Dollarphotoclub_46208231

調剤拒否と医薬品がない場合の対処

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1月は自分の条件にあった求人と出会える可能性大!

冬のボーナス受給後の1月は、転職活動を始める方が増えます。。その結果、1月~2月中旬は各企業が退職者の空きを補うために待遇の良い条件「高額求人、土日休み、駅チカ、転勤なし」などの求人が多く出てきます。

転職サイトは基本的に早く登録した人から優先的に紹介をしてもらえるので、他の人よりも一歩先に登録をしておくと良い求人を紹介してもらえる可能性がグッと上がります。

今すぐ転職したいわけではない方も転職サイトに登録だけでもしておくと、2月後半~3月後半に転職を希望する薬剤師と比較すると『抱えている求人情報の量』という面で圧倒的な差をつけることが可能です。

患者さんが処方せんを薬局に持ってこられた時に、 正当な理由がなく、調剤を拒否することはできません。薬の在庫がないからというのは、正当な理由には当たりません。調剤拒否が認められる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

調剤拒否とは

薬剤師法第21条によると、「調剤に従事する薬剤師は、調剤の求めがあった場合には、正当な理由がなければ、これを拒んではならない」 とされています。
正当な理由がなければ、調剤を拒否することができません。
商品の在庫がない、調剤薬局の営業時間が過ぎたなどは、正当な理由にあたりません。

調剤拒否できる正当な理由

それでは、正当な理由とは何でしょうか。
薬剤師が急病で不在であるとか、地震等の天災により調剤器具等が破損し、物理的に調剤が不可能であるような時があたります。その他、旅行や近親者の不幸で薬剤師が不在のとき、院内処方せんを調剤薬局で受け取った場合も該当します。
他には処方箋の内容に疑わしい点があるが、<処方した医師又は医療機関と連絡が取れない場合/span>、処方箋が明らかに偽造されていると思われるような場合も該当しますが、確認する努力を怠ってはなりません。

また、2014年の薬事法改正では、
第9条の3第3項「薬事法情報の提供又は指導ができないとき、その他同項に規定する薬剤の適正な使用を確保することができないと認められるときは、当該薬剤を販売し、又は授与してはならない」という項目が追加されました。

患者さんが適正に薬の使用ができない時は、調剤を拒否することができると解釈もできます。患者さんの家族や処方医に問い合わせをするなど努力をしても、適正使用が保障できない時に該当するともいえるでしょう。また、受付をしても処方箋の有効期間内に薬が用意できないなど、どうしても仕方がないと思う理由が必要になります。

医薬品がない場合の対応

薬の在庫がない場合はどうすればよいのでしょうか。在庫なしを理由に処方せん受付を拒否をすることはできませんが、近年のジェネリック医薬品の普及に伴い、薬局に在庫もなく、メジャーではない医薬品メーカーが指定された処方がくることもあります。
この場合でも、調剤薬局は患者さんに薬をお渡しする努力をしなくてはなりません。まず、処方せんの薬はどこでどのくらいの期間手に入るか調べます。医薬品卸メーカーに問い合わせたり、近隣の薬局に在庫がないかも確認します。処方元の医療機関近くの調剤薬局では在庫がある可能性が高いです。

患者さんには現在薬局には該当の薬が無いことを言わなければなりません。後日薬が手に入る場合には、今すぐお渡しができないが、改めてお越しいただければお渡しすることが可能と伝えます。別の薬局が在庫を持っている事がわかれば、その薬局に行くことも提案します。
または、患者さんの了解のもと、処方元の医療機関に、同じ効果の別の薬に変更が可能かを問い合わすこともあります。ただし、処方変更は難しいケースも起こります。

このように、薬剤師は処方せんを応需するために努力しなければなりません。その後、患者さんに、今ここの調剤薬局で受付をするのか、他の薬局に行くか、処方変更をお願いしてみるか、などを提案して判断してもらいましょう。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる

1月は自分の条件にあった求人と出会える可能性大!

冬のボーナス受給後の1月は、転職活動を始める方が増えます。。その結果、1月~2月中旬は各企業が退職者の空きを補うために待遇の良い条件「高額求人、土日休み、駅チカ、転勤なし」などの求人が多く出てきます。

転職サイトは基本的に早く登録した人から優先的に紹介をしてもらえるので、他の人よりも一歩先に登録をしておくと良い求人を紹介してもらえる可能性がグッと上がります。

今すぐ転職したいわけではない方も転職サイトに登録だけでもしておくと、2月後半~3月後半に転職を希望する薬剤師と比較すると『抱えている求人情報の量』という面で圧倒的な差をつけることが可能です。

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら