薬剤師 調剤

調剤ミスへの不安で「薬剤師に向いてない」と思っていませんか?

「薬剤師に向いてないかも」「いっそ辞めてしまいたい」等と考えているあなた。ちょっと待ってください。薬剤師の仕事は調剤に限りません。人の命に関わる調剤のお仕事以外にも、実は薬剤師の仕事はいくつかあります。調剤をしていない薬剤師が働ける職場を見てみましょう。

この記事に書かれている事まとめ
  • 調剤業務をしていない薬剤師が行っている主な仕事は、「OTCのみの販売」か「製薬会社での仕事
  • 「OTCのみの販売」はお客さんの症状に合わせてアドバイスを行い、あなたが選んだ商品をすすめて売ることが魅力
  • 「製薬会社での仕事」は、常に新しい薬剤の知識を得る姿勢また経験を積むことが大切
  • 迷ったらとりあえずこのサイト、まずは業界最大手で圧倒的な求人数を誇るエムスリー(薬キャリ)への登録がおすすめ。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

調剤業務がない薬剤師の仕事とは?

調剤業務をしていない薬剤師が行っている主な仕事は、「OTCのみの販売」と「製薬会社での仕事」です。
OTC商品のみを扱う薬局には、調剤業務はありません。調剤業務がない代わりに品出しやレジ業務の仕事が増えるようです。また、大病院近くの薬局でも調剤業務がない求人がたまにみられます。処方箋の受付量が多いため、処方箋の計算のために事務員として計算を専門とする方を雇うことがある。この仕事は調剤内容や保険計算に関する法律を知っておく必要がありますが、実際はパソコンに内在する保険計算用のツールを使うため、知識をもたず仕事をすることが可能です。                                    
製薬会社に勤務している管理薬剤師も直接調剤には携わりません。製薬会社に勤める管理薬剤師の仕事内容は、監督官庁との連絡や許認可申請、医薬品情報の管理、教育研修、お問い合わせ(電話対応)の仕事を行っています。一般に薬剤師の資格がいらず、調剤業務がない管理薬剤師ですが、常に新しい薬剤の知識を得る姿勢また経験を積むことが必要で、その知識を基に病院での営業活動、情報提供もすることがあります。

調剤以外の仕事に向いている人とは!?

通常、調剤薬局での業務内容は「調剤→鑑査→服薬指導」の一連の流れがありますが、薬剤師の主たる仕事に適していない環境や人もいます。
多くの薬局(ドラックスストア)では、調剤業務とOTCが一体となっていてます。薬剤師の人数が少ない場合、調剤業務に時間をかけてばかりいられないので、仕事をこなすためにも、OTC業務を優先することがあります。そのために、調剤よりもお客と密に接することができるOTC業務に集中したい方もいます。また、調剤業務で過去にミスをした責任から、調剤をやりたくないと考える人も少なからずいるそうです。患者に直接的に関われる反面、調剤から服用までの安全管理に対する責任の重さは重大です。
他にも、調剤以外の仕事やOTCのみの仕事は例えば、薬剤師資格がない人にとってとても魅力的な仕事です。資格がなければ、調剤業務をする仕事つまりはほとんどの薬局では働けませんが、OTCのみの販売や企業での仕事は資格なしの方でも働ける職場のため、資格がない人でも薬剤師業務に就ける機会となっています。

データで見る調剤がない薬剤師の求人動向

薬局の勤務者 126719人(平成22年度)→134654人(平成24年度)
医薬品関係企業の従事者 47256 人(平成22年度)→45112人(平成24年度)

この動向を見ると、薬局の人数は増えているものの、製薬会社に務める薬剤師は減っている傾向が見られます。近年、医療分業化を進めるにあたり薬局が増えています。その結果、幅広くOTCの商品のみを扱う専門店も急増し、薬局における調剤業務がない求人も増えることになったのです。また、平成22年度から平成24年度にかけては2144人もの製薬会社関連の薬剤師がいなくなっており、求人が少なくなっていることも事実です。ただ、調剤業務を伴う仕事がしたい方や出産・育児のために急遽退職する方もおり、絶えず求人はあります

調剤業務がない求人を探している薬剤師にオススメの仕事

ズバリ「薬局(OTCのみ)」「製薬会社(MR職・CRA)」です!
薬局は、患者さんと関わることは好きだが、調剤業務は処方せんに決められたことをするだけで単純だ考える人におすすめです。また、お客さんの症状に合わせてアドバイスを行い、あなたが選んだ商品をすすめて売ることが魅力の1つでもあります。調剤で考えられる薬意外にも幅広い健康に関わる商品を数多く扱うことができるので、薬剤師としてやりがいをもって仕事ができるでしょう。ただ、雇用形態はパートが多いので正社員で働く場合は少し手間がかかります。
製薬会社での仕事は残業がなく、給与が高く、土日休みがあるという点でとても良い環境で仕事が出来ます。調剤業務やOTCを同時に行っていたドラックストアとは違い、顧客に合わせた仕事ではなく自分のペースで仕事を進められるため、質の高い仕事が行えます。

もし調剤業務がない仕事に就きたいと考えているなら、薬剤師転職サイトを使って詳細情報を常に手に入れるようにしてください。調剤業務がない仕事はもともと供給超過で非公開求人になることもあります。薬剤師転職コンサルタントに相談したり、最新の求人情報で最良の仕事を見つけることをおすすめします。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら