30代転職で年収ダウンは当たり前?それでも年収アップさせる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代で転職を考えている人の中には、「30代で中途採用として転職すると収入は下がるのだろうか?」「転職はしたいけれど、年収は下がるのは嫌だ」などと転職すべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ここではそんな悩みを抱えた30代転職希望者のために、年収アップのための転職について考えてみましょう。

                
★おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

リクナビNEXT(リクルート)

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

JACリクルートメント

【30代・40代】
年収600万円以上の方!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

30代で転職する前に知っておこう!30代の平均年収・月給の相場

30代はキャリアアップをして給料が上がっていく年代ですが、一般的にはどれくらいの収入を得ているのでしょうか?

転職後の給与水準について考えるために、まずは30代の平均年収について詳しく見てみましょう。

30代前半の年収・月給・ボーナス・手取り額

30代前半(30歳~34歳)の平均年収と税金や保険料を差し引いた手取り額は次のとおりです。

- 平均年収 手取り年収 手取り月収
全体 391万8,000円 約300万円 約25万円
男性 446万2,000円 約330万円 約28万円
女性 301万1,000円 約230万円 約19万円

また、転職エージェントのマイナビが調査したデータによると2016年の夏のボーナスの30歳の平均支給額は42万円でした。

34歳まである程度増えると予想されるため、夏冬2回合わせると1年のボーナス支給は80~120万円となります。

参考データ:マイナビ調査データ

上記の表を見てもわかる通り、30代前半の平均年収は約400万円で、男性の平均年収は450万円近くまで上がっています。

その一方で、女性は結婚出産を経て子供を育てながら時短勤務をしている人もいればキャリアを変えずに働き続ける人もおり平均年収の男女差はかなり大きくなっています。

30代になると仕事経験を重ねて年収が高くなっていきますが、主任やチームリーダークラスになる人は多いものの、30代の前半では課長や部長などの管理職クラスになる人はそう多くはありません

そのため、30代後半ほど高いレベルを求められることはありませんから、持っているスキルや資格、仕事経験に自信がない人にとっては転職するなら最後のチャンスと言えるでしょう。

30代の転職で有利な資格一覧はこちら

30代後半の年収・月給・ボーナス・手取り額

30代後半(34歳~39歳)の平均年収と手取り額は次のようになっています。

- 平均年収 手取り年収 手取り月収
全体 425万1,000円 約320万円 約27万円
男性 502万1,000円 約380万円 約32万円
女性 292万5,000円 約220万円 約18万円

30代前半と同様の参考データによると2016年の夏のボーナスの35歳の平均支給額は63万円でした。

39歳までに増えることを考えると、1年のボーナスは大体120~150万円となります。

参考データ:マイナビ調査データ

30代後半になると30代前半に比べて年収はぐっと上がり、全体平均は400万円を超えて男性の平均年収は500万円を超えます。

仕事をする際にもスキルや経験を求められるようになり、管理職クラスに昇進する人も多くなります

そのため、スキルや経験、仕事の実績に自信がない人が30代後半で転職する場合は、年収が下がる覚悟も必要です。「35歳転職限界説」とよく言われるのは、このような事情も関係しているのです。

30代の厳しい転職事情についてはこちら

30代の転職は年収ダウンする?それでも転職するべき?

30代で転職すると年収は必ず下がるのかと言われると、そうとも限りません。

年収が上がるか下がるかは、現状の年収額、転職先の職種・業界の年収水準、転職後の雇用形態、自分が持つ実力などの状況によって変わってきます。

30代まで働くと経験やスキルがある程度蓄積されているため、新しい職場に転職する際にその経験をどう生かすかで年収の上下が決まります。過去の経験を活かせない場合は、年収が下がる可能性が高くなるのです。

起業や未経験への転職は年収ダウンが必至?

30代になってからの転職で年収ダウンが予想されるのは、独立開業するケースや未経験の分野に転職するケースなどが考えられます。

独立して起業する場合経営者としてのスキルを得て経営が軌道に乗るまでは収入が安定しませんから、起業当初は年収ダウンすると考えるべきでしょう。

過去の経験職種や業種とは異なる未経験の職種、業種に転職する場合も、年収が下がりやすくなります。

職種が変われば仕事の手法は全く異なりますし業界が変わると業務知識や扱う商品、サービスの知識などが変わってきますから、過去の仕事経験や実績、専門的なスキルや取得した資格などをほとんど活かすことができません。

そのため、前職での仕事の経験や知識が全く通用しないので、年収が下がる覚悟が必要です。

ただ、職種や業種が変わってもどの職場でも必要とされる、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルなど共通のスキルもあります。

また、例えばIT業界で得たIT系のスキルを活かして他業界のシステム担当として転職するなど、他業界の業務知識を活かすという方法もあります。

未経験の分野に転職するなら30代が最後のチャンスですから、自分の中でアピールできることは何かを棚卸して、将来のことをしっかりと考えて転職を決断すると良いでしょう。

年収ダウンは嫁ブロックが出る可能性あり

転職を決断する男性の前に立ちはだかる「嫁ブロック」をご存知でしょうか?

転職による年収ダウンなどを理由に妻が転職を反対してくることを、「嫁ブロック」と呼びます。

家族の生活と将来を考えるのは夫だけではなく、妻も一緒です

家を建て車を購入し子供を育てて、さらに老後資金を準備するなどの家計のことは、夫と妻が協力して考えていかなければなりません。ところが、夫と妻の考え方が常に一緒とは限りません。

特に、30代の夫婦には共働き家庭も多く、夫も家事や育児を分担するケースが多くなります。

それなのに夫が転職して残業が増えたり有給休暇を消化しづらくなったりして家族の時間が減るのではなどと心配する妻も多いでしょう。

子供の学費はどうなるのか、退職金は減るのか、家族のための充実した福利厚生制度はあるのかなど気になることはたくさんあるはずです。

そんな状況で夫からいきなり、「未経験の職種や業種に転職するから年収はダウンするかもしれない、でも将来を見据えた決断だから大丈夫。」などと言われて、すぐに受け入れられる妻はそう多くはないでしょう。

夫婦がともに希望する働き方や年収について、二人で話し合いながら転職先を探すことが重要です

最初は下がっても後々上がるかも?

30代になってから転職して年収が下がるケースであっても転職後に徐々に年収が上がっていくケースもありますから、転職してすぐの収入だけで転職が成功か失敗かを決めることはできません。

専門性の高い技術職や専門職に転職した場合は、転職後にスキルを獲得していけば年収が上がる可能性があります。

例えば、他業界で働いていた人がIT系の資格を取得してIT業界に転職すると、いくら勉強しても業務経験が無ければ未経験者扱いですから、転職してすぐは未経験者の収入と変わりません。

しかし、そこから業務経験を積んで実績を上げることで、徐々に年収を上げていくことも可能です。

それに加えて、30代までに得た業務知識や経験を活かすことができれば、さらに年収アップのスピードが上がるかもしれません。

このように、転職後に活躍できる機会が増えれば、未経験からのスタートであっても年収が上がる可能性は十分あるのです。

30代の転職で年収アップする転職の方法

では、30代で転職して年収をアップするためにはどうすれば良いのでしょうか?転職活動を行う際に気を付けたいことについて、詳しくご説明したいと思います。

求人票のまま受け入れるな!年収交渉をしよう!

転職時に年収アップするために最も重要なのが、年収交渉です。

多くの人が転職する際に求人票や求人サイトに書かれた年収額について交渉しないまま転職をしてしまいますが、それでは転職後の年収を上げることはできません。

では、年収交渉はどのように行えば良いのでしょうか。

まずは年収希望額を提示し、その根拠となる能力や仕事の実績、業務経験をアピールします。

そのためには、自分の市場価値を客観的に把握、分析し、企業情報をしっかり収集しておく必要がありますし、企業側がどのような人材を求めているのかをあらかじめ情報収集しておくことも重要なポイントです。

さらに、転職活動の面接のどのタイミングで年収交渉を切り出すのかということもかなり重要になります。

面接が始まってすぐに年収交渉をしても面接官の印象を悪くしてしまいますし、かといっていつまでも待っていては交渉をするタイミングを失ってしまいます。

最終面接までに年収交渉を企業側から切り出してくればそこで交渉を行いますが、話が出ない場合はこちらから切り出さなければなりません。

このように、年収交渉のためには周到な準備と高い交渉スキルが必要となるでしょう。

転職エージェントのノウハウを借りる!

少しでも年収が上がる転職先を探したり、企業側と年収交渉をしたりするのは難しいと考える人も多いと思います。

転職をして年収が下がらないようにするためには、多くの求人情報を吟味して年収や仕事内容を納得できる求人を探し、さらに面接交渉もしなければなりません

30代で転職する人の多くは現職の仕事を続けながら転職活動をするため、ますます困難が伴うでしょう。

そんな時には、転職エージェントを利用するのも良い方法です。

転職エージェントのキャリアコンサルタントが転職希望者の希望を細かくヒアリングしたうえで希望に合った求人情報を紹介してくれます。

しかも、転職エージェントならではの年収条件や労働条件、仕事内容などの条件が良い非公開求人も数多く登録されています。

さらに、転職のプロであるキャリアコンサルタントが年収交渉まで対応してくれますから、年収を下げたくない30代の転職希望者にぴったりです。

転職者の71%が年収アップを実現!Type転職エージェント

30代で年収アップを狙って転職したい人におすすめの転職エージェントが、転職者の約71%が年収アップに成功しているという実績があるtype転職エージェントです。

type転職エージェントには数多くの年収アップの転職実績があるキャリアアドバイザーが求職者のスキルを正しく評価し、履歴書や職務経歴書作成サポートや面接対策、そして、年収交渉まで手厚いサポートをしてくれます。

年収アップを狙って転職を考えている30代の転職希望者にぴったりの転職エージェントと言えるでしょう。

type転職エージェントの評判はこちら

公式ページを見る

30代の年収が高い職種・業界ランキング

30代で年収が高い職種や業界はどこなのかを、具体的に見てみましょう。

DODAによる2017年の平均年収ランキングによると、30代で年収が高い職種トップ5は次のようになっています。

参考データ:DODA調査データ

順位 職種 平均年収
1位 投資銀行業務(金融系専門職) 1,155万円
2位 戦略・経営コンサルタント(事務職) 854万円
3位 運用(ファンドマネージャー/ディーラー/アナリスト)
(金融系専門職)
834万円
4位 営業(証券) 719万円
5位 営業(医療メーカー) 699万円

DODAの調査データによると、金融系専門職の中でも投資銀行業務の30代の平均年収が1,155万円とずば抜けて高く、運用系も834万円と高い水準となっています。

次いで証券と医療メーカーの営業職も700万円前後と高い水準が、営業職の場合業界によって年収の幅が大きく、逆に福祉・介護関連などは400万円前後と低くなっています。

企画・管理部門や技術系の平均年収も関わる業界によって幅がありますが、600万円台と高水準のケースもあれば300万円台のケースもあります。

一方で、事務系や販売/サービス系は約350万円、クリエイティブ系は約400万円とどの職種でも低水準です。

金融系専門職や技術系、営業職などでは専門性が求められるため全体的に年収が高くなっていますが、関わる業界によっては年収が低いケースもあります。

一方で、事務系や販売/サービス系は専門性が低いため年収が低く、専門性が高いクリエイティブ系であっても年収が低い傾向にあることがわかります。

安定の大手か?チャレンジのベンチャーか?

30代で年収アップを考えて転職先を選ぶ際には、大手企業が良いのか、それともベンチャー企業や中小企業が良いのかを悩む人も多いでしょう。

どちらを選べば良いのでしょうか?

一般的に、大手企業や上場企業は年収水準が高いですが、年功序列制度が根強く残っている企業も多く40代を過ぎると年収が大幅に上がるケースが多くなっています。

30代で高年収を得られる場合もありますが、40代を過ぎて管理職にならなければ大幅な年収アップが望めないと考えた方が良いでしょう。

ただし、大手企業は安定しているため30代で転職して定年まで働くことを考えると、大手の方が良いと考えることもできます。

一方で、能力主義のため実力次第で若くても高年収を得られる可能性が高いのが、ベンチャー企業です。

しかし、経営基盤が整っていない企業もあり、必ずしも高年収を得られるとは限らないため事前に経営状況を調査する必要もあります。

安定の大手企業かチャレンジのベンチャー企業なのかを決めるのは、転職者自信です。

しっかりと企業の状態や給与規定を把握して転職先を決める必要があるでしょう。

30代女性転職は年収よりもやりがい重視?

転職する際には年収を重視するのはどちらかと言えば女性よりも男性の方が多く、女性は仕事のやりがいを大事にすることが多いようです。

特に、子育て世代の30代女性は仕事に家事に育児にと忙しい毎日を送っています。

もちろん、本音では女性もやりがいも収入も重視したいと考えているはずですが、それにプラスして家庭やプライベートも大事できる転職をするとなると選択肢が狭まります。

そのため、収入面の条件は捨てて、やりがいやワークライフバランスを重視する女性が多いと考えられます。

では、30代の女性がライフスタイルやキャリアを充実させながら転職をするためには、どうすれば良いのでしょうか。

そのための一つの方法として転職エージェントの利用があります。

30代女性におすすめの転職エージェントをチェック

女性向けの転職エージェントならやりがいを持って働きたい、やりたい仕事がある、育児や家事と仕事を両立させたい女性の要望に応えて転職を成立させた数多くの実績があります。

そのため、女性に親身に寄り添って相談に乗ってくれますし、女性向けの求人案件を多数保有していますから、女性が良い転職ができる可能性が高まるのです。

30代女性のリアルな転職事情をチェック!

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に各転職サイトの特徴やポイントを改めてご紹介します。転職サイトは、それぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクルートエージェント
  • 転職しづらい30代~50代の層に特に強い
  • 業界最大手のリクルートで条件交渉力No.1!
  • 非公開求人が9万件!リクルート独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉も担当コンサルタントが代行

転職成功実績No.1で、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

パソナキャリア
  • 業界トップクラス40,000件以上の求人数
  • 注目企業の求人多数!
  • 専門特化したキャリアアドバイザーに相談したい方
  • 年収アップをサポート

『正しい転職』を目的とした転職エージェント
正しい転職の条件が一人一人違う中で、コンサルティングを通してしっかりとサポートします。
公式サイトはこちら

関連記事

30代女性(子持ち)転職は難しい?コンサルタントが語る成功のコツ

子育てをしていてふとした瞬間、「育児と家事を両立したやりがいある仕事をしたい」「子持ちだけどもっと条件の良いところで働きたい」と思うママさんは…

30代でも未経験転職はできる?正社員になるために必要な2つのコツ

「やっぱり。この業界向いてないかも」「チャレンジするなら、ラストチャンスなのかな?」と思っていませんか? 30代で未…

30代女性の転職はまだ遅くない?成功のコツは転職サイトの有効活用

「20代の方が転職しやすいのではないか…」「30代だともう転職できないのでは…」と悩む30代女性の方は多いのではないでしょうか?確かに、20代に比べると…

30代女性の転職は厳しい?アラサーを取り巻く転職事情と成功のコツ

30代の女性は、ライフイベントや取り巻く環境の変化が増えて来る年代です。そのため「キャリアアップもしたいし、プライベートも両立したいけど、転職するのはちょっと怖い」という…

30代女性におすすめ転職エージェント!利用のコツと成功のポイント

「30代の女性向けの転職エージェントはないの?」「男性と違うし30代で転職するのって難しい?」そんな悩みや不安を将来に抱えている方が自信を持って

30代転職は資格がないとムリ?取得難易度と未経験でも成功するコツ

転職する際に資格を取るのが有効と言われていますが、「30代で資格を取るのは大変?」「資格がないと転職できないの?」などと、資格を取ることについて…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事