悩める薬剤師

薬剤師が人間関係の悩みから脱出する最大のポイント

人が集まるところでは必ずと言っていいほど人間関係の問題が発生します。職場であればなおさらですね。

特に薬剤師は職場の人間関係に悩む方が多いと言われています。実際に、それが原因で退職する薬剤師は後を絶ちません。 そこで、このページでは薬剤師が人間関係で悩む理由について検証し、そこから脱するためのコツを紹介します。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,薬剤師が人間関係に悩む原因

まずは、薬剤師が職場の人間関係に悩む原因を探ってみましょう。

閉鎖空間で逃げ場がない

調剤薬局の場合、空間の狭さが人間関係に影響します。調剤スペースはとても狭い空間なので他のスタッフとの距離も近くなり、無意識のうちにストレスを蓄積してしまいます。そうなるとイライラしやすくなり、人間関係にも悪影響が出るのでしょう。たとえ苦手な同僚でも、近くで仕事をしなければなりません。

また、調剤スペースだけでなく、薬局全体でも見ても空間にはそれほど余裕がない場合が多く、いわゆる「逃げ場」がないことも挙げられます。どこに行っても常に行動が監視されているような気持ちになる方もいるでしょう。これでは人間関係に悪影響があるのは当然と言えるのかもしれません。

絶対的に対人の仕事である

現代社会では、パソコンのディスプレイに向かって仕事をする、というスタイルが一般的になってきました。一方で薬剤師は、いうまでもなく患者を相手にした対人の仕事です。さらに他のスタッフとも連携を取らなければなりませんから、絶対的に「対人」の仕事と言えます。そうなると、当然人間関係の問題も発生しやすくなります。

女性が多い

あくまで一般論ではありますが、女性の多い職場は人間関係のトラブルが発生しやすいと言われています。薬剤師の男女比は3:7で、圧倒的に女性が多い世界です。当然、人間関係のトラブルも発生しやすい環境にあるといえます。

責任が重く、ピリピリしがち

調剤ミス(事故)は、薬剤師にとって絶対に起こしてはならないことです。「ついうっかり」が、患者の健康はおろか、生命を危険にさらしてしまうケースもあるのです。薬剤師はつねにそのプレッシャーと戦い、正確な調剤を行わなければなりません。その重圧は相当なものです。

当然、緊張感を持って仕事に望むわけですから雰囲気もピリピリしてしまいます。そういった雰囲気の中で仕事を続け、いつしか人間関係もギクシャクしてしまった、という例も多いようです。

2,もう一度、原因と向き合う

薬剤師ならではの人間関係の原因を挙げましたが、いかがでしたでしょうか。「ああ、これはわかる…」と納得できる内容もあったのでは? 人間関係で悩み、最終的に職場を去り、新天地を求める方は非常に多いのですが、ここで一度深呼吸をしてみましょう。

なぜなら、人間関係が悪化するに至った問題としっかり向き合い、解決に向けて努力することで、解決の糸口が見つかったという例も珍しくないのです。苦手な相手が同僚、上司、部下など様々なケースがあると思いますが、すべて相手は近くにいるのです。もう一度冷静に問題と向き合い、解決の糸口をみつけることをお勧めします。

転職の理由が「人間関係で仕事を辞めた」では、前向きな「動機」とは判断されないからです。

3,人間関係が原因で転職する時のコツ

とはいえ、これ以上人間関係の改善が望めず、もう転職するしかないという場合もあるでしょう。その際はどのような姿勢で転職活動に臨めばいいのでしょうか。

まず、転職理由を分析して、人間関係以外の「動機」を見つけることです。特に人間関係に次ぐ「二番目の理由」に着目してください。

例えば、

  1. キャリアアップがしたい
  2. 業種を変えてキャリアを広げたい
  3. 給与をアップさせたい
  4. より幅広い診療科の調剤に挑戦したい

といった内容であれば、理由であると同時に動機とも言えるので、前向きな転職志望者として面接に望むことができるでしょう。

一旦「人間関係が原因で転職する」ということは頭から切り離し、これらの転職理由に注力するのがポイントです。

例えば、二番目の理由が「調剤薬局からドラッグストアへと業種を変えてキャリアの幅を広げたい」という動機だとしたら、「自分は心底キャリアの幅を広げたい。そのためドラッグストアに転職したい。それ以外の理由はない」と言えるくらいに意識を変えるのです。そうすることで、気持ちも自然と前向きになってくることでしょう。

なぜ意識を変えることが大事かというと、人間関係のみが原因で転職する場合、面接官にそれが伝わってしまう可能性が高いのです。そこで、意識を第二の理由に集中させる、というわけです。その理由が前向きなものであれば、むしろ好印象を与えることができるでしょう。

4,人間関係の良い職場を探すには

前向きな動機を持って面接に臨み、転職に成功したとしても、再び人間関係に悩んでしまっては意味がありません。転職する前に人間関係の良し悪しが把握できればそんな心配も不要ですが、求人内容に「人間関係」という項目があるはずもなく…。

そこでおすすめなのが「薬剤師専門の転職サイトに登録し、エージェントに相談すること」です。エージェントにとって、求人を出している企業はクライアントなので実際に足を運んでいます。その雰囲気や人間関係を肌で感じています。エージェントは、薬局やドラッグストアなど、薬剤師が働く職場を数え切れないほど見てきたプロです。エージェントは人間関係の良し悪しについてもすぐに判断できる確かな目を持っているのです。

転職サイトに登録して気になる求人が見つかったら、人間関係についてエージェントに質問してみましょう。その際に、本当は雰囲気の悪い職場なのに「人間関係良好でおすすめの職場ですよ!」など、都合の良い返答をすることはありません。なぜなら、自分が紹介した人材が、転職後すぐに辞めてしまうことはエージェントとしてもデメリットだからです。

まとめると、

・人間関係以外の転職理由(動機)を探し、それを強く意識して前向きに転職活動に望むこと。

・薬剤師専門の転職サイトに登録し、エージェントに気になる求人の人間関係について質問すること。

この二点を押さえれば、人間関係に悩むあなたも、理想的な職場に転職できる可能性がグッと高まるはずです。

5,人間関係の悩みを解決するには「薬キャリ(エムスリー)」

薬剤師の転職・求人サイトを有効活用する方法を知っていますか?

転職希望日を6ヶ月以内にするのがおすすめです。 転職エージェントは、転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、いつ転職しようか迷っている方は極力「6ヶ月以内」と回答すると後回しにされることはありません。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリー)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら