pixta_22677519_S

薬剤師在宅ワークの副業で月5万稼ぐ!在宅勤務・内職4選と求人情報

最終更新日:2017/03/24

「家庭を重視しながら仕事をしたい」
「子供がいない間や介護の間の空いた時間に働きたい
「通勤して職場で働くのは苦痛」

などといった様々な理由で、今流行の自宅でできる在宅の副業バイトを希望する女性薬剤師が増えているとか。

でも、在宅ワークって具体的に何をするのか。
どうやって始めたらいいのか…。収入はいくらなのか…。

そんな悩みを抱えている薬剤師のために、在宅ワークのメリットや、4種類の仕事内容、仕事紹介から報酬を受け取るまでの流れなどをご説明しましょう。

1.在宅勤務のメリットは?空き時間を有効活用して賢く働く

img20170002
在宅勤務を始めようと思うきっかけは、やはり育児や介護と仕事を両立させやすいということにあります。期限さえ守れば時間の融通がききますし、自分のペースで仕事を進める事ができます。何より子供は母親が近くにいるだけで安心ですよね。

実際に在宅ワークをしている薬剤師が感じるメリットは以下になっています。

  1. 人目を気にせず自分のペースで仕事ができる。
  2. 職場の人間関係で悩むことがない。
  3. 場所も年齢も関係ないので長く続けられる。
  4. 結果に見合った報酬でやりがいがある。
  5. 通勤の必要がないので時間を有効に使える。
  6. 家族が転勤しても仕事を続けられる。

これまで医者や看護師、患者や職場の同僚など人間関係で色々と悩んでいた場合、自分のペースで自宅仕事ができる気楽さは今までのストレスを払拭してくれます。

子供が幼稚園から帰ってくる、親がデイサービスから帰ってくる等々…限られた自宅での空き時間を在宅ワークの時間として有効に使えるようになるのです。

ただ在宅ワークでは人間関係を気にする必要が全くないかと言われればそうでもなく、顔は見えませんが、常にお客様を相手に仕事をすることになりますので信頼関係の構築が大切です。

2.自宅が職場!薬剤師在宅ワークの仕事内容4選

薬剤文献の翻訳等

外国から輸入された薬剤の翻訳や、最新医学薬学の外国の文献、企業研究情報の翻訳等の業務内容があります。薬剤師の資格があって、英語が得意な人にお薦めです。また、日本の製薬会社のDI業務(情報管理)を手伝ったりすることもあります。

メディカルライター業務

医薬品、サプリメント、病気情報等の記事作成を自宅でおこない、ネットを通じて納品する医療事務関係の仕事です。薬剤師の体験談を書くこともあります。クライアントも薬剤師であることを理由に依頼してくることが多いので、今までの調剤業務の経験などは無駄にはりません。

お問い合わせ業務

製薬会社の医療用医薬品等の電話での問い合わせ窓口になるというサービスを、自宅で行うというものです。
電話だけでなく、ネットのメールでの対応のお仕事もありますので、ペットの鳴き声などの日常騒音が気になる人におすすめです。

代行書類の作成

研究機関やCRO(医薬品・医療機器開発業務受託機関)などの治験において各種申請書類の作成や、プロトコル(治験を実施するにあたっての実施計画書)を作成します。

3.仕事紹介から報酬を受け取るまでの流れ

応募から業務、報酬を受け取り、次のお仕事を依頼されるまでの全ての流れをインターネットを通じて自宅で行うことができます。
在宅ワークの経験のない方に、実際の流れをご説明しましょう。

1.【紹介・依頼】

クライアント(顧客)と在宅薬剤師の間に入る人材紹介会社を介して仕事の依頼を受ける。

2.【仕事内容の説明】

次に、仕事の量や内容をクライアントから説明を受け、互いに合意した上で仕事を始める。
(もちろんその時に納期日も設定される)

3.【完成確認・修正】

出来上がると、クライアントに仕事を見てもらう。
修正を求められることもありますし、あくまでもクライアントの記事なのでクライアントの意向に沿った書き方であることが大切。

4.【完了・報酬】

クライアントからOKが出れば、納品。報酬の発生。

1から4の例での工程で、かかる日数は最短1週間程度。「今すぐお金が欲しい」という方にとってはうれしいですよね。
給与や報酬は仲介に入っているサイトによって違いますので、それにならって頂くことになります。

仕事も単発の場合、継続の場合とあるのでこの先は人次第、と言えるでしょうね。
仕事の量を自分で決められ、自分のペースで仕事ができる事が在宅業務のメリットです。納期は必ず守りましょう。

4.在宅ワーク薬剤師の年収は400万!?

在宅薬剤師として内職を始める場合、どれぐらいの収入が手に入るのか気になるところです。
薬剤師ということもあり時給も高く、月20-30万で、年収は400万円ほどです。

一般の方向けの在宅業務の相場よりも高値の報酬が掲示されています。

でも、薬剤師とはいえ、在宅ワークの未経験者がいきなり最初から高額報酬をクライアントから頂けるわけではありません。
自分の能力・技能スキルに合わせて信用を作りながら、仕事も少しずつ増やしていけばクライアントから自然と多くの仕事がもらえるようになります。

最初から、自分の能力以上の仕事を求め信用を無くしてしまわないことが大切です。

そうした、地道な業務の継続の結果、前述したような高額の報酬を頂けるということを理解しましょう。

5.激レア!在宅ワークの仕事は薬剤師専門求人サイトの紹介

薬剤師転職サイトの中で自宅で行う「在宅ワーク」の公開求人情報は月に1件もありません。理由は転職サイト全体の求人のほとんどが非公開求人になっているからです。在宅ワークは人気が高く、公開求人にすると応募が殺到します。ライバル社に単価を知られない為に非公開にしている場合もあります。
そのため「在宅ワーク」の求人はネット上には出回りません。

しかし、非公開求人である募集企業名の紹介は薬剤師専門の転職サイトに無料登録し専属の転職エージェントやコンサルタントをつけることで可能になります。

エージェントの多くが非公開求人を保有している可能性が高く、「在宅ワーク」ような非公開求人はエージェントと紹介先の職場との信頼のもと紹介してくれます。