Dollarphotoclub_61307128

調剤印の意味と役割

薬剤師が調剤業務を行う時に必要なものが調剤印です。調剤印にはどういう意味があるのでしょうか。 薬局や病院ごとにルールがありますが、調剤印があると後から誰が行った仕事なのかがわかるようになります。調剤に欠かせない印鑑ですが、調剤印の果たす役割についてまとめてみました。
今週のおススメページ⇒驚!!ウワサの派遣薬剤師が正社員よりも給与が高い!?調査してみた結果
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,薬剤師の調剤印はフルネームが必要?署名でもいいの?

調剤済みの処方せんには、①調剤済み年月日、②保険薬局の所在地及び名称、③保険薬剤師氏名印(署名又は記名・押印)を記載することが義務付けられています。
処方ごとに保険薬剤師の署名をするのは作業効率が悪いですので、処方せんには薬剤師の記名と押印をすることがほとんどと思います。
署名は、フルネームの手書きの署名で押印は必要がありません。自筆の筆跡より個人が特定することが容易だからです。記名は、フルネーム記載(押印やスタンプで可)と苗字の押印が必要になります。そのため薬剤師の印鑑は、フルネームの横版判子と、苗字の丸印を用意する必要があるでしょう。
個人が特定できる印鑑を押すことは、この処方せんは自分が責任をとるという意味でもあります。自分の印鑑を調剤補助の方が使用する場合も、誰が使用したかがわかるようにしなければなりません。軽い気持ちで押印すると、後からとんでもない責任が降りかかる恐れもあります。自分が関わったこと以外は押さないことが基本です。

2,調剤印はいつ誰が押すの?

調剤印はだれが押すのでしょうか。それぞれの職場によって、考え方の違いもあるでしょう。総合病院や大手チェーンの調剤薬局では、調剤マニュアルに押印ルールが記載されることもあります。
一般的に、調剤をする薬剤師が調剤後に薬袋に調剤印を押しますが、一つの処方せんを複数の薬剤師が担当する時は、それぞれがどこに押印するかのルールを決めなければなりません。次に調剤者以外の薬剤師が監査を行い、すべての確認や照合が終了後、処方せんの欄外や指定の場所になどに監査印を押すことになるでしょう。
監査を行う人と投薬する人が別の場合もありますが、薬剤の監査をした薬剤師も、患者さん応対をした薬剤師も、どちらもが責任はあります。患者さんは薬袋の印鑑をみて、後から問い合わせなどをしてくる場合もあります。調剤した薬剤師は、患者さんと直接会話をした薬剤師と異なることがあるので、誰が何を担当したかがわかるルール作りが必要となります。

3,調剤済みの印鑑は?

上記の2種類以外に薬剤師がよく所持する印鑑には、調剤済みスタンプがあります。調剤済みの記載と日付と薬剤師氏名が一緒になった丸型のスタンプです。

調剤済み年月日欄には日付があれば、調剤済み、の記載は不要です。しかしこれを押印すれば、調剤済み年月日欄に氏名も日付も一度に記載することができるので、採用している職場が多いといえます。
処方せん調剤は患者さんの命や保険請求にも関わる責任のある仕事です。ミスがあってはなりませんが、誰がどの時点で関わったのかが後からすぐに分かるようにするのも調剤印の役割です。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら