薬歴の書き方や管理方法、患者指導

薬剤師の基本業務!薬歴の書き方や管理方法、患者指導

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師の基本的な業務の一つとして、患者さん1人1人の薬歴を書くということがあります。薬歴の書き方において注意すべき点や薬歴の管理方法、そして薬歴に基づいた患者さんの指導方法についてご説明いたします。

薬歴とは

「薬歴」とは、患者さんの薬の履歴を意味します。患者さんが今までに使用した医薬品を記録しておくことで、適切な服薬指導に活かしていきます。薬歴には、大まかに分けると次のような情報を記載します。

薬の名前と処方された日、量
アレルギー歴
副作用が見られた場合の記録
今までの病歴
喫煙の有無や飲酒量
他の薬局も利用している場合は、それらの薬剤の名前と投薬された日、量

薬歴の書き方

薬歴は、「頭書」と「指導内容」を分けて書きます。「頭書」を表紙として、指導内容を裏面や別紙にすることもあります。POSとSOAP薬歴の書き方についてご紹介します。

POSとは

薬歴を書く上で重要とされるのが、どのような視点で何のために薬歴を書くかと言うことです。薬歴はもちろん患者さんの目線に立って患者さんのために書かれるものですので、POS(Problem Oriented System)つまり問題点を明らかにするという姿勢で患者さんの目線に立って患者さんのために薬歴を書くことが大切なのです。
つまりPOSに基づいて薬歴を書くと言うことは、患者さん目線で問題点を合理的に明らかにすることを目的としながら薬歴を書くと言うことを意味します。

SOAP記載とは

POSを実現する一つの手段として、「SOAP形式」に基づいた薬歴記載方法があります。SOAPとは、それぞれの情報の頭文字を合わせた言葉です。

S:患者さんの主観的な情報、患者さんの表現方法のまま記載することが望ましい
O:患者さんの客観的な情報、患者さんの行動や投薬内容、薬剤師が患者さんに行った説明や質問
A:SやOの情報から薬剤師が分析した事柄
P:薬剤師の行動や次回尋ねる質問、投薬治療計画に関するコメント

転職活動するなら、正月明けの今がチャンス!!

ボーナスをもらった後の1月は転職を考える人が増えます。その結果、各企業が退職者の空きを補うために、普段より好条件で求人を公開します。

今すぐ転職活動を始めなければ、こういった転職に有利な時期を逃す事にもなります。。。

それでも「今は転職活動に十分な時間が割けない!」という方は、まずは薬キャリに登録してみてはいかがでしょうか。豊富な求人情報から、自分にあった職場を効率良く探す事が出来ますよ!

薬歴の基本的な書き方

頭書では、患者さんのアレルギー歴・副作用の履歴・体質を目立ちやすい項目に記します。そして、緊急連絡先や住所、氏名、生年月日も保険証と本人から得る患者情報を確認し、正確なものを記載しておきましょう。
指導内容は、指導内容の履歴が分かるように時系列にデータを表記します。患者さんからは次の9つのポイントの情報収集を行います。

服用状況、処方内容
副作用の状況
体調変化や症状の変化の様子
他科受診しているかどうか
他の医療機関から処方されている薬剤があるかどうか、もしくは薬局などで個人的に購入して服薬しているものがあるかどうか
普段の食事の傾向
残ってしまっている薬剤があるかどうか
ジェネリック薬品を使っても良いかどうか
合併症や今までの病歴・医療記録

薬歴に基づいた患者指導

薬歴の記載内容を見ることで、薬の飲み合わせや薬の効果が出ているのかどうか把握することができます。患者さんと話し合うことで、適切に服薬を行っているのかアレルギーや副作用が出ていないのかどうかもチェックすることができます。これらの内容も薬歴に書きくわえてから、飲むタイミングを守っているかどうか、適切に薬剤を管理しているかどうかなどを指導監査して行くことができます。
医薬品は適切に使用すれば病気を治療し患者さんを健康へと導きますが、使用方法を誤ったり体質に合わなかったりする場合は害になることもあります。薬歴を活かして患者さんの健康を増進して行きましょう。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら