Dollarphotoclub_81838827

スゴッ!薬剤師は「パート」の掛け持ちのほうが稼げる?

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師はパートの掛け持ちのほうが稼げる?

薬剤師のパートは、掛け持ちした方が稼げる場合もあります。と言うのも、労働基準法の関係上、勤務時間が長くなれば途中に所定の休憩時間を入れなければなりませんし、勤務先によっては、パートで1日に働ける時間や、1週間に働ける時間数を制限されていることもあるからです。
例えば、調剤薬局とドラッグストアを掛け持ちしたとするとどうなるでしょうか?勤務時間が長くなるとパートでも社会保険の対象となり、保険料が引かれることになりますが、同じ労働時間をうまく2か所に割り振れば、社会保険の対象外となり、保険料を引かれずに済み、実質の収入が多くなります。
更に、調剤薬局と比較するとドラッグストアの方が時給を高く設定していることが多く、調剤薬局で8時間働くよりも、調剤薬局とドラッグストアで4時間ずつ働いた方が1か月の収入が高くなることもあるのです。

正社員にならないメリットもある

薬剤師の資格を持っている以上は、せっかく転職するなら正社員で、と考えるかもしれませんが、実は正社員にならないことにもメリットはあります。例えば、子育て中の主婦薬剤師の場合は、子どもの学校などの用事で時間の調整をしなければならないこともあるでしょう。そのような時、パート勤務の方が、スケジュールの融通が効きます
店舗の管理など難しいことは店長や管理薬剤師、常勤の派遣などに任せられる上に、残業もあまりしなくてよいため、家庭との両立はしやすくなります
また、ブランク明けの働き方としてパートの掛け持ちを選ぶと、調剤業務だけ、OTC医薬品の販売だけというような、どちらか一方しか経験できないということを避けられます。それぞれの現場を知ることで、もう一方の仕事に活かしたいことや改善した方がよい面も見えてくることがありますから、あえて正社員や常勤の派遣にならないという働き方にもメリットはあります。

薬剤師のパートも掛け持ちはできる

薬剤師がパートとして働く場合、勤務先として考えられるのが病院や診療所などの医療機関と、調剤薬局、そしてドラッグストアです。もし、勤務時間が短く切られたり、出勤の曜日減らされて、希望通りにならないのであれば、掛け持ちして、収入を増やすことを考えてもよいでしょう。昼間と夜間の掛け持ちをする人もいますが、土日休みのうち片方を他でのアルバイトに当てるという人もいます。
ただし、メインとは異なる業種を選んだ方が無難です。それぞれライバルの店舗を掛け持ちすることになると、会社や医療機関に知れた時にあまりよい印象を持たれません。また、仕事内容がほぼ同じになってしまい、ストレスが溜まる可能性があります。仕事内容が異なれば気分転換にもなるため、別々の業種を選んだ方がよいでしょう。

掛け持ち歓迎のパート求人を探すには

薬剤師求人には午前だけ、午後だけという求人や、曜日を限定した募集もありますから、店頭のポスターや新聞の折り込みチラシでも掛け持ちのパートは探せないわけではありません。しかし、掛け持ちを歓迎しているかどうかまではわかりかねるところがあります。
薬剤師にはパートを掛け持ちして働いている人が多いことから、薬剤師専門の求人サイトなどでは、「掛け持ち勤務可能」「ダブルワークOK」という条件の求人が意外と多く見られます。中には同系列の調剤薬局やドラッグストアで、近隣店舗を掛け持ち勤務する人を歓迎などというところもあるくらいですから、気兼ねなく掛け持ちをするなら、そのような求人情報をチェックするとよいでしょう。
パート求人を探す場合は「m3.com(薬キャリ)」を利用して求人情報を探すことをおすすめします。求人数が豊富でパート・アルバイトに特に強いことが特徴です。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

1月は自分の条件にあった求人と出会える可能性大!

冬のボーナス受給後の1月は、転職活動を始める方が増えます。。その結果、1月~2月中旬は各企業が退職者の空きを補うために待遇の良い条件「高額求人、土日休み、駅チカ、転勤なし」などの求人が多く出てきます。

転職サイトは基本的に早く登録した人から優先的に紹介をしてもらえるので、他の人よりも一歩先に登録をしておくと良い求人を紹介してもらえる可能性がグッと上がります。

今すぐ転職したいわけではない方も転職サイトに登録だけでもしておくと、2月後半~3月後半に転職を希望する薬剤師と比較すると『抱えている求人情報の量』という面で圧倒的な差をつけることが可能です。

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら