薬剤師としてアメリカで働くには

薬剤師としてアメリカで働くには

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

日本で薬剤師免許を取得した人が、アメリカで働くことを希望する場合、どのような手続きを踏む必要があるでしょうか。また、アメリカで薬剤師免許取得後に、どのように現地で仕事場を見つけることができるでしょうか。アメリカで就職を希望する薬剤師が知っておくべきことをまとめてみました。

アメリカで薬剤師免許を取得する

大抵の医療系の資格(医師、看護師、薬剤師)などは、患者の命に関わりますので海外の免許を保有していてもそのまま他の国で使用することはできません。新規にその国の資格を取得する必要がありますが、大学の学位が認められ大学院から入学することは可能です。
日本の大学で薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得している場合は、米国の薬剤師資格を取得するために大きく分けて3通りの方法があります。

1.外国人試験を受ける
外国人向けの薬学試験(FPGEE)に合格し、インターン免許を取得する
1500時間以上の臨床研修を行う
アメリカ薬剤師試験を受験する

2.大学院に入学する
薬学の博士コースに入学して単位を修了し、インターン免許を取得する
1500時間以上の臨床研修を行う
アメリカの薬剤師試験を受験する

3.働きながら学ぶ
コミュニティーカレッジに2年間通い、薬学准学士を取得する
薬局で仕事をしながら1500時間以上臨床経験を積む
アメリカの薬剤師試験を受験する

薬剤師試験はアメリカでは州ごとに実施されていますので、受験資格も微妙に異なることがあります。勤務を希望する州の情報を事前に調べておきましょう。また、どの方法で薬剤師試験を受験するとしても、日常生活だけでなく専門用語なども含めた英語の語学力が必要となります。最低でも大学入学に必要とされる英語力は身につけておきましょう。

アメリカの薬剤師ができること

日本では2006年から大学薬学部の6年制が実施されましたが、世界的にはすでにほとんどの国で医学部と薬学部において6年制が実施されていました。ようやく世界スタンダードに近づいた日本の薬学ですが、薬剤師の権限や地位などは、まだまだ諸外国に遅れを取っているようです。
例えば、アメリカでは薬剤師が子どもたちの憧れの職業の上位になっていたり、大学の倍率も日本と比較ならない程度に高くなっていたりします。薬学の重要さが根付いている文化とも言えるでしょう。
また、アメリカでは薬剤師は州によっては予防接種を実施できたり、自分で薬剤を処方できたりと、日本の薬剤師よりも幅広い内容の医療業務に携わることができます。薬剤師としての可能性を広げるためにも、必ずプラスになる経験を得られるでしょう。

アメリカで薬剤師として就職する

大学などの付属医療機関がある場合は、研修先で就職する道もあります。就職するとなると就労ビザなども必要となりますので、在学中から就職活動しておく方が良いでしょう。
アメリカにある日系企業や日本人が多い施設・会社などに就職すると言う道もあります。この場合は、日本の転職エージェントなどを通しても紹介してもらえますので、アメリカや海外に強い転職サイトなどに登録しておくことが必要です。数が少ないこともありますので、こまめにチェックして求人情報を仕入れましょう。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら