在宅療養支援薬剤師

在宅療養支援薬剤師の役割と取得条件

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

最近は、患者さんが住み慣れた家庭や地域で医療を継続する体制づくりもすすめられています。医療スタッフが患者さんが過ごす自宅もしくは施設などに訪問する「在宅療養」の一員として、地域医療を支えていくのが在宅療養支援薬剤師です。

在宅療養支援薬剤師の目的・役割

超高齢社会を迎え、在宅医療、在宅療養の必要性が高まってきています。現在は、ケアマネージャーや介護施設のスタッフが中心に療養を支えていますが、患者さんからの薬に対する質問には対応しきれていません。薬剤師は社会医療のニーズに対応するために、在宅や居住系施設で療養されている患者さんに対して、薬剤師の専門性を生かして医療に貢献していくことが求められています。

薬剤師が他の医療スタッフと共にチーム医療の一員として、国民の保健・医療・福祉に貢献するために、2013年に一般社団法人日本在宅薬学会より「在宅療養支援認定薬剤師制度」が制定されました。在宅もしくは、要介護高齢者の薬物治療、及び、がん患者さんに、専門性を生かした医療を提供できる薬剤師の育成を目的としています。

在宅療養支援薬剤師取得のために必要な条件

在宅療養支援薬剤師になるには、以下の条件を全て満たす必要があります。

・薬剤師資格があり、3年以上の実務経験があること
・所定の認定薬剤師であること
・35単位以上の所定の研修単位を取得すること
(講演、講義、シンポジウム、ワークショップ、e-ラーニング)
・在宅業務の実践による5事例の報告すること 
・日本在宅薬学会主催の学術大会に参加していること
・バイタルサイン講習会を受講していること
書類申請後、筆記試験と面接試験が行われます。試験の合否は書類審査と試験を合わせた合格基準となります。

在宅療養支援薬剤師の更新方法と仕事内容

在宅療養支援薬剤師の資格を更新するには、継続した研修単位の取得が求められます。3年以内に各年5単位以上、合計30単位以上取得して申請する必要があります。

仕事内容は在宅療養に関わり、看護師や介護スタッフたちと連携しながら、薬の専門的な立場で支援をしていきます。在宅にて、薬局内でするような服薬指導や薬の管理をしたり、薬に対する質問や正しくお薬を服用するためのサポートを行います。

在宅医療を行う患者さんや家族ならでは抱えやすい問題にも対応して、地域医療の総合的な支援を行っていきます。

在宅療養支援薬剤師の資格を活かせる職場

在宅療養支援薬剤師の資格は、在宅医療を行う調剤薬局で活かすことができます。在宅医療に積極的に取り組む薬局は急速に増えてきており、資格を活かせる職場も多く、キャリアアップにも繋がるでしょう。

薬剤師はこれからの在宅医療を支える専門家として期待をされています。薬剤師がチーム医療のけん引役として活動してくことで、これからの日本の在宅医療が変わっていくかもれません。在宅療養支援薬剤師は、薬剤師の在宅医療における役割が問われる中、薬剤師の未来に関わるキーパーソンとして活躍が期待されます。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら