薬剤師が研究・開発職に転職する、とっておきの方法とは?

薬剤師の転職のなかで最もハードルが高いとされる研究・開発職への転職。しかし新薬の開発に携わることは不可能ではありません。ここでは研究・開発職を目指す薬剤師はどのようなキャリアを選ぶべきかを紹介します。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000~円、年収800万円以上

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500~円、年収780万円以上

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000~円、年収730万円以上

詳細を見る

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.薬剤師の研究職として採用されるために

製薬会社の研究・開発職に転職する場合、ライバルとなるのは薬学部の出身者だけではなく、工学部や農学部、医学部など異なる学部の出身者と競うことになります。そのことも踏まえた上で研究者になりたいという気持ちをしっかり持つことがまず大事でしょう。

また、企業によっては学歴で採用の可否がほぼ決まってしまうようなところもあります。

東大、京大など旧帝大の大学院、しかも博士課程を修了した人がほとんどという研究所もあり、最低でも修士課程を修了していなければ採用されないというところもあります。ですから、あらかじめ採用情報をつかんでおかないと無駄足になってしまいます。

更に、企業の研究所では、調剤の経験などはあまり役立ちません。何か特定の薬物に詳しいとか、特定の病気に関して詳しいなどという得意分野を作って武器にする必要があります。

もし製薬会社でなくとも開発に携わりたいのであれば、製薬会社の開発職への転職よりも難易度が低いCRA(臨床開発モニター)やCROなどをおすすめします。これらは外部から臨床開発を受託する機関ですので、開発に携わることができ、求人も頻繁に出ます。

また「薬剤師免許を活かした仕事がしたい」という思いをお持ちならば、企業の品質管理やMRはいかがでしょうか。

例えば、MRの経験があればCRAへの転職にも有利になりますし、キャリアの幅は格段に拡がります。CRCならば未経験者の募集も少なくありません。一度薬剤師専門の転職サイトで臨床開発関連の薬剤師求人を見てみてはいかがでしょうか。

CRAや品質管理などの求人について詳しく知りたい方はこちら

2.研究職の薬剤師に転職するには?

製薬企業の研究開発職は、薬剤師免許を活かせる職場として特に人気があり、高年収な上に待遇面で恵まれているといったイメージから希望する人が多く見られます。

確かに、製薬企業を初め大手企業の研究室などは、週休二日制で土日休みのところが多いようですが、実際は残業もあり、研究内容によっては徹夜もあり得ます。

それでも一度採用されたら離職する人が少なく、募集自体が少ないのが企業の研究職ですから、一般の調剤薬局やドラッグストアの求人を探すのとは違う形で転職活動を進めなくてはなりません。

研究・開発の求人は他の職種の求人と異なり、転職サイトには公開されません。転職サイト側は応募条件に適した人材にピンポイントに求人を紹介するため、非公開求人という形式をとっているのです。ですから研究の求人を探したい方はあらかじめ転職サイトに登録しておき、「研究開発の求人が出たら教えてください」というように伝えておく必要があります。自力で研究職の求人を探すことは不可能だと言ってよいでしょう。

研究職の非公開求人について詳しく知りたい方はこちら

3.薬剤師としての経験をフルに活かす

薬剤師であることがそのままアドバンテージにはならない企業の研究職ですが、だからと言って、薬剤師が必ずしも不利だというわけではありません。

企業の研究職の求人には意外と薬剤師免許を必要とするものがあります。工学部や農学部出身者はもちろん、研究職に進んだ薬学部出身者の中にも薬剤師免許を取得していない人もいるため、薬剤師免許を持っているということ自体がプラスとなることもあります。

また、MR職や管理薬剤師として実績は、他の研究員にはない強みとなることもあります。ですから、薬剤師としての経験は全て活かすつもりで転職活動を行いましょう。

4.研究職になるためのアピールを学ぶには

工学部や農学部、医学部出身者もライバルとなるため、薬剤師としてだけでなく、あらゆる面で企業の欲しがる人材である必要があります。

しかし、1人で転職活動を行っていると、企業の研究職は、調剤薬局やドラッグストア、医療機関などで求められるスキルや知識と異なるということくらいしか思い浮かばないかもしれません。

ですから、薬剤師専門の転職サイトに登録し、企業の内部まで詳しく知っているエージェントを利用して、細かい情報を教えてもらう必要があるでしょう。その上で、どんな点をアピールするとよいか、どんなアピールの仕方がよいかなど、質問してみると、具体的なアドバイスをもらうことができるでしょう。例えば日本最大級の薬剤師求人サイト「エムスリー(薬キャリ)」がおすすめです。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

薬品管理業務の仕事!業務内容や年収、必要な資格について

薬品管理の仕事とは、どのような職なのでしょうか。業務内容や年収、どのような資格が必要か、また持っていると有利な資格はあるのかなどについて説明してまいります。

年収も福利厚生も最高クラス!企業薬剤師という「賢い」働き方

薬剤師の仕事といえば「薬局で調剤」のイメージが強いですが、薬剤師にはそれ以外にもできる仕事、働ける職場があります。それが製薬会社等の企業で働く「企業薬剤師」です。薬剤師が活躍す…

食を通じて健康を支える仕事! 薬剤師が食品メーカーで実現できること

薬剤師が活躍できるステージは多様です。食品メーカーもそのひとつ。高齢化が進み、健康に着目する人々が増えている近年、セルフメディケーションの考え方も浸透しています。食品メーカーでは、健康を増進する新…

MRの仕事!業務内容や年収、求められる資格について

薬剤師が求められる職種の1つに『MR(Medical Representative:医療情報担当者)』があります。主に製薬企業に勤め、自社製品の営業活動を行う仕事ですが、具体的にはどのような業務を行い、どのような場面で活…

薬剤師過剰時代で生き残る薬剤師は英語スキル持ち

国際化社会の時代、薬剤師にとって英語は必須の労働条件ではありませんが、どんな職に就いていても、英語を話せることが無駄になるわけありません。薬剤師もそうです。海外から観光目的や移住目的で日本国内の外…

  1. 薬キャリ

    薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

    • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
    • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
    • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

    無料登録する

  2. マイナビ薬剤師

    利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

    • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
    • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
    • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

    無料登録する

  3. ファルマスタッフ

    薬剤師の高年収求人の宝庫!

    • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
    • 「職業紹介優良事業者」に認定
    • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

    無料登録する

最新記事