派遣薬剤師

派遣薬剤師、福利厚生制度ってどうですか?

薬剤師は、派遣でも経験や待遇によっては正社員並みに稼げると言われています。しかし、雇用形態は正社員ではないので、福利厚生制度が気になるところです。派遣薬剤師の福利厚生制度は、どのようなものがあるのでしょうか?パートやアルバイトとは、何が違うのでしょうか? 派遣薬剤師になるなら絶対に知っておきたい福利厚生について、お話しましょう。

派遣求人サイト
時給
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3500~
3000

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給3000~
2500円

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給3000~
2000円

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,派遣でも各種社会保険や健康診断、有給休暇など待遇バッチリの所もある

 派遣社員に適用される福利厚生制度は、派遣された職場ではなく派遣会社が定めるものです。そのため、個人経営の調剤薬局など、福利厚生制度があまり整っていない職場の正社員よりも、待遇が良い場合もあります。
以下において、クラシス、ファーマリンクなどの有名な派遣会社における福利厚生制度についてお話します。もちろん、派遣会社によって待遇は異なりますから、質問してみてください。

・各種社会保険

各種社会保険と言われるのは、健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険の4つで、ほとんどのところで完備されています。各種保険は、一定以上の所定労働時間と雇用契約期間を超えるなどの加入要件を満たせば加入できます。

・薬剤師賠償責任保険

 この保険はどういう保険かというと、調剤ミスや服薬指導ミス、薬品管理ミスなどにより患者に健康被害をもたらした場合に、損害賠償責任を担保する保険です。調剤業務は人の安全に関わる仕事ですから、ぜひ加入しておきたいものです。この保険に加入できる薬剤師専門の派遣会社であれば、手続きも代行してもらえますし、費用を会社負担してくれる場合もあります。

・健康診断とインフルエンザ予防接種

 患者から病気を貰いやすい職業のため、健康診断とインフルエンザの予防接種は欠かせません。派遣会社によっては、どちらも年1回受けることができます。
ここまでが、必須の福利厚生制度です。必ず派遣会社に確認する事をおすすめします。

・有給休暇

 一定期間継続して勤務すると、勤務日数に応じた日数の有給休暇が付与されます。

・産前産後休暇・育児休暇・介護休暇

 女性が多く働く派遣会社に適用される事が多い制度です。
他にも、スキルアップのための研修費用の支給、宿泊施設やレジャー施設の優待、これらレジャー費用の家族への支給、など、正社員並みの制度が完備されている派遣会社もあります。パートやアルバイトではこれらの制度がほとんど適用されません。

→福利厚生が充実の派遣薬剤師に転職するなら「薬キャリ」がオススメ

2,派遣薬剤師になるメリット・デメリット

 派遣薬剤師になる一番のメリットは、経験やキャリアに応じてかなり高い時給で働ける事もあるという点です。派遣先企業としても、人材管理に関する面倒な事を派遣会社が全部やってくれるため、それだけ高い給与を支払う事ができるのです。
 他にも、派遣会社がそれぞれ希望の条件の派遣先を紹介してくれるのがメリットと言えます。派遣登録しないで転職先を見つけるには、大抵の場合、転職サイトなどに「病院に転職したい」「ドラッグストアがいい」などと条件を登録して転職活動をします。転職コンサルタントやキャリアカウンセラーと呼ばれる転職のプロがついて、転職ノウハウを教えてくれたり非公開求人を紹介してくれたりと、様々な転職サービスを受けることができるでしょう。しかし、一度転職先を決めてしまうとそれで終わりです。しかし、派遣会社なら派遣登録している限り、ある程度のバックアップを受けることができます。契約期間が過ぎたら次の派遣先を見つけますが、前回の担当者がまた担当してくれたり、前回の情報が残っていたりするので心強いです。また、時には担当者が仕事内容などについて、カウンセリングをしてくれることもあるでしょう。
 派遣のデメリットとしては、交通費が支給されなかったり、正社員ほど福利厚生制度が適用されない場合もあることです。また、派遣先企業の一存で契約期間が切られる場合もありますし、病気や事故で働けなくなると休職はできず、契約終了です。
 派遣薬剤師について色々見てきましたが、いかがでしたか?大事なのは、色々な条件をしっかり確認して自分に合った働き方を見つける事です。しっかりと派遣会社の福利厚生制度を確認してくださいね。

→派遣薬剤師についてより詳しくはこちら

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら