会社辞めたい!辞めるタイミングで違う手順と上手い退職理由の伝え方

会社を辞めたいと悩んでいる女性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職の面接でのメールの返信内容は大丈夫?注意すべき7つのポイント「こんな理由で会社辞めていいのかな…」「手続きってどうすればいいの?」会社を辞めるのは勇気とエネルギーのいることです。 この記事では退職を検討している方に向けて、辞めるタイミングや辞める手続きのスケジュール、退職理由の伝え方などをお伝えします。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

みんなはどうして会社辞めたの?理由7選

会社を辞めようか考えている男性

会社、辞めたい・・・

でも、こんな理由で辞めていいのかな、みんなもっと我慢してるのかも…と思っているのではないですか。

みんなが退職を決めたとき、どのような理由が多かったのでしょうか?

仕事内容に不満があった

希望とは違う部署に配属された」「思っていた仕事内容と違った」というのは、よくある話。

働いているうちにほかにやりたい仕事が見つかり、新たなフィールドに飛び込みたくなることもあるでしょう。

いつか希望部署に異動できる可能性があればやる気も出ますが、そういう望みも薄く、本来やりたかった仕事と程遠い部署で働くとしたら、モチベーションを維持するのも大変です。

会社に異動希望を伝えても相手にされず、「それなら転職してしまおう」と退職を決意した人もいます。

職場のパワハラやセクハラがひどかった

近年いろいろなハラスメント(嫌がらせ)が話題になっています。

上司から罵声を浴びせられたり、異性の上司から付きまとわれたりするなど、パワハラ・セクハラの手法はさまざまです。大企業になれば相談窓口が設けられていることもありますが、中小企業だと相談できる体制が整っていないことがほとんどです。

会社によってはパワハラ・セクハラがまん延しており、周囲「異常なことだ」と認識していないこともあります。

一時的に仕事をする相手ならまだしも、長期に渡って一緒に仕事をする相手だと、精神的な負荷も大きくなります。心が壊れないうちに退職を検討するのが賢明です。

労働時間が長すぎた

いわゆる「ブラック企業」と称されるような企業でよくみられる退職理由です。

あまりに労働時間が長いと、当然ながら身体を壊してしまいます。しかし、周りも同じような働き方をしていると、自分で不調に気がつかないことがあります。「仕事の夢ばかり見る」「れて食欲がない」「休みが取れても寝てばかり」といった異変が現れたら要注意です。

繁忙期に業務が集中することはやむを得ませんが、心身ともに異変が生じるような働き方は、絶対に避けましょう。

給与が低かった

働くなかでは給料も大事なモチベーションです。なかなか昇給しなかったり、ボーナスカットが何年も続いていると、自分の働きを認められていないのではないかという無力感がおそってきますよね。働く意欲が落ちるばかりか、経済的にも影響が出てきます。

久しぶりに会った友人の暮らしぶりを見て、自分の給与の低さを痛感することもあるでしょう。

次こそ絶対に給料が高い会社に行ってやる」と転職を決意する人もいます。

社風が合わなかった

若手でも遠慮なく意見を言える会社、上層部の意向が絶対である会社、体育会系の会社など、会社によって社風はさまざまです。

どれが「よい社風」とは言えませんが、あなた本来の能力を発揮するために必要なのは、あなたに合う社風の会社で働くことです。

入社前に思い描いていた社風とかけ離れている会社だと、どこか違和感を抱きながら働くことになります。時間とともに順応できればよいですが、息苦しさや違和感が解消されず、退職という選択肢を選ぶ人もいるようです。

人間関係に問題があった

人間関係に悩む女性

働くうえで大きなストレスとなる「人間関係」。上司や部下、同僚、取引先など、仕事を進めるなかでは周囲の人々とのコミュニケーションが欠かせません。

毎日顔を合わせる会社のメンバーだからこそ、一度関係がこじれると修復が難しく、やっかいなものです。「派閥」が生まれやすい女性が多い職場であればなおのことしょう。

人間関係の問題が多い環境では、スムーズにいくはずの仕事が進まなかったり、職場の人と接していても嫌な気持ちになったりと、何かと気苦労が絶えません。

純粋に仕事だけしたいのに、余計な心労から退職を考える人もたくさんいます

会社に将来性がないと感じた

会社や業界によっては、業績不振で厳しい戦いを強いられていることもあります。外からは順風満帆に見えても、いざ入社してみると経営に大きな課題を抱えていた、という場合もあるでしょう。

働きながら、会社の将来性をまったく感じないというのもつらいものです。

「業績回復に向けて、皆でがんばろう!」といった前向きな雰囲気があるならまだしも、「どうせ売上は伸びないだろう」「沈みかかった船だ」といった言葉が社員から出るようであれば、働くモチベーションも上がりません。

このほかにも会社を辞める理由は人それぞれです。

あなたが会社を辞めたい理由は何でしょうか。

どのような理由であっても、会社を辞めるかどうかを決めるのはあなたです。だれかに認めてもらう必要はありません。中には新卒1年目でも転職をする人も沢山います。

退職を決める前に大切なことは、自分の気持ちを見つめ直し「本当に退職することでしか自分の悩みは解決できないのか」「辞める前に今の職場でできることはないか」という点を考えることです。

もしかしたら、相談にのってくれる人が身近にいるかもしれませんし、相談することで働き方のヒントが見つかるかもしれません。

それでも「もう無理…」と思ったら、その気持ちが答えです。無理せず、次のステップのことを考えてみてはいかがですか。

全年代の在職中の方におすすめ!
転職成功実績NO.1のリクルートエージェント

会社って実際どうやって辞めるの?退職の手順

退職の手順

いろいろ考えて、いざ「会社辞めよう」と思っても、どこから始めればよいのでしょうか?

退職するためには次のようなステップを踏む必要があります。

  • 退職の意思を上司に伝える
  • 退職を認めてもらう
  • 引き継ぎをおこなう
  • 取引先に挨拶する
  • 退職

退職の相談・報告を受けた上司は、さらに上の管理職に相談・報告をします。その後、場合によっては何回かの面談を経て正式に退職が決まる、というケースもあるようです。

退職を申し出る時期は、退職日の2ヶ月~1ヶ月半前がよいとされています。上司に退職を認めてもらうまでに時間がかかることもありますし、業務内容によっては引き継ぎが大変なこともあります。

しかし繁忙期に退職の意向を伝えることは避けましょう。忙しさのあまり、退職の話自体忘れられていた、という状況もありえます。

また、あなたのなかで区切りがよいタイミングかどうか、という点も大切です。「今担当しているプロジェクトが終わってから」「貯金が貯まる半年後には」など、いろんな観点から考えてみましょう。また、転職が成功しやすい時期はいつなのかというのも含めて考えることも大切です。

退職を認めてもらえたら、会社に提出する書類を確認しましょう。「退職願」や「退職届」の提出を求められることが一般的ですが、自分で判断せず就業規則や会社の指示に従いましょう。

会社側は、書類の提出を受けてから退職の手続きを進めてくれます。 ドラマなどではいきなり「退職届」を上司につきつけるようなシーンがありますが、円満退職のためには順序立てて進めることが大切です。

退職日は、引き継ぎや取引先への挨拶のことも考慮し、計画的に決めましょう。有給休暇が残っている場合は、有休を消化して退職できる日を退職日にするとよいでしょう。

有休を消化しないまま退職する人もいますが、有給休暇は労働者の権利ですから遠慮なく取ることができます。

全年代の在職中の方におすすめ!
転職成功実績NO.1のリクルートエージェント

退職理由の上手な伝え方|円満退社するコツ

上司に退職の意向を伝えている男性

実際に上司や会社に退職したいと伝える際、大きなポイントとなる「退職理由」や「転職理由」。円満退社のためには、いくつか押さえるべきコツがあります。

まずは退職理由を直属の上司に直接伝えるのですが、会社への批判は角が立たないように伝えましょう。なるべく前向きな理由がベターです。

「一身上の都合により」

ほとんどの方が使用する、一般的な退社理由です。しかし、直属の上司には、具体的な退職理由を聞かれることもあるでしょう。

そのような場合に備えて「ほかに挑戦したい事ができ」「もっと自分を試してみたい」など前向きな理由を用意しておくことをおすすめします。

退職の意図を伝えたとしても、場合によっては「待遇をよくするから残ってくれ」「せめてあと半年後に考えてくれないか」と引き止めにあうこともあります。

どうしても退職したい場合、現在の職場では叶えられないことが理由だと伝えれば、会社側も諦めてくれるでしょう。トラブルを避け円満に退社するためには、感情的な表現を避け、冷静に自分の気持ちを伝えることが大切です。

逆算して考えよう!会社を辞めるスケジュール

退社のスケジュールを考えている女性

会社を辞めることを決めたら、辞めた後のことも考えなくてはなりません。仕事をしないわけにはいきませんから、次の就職先のことを考えましょう。

具体的には、転職活動を始める方がほとんどではないでしょうか。

転職先を決めてから退職するのか、退職してから転職先を探すのかなど、退職のタイミングは人によってさまざまです。どのタイミングで退職するにしても、退社までにすべきことを逆算してスケジュールを立てましょう

退社のタイミングとしては、次の3パターンがあります。

  1. 転職先を決めてから、今の会社を辞める
  2. 今の会社を辞めてから、転職活動をする
  3. 転職活動と並行して、今の会社を辞める手続きをする

それぞれのタイミングについて、スケジュールやリスクを詳しく見ていきましょう。

1.転職先を決めてから、今の会社を辞める

転職先を決めてから今の会社を辞めれば、退職後に無職になってしまうリスクがありません

働きながら、自分の理想の職場が見つかるまで探せます。なるべく早く次の職場を見つけて今の会社を辞めたい場合は、転職エージェントに転職活動のサポートをしてもらうことをおすすめします。

転職エージェントのサービスは、在職中に転職活動を始める方にぴったりです。

忙しい仕事の合間を考慮した面接の日程調整や履歴書の添削、給与交渉などの少々面倒な作業を、無料でサポートしてくれるからです。

また、面接を受ける企業に対してあなた自身の推薦状を書いてくれるため、内定獲得率がぐっと上がり、早期の転職が可能になります。

全年代の在職中の方におすすめ!
転職成功実績NO.1のリクルートエージェント

2.今の会社を辞めてから、転職活動をする

貯金がある方や、スキルがあり次の就職先がすぐ決まる見込みがある方、優秀人材といわれている方はこの方法でも問題ないでしょう。

しかし、現職を辞めてから一定期間仕事が無くなるため、収入がゼロになるリスクがあります。 そのため、今すぐ辞めたい!と思っている方は、収入がなくてもやっていける十分な貯金があるかを確認する必要があります。

転職活動をしている間の失業期間中は、再就職支援として失業保険金を受給することができます。

失業保険の申請や手続きには時間と手間がかかります。実際に給付金を受け取るまでにはある程度の生活資金が必要になりますが、再就職先が決まっていない段階ではありがたい制度です。

3.転職活動と並行して、今の会社を辞める手続きをする

転職活動と並行して退職の準備を進める場合、次の就職先が決まる前に退社日を迎えることになるかもしれません。その場合、退社してからは無職となり一定期間収入が無くなるというリスクがあります。

そのため、退社するまでに次の職場を決めなくてはというプレッシャーで、自分の理想とは違う会社に無理に決めてしまう人もいます。

退社前に「確実に転職したい」という方は、忙しい転職活動をサポートをしてくれる転職エージェントの利用をおすすめします。

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 非公開求人数100,000件以上
  • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
  • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
  • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら


マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら


リクルートエージェント

  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら


DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら


JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら


ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら


キュージェント

  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

転職したいけど不安!職場探しを失敗しないための転職活動のポイント

「転職はしたいけれど、実際に動き出す勇気が出ない」 という人は意外と多いのではないでしょうか? 勇気を出して転職してもかえって年収など…

転職の相談は誰にすべき?相手や方法で違う良いアドバイスのもらい方

「転職がしたい!…でも、まずは誰かに相談したい」と悩んでいませんか? 誰に、どこで、どうやって、どのタイミングで転職の相談をすればいいのか分か…

【初めての転職】面接や職務経歴書の書き方のすべてを解決する方法

「何から始めればいいのか」「就活と違うのか」等初めての転職は戸惑いと不安で一杯です。現職の場合、転職成功するまで周囲にも相談しづらく職場との調…

転職先の探し方ってどうするの?自分に合う仕事や会社に出会う方法

とりあえず今の職場に入社したけど本当にやりたいことが自分でもまだ良く分からない。「どんな職種が自分にあっているのかはどうやって探せばいい?」「もし転…

「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

会社をやめたい理由は様々あるでしょうが、次の就職先を決めずに会社を辞めるというのはちょっと怖いもの。 毎日仕事ならば求人を探すのは難しいし、そもそも自分が転職できるか不安な方もいらっしゃるでしょう。 …

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事