Dollarphotoclub_28664019

企業で働く薬剤師を徹底調査!
職種別の仕事内容や年収額も

薬剤師が働く場所は医療機関だけではありません。新薬を開発する製薬企業をはじめ、一般企業も薬剤師が活躍できる職場です。そんな「企業薬剤師」は一体どのような仕事をし、どれくらいの年収を得ているのでしょうか。このページでは企業薬剤師の様々な職種を一つひとつ紹介し、それぞれの職種について具体的に説明していきます。企業薬剤師に興味がある方はぜひ最後までお読みください。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.職種は色々あるけれど…企業薬剤師の平均年収は?

企業で働く薬剤師の年収は平均して700万程です。勿論年齢によって違いますが、病院などより経済活動に注力していることが多い企業ですので妥当なところだと思います。ちなみに調剤薬局の平均は500万、ドラックストアは550万位が平均です。
毎月の給与の平均は40~50万でボーナスが100万位という方が結構多いです。企業の場合昇給基準が明確になっているところが多いため年功序列ではなく頑張れば頑張るだけ収入が増える企業が増えています。

年令による推移は?

  • 20代→350万
  • 30代→400万
  • 40代→600万
  • 50代→600万
  • 60代→400万

平均年収額の年齢による推移は以上のようになっています。
【年末年始限定!】企業薬剤師の求人情報を見てみる

2.最高年収額は? その職種は?

例えば大手製薬会社、国内MR統括責任者40代男性は年収が1500万でした。
具体的な会社名の公表は出来ませんが、その企業の全MRの総合管理をなさっている方で年間300日位は日本各地を出張で飛び回っているような方でした。

3.開発職の仕事について

開発職の業務内容は? 企業ごとに異なる?

開発職の内容は企業により異なりますが、基本的に新しい薬を企画開発する業務が中心です。一般的に、臨床開発は薬を飲んだ際の効果(人間)や副作用を調べて研究解析します。
具体的な例では、ジェネリック医薬品を開発する業務です。すでに特許期間が過ぎた薬を、後発品としてどのように安価により効果的に製造するかを薬剤師の視点から考えていくようなことが行われています。試薬を作り、評価するという一連の流れをPDCAしていきジェネリック医薬品として発売できるまで研究を続けています。大体一つの薬を発売するまでに約5~10年位の歳月がかかります。
ここでのデータをもとに当局に申請を行い、販売戦略を決定するわけですから、研究過程の企画と構築の要素を満たす職種と考えることができます。

開発職ならではのやりがい

開発職の方が仰る仕事のやりがいで一番多いのは、自分が関わった製品が世に出て困っている方の役に立つのが嬉しいと言う方が多いです。それまでの過程は苦しいことが多く大変なようですが、一つの事に向かってコツコツと努力することが好きな方、チームワークを大切にして仕事をしたい方にはおすすめの職種です。またこの世にないものを新たに作り出すので、通説と言われている事のイレギュラーを発見したり、そこから課題を見つけて独自に研究するなど、薬に関する試行錯誤が出来るのがやりがいだと言う方も多いそうです。

開発職の年収は…

開発職の年収は600万円位が一般的です。勿論企業や社歴、社会的地位によってそれ以上の方もいらっしゃいます。大手企業の管理職クラスともなると1800万位の年収を得ている方もいらっしゃいます。会社の制度にもよりますが、毎月の給与としては30~40万、ボーナスが60~80万位が平均ではないでしょうか。年棒制の企業ではボーナスがありませんので、毎月の手取りが50~60万位になります。

企業の開発職に転職したいなら

企業の開発職は、新卒での求人は多いですがキャリア採用は狭き門です。もし開発職を志すなら、必要となるような資格を取得しておくことは勿論ですがその企業で何がしたいのか、自分には何ができるのかを具体的にしておくことが大切です。
面接では、年齢やキャリアによって特にみられるところは違いますが、総合して人間性やその人の基本的性格を知ろうとしてくる傾向が強いです。性格的に地道に積み上げていくのが苦手なタイプは、不向きと判断されてしまうことにもなりかねませんので、その他の部分で開発職に向いているということをアピールするようにしましょう。
また時期によっては求人数がかなりすくなくなる仕事なので、長期的な戦略で転職に臨むことです。もし可能なら転職に伴う転居の可能性も考えておいた方が良いでしょう。
企業薬剤師の求人は「薬キャリ」がオススメ!

4.学術の仕事について

学術の仕事内容は?

主に製薬会社の業務の1つに学術という仕事があります。学術とは、MRへの薬学知識の研修や医療機関、医者、エンドユーザーからの薬に関する質問や疑問に関して答える仕事です。近年では、各企業でも役割分担が盛んなため薬に関する相談を受け付けるコールセンターは外注しているケースも増えてきています。そのため社内の学術職は、主にMRのトレーナー業務やCRA職などを兼任している方が多いです。また定期的に開催される学会運営職なども学術職の方が兼任している場合が多いです。

学術ならではのやりがい

学術職のやりがいとは、わかりにくいことをわかりやすく伝えることが出来た時大きなイベントをみんなで協力して成功させたことなどがあげられます。学術職は時に医療に精通していないエンドユーザーと関わることも多いため、専門用語を使わず、どれだけわかりやすく相手の知りたい内容を伝えるかという面が求められます。
また専門疾患領域に関わる内容が多いため、そのような勉強を独自に進めて見識をしっかりお持ちの方などは、疾患に関する偏見や差別を減らすような活動を望んでいる方にもやりがいは多いと感じられる職種だと思います。

学術の年収は…

学術職の一般的な年収は700万円位ではないでしょうか。学術職専任と言うよりMRなど他の仕事と兼任するケースが増えていますので兼務している業務によって差はあります。上記の金額はあくまでも専任職を設けている企業の場合です。実際にはこの金額以上に頂いている方の方が多いです。毎月の給与は40~50万でボーナスが100万前後というのが一般的なモデルケースです。

企業で学術の仕事がしたいなら

学術職を志願している方は、MRやCRAなどの仕事を視野に入れる事をおすすめします。上記でも説明したように最近では学術職を専任で置く企業がかなり少なくなっています。そのため、学術職という探し方では求人がかなり少なくなります。きっと地方の転職者に至っては、その地方では出てこないと言うこともよくあることです。そのため、製薬会社のMRや治験業務などで転職し自分の仕事をしながら将来的なキャリアチェンジとして学術職を兼任できるように戦略を組んでいくことが必要となります。
面接では、そのような長期的なキャリアプランを考えていることはプラスになる可能性が高いため好奇心旺盛な面と合わせて伝えることをおすすめします。
また学術職は、プレゼンスキルやクリティカルシンキングの要素も必要となりますのでビジネススクールに通ったりMBAの取得なども転職には有利に働くこともあります

5.管理薬剤師の仕事について

管理薬剤師の仕事内容は?

管理薬剤師とは、医薬品の販売や取扱を行う場所での最高責任者のことです。(薬事法で配置が義務付けられています)薬剤師資格以外に特別資格等は必要ありませんが、3年以上の業界経験が求められるケースが多いです。
仕事内容としては、その場の責任者として多岐に渡る業務があります。薬剤師としての基本的な調剤業務から従業員の監督と医薬品の管理、薬事法や薬剤師法などに関する法律や、医療保険に関する知識を用いた指導などあらゆる業務に関する経験が必要です。

管理薬剤師ならではのやりがい

多岐に渡る業務をこなす管理薬剤師は、やりがい、充実度に関してはピカイチの業務だといえます。様々な仕事を同時進行にて進める必要があるため、社会人として人間的にもかなり成長できる仕事です。また人材マネジメントなどの業務も行いますので、マネジメント能力も上がります。
やりがいを感じる瞬間は人によって様々ですが、バラバラだった従業員たちが次第に一致団結しだしたり自分に協力してくれるようになったときなどにやっててよかったと感じる方が多いようです。瞬発的なやりがいではなく半年、1年、2年と長期的なスパンで振返ってみると、自分の成長度合いに驚く方も多いそうです。

管理薬剤師の年収は…

管理薬剤師の一般的な年収は800万位です。普通の薬剤師の仕事に加え、責任者手当など諸々の仕事が加わっているため若干高めの設定となっています。また管理薬剤師としての採用というよりは、現職から昇進を果たす場合が多いので転職のケースよりも給与やボーナスは上がりやすくなります。

企業で管理薬剤師の仕事がしたいなら

管理薬剤師の求人は比較的多いです。ですが、管理薬剤師として採用したいというよりも通常で薬剤師として転職し、その地位まで昇進を希望される所がほとんどです。同業界(調剤薬局から調剤薬局への転職のような)同職位(管理薬剤師から管理薬剤師のような)の転職であっても、一般企業以上に人間関係のトラブルが多い企業では前提入社(研修期間終了後、半年一般社員を経験し管理薬剤師に昇進)の措置が取られることもごくわずかな事例です。また企業で管理薬剤師の仕事ということですが、薬を扱う場所であれば病院や個人クリニックなどでも管理薬剤師は配置する必要があります。ですので企業にこだわる必要はないかと感じます。
面接では、将来的には管理薬剤師として働きたいと中長期的なビジョンを語ると好印象です。もし前職で管理薬剤師の経験があるのであれば、即戦力としてみなされるでしょう。

6.企業内診療所の仕事について

企業内診療所での薬剤師の仕事内容は?

企業内診療所とは、大手企業を中心に持つ従業員専用の病院のことを言います。日本経済の変化と共に随分少なくなってきましたが、現在でも大手企業の本社や工場などではあるケースもあります。ここで働く薬剤師の仕事は大きく分けて3種類あります。調剤業務、薬剤管理、スタッフの健康管理につながるような啓もう活動などです。体調を崩されて来所された社員に処方箋通りの薬を作り渡すだけでなく、病院内の薬剤の管理、体調を崩さないためのワンポイントアドバイスなども求められます。

企業内診療所ならではのやりがい

全てにあてはまるとは限らないのですが、風邪などの比較的軽い疾患患者が多く、一日の来所人数もそう多くないため、比較的しっかり仕事をしてもプライベートが確保しやすい職場です。ですので、新たな資格取得のための勉強や専門領域を極めるということを両立しやすいという面があります。また最近は、体調面以外にもメンタルを整える啓もう活動を依頼されることも多く、そのような活動が好きな方にはおススメの職場だと言えます。

企業内診療所の年収は…

企業内診療所の薬剤師は、雇用形態や所属企業によっても給与が変わります。一般的には400から500万位ではないでしょうか。ワークライフバランスが良い所が多いせいか、若干給与水準としては安くなっています。

薬剤師が企業内診療所で仕事がしたいなら

企業内診療所が持つ企業が少ないため、求人もかなり少ないです。転居を伴う転職が出来る場合は、エリアを絞らずに探すのも方法も一つです。もし、今の住まいを移す事が難しいなら、紹介頂ける状況がないか探してみてください。働き方を正社員ではなく、パートや契約社員にすると見つかる場合もあります。

7.研究の仕事について

研究職の仕事内容は?

企業で薬剤師の資格を活かす職種の1つに研究職があります。研究職とは、世界的にもこれまでに例のない薬、つまり新薬の開発に取り組む仕事です。新薬が開発されれば、特許が切れるまでその会社に莫大な利益をもたらされるため、製薬会社にとっては機関部にあたる部署だと言えます。

研究職ならではのやりがい

企業での研究職は、薬で人の命を救いたいと考える方に人気の職種です。日々の業務はとても地味なものですが、職位関係なく一つのゴールに向かって地道な活動を続けていく事を楽しめる方には向いてい居ると思います。
直近の小さな結果ではなく、長期的な大きな結果が得られるようにPDCAしていくのがやりがいだと言う方も多いです。

研究職の年収は…

企業の研究職の一般的な年収は600~800万と言われています。企業の規模にもよりますが、同じ人気職種の開発職と比べてもワークライフバランス的にも良いのであまり高くないと感じる方も多いかもしれません。しかし、新薬が完成したり、大きな発見など業務を通じた功績があった際にはボーナス額が増えたり別途金一封が出る場合もあるようです。

企業で研究職に転職がしたいなら

企業の研究職は、正直とても求人数が少ないです。そのため、かなり競争も激しく志すのであれば若い時に手を打つ方が良いでしょう。他の応募者に差をつけるためにも、企業研究をしっかり行いどんな人材を求めていて、どんな発展を考えているのかを把握することから始めます。何度かチャレンジしてみて上手く結果が出なければ、別の職種でその企業に入社し、異動願いで研究職に異動するという選択もあります。
どちらにせよ、中長期的な転職戦略を作っておく必要があるので、信頼できる専門コンサルに相談するのが良いでしょう。

8.品質管理の仕事について

品質管理の仕事内容は? 職場は倉庫になる?

製薬会社で薬剤師が担当する職種の1つに品質管理という仕事があります。品質管理とは製薬メーカーで行われる製造する医療用医薬品や医薬部外品などの品質を厳しくチェックすることです。品質管理業務は主に工場など専門のエリアで行われます。また品質管理でチェックした情報や結果をまとめ公的機関や世間に公表する手続きや顧客サポートを行うのが品質保証職です。

医薬品は製造品質管理基準という厳しい基準に基づいて製造を行います。品質管理はその製造された薬に関する原料や製造過程の中間製品、完成製品などからサンプルを抜き取り、分析機器を用いて管理します。また一定期間保管した後の製品も決められた基準が保たれているかどうかなども、徹底したチェックを行います。

品質管理ならではのやりがい

品質管理の仕事のやりがいは、自分の仕事が世の役に立っているという誇りにあります。品質管理が会社の顔として表に出る機会は少ないですが、常に進化を続ける医療の最新技術を活かしながら、どう品質を保ち、安全性を確かめ製品を世に送り出すかという使命を全うしているのだということも職員のやりがいに繋がっています。責任の重い任務ではありながら、同時にやりがいも大きいといわれています。患者さんや一般の人々が利用する医薬品の安全性を担うことは、医療の一端を担う、社会貢献という意味でのやりがいがあります。

その他に工場が適正にGMPを守って製造をおこなっていることも、世間に対してきちんと示す品質保証が働いてはじめて完徹されるものです。このような重要な役割についてもやりがいにつながります。関係部署と連携し、コミュニケーションを取ることを通して、自分の役割を認識できることから、成長していけることも品質管理のやりがいといえるでしょう。

品質管理の年収は…

品質管理の一般的な年収は500~600万位と言われています。管理職などになると上がる可能性もありますが、品質管理職の必須視覚に薬剤師を指定している企業はそう多くないため、一般職と変わらないというのが現状だと言われています。

企業で品質管理の仕事がしたいなら

品質管理の求人は比較的多くあります。と言うのも、品質管理職を必要とする業界は医薬品や医療機器だけでなく、コスメメーカーや食品など幅が広いためです。薬剤師資格所有者は、品質管理職で歓迎されることが多いことは事実です。しかし、資格保持だけでは不十分で、業務経験や未経験でもその企業で得たいキャリアビジョンや成し遂げたいことなど基本的なマインドは求められます。未経験の方はまずできるところからはじめて、地道にキャリアアップしていく長期的なキャリアプランを考えていくと良いでしょう。
具体的に言うと、医薬品や医療機器等業界を志すならGMP知識や理解は必須です。業務経験があるに越したことはないですが、近年グローバル化を叫ぶ企業も多いためビジネス英会話等を持つ人材を集める所も多くあります。コスメメーカーの品質管理にも同じような条件が求められていますが、GMP知識や薬剤師資格不問という所も多いです。

9.薬事の仕事について

薬事申請がメイン? 薬事の仕事内容

薬剤師業務の1つに薬事申請があります。薬事の仕事とは製薬会社などで、新薬の承認申請を行ったり、医薬品の開発を行う業務のことです。専門職として採用するケースよりも、社内で薬剤師資格を持つ人が兼任したり交代で行うケースが多くなっています。
専任担当者が居ない理由の一つとして薬事の主な仕事は薬事申請業務で、そう頻繁に発生する事がないケースが多いからだと言われています。薬事申請業務とは厚生労働省に新薬承認申請を行う為の、書類作成業務です。具体的には新薬の概要検討、申請書作成や、申請する新薬の添付文書の作成や市販品の添付文書の改訂があります。

薬事ならではのやりがい

薬事の仕事は一見するととても地味でやりがいはないように感じる方も多いかもしれません。ですが、自身の知識を活かして仕事が出来るのでコツコツ成果を積み上げたい方にはぴったりです。こちらの主張を論理的に相手に伝え、納得させたりディスカッションをすることで折衝能力が鍛えられることもやりがいの1つだと言えます。
そして、常に新しい知識を取り入れていく必要がある分野でもあるため学習意欲の高い方にはおススメの仕事です。また英語力を活かせる仕事でもありますので、医療業界で英語を使う仕事がしたい方には良いかもしれません。

薬事の年収は…

薬事の一般的な年収は500~1000万位です。幅がある理由は、他業務との兼務で担当しているケースが多いため兼務している仕事内容によって変わるためです。薬事専業の場合は、残業なども少なくワークライフバランスよく働く事ができる企業が多いです。
また薬事業務の経験が3~5年以上あれば、転職でも年収アップは現実的です。

企業で薬事の仕事がしたいなら

薬事専任の求人は首都圏では比較的数があります。もし専任での就業を希望するなら、エリアを指定せず仕事を探すと、良い求人に巡り合えるかもしれません。
薬事の仕事では語学力が求められるケースが多いため、心配な方は勉強しておきましょう。外資系企業でない限り、ビジネス英会話的な知識より英文書類を正確に訳し理解することの方が求められるため、文法的な面や医学用語の英単語などを中心に学んでおくと良いでしょう。

10.企業の福利厚生、教育体制は?

企業の福利厚生は充実している

調剤薬局やドラックストアと比べると、製薬会社の福利厚生は良いです。その理由は、多数の新薬を開発を行い専売特許を持っていることから圧倒的に売上が違う点が挙げられます。
また製薬会社では各業界向けのセミナーなどを主催しているケースも多いため医療知識の学習の機会は多いと言えます。また大手製薬会社は医薬品協会会員である所が多いため、福利厚生の一環として社員をセミナーに参加させる会社も多いです。

企業勤務未経験だけど…研修制度、教育制度は?

これまで現場で調剤業務などを中心の仕事をしていた方には、企業で働く事は180度仕事の内容が変わるので戸惑うことも多いかもしれません。仕事の仕方や時間の使い方など、わからないうちは積極的に周囲の人に質問をし社内の雰囲気に早くなじむようにすることです。
残念ながら、転職先企業で企業の雰囲気になれるための研修や教育などを準備しているところはほとんどありません。一般的なオリエンテーションを受けた後は、実践で仕事を覚える事になる所がほとんどですのでコミュニケーションを取る意味でも、日頃から他社員を観察し、まねしたりしながら慣れてください

11.企業に転職したいならこの資格・能力がおすすめ!

企業への転職の際にはどのような資格を取得していると有利なのでしょうか。他の職場への転職に有利な資格と合わせて紹介します。

企業への転職を有利にする資格

病院薬剤師

  • 専門薬剤師:より専門性の高い見識があることで信用性が上る
  • 介護、ヘルパー資格:業務外ですが、在宅医療注力病院では専門知識を持った判断が出来る

調剤薬局薬剤師

  • 専門薬剤師:より専門性の高い見識があることで信用性が上る
  • VDM:心理学、色彩心理等の観点から売り場を作ることが出来る

ドラックストア薬剤師

  • 専門薬剤師:より専門性の高い見識があることで信用性が上る
  • VDM:心理学、色彩心理等の観点から売り場を作ることが出来る
  • カウンセラー:自分自身を癒す、周囲のスタッフを癒す
  • MBA:経営者としての意識を持ち運営ができる

企業薬剤師

  • 専門薬剤師:より専門性の高い見識があることで信用性が上る
  • マイクロオフィスプロフェッショナル:PC操作に問題ないことの証明となる、事務作業の効率化
  • TOEIC:医療翻訳や、書類作成の点で役に立つ

やはり英語力があると有利? 必要なTOEICの点数は?

このほかの資格のほかに英語力もやはり有利に働きます。外資系であれば、本国と英語での会議ややり取りも多いため出来ませんはこのご時世通用しなくなっています。TOEIC点数は企業によって差がありますが平均750あれば良いと思います。

12.企業で「派遣薬剤師」「パート薬剤師」として働く

薬剤師は企業で派遣・パートで働ける? その職種は

薬剤師が企業で派遣として働ける可能性はあります。しかし、最初からパート雇用で企業薬剤師として働くのは難しいです。ここ数年の政府の方針で非正規雇用削減の要請がでており、製薬会社をはじめとする医療系企業の多くがその削減目標対象となっているためです。
正社員だった方が、介護や子育てで時短勤務やパート社員となることはよくありますが薬剤師で企業のパートは少し厳しいものがあります。

派遣で働く場合の給与・年収

派遣社員の企業薬剤師の年収は平均300~500万位です。派遣やパートで働く方には収入制限や勤務時間の制限などがある場合があるため、年収が低いと感じる方も多いかもしれませんがご本人たちは満足されています。
調剤薬局やドラックストアと比べると金額的には同等か少し多いくらいの方が多いと思います。

13.薬剤師が企業に転職するために

病院から、調剤薬局から…なぜ企業を希望するのか、転職理由は?

企業薬剤師に転職したい理由の一つにワークライフバランスがしっかり保てるという点が挙げられます。職種によってはそうではないケースも多いですが、夜勤や深夜勤務などの可能性も少なく土日祝日がきちんとお休みできる場合が多いことは人気の要因です。
またその企業でしかできない新薬の開発や病気の研究などに没頭出来るところも選ばれる理由の1つです。

企業薬剤師は募集が少ない?

職種さえ選ばなければ、企業薬剤師の求人は多いです。業務が多岐に渡るので、一人に全部を兼任させるより複数に分けてチームで担当するような業務フローを設けている企業が多いためです。
また薬剤師資格がなくとも務まる仕事も多いので間口は広い方かと思います。

転職サイトのエージェントに相談する

エージェントに企業薬剤師として働きたいと相談すると、様々な求人が出てきます。製薬会社の規模から医療法人などであっても企業で行われるような業務を中心としたものなど色々な仕事の中から選ぶことができます。特に開発など人気求人は非公開で専門エージェントしか持ってないケースもあります。時期によっては全く企業系の求人がない時期もありますので、そのような場合にはエージェントを利用してみてください。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら