一人薬剤師

調剤薬局の1人薬剤師とは?メリットや給与について

「1人薬剤師」というキーワードが現状調剤薬局の仕事内容で見受けられます。 言葉の通り調剤薬局にて薬剤師1人で働く勤務形態になります。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1. 1人薬剤師って何?

調剤薬局での仕事は、通常複数人の薬剤師がそろって調剤や監査、薬剤の在庫管理、通常事務員が行う処方箋の管理を行います。

病院医師とのコミュニケーションや、周辺会社への医薬品申請等も含まれます。

患者の少ない個人薬局や、小規模の職場では、一日当たりの患者数が少ないため、薬剤師1人で上記業務をすべて任される場合があります。

これだけ聞くとリスクが高く、「一人で全部やるなんてミスが怖い、、」と思うかもしれませんが、実は1人薬剤師にもメリットがあるのです。

2. 1人薬剤師で得られるメリット

1人薬剤師のメリットとして大きく3点あげられいます。

1つは、スキルアップが図れるところです。
通常、分業体制で行う調剤薬局の薬剤師業務を全て一気通貫で担うため、非常にマルチな経験が身につきます。
特に薬剤の在庫管理、品質管理等を行う薬剤師は調剤薬局にとって希少な存在のため、その後の転職先としてドラッグストアや大手調剤薬局、うまくいけば企業の管理薬剤師クラスへの転職も可能です。

2つ目はコミュニケーションの機会が多い事です。
1人薬剤師の大きな特徴として、一人当たりの患者さんにかかわる時間が多くなることがあげられます。
通常の分業制の薬局の場合、患者さんとコミュニケーションをとる機会が特定の人に限られるのと、大人数をさばく必要があるので1人当たり関わる時間が減少します。
小規模の薬局なら、ある程度自分の裁量を持ちつつ柔軟に患者さんと関わることが可能です。

3つ目は、給料がいいこと。
責任の範囲が広いのと、上司がおらずほぼ一人で店舗を運営しているという経営者に近い立ち位置のため、その分入ってくる年収は高くなる傾向にあります。

3. 1人薬剤師の求人を探す方法

1人薬剤師の求人情報を探すには、転職キャリアサービス、薬キャリへの相談をお勧めします。
通常の調剤薬局求人情報には「1人薬剤師」という記載はなく、実際に就職してみないと分からないといったパターンが多く存在する中、薬キャリは求人検索条件の項目に「1人薬剤師」という項目があるため、絞って関連求人情報を探すことが可能です。

Hop経由で転職成功した人の82%が転職希望日を「6ヶ月以内」と回答

急募をしている高給与求人や人気の求人は転職転職希望日が早い人から優先的に紹介をされます。いつ転職しようか迷っている方は良い職場に巡り合えるよう少しスケジュールを早めて検討するのが転職成功の秘訣です。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら