良い求人の探し方がわからない!絶対に失敗しない転職先探しの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職するんだけど、良い求人ってどうすれば探せるの?」と悩む転職希望者はとても多いと思います。特に、初めて転職する場合、転職サイトや転職エージェント、ハローワークなど数ある転職サービスの中でどれが一番良いのかなんてわかりませんよね。

ここでは、優良求人を探すコツについてお話ししたいと思います。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

求人の探し方がわからない!主な求人の探し方とは

転職を思い立ったはいいけど、いざ実際に転職するとなると「そもそも求人情報はどうやって探す?」「企業の情報をどうやって集めればいいかわからない」という方もいるかと思います。

ここでは、求人情報の探し方としてどのような手段があるか、それぞれのメリットデメリットや特徴について紹介していきます。

転職サイト

転職サイトを選ぶメリットとデメリットには次のようなものがあります。

【メリット】
「求人数が多い」
「希望の検索条件で自由に求人検索できる」
【デメリット】
「求人数が多すぎて決められないこともある」
「求人探しも企業との調整も全て一人で行わなければならない」

このような特徴から転職サイトは、

  • 転職先の希望条件が明確になっている
  • 求人を自分の目で選びたい

という人に向いていると言えます。

また、多くの求人情報を得られるので、「今すぐ転職するわけではないが、いずれするつもりなので今のうちに情報収集したい」という人にもおすすめです。

では、転職サイトを選ぶ際は、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

それぞれの転職サイトには、"IT業界に強い""営業職の求人が多い"など業種や職種に特化したサイトや、"既卒者やフリーターの転職に強い""契約社員や派遣社員の求人が多い""大手企業や優良企業の求人が多い"などの特徴を持つサイトがあります。

インターネットの口コミサイトなどで情報収集すればいろいろな転職サイトの特徴を知ることができるので、その中から自分の条件に合ったサイトを選んでください。

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1リクナビNEXT

リクナビNEXTの特徴

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
  • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
  • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

リクナビNEXTの登録・詳細はこちら

転職エージェント

転職エージェントを利用する上でのメリット・デメリットは次の通りです。

【メリット】
「キャリアアドバイザーのサポートを受けることができる」
「質の良い非公開求人を閲覧できる」
【デメリット】
「内定受諾をゴリ押しされる、相性が合わないなど担当者とのトラブルが発生することがある」

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザー、または、転職コンサルタントと呼ばれる担当者がついて、さまざまな転職サポートをしてくれます。

例えば、履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削、面接対策、転職の悩みの相談、求人のあっせん、企業側との面接日程調整や給与交渉、企業への紹介状の作成、スケジュール管理などがあげられます。

誰かに相談しながら転職活動をしたい

仕事が忙しくて転職活動の時間が取れない

という人にはかなりおすすめです。

ただし、担当者が合わない場合もありますから、その時はすぐに変更してもらう方が良いでしょう

転職エージェントも、"管理職の転職に強い""外資系企業の求人が多い"などそれぞれ特徴がありますので、自分に合ったエージェントを選んでください。

20代・第二新卒転職の強い味方!マイナビエージェント

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。

マイナビエージェントで求人を探す

頼れるエージェントが二人三脚で転職サポート!キュージェント

このエージェント会社、合わなそうだな…」「同じ会社でも人によって差がありそう」 そう思ったことはありませんか?キュージェントはエージェント会社ではなく、エージェント個人を指名することができるマッチングサービスです。特定の求人を多く持つエージェント、未経験からの転職が得意なエージェントなど、あなたの相性に合うエージェントを見つけてみませんか?

まずはエージェントを見てみる

ハローワーク

ハローワークを利用するメリットとデメリットは次の通りです。

【メリット】
「地域密着型で地元の中小企業の求人が多い」
「失業給付金などの手続きができる」
【デメリット】
「求人の質は良いとは言えず、ブラック企業が混ざっていることもある」
「担当する職員によって、サポートの質が悪いこともある」

そのため、「地元で転職先を探したい」「失業給付金の給付を受けたい」という人におすすめです。

地方在住の方は、大手の転職サイトや転職エージェントで求人検索をしても、勤務地で検索すると求人数が一気に減ることがあります。

全国区の転職サービスは全体の求人数は多くても、その大半が都市部の求人です

そのため、地方で転職したいという方には、地域密着型のハローワークは、おすすめの転職サービスです。

しかし、ハローワークを利用する際には、気を付けなければならないことがあります。

ハローワークで転職する場合、転職希望者一人一人に決まった担当者がつくわけではなく、毎回担当者が変わります。

良い担当者に当たればいいのですが、新人職員や、希望業界に対する知識が乏しい職員にあたってしまうと、あまりサポート内容に期待はできない場合もあるので、注意が必要です。

求人の探し方のコツ!失敗しないための二つのポイント

3つの求人探し方のサービスのメリットとデメリットについてお話ししてきました。

それぞれのサービスについて理解はしたけど、「そもそもどのような基準で求人を探すの?」「求人内容探しの大切なポイントがわからない」という方もいるかと思います。

ここさえ抑えておけば、求人探しで失敗しないというというポイントには、以下の二つがあります。

  • 求人票をしっかり読み取る
  • 自分の希望を明確に持つ

以下から、詳しく解説していきます。

求人票の見方とは?ブラック企業に気をつけろ!

いざ、求人を探し始めると、多くの求人票を目にすることになります。

求人票に書いてある情報は、それだけで企業情報を読み解くことにつながり、ブラック企業かホワイト企業かについても判断できます。

では求人票はどう見ればいいのでしょうか?以下から紹介していきます。

まず、求人票には何が記載されている情報には何があるのでしょうか。記載内容として、以下の6つがあげられます。

  1. 業務内容
  2. 契約期間
  3. 就業場所
  4. 労働時間、残業の有無、休憩時間と休日
  5. 賃金
  6. 社会保障の有無

これらのものは、働くうえで企業側が求人票に最低限記載しないといけないものです。この6つについて、触れていなかったり、曖昧な表現で書かれている企業は、ブラック企業である可能性があります

逆に、性別や年齢を限定する表現は、記載してはいけないものなので、これらについて記載がある企業も、注意が必要です。

また、求人票に記載する義務がなくとも、有給取得率やその企業の企業文化などは知っておいた方がいいものとしてあげられます。転職してからのミスマッチを防ぐためにも、企業のホームページで調べたり、転職エージェントに聞いてみるなどして、疑問を解消しておきましょう。

求人票でブラック企業とホワイト企業の見分け方について、さらにくわしく知りたい方はこちら

企業文化を知らなければならない理由

企業文化とは、各企業に存在し、その企業の雰囲気や経営方針などのいたるところに現れます。

企業文化は、それ自体が魅力的であればあるほど、人を惹きつけ、従業員のモチベーション向上のつながります。

しかし、企業文化とあなた自身がマッチしていなかったら、どうでしょうか?

行きたくもない行事に参加することになったり、上司や同僚との関係性など、精神的に疲れてしまうことになっていまいます

転職した企業が優良企業であっても、その企業になじめなかったらその転職の満足度は低くなってしまうのです。

だからこそ、そのような事態を防ぐためにも、希望する企業が見つかったら、応募する前にその企業の企業文化を調べることを心がけましょう

自分の希望を明確に持って求人を探そう!

求人情報を探したいというときに、最も大切なことは何でしょうか。

それは自分の希望をしっかり持つことです。そんなこと当たり前だろと思うかもしれませんが、実はとても大事なことなのです。

求人を探し始めると、いろいろな求人を目にすることになります。

転職の希望条件として、「年収は上がらなくてもいいけど、スキルアップしたいので仕事内容で転職先を選びたい」と思っていても、数ある求人情報を見るうちに、「この職場は駅が近くて便利!」「オフィスが綺麗!」など、他の魅力的な条件に目移りしてしまうことがあります

その結果選んだ企業に転職したとしても、もともとの希望条件と違ったために「仕事内容に納得がいかない」と、転職結果に満足できない結果になってしまうことがあります。

多くの求人を見ると選択肢も増えますが、その多さに惑わされ、本来の自分が見えづらくなることもあるので注意が必要です。

転職を成功させるためにも、自分が転職の際に本当に希望することは何であるのかをはっきりさせてから求人を探すことを心がけましょう

求人の探し方はあなたに適したものを選ばないと失敗する?

ここからは、求人サービスの利用者側の状況の違いによる人材紹介会社の選び方や求人の探し方のコツについてご説明します。

利用者の状況 おすすめの求人探し方
第二新卒 第二新卒の立場を活かした枠を利用
非正規雇用→正社員 非公開求人で正社員の優良求人チェック
中途採用 キャリア相談を行い、自分の強みを活かせる求人を探す

第二新卒の求人探しは第二新卒の有利さを利用

第二新卒者とは、一般的に新卒で入社した会社を1~3年の間で退職した求職者のことを指します。

第二新卒は、企業側からすれば、教育により、これからの成長が込める上に、社会人経験があるため、ビジネスマナー研修などのコストがかからないというメリットがあります。

そのため、企業によっては第二新卒枠という採用枠を設けるくらい、採用を積極的に行っているのです

つまり、第二新卒者は、どの年齢層よりも転職が成功しやすいのです。

しかし、求職者側からすると「新卒の就職で一回失敗してるし…」などと、転職のノウハウもなく、転職が怖いと思ってしまうものですよね。

そのような第二新卒者におすすめしたいのが、転職エージェントです。

転職エージェントは、第二新卒の転職実績も多く、プロから見た採用されやすい履歴書の書き方などのアドバイスをもらえるので、転職が初めての第二新卒の方でも、安心して相談できます

第二新卒向けの転職エージェントを選べば、豊富な求人の中から自由に選び応募することができるので、ぜひ有効活用しましょう。

正社員の良い求人は非公開求人をチェック

正社員から正社員に転職することは比較的容易でも、フリーターや派遣社員、契約社員など非正規の雇用形態だった人が正社員になるのは難しいと言われています

正社員になれたとしても、待遇が悪いブラック企業に、知らずに転職してしまう人もいます。では、条件の良い正社員の求人を見つけ出すためには、どうすればいいのでしょうか?

そこでおすすめなのが、非公開求人のシステムです。

非公開求人とは、企業のホームページや一般の転職サイトには掲載されていない求人のことです。転職エージェントに登録することで、エージェントが保有する非公開求人を紹介してもらうことができます。

条件のいい求人を公開求人で出すと、途端に応募が殺到するため、競争率が非常に高いですが、非公開求人なら条件のいい求人に優先的に応募することが可能です。

特に、フリーターや派遣社員などから正社員になりたいという方は、転職エージェントの非公開求人を利用しましょう。

非公開求人について詳しく知りたい方はこちら

中途採用の求人探しはキャリア相談が重要

中途採用者の転職活動と新卒者の就職活動は何が違うのか、ご存知でしょうか?

それは、「中途採用の場合、過去の仕事経験が求められる」ということです。中途採用者はほとんどの場合、即戦力になることを求められるのです

面接の際には、中途採用者は、「どのようなスキルを持っているのか」「仕事経験はどれくらいあるのか」ということを真っ先に聞かれます。

つまり、新卒の就職活動に比べて、より綿密な自己分析を行う必要があるのです。

ところが、自分のスキルや今までに会得した経験を分析して、効果的にアピールすることは難しく、「面接でうまく伝えられなかった」などと、後悔する求職者は少なくありません。

だからこそ、転職のプロである転職エージェントに相談することで、自分では気づけなかったスキルを発見できたり、効果的なアピール方法を知ることができるのです。

その分析結果から、あなたにマッチした企業情報を探し出してくれるので、中途採用で内定を狙うなら、転職エージェントへの登録がオススメです。

中小企業の求人の探し方はどこを見ればいいの?

大企業での競争に疲れた」「仕事の幅を自分で決めたい」と思い、転職先を中小企業に狙いを定める方もいると思います。

転職先を、大手企業に絞るか、中小企業に絞るかで、求人の探し方も異なります。ここでは、中小企業の求人の探し方について、紹介します。

中小企業の求人は主に以下の求人サービスに出やすいです。

  • 転職サイト
  • フリーペーパー
  • ハローワーク

人材を募集したいが、あまりお金をかけることができない中小企業にとって、これらの求人サービスは、求人広告の掲載料が安いので、非常に利用しやすいのです。

また、転職サイトの中には従業員数が1000人以下の中小企業に絞って、検索できる機能もあります。中小企業の求人だけを見たいという方は、そのような機能を使うのも一つの手です。

しかし、ハローワークや求人サイトでは、転職活動の手厚いサポートを受けることはできません。

履歴書や職務経歴書の添削や面接のアドバイスが欲しい場合は、転職エージェントを利用する必要があるのです。

そのため、中小企業の求人を探すのに転職エージェントを使う場合は、中小企業で転職を探しているということを、担当のアドバイザーに強く伝えることが大切です。

地元の求人探しは気を付けろ!ハローワークで失敗しない方法

地元の企業に転職したい人にとって、地域密着型のハローワークはぴったりな求人サービスです。しかし、ハローワークを使って転職活動をする際に注意していただきたいことがあります。

それは、求人情報の中に、質の悪いものが紛れ込んでいる場合があるということです。

ハローワークは、転職サイトや転職エージェントと違い公的なものなので、求人を掲載する企業側も無料で利用することができるのです。そのため、人材確保に費用を割けない、経営状況があまり良くない企業は、ハローワークに求人を出しやすい傾向にあります。

ハローワークの担当者は、求人元の企業の経営状況について、知らないということもあるので、そのような求人情報を、悪気なく紹介してくる場合があります。

では、どうすればいいのでしょうか?

解決方法として、ハローワークと、転職サイトを同時に利用するという手段があります。

転職サイトは、同じ求人検索型の求人サービスですが、ハローワークとは違い、求人広告の掲載料金が有料であるため、人材獲得に費用を掛けることができる経営状況が比較的良好な優良企業の求人が掲載されているのです。

地元での求人探しも、ハローワークを頼るだけでなく、他の求人サービスも使い、多角的に探すことをおすすめします。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

DODA
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

高卒フリーターから正社員就職できる?プロが語る就活とおすすめ求人

アパレルへ転職したい!知らないと損する人気業界の年収と仕事内容

「アパレルはもう嫌だ!」という一方で、「この業界でもっとキャリアアップしたい!」などファッション業界への人気は根強く、憧れを持っている人も少な…

ベンチャー企業とは...?転職のメリットと不向きな人の特徴を徹底解説

「自分の能力をもっと試したい!」「今より活躍できる場があるかもしれない…」と思ったら、ベンチャー企業やスタートアップ企業への転職を考えるタイミ…

大使館・領事館で働きたい!求人の探し方と採用されやすい条件とは?

「大使館や領事館で働いてみたい!」「でも、なかなか求人が見つからない…。」大使館・領事館スタッフの求人は、転職市場にあまり出回らないレア…

転職で安定し続ける業界・職種の企業へ就職する方法

「どうせ転職するのなら、安定業界の企業や、安定職種がいい」不安定な世の中だからこそ、そのように考える人が多いようです。とはいえ、どうやって安定した企業を探せばよいかわか…

【広報職編】未経験転職をする前に知っておきたい仕事内容、実態、…

広報は、その企業の顔ともいうべき華やかな仕事を担当します。しかし広報職に転職したい場合どのように仕事を探し、どのように内定を勝ち取ればいいのでしょう?このページでは広報職の仕事…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事