20代の転職理由は何が多い?体験談と失敗しないためのポイントまとめ

エージェントを頼りにする男女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒で入社した会社に不満があっても、簡単な理由で転職をしてしまっていいのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

転職する人が会社をやめる理由って何?」「もし転職する場合、転職理由はどう説明したらいい?」といった転職理由に関する悩みをかかえる方に、20代の転職事情についてお届けします。

             
★厳選!20代におすすめの転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルート
エージェント

【全年代】
成功実績No.1!

詳細

マイナビ
エージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

20代の転職理由とは?経験者に聞いてみた

新卒で大手の会社に入社したけど、職場の人間関係が悪い」 「なんとなく待遇が良さそうだったから入社したけど、残業やパワハラが多くて疲れる

このように職場に対して不満を抱え、一度は転職を考えた方も多いのではないでしょうか。特に20代だと、やりたいことが決まらないまま入社してしまい、入ってみたら合わなかったという方もいると思います。

とはいえ、そのような理由で転職をしてもいいのか悩みますよね。

中にはスキルアップや経験を積むためといった前向きな理由の方もいると思いますが、実際のところ20代で転職を経験した方々は、本音ではどのような理由から転職に取り組むようになったのでしょうか。

そこで、今回は20代で転職を経験された方を対象にアンケートをとってみました。

20代男性

給与や待遇があわない、よくないと思っている頃に、仕事の進め方や評価などに関して上司とうまくいかなくなり、違う所で働き心機一転を図りたいと思ったのが大きな理由の一つです。

もう1つは、転職を強く意識しながら仕事を続けていましたが、ストレスを強く感じるようになり、体調が悪くなってしまったことです。「今の会社に居続けては心も体もよくならない」、そう思うと同時に、新たなことを始めようという決意したのが転職に踏み切れた要因です。

20代男性

前職の職場は、ワンマンな社長で、従業員をかなり雑に扱う人でした。特に男性にはかなり厳しく、男性社員が次々に辞めていっていました。そんなハラスメントやストレスのせいで、不眠になりました。

また、うつ状態にもなりかけました。仕事の疲れのせいで、休日に引きこもるようになり、このままでは身体を壊してしまうか、精神的に潰れてしまうと思い、転職を決意しました。まだ、25歳だったので、何とかなると思っていました。

20代女性

本当は事務の仕事を希望したのですが、庶務課に配属になってしまい、仕方なく嫌いな仕事を毎日していたのですが、最終的に胃潰瘍になってしまい、これ以上今の職場での仕事は無理だと思いました。上司に相談しましたが、配属先を変えるのは無理と言われたため仕方なく今の会社を退職して、新しい自分の希望に沿った会社に転職しようと決心しました。

せっかく入った大企業でしたので辞めたくなかったのですが、最終的に病気になってしまったため悩み悩んだ末の決断でした。

20代女性

入職当初はアフターファイブを充実させたく、残業が少なく勉強会等の休日出勤がない場所を選び、趣味等の自由な時間を確保するために給料面はあまり重視していませんでした。

しかし、仕事にも段々慣れてくると時間の余裕も次第にでき、自由な時間は増えたものの給料が低く中々趣味に充てられるお金がかかるない思いました。なので、もう少し忙しくてもこなせるスキルがある今は給料面を重視して職場を決めたいと考えるようになったからです。

20代男性

その会社では日々同じ作業をひたすら繰り返すだけで、毎日の刺激がもう何もない状態になっていました。私はどうせ仕事をするなら楽しく、そして自分のためになる刺激がほしいと考えています。それがない現場にいてはお金がもらえるだけであとは何の楽しみもありません。

もうここの会社にいて何も得るものはないと思ったので、無駄な時間を一日でも減らそうと思い、まずは退職することにしました。その後になって転職活動に入りました。

20代男性

派遣から直接雇用などを期待していましたが、その可能性がなく、契約の更新もありませんでした。さらに利用した派遣会社では紹介予定派遣での利用を希望していましたが、紹介予定派遣の求人紹介が全くありませんでした。

そこで、派遣会社を利用せずに雇用が安定している正社員を目指して自力で転職活動をしたほうが良いと思って契約終了を機に転職活動を始めることにし、転職を決意しました。また、友人に人材紹介会社を紹介してもらったこともきっかけの一つです。

20代男性

先輩になんでも聞いてと言われていて少し見逃した状況のことを聞いたら『そんな事も見てなかったの』と言われたり、掃除が出来てないなど言われていました。本人にそのつもりは無くてもだんだん僕にとっては嫌みや嫌がらせにしか思えなくなってきており、仕事内容も厳しくやりがいなども感じられなくなっていました。

そういったことが積み重なっていく中で行くのが嫌になり通勤途中で何度か足を止めてしまう事も増えてきて精神的に無理だと判断したため辞めることにしました。

とじる
つづきを読む

アンケートの結果から、職場の上司や先輩に対する不満・ストレスが理由で転職する方が多いということが分かりました。

その他にも、希望する仕事が出来なかったり、将来を考えたときの不安も転職のきっかけになることが多そうです。

女性が職場に抱える悩みって何?よくある転職理由とは

最近では女性の社会進出も進み、多くの女性が職種を問わず活躍するようになりました。

しかしその一方で、職場でのハラスメントや人間関係などに悩んでいる方も少なくないと思います。結婚や出産を考えたり、男性と比べて転職に不利なのではないかと、不安に思うことは尽きないで しょう。

ここでは、アンケートの中から女性の転職理由をピックアップして掲載します。

20代女性

残業が深夜帯まで続き、終電で帰宅するのも珍しくなくなってきたところで不眠症になった。なんとか薬でやり過ごしていたが、ある日通勤中に過呼吸で倒れ、病院に行ったところ自律神経失調症と診断された。休職期間中に医師と話すうちに、同じ職場の上司のパワハラやセクハラも原因なのではないかと気づいた。

小さな会社でワンフロアのため逃げ場がなく、このまま職場復帰したらまた同じことの繰り返しだと思ったので、思い切って退職に踏み切った。

20代女性

転職に踏み切った大きな理由は二つあります。一つ目は勤務時間が朝の9時から終電までという日がほとんどで、シフト制だった為休みも連続してとる事が難しく、また接客業というこはともあり理不尽に怒られることも多く、体調を崩してしまった為です。

二つ目は職場の人たちはとても仲良く働きやすい環境で福利厚生や時間外手当等もきちんとしていましたが、このまま将来30代40代と続けていくのは厳しい環境だと感じたからです。

 

20代女性

経理関係の仕事に就きたかったのですが就職活動がうまくいかず、営業職に就きました。大企業で学ぶところが多く、若い時でないと営業職はできないだろうと3年以上は頑張って勤めようと考えていました。

目標の3年以上は何とか勤めることができ、今後どうしようかと思っていたときに異動先が事務の仕事に就けることは皆無だとわかったことと、営業先の関係で経理事務の仕事の紹介をもらったことがきっかけとなり転職に踏み切りました。

20代女性

毎月約50時間の残業、出勤しなくてもよい土曜日にも出勤を強いられ、週6の勤務が1年以上続いていました。さらに女性上席からの過度の監視、1時間以上に渡る説教、普段の何気ない会話の中からでも人格否定をされるなどのパワハラ、モラハラが毎日のように行われていました。

心身ともに疲れきっていたある日、そのようなストレスがたたったのか、原因不明の腫瘍が首もとにできたため、このままでは本格的に体を壊してしまうと思い、意を決し転職に踏み切りました。

20代女性

特定の上司に対し、どうしても理解ができない言動が多かった。しかし、社内では大変評価されており、そこに温度差を感じていた。私自身、その方と3年同じグループで仕事をしていたが、やりにくさから私のミスも多くなってしまった。

このままではより良い仕事ができないと感じた。何かミスをすると理由も聞かずに上に報告され、精神的にも不安定になる事が増えてきた。相談できる人が社内にいない訳ではなかったが、根本は変わらないと判断し、5年間務めた会社だったが、転職に踏み切った。

とじる
つづきを読む

女性のアンケート結果からは、パワハラやセクハラなどの、職場の人間関係に対するストレスで転職を意識し始めたという声が多く聞かれました。仕事に関係しないことがきっかけでも、転職を意識する方は多いようですね。

転職理由はどう伝える?前向きに伝えるコツ

転職することを決めたものの、20代で転職することが企業側の印象を悪くするのではないかと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、面接やエントリーシートでの転職理由の伝え方次第では、印象を悪くするどころか良い印象を与え、採用される確率を大きく上げる ことができます。

ここからは、キャリアコンサルタントである鈴木健太さんに聞いた「転職理由を前向きに伝えるコツ」をご紹介します。

本日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

早速ですが1つ目の質問です。多くの方は会社を辞める時の「本音」の転職理由と、転職志望先で答える「建前」の転職理由の2つを持っていると思うのですが、どちらの転職理由を言えば企業側の印象を良くすることができるのでしょうか。

印象が良いのはやはり建前の転職理由、つまり自責の理由ですね。自分の問題点を解決するために転職しようとしている人の方が、企業側からすると魅力的に映ります。なので、「ステップアップしたい」「新しいスキルを身に付けたい」といった、自分の将来的な成長を感じさせるような転職理由を言うことがおすすめです。

本音の転職理由は言わない方が良いということでしょうか?

一概にそうとは言えません。例えば「社風が合わない」という本音の転職理由でも、それが企業の合併・吸収などによって引き起こされた場合、つまりその原因が本人にはない場合は話しても良いかもしれません。逆に、それ以外の場合は建前をベースとした理由を言った方が良いですね。

詳しくありがとうございます。その転職理由についてですが、エントリーシートで書く内容と面接で言う内容で違いはあるのでしょうか。

基本的には同じですが、エントリーシートでは要点をコンパクトにまとめて書き、面接ではエピソードなどを交えて具体的に話すのがおすすめです。エントリーシートで企業に興味を持ってもらい、面接でその内容を詳しく説明する、といった流れですね。エントリーシートの段階で全て書いてしまうと、面接でネタ切れとなってしまうので注意が必要です。

企業は前職からの転職理由をどの程度重視しているのでしょうか。

その方の職種が専門性の高い分野であればそこまで重視はされませんが、そうではない分野の方や、キャリアのない第二新卒はかなりしっかりと聞かれると思います。これからどのような仕事を任せるか決まっていない分、企業側は前職について詳しく知っておきたいからです。

転職理由を自分一人で考えるのが難しい場合もあると思うのですが、その時はどうすればいいのでしょうか。

転職エージェントなら一人一人に合わせた転職理由を一緒に考えてくれるので、ぜひ利用してみてほしいです。
他にも様々なサービスを無料で利用できるので、登録するのがおすすめです。

本日の質問は以上です。ありがとうございました。

ありがとうございました。

インタビュー内容のまとめ

  • 企業側の印象を良くするには、できるだけ建前の理由を言う
  • 転職理由はESではコンパクトに書き、面接では具体的に言う
  • 転職理由は専門性が低い分野では重視され、高い分野ではあまり重視されない

転職準備は何をする?絶対に成功させるためのポイントまとめ

いざ転職するとなったとき、自分に合った転職先探しや面接対策などの事前準備は欠かせません。とはいえ、初めて転職する方は具体的にどのような準備をすれば良いのか悩む 方も多いと思います。

このような20代の転職事情を踏まえて、転職の成功率を上げるために必要な3つのポイントについてお話しします。

就活時の自己分析を活かして相性のいい企業を探す

現在の職場に不満があって転職をする方が陥りがちな問題として、「今と正反対の職種に転職しようとする」というものがあります。

反対の職種を選ぶことで満足してしまい、「本当に適した仕事を探す」という本来の課題を解決できていないのです。

実際に20代で転職を意識する方には、就活時の自己分析は上手くできているが、企業分析が上手くできていなかったために相性の悪い企業に就職してしまった、という傾向が強くあります。

この問題を解決して転職を成功させるには、しっかりと企業分析をすることが大切です。 就活時の自己分析を活かしつつ、企業分析を徹底することで本当に自分に合った会社を見つけることができるようになります。

多くの企業・求人を比較して判断する

志望する企業が自分に合っているかどうかは、同じような求人を比較することで判断するのがポイントです。

20代で職務経験の少ない方は、自分の価値観のみで企業の絶対的な価値を判断するのは避けた方が良いでしょう。多くの企業を比較することで、より自分にあった企業を見つけられる可能性が高くなります。

もし自分だけで判断することに不安がある方は、転職エージェントに意見を聞いてみるのもおすすめです。転職エージェントは企業に関する知識を豊富に持っているので、適切なアドバイスをくれるはずです。

多くの人に相談する

転職は自分の人生を大きく左右する決断なので、大変なことや悩むことがたくさんあると思います。そのような時は迷わずに家族や友達に相談すれば、彼らは親身になって客観的なアドバイスをくれるはずです。

また、転職のプロであり専門的な知識を持っている転職エージェントには必ず悩みを相談するべきだと言えるでしょう。転職エージェントには登録者に専属のキャリアアドバイザーがついて、様々なサポートをしてくれるサービスがあります。

彼らはは同じような境遇・悩みを抱えている人を多く見ているので、その経験値を参考にすることができます。

できるだけ多くの、異なった視点を持っている人に相談することがポイントです。

20代におすすめの大手転職エージェント4選

転職エージェントは利用者の様々な悩みや問題を解決してくれる強力な味方ですが、一口に「転職エージェント」といってもその種類は多くあります。

ですので、それぞれの転職エージェントの違いを把握し、上手に使い分けることが転職を成功させるために非常に大切です。

ここでは、20代の転職サポートに強みを持った4つの転職エージェントをご紹介します。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、主に20代・第二新卒のビジネスパーソン向けの転職エージェントです。首都圏や関西圏における優良求人が豊富に存在し、企業の人事・採用担当者との太いパイプを多く持っています。

履歴書添削や面接対策などのサポートに加え、業界に精通したキャリアアドバイザーから丁寧なアドバイス・転職ノウハウをもらえる点も、20代の転職経験が少ない方には嬉しいサービスです。

マイナビエージェントについてさらに詳しく知りたい方はこちら

マイナビエージェントに無料で登録する

doda

dodaは20代や大卒の方を対象とした転職エージェントです。dodaの特徴はなんといってもサイト上に公開されることのない非公開求人の多さで、自分だけでは見つけられなかった求人も、エージェントサービスに登録することで見つけることができます。

転職の経験が少なく、分からないことがあっても、悩みごとを気軽に転職のプロに相談できるのも魅力の一つです。

dodaについてさらに詳しく知りたい方はこちら

dodaに無料で登録する

ハタラクティブ

ハタラクティブは若年層の既卒やフリーターのための転職エージェントです。正社員としての勤務経験がなかったり、未経験の分野や職種にチャレンジする方を対象とした求人が多いほか、キャリアのある方にも適切な求人を紹介してくれます。

サポート体制が充実しているので、初めての転職で不安な方でも安心して利用できるエージェントと言えるでしょう。

ハタラクティブについてさらに詳しく知りたい方はこちら

ハタラクティブに無料で登録する

リブズキャリア

リブズキャリアは、主にキャリアのある女性向けの転職エージェントです。仕事もプライベートも大切にしたいという方にぴったりで、キャリア女性に特化した様々なサービスを受けることができます。

コンサルタントに手軽に相談したり、求人情報を自分で検索して応募できることも人気の理由です。

リブズキャリアについてさらに詳しく知りたい方はこちら

リブズキャリアに無料で登録する

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

20代向け転職エージェント8選!コンサルタントの上手い活用のコツ

「希望条件で転職を成功させるにはどの転職エージェントがおすすめ?」「自分に合った転職エージェントは?」転職初心者だと転職サイトとの違いなども分…

20代の転職失敗談!二度と会社選びを失敗しないためには?

この記事の目次20代の転職失敗談!「年収が下がって後悔」26歳男性の転職失敗談「転職の理由は結婚」23歳女性の転職失敗談「精神的に病んでしまった」27歳女性の転職失敗談「将来不安が多すぎた」27歳男性 ...

20代女性の転職全知識!人気職種TOP3や資格、面接のコツも伝授

20代の女性の中には、 「今の職場では子供ができた時に続けられるか不安だから転職したい」 「無理なく長く働ける職場に移りたい」 とライフプ…

第二新卒の職務経歴書はどう書く?企業に評価される書き方のコツ

求人に応募する時、提出書類として指定されていることの多い職務経歴書。「職務経歴書に何を書いたらいいのかわからない」などと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 …

20代向けおすすめ転職サイト&転職エージェント7選!違いと特徴

「20代が利用すべき転職サイトってどこ?」「みんなはどの転職サイトを使ってるの?」 転職活動に慣れていない20代は、20…

20代|転職の進め方が分からない!準備~面接までの失敗しない6ステップ

20代で転職することを決めはしたものの「転職活動の進め方がわからない」「転職を成功させるためにしっかり準備して臨みたい」と転職活動の進め方につい…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事