臨床開発

薬剤師が臨床開発モニター職になるために必要な知識

薬剤師の目指す職業は、調剤薬局や病院という場に限られません。最先端の情報に触れたいという希望から、臨床開発モニターに関心を寄せる方もいるのでは? このページでは、そのような方に向けて、臨床開発モニターになるための方法、実際の仕事内容などを解説いたします。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1.CRA、CRC、CRO、それぞれの意味と仕事、求められる資質を再確認

まずは、臨床開発モニターについての基礎的な知識をおさらいしておきましょう。

薬剤開発や、新しい薬剤を被験者に使用してもらう臨床試験の際、大切な役割を果たすのがCRA、CRC、CROという立場の機関・立場です。

  • CRA(Clinical Research Associate):臨床開発モニター
  • CRC(Clinical Research Coordinator):治験コーディネーター
  • CRO (Contract Research Organization):臨床試験等を受託する機関(会社)

この中で、薬剤師が臨床開発の仕事に直接携わることができるのはCRAとCRCです。

CRAは治験をプロデュースする役目

CRAは主に製薬メーカーに所属し、治験を進めるために総合プロデューサーのような役割を果たします。業務内容は治験を実施する病院や医師の選定から契約、治験薬の準備、被験者を募り登録を促す、治験の結果を報告書にまとめるなどです。治験の一連の流れすべてに触れることができます。

治験への協力を依頼する立場ではありながら、プロジェクトのかじ取りをし、軌道に乗せる必要があるため、マネジメント力と控えめなリーダーシップ力が求められます。

CRCは治験の現場担当者

CRCは主に病院に所属し、治験を現場で支える役割を果たします。治験の準備、被験者へ治験の内容を説明する、現場スタッフを支える、製薬会社など治験依頼者フォローなどです。

医療知識のない被験者と接するため、わかりやすい言葉で薬のメリット・デメリットを伝える力が必要です。先々起こるであろう事にまで思いをめぐらし、先回りをする力が求められます。

CROで働くCRAはモニタリングの役割

CROに所属するCRAは、薬剤メーカーのCRAと比較してさらに強力なモニタリング(治験の監視)という性質を帯びます。データ管理、報告業務や、統計学的分析データを作成する、医薬品が販売開始された後の調査も行います。

2.CRA・CRCのやりがいと仕事の現実

臨床開発モニターは、これから世に出る薬そのものと、それを使ったときに起こることを自分の目で見る貴重な経験を積むことができます。これは、ほかの職場・職種では経験できることではありません。そういった意味で、CRAはとてもやりがいのある仕事といえます。

しかし、CRAならではの厳しさがあるのも事実です。そのやりがいと現実、両面からCRA職の現実をみていきましょう。あなたの希望と重なる点はあるでしょうか。

CRA「人気のポイント」と「やりがい」

臨床開発モニターは、給与が高い、福利厚生が充実している、新薬の開発に携わる立場ながら土日祝日が休みという条件で薬剤師に人気です。

現在CRAとして働いている薬剤師が感じているやりがいは以下の通りです。

自分の裁量で仕事を進めることができる
治験に関わる決定権を持っていることで、特定の分野で著名な医師や、新進気鋭の医師に至るまで幅広い医師と仕事ができる

医療従事者として多様な経験を積むことができる
成功ケースはもちろん、失敗したケースであっても症例を多く知ることで医療従事者としての財産を得られる

社会貢献度が高い
自分の関わった薬が世に出て、患者を治癒に導くことになるという自負は薬剤師にとって何よりのやりがい

CRA・CRCの待遇は?

気になるCRAとCRCの年収などはどうなっているでしょうか。

CRA 
中堅クラスなら年収800万円前後。福利厚生は企業による。残業は月に30時間程度で、MRほどの激務ではない

CRC 
中堅クラスなら年収700万円前後。福利厚生は企業による。残業は月に20時間程度

薬剤師という大きなくくりから見たCRAという仕事

臨床開発モニターという仕事は、病院や調剤薬局勤務の薬剤師とは違い、勤務時間が長くなることも知られています。端的にいえば、「やりがい」と勤務時間がトレードオフの関係にあるというわけです。具体的な勤務イメージは以下の通りです。

移動時間が長い
CRAは、近隣の病院ばかりでなく広域の病院とも取引を行います。地方出張・海外出張も多く、日中は折衝業務・病院訪問が中心です。月の半分は県外への出張というCRAもおり、たった半年で飛行機のマイルがヨーロッパ片道分たまったというエピソードも。

ワークライフバランス
仕事と家庭の両立にかんしては、決して良いとはいえません。自分である程度コントロールができるものの、トラブルが発生した場合は直行しなければならず、気が抜けません。

薬学以外の知識が必要
薬学のみならず、医学の知識を持っていなければ仕事になりません。常に学ぶ姿勢と勉強の時間を確保する必要があります。

人間関係の難しさ
医療機関・医師の協力があってはじめて治験が実現しますから、医師や看護師に頭が上がらないこともしばしばです。

薬剤師が臨床開発モニターを目指す理由

臨床開発モニターは通常の薬剤師なら無縁のストレスもありますし、やはり厳しい仕事といえそうです。それでも、薬剤師が「やっぱり臨床開発モニターとして働きたい」と希望する理由には何があるのでしょうか。主に以下の動機が挙げられるでしょう。

  • 薬を通して将来的に多くの人を助けることができ、社会貢献できる
  • 多くの協力者とともに進めるプロジェクトの中で人間力が磨かれる
  • 薬学のみならず医学的知見・見識が養われる
  • なかなか経験できない症例を担当することによってキャリアを積むことができる
  • 将来重宝されるであろう知識を身につけることができる

新卒で臨床開発モニターが出会う「つらいこと」

薬剤師としての勤務をしたことがない新卒者がCRAとして採用されたときに、どのような経験をするのでしょうか。薬剤師としても社会人としてもこれから、という新卒CRAがよく遭遇する悩みは以下の通りです。

精神的ダメージ
大学時代に特定疾患や難病に関わった経験をもたないままCRAになってしまったため、衝撃的な症例に遭遇し精神的にまいってしまう

人間関係の悩み
多忙な医師に会うことができず、提携病院や医師を探す場面で追い詰められてしまう

3.「それでも臨床開発モニター薬剤師になりたい!」という方が知っておきたいこと

続いて、臨床開発モニターに求められるスキル・適正についてみていきましょう。どうすれば、薬剤師が臨床開発モニターの座を得ることができるのでしょうか。実際の転職成功事例も交えて紹介していきます。

求められるスキル・適正

臨床開発モニター(CRA)は、多くの人と接することが求められますし、関係するすべての方への配慮なくしては仕事が進みません。そのため、以下のようなスキルや適正が求められます。

コミュニケーション能力
治験プロジェクトに協力してくれる人を募る必要があります。具体的には協力依頼、モニタリング、進捗状況のとりまとめと報告、今後の方向性を修正するなど、ほぼ全ての場面で求められます。

危機管理能力
治験には必ずリスクがともないます。トラブルが起こる前に予知し対策を立てる必要があります。協力関係にある方々に関わるリスクへの配慮も必要ですし、治験計画を立てるとき、病院選定をするとき、報告をするときなど、仕事全般に危機管理能力が求められます。

人を信頼し、頼る力
CRAは「プロデューサー的立場」で臨床開発に臨む仕事です。責任感からすべての仕事を抱え込んでしまえば、仕事が立ち行かなくなることもあります。人を信頼し、人に頼ることも大切な資質です。医師の選定やデータ収集、統計調査、日々のコミュニケーションというシーンで必要なスキルといえるでしょう。

CRAになりたい薬剤師には、英語力が求められることも

治験の現場では英語力が必須ではありませんでしたが、日本で働く外国人医師の増加につれ、その重要性が見直されています。外国人医師は日本国内であっても英語やドイツ語で会話をするため、治験への協力を仰ぐときには英語力が求められます。

海外の治験に関わるとき英語は必須で、TOEIC700以上が求められています。

CRAへ転職した先輩たちの事例
病院薬剤師などからCRAへの転職を果たした先輩薬剤師は、どのような志で転職に踏み切ったのでしょうか。その事例を知り臨床開発モニターになりたいときの参考にしてください。

    【20代後半・男性・病院薬剤師】 

    新卒時にCRAを希望していましたが、その夢はかないませんでした。一旦は病院薬剤師として勤めましたが「CRAになりたい」という夢が捨てきれず転職。治療薬がない難病患者の手助けをしたいという社会貢献の気持ちからの一大決心でした。

    【30代後半・女性・病院薬剤師】 

    病院薬剤師として勤務していましたが、一定範囲内の薬剤や患者への対応が続くため、さらなるやりがいが欲しいと思いました。総合病院などで経験を積みキャリアアップをしたいという考えもありましたが、最終的にCRAに転職をしました。

    【40代後半・男性・専門薬剤師】 

    専門薬剤師として勤務してきた経験を活かし、新たな活動の幅を広げ自己実現を果たしたいと願いました。知識と経験を無駄にしない転職につなげるため、CRAの道を選びました。

未経験でCRAに転職する前に知っておきたいこと

最近は、企業もCRAの採用を積極的に行っています。大々的に求人情報を発信してはいませんが、CRAを経験した人材の不足という背景から、教育体制を確立しようともしています。新薬に対する市場ニーズが増加していることもその動きに拍車をかけています。

未経験でも転職したいときのコツは、シンプルに「CROへ入社すること」です。ときに特定派遣社員というかたちで現場経験を積むこともできますので、CROと、特定派遣社員との両方で求人情報を探すことができればなおよいでしょう。

4.臨床開発モニター薬剤師として働きたいときに相談すべきところは?

薬剤師経験者であっても、新卒であっても、臨床開発モニターとして働きたい場合は薬剤師専門の転職サイトへの登録をしましょう。なぜなら、臨床開発モニターという仕事は求人自体が公開されていないことが多く、一人の力で探すのが現実的に難しいからです。

また、薬剤師専門の転職サイトに登録すれば、薬剤師専門の転職エージェントが味方についてくれます。エージェントは転職のプロ中のプロです。

多くの転職事例を見守ってきた経験から、あなたの目指すものや資質を見抜き、臨床開発モニターに限らずあなたに適すると考えられる仕事を勧めてくれることもあります。

キャリア形成のために転職したいと考えるなら、まずは薬剤師専門の転職サイトへの登録からスタートしてください。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら