医療薬品情報業務をしている風景

医薬品情報業務の仕事とは?業務内容や年収、必要な資格について

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

医薬品情報業務は、医薬品の開発から製造、また使用の全ての段階において求められる仕事です。情報が必要となる全ての現場で業務が発生しますので、製薬会社だけでなく病院や薬局などの医療機関で募集されることもあります。

医薬品情報業務の仕事の内容や年収、必要な資格や保有していると優遇される資格などについて説明いたします。

医薬品情報の業務内容

薬剤師が、医療情報を必要としている人に適切な情報を提供するのが、医薬品情報の主な仕事内容です。資料や論文をそのまま提供するだけでなく、必要とされる情報を相手に合わせて使用しやすく加工することも業務に含まれます。

患者はもちろん医師や看護師などの他の医療スタッフにも薬剤情報や副作用に関する情報を提供し、適切に製品を扱うだけでなく医療の有効性と信頼性の向上も目指します。Drug Informationの頭文字をとって、医薬品情報業務を担当することを『DI業務』または『DI活動』と呼ぶこともあります。

医薬品情報に使う資料

薬に関する情報や知識は、どこから入手するのでしょうか。医薬品情報業務で使用される情報は、その加工度の低さから『一次資料』『二次資料』『三次資料』と分類されます。

一次資料

薬学雑誌に掲載されている原著論文や学会の抄録、試験データや研究データなど、加工度が低く信頼性と重要性の高い資料は、『一次資料』と呼ばれます。

二次資料

一次資料はそれぞれの学術雑誌や抄録から検索されますが、『二次資料』は一次資料を検索用に加工したもので、薬学関係や医学関係のデータベースから検索して得られるものを指しています。

三次資料

一次資料をもとに執筆された教科書や公定書、製薬メーカーが作成した添付文書や医薬品製品情報概要などは『三次資料』に相当します。薬剤師が医薬品情報業務で用いる資料としてもっとも汎用性が高いのが『三次資料』ですので、普段から製薬企業や薬剤卸業者、薬剤師会と緊密な連携を取っておくことがDI業務では求められています。

医薬品情報業務の年収

製薬企業や薬剤販売会社に勤務し、医療機関へ医薬情報を提供する営業職を医薬情報担当者(MR)と呼びます。担当先の病院や薬局を回りながら、自社製品の効果や利点・理論をアピールし、導入や乗り換えを促すのが主な仕事です。

忙しい医師の都合に合わせて営業を展開しなくてはなりませんので、勤務時間や休日も不規則になりがちです。そのため、比較的高年収のことが多く、全国平均で650万円前後となっています。

病院などの医療機関のDI室(医薬品情報室)に病院薬剤師として勤務する場合は、ほとんど夜勤や残業がなく規則的に働けますが、年収はその分低くなり、400万円~450万円が平均となっています。

製薬会社のMRとして勤務する場合も病院のDI室に勤務する場合も、基本的には正社員としての雇用となりますので、パートタイムや非常勤などの雇用形態での採用はほとんどありません。

医薬品情報業務のやりがい

製薬会社で医療情報担当者として働く場合は、自社製品の知識を深めることで自信を持って医師や薬局薬剤師に営業活動を行うことができます。忙しい医療従事者とアポイントをとって契約してもらったときは、大きな達成感とやりがいを感じることができるでしょう。

また、病院薬剤師として医薬品情報業務を行う場合は、医師や看護師・管理栄養士などと連携して治療を行いますので、チーム医療の現場に携わるだけでなく、チームの一員としての達成感を感じることができます。薬剤を使用する患者が目に届く距離にいることも、やりがいを感じやすくなる一因と言えるでしょう。

医薬品情報業務の求人

病院薬剤師は入れ換わりが少なく、求人数もあまり多い方ではありません。残業や夜勤・休日出勤が少ないことも、定年まで勤める薬剤師が他の職場と比べると多くなる理由の1つになっています。

MRは営業職という特性上、新卒すぐに配置されることが多く、転職の求人も上限年齢が30~40歳までに限定されていることも少なくありません。ですが、勤務時間が不規則なことが多いため離職者が比較的多く、募集件数は多いと言うことができます。

医薬品情報業務に求められる資格・あると有利な資格

医療機関に勤務する場合も製薬会社に勤務する場合も、いずれの場合も薬剤師の国家資格さえあれば求人に応じることができます。ですが、MRとして働く場合は、公益法人MR認定センターが実施している『MR認定試験』を持っていると有利です。

まとめ

医薬品情報業務は、幅広い医薬品に対する知識や情報が求められる仕事です。自発的に薬剤について学ぶ姿勢が重要だと言えます。また、人間関係の調整能力も求められる仕事です。豊富な情報を入手するためにも、持っている情報を相手側に受け入れてもらうためにも、関わる医師や薬剤師・看護師、製薬企業の担当者と、普段から密接にコミュニケーションを取っておくことができるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えるべき!

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

ウェブ上では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位スキルアップを考えるなら断然エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 研修制度が整った職場の求人がどこよりも多い
  • 資格を活かした幅広い職場、職種の求人が業界最大級の転職サイト
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載

2位人材大手のマイナビ薬剤師は求人の幅が最も広い

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 薬剤師利用者満足3年連続NO.1
  • 研修制度やスキルアップの流れの詳細をコンサルタントが丁寧に教える。
  • 人材大手企業のマイナビは様々なジャンルの求人が豊富

3位独自の教育プログラムがあるファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 日本調剤監修の独自教育プログラムでスキルアップに不安なし
  • スキルを学びながら収入アップも可能にする
  • 面接同行サービスで薬剤師の希望が通りやすい

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら