女性銀行員は転職しない方が良いの?損しない職種と転職活動のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうお金を扱うのは精神的に疲れた…」と思っていませんか?

銀行で働く銀行員は、社会的な信頼性が高いなどのメリットがある半面、厳しいノルマや人間関係に悩み転職を決める女性はたくさんいます。

この記事では、銀行は辞めない方がいいのか?それとも辞めて別の仕事を探した方がいいのか?などについてご紹介します。

1.女性銀行員を辞めて転職するべき?

銀行の仕事が楽しくて向いているという人は別ですが、そうでない場合、誰でも一度や二度は転職のことを考えたことはあるはずです。

転職を思い立った時は、銀行で働くメリットやデメリットをよく考え、今の仕事のやりがいも含め本当に今の仕事が自分に向いているかを見直す良い機会です。

銀行で働くメリット

まず銀行で働くメリットとしては、以下の5つが挙げられるのではないでしょうか

  1. 安定企業なので信頼度が高い
  2. 給与(月給)が高く、収入が安定している
  3. リストラされる可能性が少ない
  4. 多くの人に出会える
  5. 金融リテラシーの向上

金融の知識が増えて、福利厚生もしっかりしていたので良かったと思います。また人に話す際も、信用があると感じられて嬉しかったです。
(23歳 地方銀行・総合職)

金融商品の選び方が身に付いた。外貨預金や投資信託、生命保険、住宅ローンなど選ぶときの判断材料となるポイントがわかった。
(35歳 メガバンク・一般職)

正しく、時間通りに、ノーミスは当たり前の世界ですから、お客様にイラっときても顔や口調に出せません。常に冷静でいる心も身につくし多少の事では動じなくなりました。
(25歳 地方銀行・総合職)

福利厚生が良く、土日祝は必ず休みだったことです。また、帰る時間も早く帰るよういわれていたのでプライベートの時間を作ることができました。
(24歳 地方銀行・一般職)

銀行は、他の業種の企業と比較すると倒産が少なく安定しているので、社会的な信頼が高いです。

銀行員と聞くと、立派な職業に感じる人は多いですよね。

大手企業や上場企業ならなおさらそうですし、年収も多く経済的にも安心です。

高齢になっても出向先が豊富にあるので、リストラが少ない職種ですし、融資先の中小企業などへのルート営業もあるので多くの人に出会う機会があります。

さらには、お金を専門に取り扱う仕事なので、お金に関する知識や判断力が身につくのは銀行勤めのメリットといえそうですね。

銀行で働くデメリット

実際に銀行員で働く人の口コミを見ても、銀行で働くメリットはたくさん見られますが、すべての人が同じように感じていないかもしれません。

銀行員で働くデメリットとしては、以下のものがあるでしょう。

  1. 成長力に限界がある
  2. 営業ノルマがある
  3. 人間関係が大変
  4. 自身の金融取引が制限される
  5. 精神力を消耗する

一般職で働いていると、年収はなかなか上がらないですし、時期によっては残業も多いにも関わらず、総合職に比べ評価されにくい仕事だと思っていました。
(24歳 地方銀行・一般職)

ミスが許されないため、常に緊張感、集中力を維持する必要があります。クレームも多く、法律やルールが頻繁に変更になるので、頭を切り替えて情報の更新をするのが大変だと思います。
(35歳 メガバンク・一般職)

お客様が書いた書類の誤記がないか、印鑑相違はないか、必要書類はあるか。お客様が帰るまでに完璧な状態にしないとならないので、常に神経は使いまくりです。窓口になると1日中喋っていないとならないのでそれもまた疲れます。
(30歳 地方銀行・総合職)

一般職で入社したものの、当時の組織的な理由で総合職の業務(外回り営業など)も担当せざるを得ませんでした。
(32歳 メガバンク・一般職)

現在の日本経済は成熟期にあり、新興国のような経済の急成長は望めません。

また、銀行に就職すると厳しいノルマが課せられることが多く、このノルマが大きなプレッシャーになります。

さらに銀行業は融資先との人間関係が非常に重要ですので、接待が多く苦手と感じる人にはストレスになるでしょう。

銀行では、さまざまな会社の規制に従う必要があるため、自身の金融取引が大幅に制限されます。

営業の場合は接待で、窓口業務の場合は細かいことに気を遣い、神経をすり減らし精神力を消耗する人も多いです。

2.女性銀行員の転職理由って?20代・30代の転職理由と転職事情

銀行で働くメリットとデメリットを比較してみると分かるように、銀行員としてストレスを感じながら働くことよりも、転職をしたほうが、この先の社会人としての人生がより良いものとなる場合もあります。

ここからは年代別の転職理由と転職事情についてご紹介していくので、転職の参考にしてみてくださいね。

20代女性銀行員の転職理由と転職事情

20代の女性で銀行員から転職した転職理由で多いのは「ノルマが多かった」「仕事内容がイメージと違った」「結婚を機に引っ越しをしたから」などがあります。

20代であれば未経験でもポテンシャル重視で採用してもらえる可能性が高い年代です。

銀行員の仕事が自分に合わないのであれば、改めて「自分に向いている仕事」「やりたいこと」を探してみるといいでしょう。

銀行員に必要とされた正確さが活きる一般事務の仕事は、20代女性銀行員にも人気の職種ですが、せっかく転職するのですから将来的なキャリアプランややりがいなどを考えられるといいでしょう。

30代女性銀行員の転職理由と転職事情

30代の女性で、銀行員から転職した転職理由で多いのは「不満がある中で仕事を続けていたが、耐えられなれなくなった」というものです。

例えば、新卒で入行して働き続け30代となりキャリアも上がり高い給料が支給されるなど、雇用条件の良さから、なかなか転職に踏み切れないということもあるかもしれません。

しかし、プレッシャーがかかる仕事を長く続けることに疲れて転職を考える人は少なくありません。

30代ともなれば、スキルの蓄積も進み能力も向上していますから、自分の実力を正当に評価してくれる会社やスキル・能力を十分発揮できる職種に転職することは十分可能です。

30代のような経験豊富な人材は企業からも、戦力としてみられているので、30代だからといって転職がうまくいかないということはありません。

女性の場合は30代はライフイベントも多く、この先の人生を考えると「今」転職することが正解なのか悩むものですが、これまでの経験が活かせてしっかりと評価してくれる職場はきっと見つかるはずです。

まだまだ長いキャリアのためにも、新しい職場探しをしてみてはいかがでしょう。

3.女性銀行員の総合職と一般職では転職難易度は変わる?

一般的に、中途採用での経歴で総合職であったか一般職であったかは、それほど大きな差はありません。

銀行員として勤めることによって得られる経験・スキルも、勤めていた銀行の区分・職種によってさまざまではありますが、転職がうまくいくかどうかは総合職と一般職かで決まるものではないのです。

総合職は営業の外回り業務が多く、接待や残業なども多いですが、一般職だからといってノルマや残業がないわけではないですよね。

中には、貸付目標や預金獲得目標などのノルマがあったり、数字が合うまで帰れないということもあります。

転職でうまくいくかどうかは、どのような仕事をしていたかではなく、仕事を通してどのような経験を得られたかです。

転職希望先が求めている人材がどのような人物なのかを判断して、的確にアピールすることが大切です。

4.女性が銀行員が経験を活かせる転職先は?

女性銀行員が転職先を探す場合、まず「これまでの銀行員としての経験を活かせる職種に転職するのか」それとも「全く新しい分野の職種に挑戦するのか」を決める必要があります。

他銀行への転職

銀行員の女性が転職する場合の転職先として、最もポピュラ―なのは、他の銀行への転職でしょう。

転職先でも、それまで培ってきた経験・スキル・知識をそのまま活かせるというのも、銀行間での転職の大きなメリットです。

ただし、同じ銀行間での移動となりますので、銀行での仕事に不満の少ない方向けといえます。

特に一般職の場合、地方銀行からメガバンクへの転職は比較的容易だとされています。

結婚やパートナーの転勤、家族の事情、銀行での仕事は嫌いではないが社風や直属の上司とどうしても合わないといった場合も、銀行間での転職が行われやすいケースといえます。

金融業界の他業種への転職

これまでの経験やスキルを活かしたいが、銀行では働きたくない」という場合には、保険会社、証券会社、投資信託会社、不動産会社などがあげられます。

職種としては、一般職、営業職、事務職などです。

銀行以外の金融業界では、採用企業側も元銀行員を採用するメリットについて熟知しており、元銀行員であることが採用に有利に働くことがよくあるので、転職も成功しやすいでしょう。

また外資系の保険会社や投資会社の給与は非常に高いといわれているので、さらなる年収アップやキャリアアップを目指してみるのもいいかもしれませんね。

異業界・異業種への転職

どうしても銀行での仕事が自分に合わない場合は、銀行以外の会社を探さなければいけません。

転職後も「ノルマがきつい」「お金を扱うことで神経を使う」などの不満に陥らないためには、一般企業の事務職が人気です。

異業界、異業種に転職する場合でも、銀行員として仕事をしたキャリアは高く評価されます。

異業界・異業種への転職だからといって、特別に難易度が高くなるということはありません。

転職の希望条件などとともに、どのような仕事が向いているのか?を考えて転職先を選んでみましょう。

5.女性銀行員が転職を成功させるための方法

転職を成功させるためには、専門的な知識や、幅広い情報収集力が必要ですが、こういったことに関しては個人の力だけでは限界があります。

転職エージェントという人材紹介会社を使えば、サポート体制も整っていて無料で利用できるので試してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントは、豊富な求人数の中からあなたの希望に合った優良企業の求人案件を紹介してくれますし、次のようなサポートをしてくれます。

【転職エージェントの無料のサポート内容】

  • キャリア面談
  • ライフプランの作成や相談
  • 求人情報、非公開求人の紹介
  • 企業情報の提供
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策や面接日程の調整
  • 条件交渉代行

転職活動を自分一人で進めるのは大変です。

「どうやって求人を探すのか?」「自分に合う企業かどうやって判断すればいいのか?」「志望動機をどうやって伝える?」など転職はわからないことだらけです。

気軽に利用できる専門家である転職エージェントに相談してみることで、転職活動もスムーズに進めることができますよ。

評判に疑問を持つ求職者
女性におすすめの転職エージェント!評判や口コミと失敗しない選び方
「女性に評判の転職エージェントってどれなの?」そんな女性のために、この記事では女性におすすめの転職エージェントを厳選してご紹介します。 ま...
20代女性が使いやすい転職エージェント5選|特徴と利用者の口コミ
20代女性が使いやすい転職エージェント5選|特徴と利用者の口コミ
昨年(2018年)には全転職者の3分の1を20代が占めるなど、転職市場における20代の存在感は増しており、さらに2019年も転職者有利の売り...
30代女性のおすすめ転職エージェント7選!理想の転職先探しの方法
30代女性のおすすめ転職エージェント7選!理想の転職先探しの方法
「もそも30代女性が使いやすい転職エージェントって何があるの?そ」「転職エージェントを使えば転職は本当にうまくいく?」 ストレスがたまる職...

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

女性の転職サイト比較!年代別で違うおすすめサイトの特徴と選び方

「転職は決めたけど、一体どの転職サイトを使えばいいんだろう?」さらなる、キャリアアップや結婚や出産などのライフイベント、家庭と仕事の両立など女性が働…

  • 🕒
  • 2019.08.20更新

40代女性で転職に成功したい!リアルな転職事情を調査!成功の秘訣…

「体力的に、もう少し落ち着いた仕事をしたい」「家計のために働かないといけない」など、40代の女性が転職を考える理由は、人それぞれです。 …

  • 🕒
  • 2019.08.20更新

50代女性の転職はなぜ厳しい?転職を成功に導く4つの秘訣

「50代の女性の転職は厳しいのでは…」と不安を感じていませんか? 実は50代女性の転職が難しいのには理由があります。この記事では、50代女性が厳しい…

  • 🕒
  • 2019.08.19更新

女性が転職で有利な資格は何?年代別でおすすめの役立つ資格ベスト3

現在の一般事務の仕事にはもう飽きてきた、「自分の能力を正当に評価してくれる条件のいい企業で勤めたい」「給与面を含めた待遇の良い勤務先に転職したい

  • 🕒
  • 2019.08.01更新

女性の平均年収は300万円以下?!転職で年収アップさせる方法

「私の年収って低すぎない?」「もっと高収入の仕事に転職したい」「転職で年収ってアップするの?」と思うことはないでし…

  • 🕒
  • 2019.08.01更新

女性の転職は履歴書で決まる?書き方から写真の髪型まで徹底解説

就職、転職活動で必要となる履歴書。転職者に適した履歴書のフォーマットの選び方に書き方、失敗しない証明写真の取り方、気になる疑問を女性転職者に寄り添いお答えしていきます。

  • 🕒
  • 2019.08.01更新

女性の転職活動の服装は自由?好印象を与えて内定獲得率UPのコツ

オフィスカジュアルや私服OKと言われた転職イベント、本当にスーツでなくてもいいのだろうか?と悩むことがあると思います。面接会場で周囲の面接者の様子が気になり、パフォーマン…

  • 🕒
  • 2019.08.01更新

女性におすすめの転職エージェント!評判や口コミと失敗しない選び方

「女性に評判の転職エージェントってどれなの?」そんな女性のために、この記事では女性におすすめの転職エージェントを厳選してご紹介します。 また、「

  • 🕒
  • 2019.07.25更新

女性の転職サイトのおすすめは?ニーズと年齢で選ぶのが正解!

「女性におすすめの転職サイトはどこ?」 女性の転職には男性とは違うニーズや悩みがあります。最近では、そうした点に配慮しながら女性たちの転職を支援する転職サイトが増…

  • 🕒
  • 2019.07.25更新

30代女性のアラサー転職は厳しい?企業が求めるものと失敗回避の心得

30代の女性は、ライフイベントの変化とともに働き方も変わります。 そのため、転職を考える時には「1~2年後には結婚するかも」「そのうち子供が欲しい

  • 🕒
  • 2019.07.25更新

20代女性の転職事情とは?注意すべき点と失敗しないためのコツ

「今の職場では子供ができた時に続けられるか不安」「もっと無理なく長く働ける職場に移りたい」などの悩みを抱えていませんか?この記事では

  • 🕒
  • 2019.07.25更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト