薬剤管理業務をする人

薬品管理業務の仕事!業務内容や年収、必要な資格について

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬品管理の仕事とは、どのような職なのでしょうか。業務内容や年収、どのような資格が必要か、また持っていると有利な資格はあるのかなどについて説明してまいります。

薬品管理の業務内容

病院などの医療機関が、薬品管理業務の主な舞台となります。医薬品の出庫状況や在庫状況を見ながら必要な薬を発注する『購入管理』や院内にある全ての薬剤の在庫数や入庫数を集計し、使用期限は守られているか、保管場所は適正か、過剰在庫はないかなどのリストを作成しチェックする『在庫管理』を行います。

また、毒薬や劇薬、麻薬、向精神薬、ハイリスク薬、血液製剤などの『法規制が必要な薬剤の管理』や、病棟などの各部署へ必要な薬剤が供給されているか、適正使用されているかを確認する『供給管理』も薬品管理の仕事です。『供給管理』では、品目や入庫出庫・使用量が適切であるかの見直し業務も行います。

また、製薬会社や薬品卸業者、医薬品倉庫で薬品管理を行うこともあります。この場合も、倉庫や会社内の入出庫状況から発注を行ったり、適切に保管されているか、使用の期限は守られているかの管理業務を行ったりします。

いずれの薬品管理業務も、院内で薬剤が円滑に提供され、在庫状況から余計なコストを削減するために不可欠な仕事です。
【年末年始限定!】薬品管理を行う求人の情報を見てみる

薬品管理業務のやりがい

病院内の薬剤部で勤務する場合には、医師や看護師、他の薬剤師と連携を密に取り情報を共有する仕事でもありますので、チーム医療の一員として入院患者や外来患者の治療に当たるという実感が得やすいのが特徴です。

また、発注確認や情報収集を通じて、病院全体の動向が手に取るように分かるのも、薬品管理業務のやりがいとして挙げられます。細かな入力作業も多いですが、マクロな視点も同時に持つことができる稀有な立場とも言えるでしょう。

倉庫や企業内で働く場合は、場所によっては1人あるいは少人数で管理を任されることがあります。ですが、卸問屋や医療機関との中継地点として他の企業の人々とのコミュニケーションはしっかり取らなくてはなりません。消費者と生産者をつなぐ立場としてのやりがいを感じることができる仕事と言えるでしょう。

薬品管理業務の年収

残業や休日出勤はほとんどない仕事ですので、規則的に働くことができる職種と言えます。勤務する医療機関によっても多少異なりますが、400万円~500万円の年収のことが多いです。また、倉庫や企業で働く場合も、基本的には残業や休日出勤が少ない、働きやすい職種と言えます。都市部か地方かによっても異なりますが、350万円~450万円が平均年収となっています。

薬品管理業務に必要な資格・持っていると有利な資格

薬剤師の国家資格があり薬剤情報に通じていれば、薬品管理業務を行うに当たって特に必要な資格はありませんが、麻薬や劇薬などの安全性が低い物質を取り扱いますので、『毒物劇物取扱責任者』などの資格を持っていると重宝されます。

薬品管理業務の求人

病院の薬剤部で薬品管理に携わる場合、勤務時間が規則的なだけでなく、産休や育児休暇などもとりやすい職場が多いため、離職率が少なく求人数も多くはないのが現状です。また、ほとんどの薬品管理業務が正社員として募集されるため、パートタイムや非常勤社員として働きたい場合は求人を探すのが難しくなると言えるでしょう。

倉庫や企業に勤務する薬品管理の仕事も、基本的には正社員での募集となります。倉庫や医薬品・医薬品卸企業の数だけ需要がありますので、地方でもこまめにチェックしていれば比較的見つけやすい求人となるでしょう。

薬品管理業務に求められる人材

医療機関で勤務する場合も企業・倉庫で勤務する場合も、正確な数を把握して入力する作業がメインになることが多いです。ですから、正確さや几帳面さなどの資質が、薬品管理業務には強く求められるということができるでしょう。

また、異業種や異職種の人とのコミュニケーションは、仕事の上でどうしても避けることができない点となります。自分以外の立場の人とも理解しあえるコミュニケーション能力は、転職の際にも必ずチェックされるポイントとなるでしょう。

まとめ

薬品管理業務は、入出庫といった単純な数の管理から、管理場所や管理状況などの個々の医薬品の性質や使用期限をしっかりと把握しないとできない管理まで、幅広く医薬品を管理する仕事です。管理状態が適切でないと、患者や利用者の健康に多大な影響を与えてしまいますので、その責任は非常に大きいと言うことができるでしょう。

個々の薬剤に気を配るだけでなく、全体としての在庫状況にも気を配らなくてはならないことも、薬品管理業務の特徴となっています。細かいことだけでなく、全体を見渡すことができる能力も必要なのです。また、薬品管理業務は主に正社員での募集となっていますので、安定した職を求める方には最適な職種とも言えます。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えるべき!

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

ウェブ上では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位スキルアップを考えるなら断然エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 研修制度が整った職場の求人がどこよりも多い
  • 資格を活かした幅広い職場、職種の求人が業界最大級の転職サイト
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載

2位人材大手のマイナビ薬剤師は求人の幅が最も広い

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 薬剤師利用者満足3年連続NO.1
  • 研修制度やスキルアップの流れの詳細をコンサルタントが丁寧に教える。
  • 人材大手企業のマイナビは様々なジャンルの求人が豊富

3位独自の教育プログラムがあるファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 日本調剤監修の独自教育プログラムでスキルアップに不安なし
  • スキルを学びながら収入アップも可能にする
  • 面接同行サービスで薬剤師の希望が通りやすい

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら