入社3年目以内の転職は不利?企業から求められるものとリアルな転職体験談

入社3年目で転職を考えている男女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3年以上働いてからでないと、転職できないの?」 「どうして“最低でも3年は働くべき”って言われるの?」 転職活動の際、よく耳にする「転職するなら最低でも3年働いてから」という言葉。なぜこのようなことが言われるのでしょうか?入社3年目以内で転職したい場合は、どうすればよいのでしょうか?転職成功のための方法を見ていきましょう。

             
★厳選!20代におすすめの転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
マイナビ
エージェント

【20代】
20代からの信頼度がNo.1!

詳細

リクルート
エージェント

【全年代】
業界最大手の求人数

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

「最低でも3年は働くべき!」なぜそう言われているの?

3年目の転職に疑問を持つ男性

世間でよく言われる「最低でも3年は働くべき」という言葉。なぜこのように言われているのでしょうか?この言葉が広まっている理由として考えられるのは、次の2つです。

この2つの理由はどういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

【理由1】最低でも3年働かないと、仕事のやりがいがわからないから

「石の上にも三年」

辛く、厳しくても辛抱して続けていれば、いつか成し遂げることができる。

「最低でも3年」という言葉の背景には、このことわざのように、辛くても続けていくことで、やりがいや楽しさを見出すことができるという考え方があるのです。

新卒での新入社員は、最初の数ヶ月は研修期間で、その後配属が決まり実務に入っていきます。しかし最初のうちは先輩や上司のサポートが必要ですから、独り立ちするのは2年目以降でしょう。

仕事の全体像を把握し、スキルが身につくまでには時間がかかるのです。

つまり、仕事の辛く厳しい面しか見えていない状況で判断するのではなく、楽しさややりがいを感じるまで続けてみては?という意味で「最低でも3年」と言われているのです。

【理由2】3年目以内に辞めると、印象が悪くなるから

入社3年目以内で退職すると、転職活動の際、企業の採用担当者から「忍耐力がないのかな?」「会社に合わせる気がないのかな?」などと思われ、採用されづらくなることを懸念して3年以上は働くべきといわれます。

どんな環境でもはじめから自分の思い通りになるということはなく、状況に応じて自分を合わせていくことも、組織の一員としては求められているからです。

また、入社3年目以内での退職は、経験も少ないのに自分のやりたいことを最優先にしているのではないかという、ネガティブな印象をもたれることを心配する声も聞かれます。

あなたは少数派?入社3年目以内で転職する割合

では、ここで入社1~3年目で転職する人の割合をご紹介します。実は、3年目以内で転職する人は、珍しくないのです

大卒3年目以内の離職率

このように、意外にも、入社1年目の離職率が1番高く、その次に2年目、3年目という順になっています。

つまり、平成23年から平成27年にかけて、約3人に1人の割合で、就職した会社を3年目以内に辞めているのです。(厚生労働省 新規学卒就職者の離職状況より)

社会人経験は貴重?3年目の転職者に求められているものTop5

企業側に求められていることを知った男女

ここまでで、入社3年目以内での転職は珍しくないことがわかったと思います。

では、入社3年目以内で転職する求職者に企業は何を求めているのでしょうか?

一般的に入社3年目以内の転職者は「第二新卒」、それ以降に転職する人を「中途採用」や「キャリア採用」と呼ばれます。

それぞれに企業側から求められているものをランキング形式でご紹介します。

【新卒採用・第二新卒採用・中途採用に求められているものTop5】

順位 新卒採用 第二新卒採用 中途採用
1位 熱意・意欲 熱意・意欲 実務経験
2位 コミュニケーション能力 行動力・実行力 熱意・意欲
3位 協調性 コミュニケーション能力 行動力・実行力
4位 行動力・実行力 協調性 コミュニケーション能力
5位 一般常識・教養 一般常識・教養 協調性


このようにランキング表を見ると、順位は少し違いますが、新卒と第二新卒はほぼ同じことが求められていることがわかります。

第二新卒の2位に行動力・実行力がきているのは、新卒に比べて、社会人として最低限の経験があると捉えられているからです。

とはいえ、3年目以内の転職者である第二新卒は、特に経験やスキルは求められていません

それに対して、中途採用を見ると、1位に「実務経験」があがっています。

入社して時間がたてばたつほど、そこで得られた経験やスキルが求められるということでしょう。

今のままではあまりスキルが身につかなそう」「このまま今の会社で働き続けても、キャリアアップできないかも...」という方には、実務経験を一番に求められる中途採用の段階で転職するよりも、入社3年目以内で転職する方が、転職後も苦労せずに済むといえます。

20代おすすめ転職エージェント10社の特徴と比較!失敗しない使い方
20代おすすめ転職エージェント10社の特徴と比較!失敗しない使い方
20代の転職エージェント選びには、年齢や目的に合った転職エージェントを選ぶことが大切。 ただ登録すればOKではなく、転職エージェントを...
20代女性におすすめの転職サイト5選!失敗しないためのコツを紹介
20代女性におすすめの転職サイト5選!失敗しないためのコツを紹介
「20代女性はどの転職サイトを使うべきなの?」「結局どれがいいのかわからない…」と悩んでいませんか?そんな20代女性のために、この記事では、...

3年目の転職の注意点と転職をしない方が良い人

入社3年目以内で転職によって、「やりがいがある仕事に就けた」「やりたかった仕事ができた」と、転職して良かったという人ばかりではありません。

なかには、転職を後悔している人もいます。実際に3年目で転職した方の体験談をご紹介しましょう。

チャレンジするために転職しましたが、転職した営業の仕事では想像以上に結果を求められました。プレッシャーと職場の雰囲気が悪かったためとても辛かったです。
前職ではプレッシャーがなかったため、精神的に厳しかったです。

福利厚生は今のほうが良いのですが、お給料は前の職場のほうが良かったです。なかなか、両方を得るのは難しいと思いますが、もう少し、自分の預金に余裕を持ってから転職しても良かったかなと思っています。

このような体験談を参考にすると、3年目の転職では以下のことについて注意することが必要でしょう。

  • 転職で何を変えたいのか?」「変えたくないところは何か?」など、転職の希望条件はしっかり固めておく
  • 給料が下がることは覚悟する

3年目以内の転職の場合、経験分野であっても、新しい職場の評価制度のもと業務を行うので、年収が下がることは覚悟しておいた方がいいでしょう。

そのため、「今の収入を絶対に下げたくない人」や「何となく転職したい」という人は、安易に転職を決めてしまっては失敗することがあります。

現在の職場の上司に相談したり、異動願の提出をするなどで、転職自体を再検討することを考えてみても良いかもしれません。

しかし、将来的なキャリアアップや年収アップのためには、今の時期に転職することが良い場合もあるので、まずは転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。

3年目の転職におすすめの転職エージェント4選

今回は、数多くの人材紹介会社の中から、第二新卒などの若手人材の転職に強いおすすめの転職エージェントをご紹介しましょう。

転職エージェントは、無料で利用できる上に、転職に必要な履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など転職活動のサポートも充実しています。

さらに、登録すると専任の担当者が付き、キャリアカウンセリングや、転職先の希望条件のヒアリングをもとにあなたの理想に合う求人を紹介してくれるので、転職活動も楽に進められるのです。

リクルートエージェント:超大手転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントで求人を探す

リクルートエージェントは、人材紹介会社の中でも最大手といわれる転職エージェントで、その特徴は豊富な求人数にあります。

求人数が多いことで、自分の中では想定していなかった職種や業界への転職も可能で、転職の幅が広がることが特徴です。

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

doda:満足度NO.1の人気エージェント

doda

dodaで求人を探す

dodaは、転職者満足度NO.1の人気転職エージェントです。

大手企業や人気ベンチャー企業の求人の取り扱いもあるため、第二新卒のうちに、キャリアアップを目指したい方は一度登録して、求人情報を問い合わせてみると良いでしょう。

【公式サイト】https://doda.jp/

ハタラクティブ:未経験からの転職サポートが充実

ハタラクティブ

ハタラクティブで求人を探す

ハタラクティブは、特に未経験の転職に強い転職エージェントです。

既卒やフリーターの就職サポートの実績もあるため、「社会人経験があるとはいえ、未経験業界でうまく働けるか不安…」という方でも、安心して登録できます。

【公式サイト】https://hataractive.jp/

type女性転職エージェント

type女性の転職エージェントで求人を探す

type女性転職エージェントは、女性の向けの転職エージェントです。

女性の場合、20代・30代・40代とライフイベントによって働き方への悩みや不満が変わってきます

だからこそ、女性向け転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談することで、将来的に働き続けられるような企業を見つけ、転職することも可能になるのです。

【公式サイト】https://type.woman-agent.jp/

3年目の主な転職理由とリアルな転職体験談!

離職するか悩んでいる入社3年目の男性

入社3年目もしくは3年目以内で転職した方は、どのような理由で転職したのでしょうか?いくつかご紹介します。

入社3年目以内の転職理由には、主に下記のような5つが挙げられます。

  1. やりたい仕事ができなかった
  2. 給与や残業時間など就業条件が悪かった
  3. 将来のビジョンが見えなくなった
  4. 人間関係が悪かった・社風が合わなかった
  5. 新卒時に志望企業へ行けなかった

あなたに当てはまるものはありましたか?

では、ここからは実際に3年目に転職した転職経験者の方の体験談をご紹介します。

実際の体験談を、自分自身の転職活動の参考にしてみてはいかがでしょうか?

新卒で入社して以来、社風などがあまり自分に合っていないような気がしていましたが、3年経つまで我慢していました。
同じ業界に転職し仕事内容はほぼ同じですが、社風が前の会社とは大きく違っていて自分に合っていると感じているので転職して本当に良かったです。

自分自身の希望職種で働けていましたが、異なる分野にチャレンジしてみたいと思い転職しました。
最初は給料が下がり、正直少し後悔しました。
しかし、今では、前職での経験も生かせているので転職して良かった思っています!

3年続けましたが、ここまま働き続けても自分のやりたい業務にはつけないと思い転職しました。
転職後は、とても自分の興味の持てるものだったので毎日楽しいです。ただお給料が下がったのだけが残念でした。

会社では、「3年は働いてみないと分からないよ!」と、いつも言われていたため、3年働いて転職を決めました。
前の職場がいわゆるブラック企業で、ボーナスありといいつつ1度ももらったことはなかったし、残業代も見込み残業のみでした。
新しい職場ではこんなことに悩まされる事がなくなって良かったと思っています。

第二新卒の求職者におすすめサイト・エージェント一覧

企業からの採用ニーズも高い第二新卒ですが、「次は、失敗したくない!」と思っている第二新卒の方も多いはずです。

失敗しない転職のためには、まずはサイト選びからです!!

転職サイトや転職エージェントは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

DYM
  • フリーター・ニートも登録OK!
  • 既卒・第二新卒も歓迎
  • 学歴や職歴も不問

相談からの就職率が96%と高く、最短1週間で入社も可能なスピード感も魅力!
公式サイトはこちら

JAIC
  • すべて正社員求人
  • 『就職講座×面接会』を全国各地で実施中!
  • 厚生労働省認定の職業紹介優良事業者だから安心

取材をして求人を集めているから信頼性も高く、就職後の定着率は94.3%
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 誰でも登録可能!
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

転職成功者の8割が使う王道サイト。ホワイトな優良求人を探すならこのサイト。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

1年目の転職は失敗する?メリット・デメリットと転職理由の上手な伝…

就職活動を経て、内定が決まり、ワクワクした気持ちで新社会人をスタートさせた方は多いでしょう。 しかし、「実際に働いたら思ってたのと違った」「…

  • 🕒
  • 2019.05.20更新

第二新卒が履歴書に求められる内容は何?おすすめの書き方と注意点

採用担当者の第一印象を左右する履歴書。「履歴書に特別な書き方があるの?」「履歴書と職務経歴書の違いは?」など、初めての転職を行う第二新卒の方に…

  • 🕒
  • 2019.02.25更新

第二新卒はいつまで?新卒扱いで企業が採用する理由と転職成功の秘訣

「第二新卒って転職に有利?」と転職を考え始めた時、気になるのはその条件と定義ではないでしょうか?"第二新卒"について詳しく知っている人は意外と少なく、また

  • 🕒
  • 2019.02.15更新

第二新卒の転職は学歴不問?面接で失敗しないためのポイントを解説!

「自分は高い学歴がないけど…第二新卒で大手企業へ転職できるの?」と自分の学歴に悩む人も多いでしょう。 新卒採用時には、学歴で書類審査や採用のフィルターをかけている…

  • 🕒
  • 2018.12.28更新

第二新卒が面接で失敗しないスーツ選びとは?身だしなみの基本を解説

「新卒の面接時はリクルートスーツだったけど第二新卒だと何を着ればいいの?」と迷う人も多いでしょう。就職活動に限らず、第一印象は人物の評価に大きく影響を及ぼすため、服装の…

  • 🕒
  • 2018.12.28更新

第二新卒が面接で失敗しないためには?好印象を与えるポイントを解説

第二新卒の方が面接対策を考える際には「面接で何をアピールすればわからない」と悩むことも多いのではないでしょうか?この記事では企業の人事担当者に好印象を与えるための面接の…

  • 🕒
  • 2018.12.26更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト