転職するなら入社3年目以内!企業が若手に求めるものと成功のコツ

入社3年目で転職を考えている男女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3年以上働いてからでないと、転職できないの?」 「どうして”最低でも3年は働くべき”って言われるの?」 転職活動の際、よく耳にする「転職するなら最低でも3年働いてから」という言葉。なぜこのようなことが言われるのでしょうか?入社3年目以内で転職したい場合は、どうすればよいのでしょうか?転職成功のための方法を見ていきましょう。

             
★厳選!20代におすすめの転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルート
エージェント

【全年代】
成功実績No.1!

詳細

マイナビ
エージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

転職サイト・転職エージェントの比較表をみる

「最低でも3年は働くべき!」なぜそう言われているの?

3年目の転職に疑問を持つ男性

世間でよく言われる【最低でも3年は働くべき】という言葉。なぜこのように言われているのでしょうか?この言葉が広まっている理由として考えられるのは、次の2つです。

この2つの理由はどういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

【理由1】最低でも3年働かないと、仕事のやりがいがわからないから

「石の上にも三年」

辛く、厳しくても辛抱して続けていれば、いつか成し遂げることができる。

「最低でも3年」という言葉の背景には、このことわざのように、辛くても続けていくことでやりがいや楽しさを見出すことができるという考え方があるのです。

新卒での新入社員は、最初の数ヶ月は研修期間で、その後配属が決まり実務に入っていきます。しかし最初のうちは先輩や上司のサポートが必要ですから、独り立ちするのは2年目以降でしょう。

仕事の全体像を把握し、スキルが身につくまでには時間がかかるのです。

つまり、仕事の辛く厳しい面しか見えていない状況で判断するのではなく、楽しさややりがいを感じるまで続けてみては?という意味で「最低でも3年」と言われているのです。

【理由2】3年目以内に辞めると、印象が悪くなるから

入社3年目以内で退職すると、転職活動の際、企業の採用担当者から「忍耐力がないのかな?」「会社に合わせる気がないのかな?」などと思われ、採用されづらいかもしれません。

どんな環境でもはじめから自分の思い通りになるということはなく、状況に応じて自分を合わせていくことも、組織の一員としては求められているからです。

また、入社3年目以内での退職は、経験も少ないのに自分のやりたいことを最優先にしているのではないかという印象を持たれてしまう可能性もあります。

20代転職事情についてさらに詳しく知りたい方はこちら

あなたは少数派?入社3年目以内で転職する割合

最低でも3年は働いた方がいいと言われてはいますが、入社1年目~3年目で転職を決意する人は珍しくありません。

平成21年から平成26年にかけて、大卒者の3年目以内の離職率は、下記のようになっています。(厚生労働省の「新規学卒就職者の学歴別就職後3年以内離職率の推移」より)

大卒者の3年目以内離職率

意外にも、入社1年目の離職率が1番高く、その次に2年目、3年目という順になっているのです。

また、それぞれの数値を見ると、離職率は低いように感じるかもしれませんが、合計の数値を見ると、入社して3年目以内に離職している人が毎年約3割いるということがわかります。

さらに、平成21年と平成26年を比べると、わずかではありますが離職率が上がっています。

いま辞めるべきかを無料相談してみる

3年目以内で転職を決める人の退職理由

離職するか悩んでいる入社3年目の男性

入社3年目もしくは3年目以内で転職した方は、どのような理由で転職したのでしょうか?いくつかご紹介します。

やりたい仕事ができなかった
入社後、一番行きたくなかった部署に配属された…」「想像していた仕事と違う…こんなはずじゃなかったのに!
新卒で入社後、事前に聞いていた業務内容とまったく違った、異動願いを出しても希望が通らない、など自分のやりたかったことができず「自分はなぜこの会社にいるんだろう…」と思い転職したケースです。
とじる
つづきを読む
給与や残業時間など就業条件が悪かった
仕事はやりがいがあるけれど、給料はこれしかもらえないのか…」「給料は高いけど、仕事がハード過ぎて体がもたない!
給与や賞与、手当てといった賃金面も、会社を辞める大きな理由になります。いくらやりがいのある仕事でも、あまりにも給料が低いとモチベーションも下がるというものです。
逆に給料が高くても、極端に残業時間が長かったり、土日出勤が多かったりするようでは、心身ともに疲れ果ててしまうでしょう。なかには、「プロジェクトがあり得ないスケジュールで進められ、帰宅する間もなく会社に連泊…」と連日の残業に苦しんだため転職した方もいます。
とじる
つづきを読む
将来のビジョンが見えなかった
今の会社、この先どうなっていくのだろう…」「このまま働いて、自分はどう成長していけるのだろう…
現在の会社の先行きや、将来自分がどう成長していけるのかわからなくなってしまうと、このまま働いていていいのか不安になってしまいます。自分の将来にとって得るものが多い環境でキャリアを積もうと考え、積極的な転職をした方もいます。
とじる
つづきを読む
社員との相性が悪かった・社風が合わなかった
アットホームな職場と聞いたが、古株社員の指示でしか動けない職場だった」「会社全体の体育会系のノリについていけなかった
1年目や2年目の頃は「どこへ行ってもこんなものなのか?」と思い耐えていたとしてもやはり3年目ともなると限界を感じてしまうようです。多くの人が抱えている、社内の人間関係の問題。相性の良し悪しは誰にでもあるものですが、上司や同僚との折り合いがあまりにも悪いと、出社するのも憂うつですよね。
とじる
つづきを読む
新卒時に志望企業へ行けなかった
新卒のときには大手は無理だったけど今度は大手を目指したい!」「新卒のときに選考に落ちてしまった企業にやっぱり行きたい
大手企業に入るには、新卒でも中途採用でも狭き門ですが、もう一度挑戦してみようと思った方も多いようです。また、新卒のときには入れなかった企業に、どうしても行きたいと思い転職した方もいます。
とじる
つづきを読む

ここまで、5つの「退職した理由」を紹介してきました。ほかには「結婚したら退職するのが普通という職場だった」「尊敬できる人がいなかった」などの理由で退職した人もいました。あなたが退職したい理由は何でしょうか?

周囲から「もう少しガマンしてみたら?」「もう辞めるの?もったいない!」と言われることもあるでしょう。

しかし、あなたが考え抜いた末の「転職」という結論であれば、迷う必要はありません。会社を辞めるには勇気が必要ですが、転職を決意したら、あとは次のステージに向けて突き進むのみです。

社会人経験は貴重?3年目の転職者に求められているものTop5

企業側に求められていることを知った男女

ここまでで、入社3年目以内での転職は珍しくないことがわかったと思います。

では、入社3年目以内で転職する求職者に企業は何を求めているのでしょうか?

厚生労働省の「若年者雇用を取り巻く現状」内の「採用選考の際に重視する項目 」というデータから、企業に求められているものTop5(採用枠別)を見ていきましょう。

【新卒採用・第二新卒採用・中途採用に求められているものTop5】

順位 新卒採用 第二新卒採用 中途採用
1位 熱意・意欲 熱意・意欲 実務経験
2位 コミュニケーション能力 行動力・実行力 熱意・意欲
3位 協調性 コミュニケーション能力 行動力・実行力
4位 行動力・実行力 協調性 コミュニケーション能力
5位 一般常識・教養 一般常識・教養 協調性


入社3年目以内での転職者は、企業側に「第二新卒」として扱われます。

ランキング表を見ると、順位は少し違いますが、新卒と第二新卒はほぼ同じことが求められていることがわかります。

第二新卒の2位に行動力・実行力がきているのは、新卒に比べて、社会人として最低限の経験があると捉えられているからです。

とはいえ、特に経験やスキルは求められていません。

それに対して、中途採用を見ると、1位に「実務経験」があがっています。

入社して時間がたてばたつほど、そこで得られた経験やスキルが求められるということでしょう。

中途採用として扱われるのは、入社3年目を過ぎて転職した場合です。

今のままではあまりスキルが身につかなそう」「このまま今の会社で働き続けても、キャリアアップできないかも...」という方には、実務経験を1番に求められる中途採用の段階で転職するよりも、入社3年目以内で転職することをおすすめします。

20代の転職に強いエージェントを見てみる

入社3年目で転職するなら注意するべき3つのポイント

転職するか悩んでいる3年目の女性

入社3年目以内での転職は、実務経験をあまり求められないという点で、中途採用よりはハードルが低いようです。とはいえ、注意しておきたいことがあります。

入社して3年では、社会人として十分な経験を持っているとはいえません。在職期間が短く経験が不足していることで、転職後にどのような影響があるのかご紹介します。

「基本的なことはできるはず」という期待に応えられない
実務経験はなくても、転職者は新卒の新入社員とは異なり基本的なビジネスマナーや仕事において、ある程度はできるだろうと期待されています。新卒者向けのような丁寧な研修を転職者にする企業は少なく、自発的に学ぶ意欲や成果を出すスピードが求められます。
もし、期待に応えられるようなスキルを持っていないと感じたら、転職を考える前に、スキルのレベルを上げることが先かもしれません。
経験を買われて採用されるわけではない
社会人経験が3年ほどの転職者は、経験やスキルなどを評価されて採用されるわけではありません。前職での経験に自信があっても、責任ある仕事をいきなり任されることはないと考えた方がよいでしょう。
給料が低くなる
前職と同じ業種や職種でない限り、転職先では未経験の新人扱いとなります。ですから、新卒で入社した会社で4年目を迎えるころの給料と比べると、やや下がる可能性があります。

入社3年目以内での転職には注意しなければならない点もありますが、注意点をクリアしたうえで転職を成功させることはできます。3年目の転職を成功させる方法をみていきましょう。

3年目の転職を成功させるための方法とは?

転職を成功させた女性

新卒の就職活動のときには、説明会への参加や仲間との情報共有など、困ったときに相談する方法がたくさんありました。

しかし、入社3年目前後での転職の場合は「周りに相談しづらい」「そもそも、うまくいくか心配」「在職期間が短くて不安」など、新卒時とは異なる悩みや不安が生まれがちです。

そんな心配や不安を解消し、失敗しない転職活動をするためには、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーがつき、あなたが気になっていることや不安に思っていることについてじっくり面談をして、アドバイスをくれます。

そのため、「経験が少なく、アピールすることがない」という方でも、転職のプロであるキャリアアドバイザーとの面談の中で、自分では気づけなかったあなたの強みやアピールポイントがきっと見つかるでしょう。ほかにも、転職エージェントでは、無料で下記のようなサポートを受けられます。

あなたの職歴や希望に合わせて、ぴったりの求人を紹介してくれる
エージェントにある求人の多くは、一般公開されていない貴重な求人(非公開求人)です。自ら求人サイトで情報収集するより、多くの求人情報を入手できます。
手間なくスピーディーに転職活動を進められる!
転職エージェント経由で仕事を探すと、キャリアアドバイザーが率先して面接日を調整してくれます。自分で企業側と連絡を取る必要がないため、手間なくスピーディーに転職活動を進められます
気になる企業の雰囲気を教えてもらえる!転職成功率もUP!
キャリアアドバイザーは各企業の経営者や人事担当者と会う機会が多いため、気になる企業の雰囲気を教えてもらうことができます。お目当ての企業が自分に合うのかヒアリングできるため、転職失敗のリスクを減らすことができます。
年収UPも夢じゃない!条件交渉もしてもらえる
転職エージェント経由の転職であれば、自分からは切り出しにくい年収交渉や、入社日の相談も可能です。キャリアアップ・スキルアップを考えるのであれば、転職エージェントを利用しない手はないでしょう。
履歴書・職務経歴書をカンペキに仕上げられる!
キャリアアドバイザーは履歴書や職務経歴書も添削してくれます。初めての転職で書類選考に自信がない方も、キャリアアドバイザーがお目当ての企業に合わせてアドバイスをしてくれるので安心です。
転職イベントでも相談できる
マイナビエージェントなどの人材会社は、「合同会社説明会」や「転職フェア」など各種イベントを開催しています。
イベントでは、企業の個別ブースで採用担当者と直接話ができるだけでなく、キャリアアドバイザーと相談できるブースがあります。そこでキャリアプランの相談にのってもらうこともできるので、まずはイベントに参加してみるのもよいかもしれません。

転職エージェントは、たくさんの転職ノウハウを持っています。初めての転職でわからないことが多く、会社選びや転職活動について悩んでいる方には強い味方となります。入社3年目以内の転職希望者の方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

初めての転職におすすめの転職エージェントはこちら

第二新卒の求職者におすすめサイト・エージェント一覧

企業からの採用ニーズも高い第二新卒ですが、「次は、失敗したくない!」と思っている第二新卒の方も多いはずです。

失敗しない転職のためには、まずはサイト選びからです!!

転職サイトや転職エージェントは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

DYM
  • フリーター・ニートも登録OK!
  • 既卒・第二新卒も歓迎
  • 学歴や職歴も不問

相談からの就職率が96%と高く、最短1週間で入社も可能なスピード感も魅力!
公式サイトはこちら

JAIC
  • すべて正社員求人
  • 『就職講座×面接会』を全国各地で実施中!
  • 厚生労働省認定の職業紹介優良事業者だから安心

取材をして求人を集めているから信頼性も高く、就職後の定着率は94.3%
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 誰でも登録可能!
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

転職成功者の8割が使う王道サイト。ホワイトな優良求人を探すならこのサイト。
公式サイトはこちら

関連記事

第二新卒の平均年収は?転職で給料アップにつながるコツと注意点

若いうちにキャリアアップするための絶好の機会として第二新卒での転職希望者が増えてきています。 「第二新卒で転職したら年収上がるのかな?」「年…

第二新卒向けの説明会は役に立たない!参加せずに転職成功する方法

新卒採用では就職活動の第一歩として一般的な合同説明会ですが、第二新卒者も説明会に参加する必要があるのでしょうか? 転職フェアや企業独自の説明会などさまざまですが、…

第二新卒にベストな転職時期は?絶対に失敗しないために必要な準備

第二新卒の就職活動は、新卒と異なりさまざまなサポートや説明会が少なく、またはっきりとした就活の時期が定められていません。だからこそ、「第二新卒の転職活動の時期は一体いつ?

第二新卒の就活は厳しい?次こそ失敗しない効率が良い転職成功の方法

「第二新卒の就活って厳しいの?」「今度こそ就活を成功させ、充実した社会人生活を送りたい!」など、転職活動に悩みを抱える第二新卒者のために、おす…

第二新卒向けの転職エージェントはあるの?おすすめの大手5社を比較

「第二新卒者にはブラック企業求人しか紹介してもらえない」「女性目線で担当者に親身にサポートしてもらえるところはないの?」などという転職の悩みを…

新卒1年目の転職は失敗する?転職が不利なポイントと成功の秘訣

「1年目だけどやっぱり転職したい」「転職しても次の会社でまた失敗したらどうしよう...」そんな悩みを抱えながら、新卒1年目にして転職を考える毎日。…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事