people do medical experiment in lab

小児薬物療法認定薬剤師とは?業務内容や年収、資格取得方法について

子どもは体が小さく抵抗力も弱いため、薬物療法を実施する際には投与量や投与間隔などにおいて、細心の注意が必要となります。子どもの薬物療法に関わる専門資格『小児薬物療法認定薬剤師』とは、具体的にはどのような業務を行う仕事なのでしょうか。活躍する場所や年収、資格取得の方法などについても説明してまいります。

おすすめ転職サイト
ここがオススメ
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
資格が活かせる求人が豊富

詳細

2位 マイナビ薬剤師 耳寄りな非公開求人が豊富

詳細

3位 ファルマスタッフ コンサルタントの対応が丁寧!

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,小児薬物療法認定薬剤師とは

小児薬物療法を実施する医療チームには、小児科領域における医薬品の専門的立場として知識とスキルを提供できる薬剤師が求められています。『小児薬物療法認定薬剤師』の資格は、小児医療の分野において必要な研修と指導を受けた薬剤師であることを証明するものとなっています。2012年に日本小児臨床薬理学会と日本薬剤師研修センターによって、資格制度が創設されました。

小児薬物療法認定薬剤師が果たす役割

小児薬物療法認定薬剤師には、主に次の2つの役割を果たすことが期待されています。

  • 専門性を活かし、小児に対する薬物療法の実務に当たる。
  • 小児薬物療法認定薬剤師としての専門的立場から、医療チーム内で必要な情報や知識を共有する。
  • 患児とその保護者に、薬剤や治療に関する適切な情報を提供し、実践的な服薬指導を行い、医薬品の取り扱いや生活についてのアドバイスや教育を行う。

小児薬物療法認定薬剤師の資格を生かした転職はこちらをクリック

2,小児薬物療法認定薬剤師資格の取得方法

薬剤師免許を持ち、保険薬局や病院・診療所での実務経験が3年以上あり、日本薬剤師研修センターが実施する研修会を受講する時点でいずれかの医療機関に勤めている薬剤師は、小児薬物療法認定薬剤師資格を取得するために必須となる『小児薬物療法研修会』に申し込むことができます。

小児薬物療法研修会

小児薬物療法研修会はe-ラーニング形式ですので、講義を受けるためにはインターネットに接続しEメールを利用できる環境にあることが条件となります。原則1単位が60分程度で、全36単位で修了します。

視聴は5月~12月にオンデマンド式で行い、講習会の動画に表示されるキーワードを研修センターに報告することで受講単位確認を行います。小児薬物療法研修会に参加するには3月末~4月初に受講申請を行わなくてはなりませんが、定員が少なく(250名程度)募集期間も短い(3~4日間)ですので、主催者である日本薬剤師研修センターの情報サイトを確認し、申込が始まったらすぐに手続きを行うようにしましょう。

小児薬物療法研修会修了後の流れ

研修会修了者は、総括講義を受け、同日に実施される小児薬物療法認定薬剤師の資格試験を受けます。修了試験に合格後、日本薬剤師研修センターに登録された小児科病棟で約6時間の小児関連実務研修を受けると、『小児薬物療法認定薬剤師』の資格認定の手続きを行うことができます。

なお、受験者が現在勤める施設が日本薬剤師研修センターに登録されている場合でも、小児関連実務研修は他の施設で受けなくてはなりません。

小児薬物療法認定薬剤師の認定手続きと更新手続き

小児薬物療法認定薬剤師資格試験に合格し、小児関連実務研修を受け、所定の認定手数料を支払い、認定申請を行うと、『小児薬物療法認定薬剤師』の資格を得ることができます。小児薬物療法認定薬剤師の資格期限は3年ですので、3年以内に資格更新のための条件を満たしておく必要があります。

資格更新するためには、日本小児臨床薬理学会の年会に1回以上参加する必要があります。また、日本薬剤師研修センターが主催・認定する講習会などに参加することや小児薬物療法の症例を15例以上(1年に3例以上)報告すること、小児医療関連の学会で発表すること、小児医療関連の専門雑誌で研究発表することなどで、3年以内に30単位以上(1年に5単位以上)を取得することが求められます。

単位を取得する度に『受講シール』を請求し、日本薬剤師研修センターが発行する『小児薬物療法研修手帳』に貼り付け、更新申請書と更新手数料の納入を証明する書類と一緒に、研修センターまで郵送すると、更新手続きが完了します。

3,小児薬物療法認定薬剤師の年収とやりがい

小児薬物療法認定薬剤師の資格は2012年にできたばかりの資格であり、また、資格保有者がまだ400人程度しかいませんので、平均的な年収についてのデータはありません。主に小児病棟のある総合病院や専門病院で勤務すると考えられますので、一般的な病院薬剤師の年収と同様、450万円~600万円ほどではないかと推察することができます。

小児だけでなく乳児や母親にも関わることができますので、幅広い分野で対応可能な資格です。また、保育所や幼稚園、公的施設においても小児薬物療法認定薬剤師としての専門知識を活かした指導やアドバイスを行うことができますので、役立てやすい資格だとも言えるでしょう。

資格を維持するためには継続的な学習と研究が必須となりますが、その分、常に最前線に立って知識を吸収しスキルを活用する機会が多いとも言えますので、やりがいは大きく満足感も高い業務に従事できるようになるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら