親身

「ファルマスタッフ」で高時給派遣薬剤師になる

hataraku-banner02
時給3500円以上 福利厚生 転職コンサルタント
  • 調剤薬局とドラッグストアの求人に強い
  • 調剤薬局の求人情報は約4万件もあり、数・質ともにトップクラス
  • 各種保険(社会,雇用,労災,薬剤師賠償責任保険)に加入できる
  • 「派遣薬剤師」の求人は都心以外の薬局なら時給4,000円以上も多数

【すぐには転職を考えていない薬剤師さんへ】

「今すぐ転職するわけじゃないけど、求人見てみようかな」

「夏のボーナス後に転職しようかな」

このように考えている薬剤師は多いのでは?5,6月は、大手薬局,ドラッグストアが「3月末に退職した薬剤師のポストが埋まらなかった」「新卒が定着しなかった」等の理由で、条件の良いレア求人を出しやすい時期です。今のうちに、転職サイトを見てみて自分にぴったりの職場をゆっくり吟味するのもおススメですよ。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら