医薬品卸会社の管理薬剤師、仕事内容&平均年収の徹底解説と求人情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業薬剤師と言えば、製薬会社のMRがすぐに思いつきますが、他にも、医薬品卸会社の管理薬剤師という職種があります。管理薬剤師がいなければ、医薬品卸の運営はできません。医薬品卸の各営業所には管理薬剤師をおかなくてはいけないと薬事法にあります。 MRのような派手さはないけど、会社の中では大変、重要なポストに位置している医薬品卸会社の管理薬剤師はどんな仕事をしているのでしょうか?

 

1.医薬品卸での仕事内容 管理薬剤師の4つの役割

具体的にどんな業務内容なのでしょうか。見ていきましょう。

1.法律遵守の見張り番 薬事管理

薬事管理

取引先が医療機関、薬局、企業等と多岐に渡るので薬事法だけでなく医療法、健康保険法等に精通していなければいけません。また、一般医薬品だけではなく麻薬、毒、劇薬、農薬等を取引先に納入することもあり、きちんと法律に従って納入されているかなどにも注意を払います。また、納入先がきちんと法的に守られているところかどうかの確認もします。

2.品質管理

温度管理

社内の倉庫内にある医薬品、他の製品が其々の適温で保管されているか、品質は保たれているか、麻薬等は決められた保管法で納められているかどうかなどをチェックします。

3.DI業務

DI業務

取引先の医療機関、調剤薬局、医療機器メーカー等の医薬関係の問い合わせに応じます。また様々な製薬会社の商品を取り扱うため、それぞれの情報を把握します。時には、それらの医薬品情報を収集して分析し、営業所、医療機関等に公表して、医師、薬剤師等の仕事に役立ててもらいます。

4.社員の教育指導

社員研修を行う管理薬剤師

医学薬学は日進月歩で、常に変遷していきます。これらの情報、製品の搬入時の品質管理、薬事法関連等をMS、社員たちへの指導や研修を実施していきます。

マイナビ薬剤師に無料登録

2.お客様は薬剤師!知識を最大限に発揮できる医薬品卸の管理薬剤師

医薬品卸の管理薬剤師と薬局薬剤師

薬剤師、病院薬剤師が頼りにする医薬品卸の管理薬剤師。

医薬品卸の管理薬剤師は在庫管理や情報管理、薬事研修など、管理業務がメインになるため調剤も、患者さんへの服薬指導も行いません

しかし医薬品卸の管理薬剤師は扱う製品の範囲が非常に広いため、薬局薬剤師や病院薬剤師以上に、それに応じた幅広い専門知識が必要になります。また、薬局や医療機関からの問い合わせに対してはどんな内容であろうと、きちんと解決に持っていく能力が必要です。

もちろんひとりで全て行う必要はありませんし、周囲と協力しながら仕事を進めていくことが多くなります。また保険薬局や医療施設、製薬会社など各得意先はもちろん、社内でもMSや人事、総務、各支店など関わる人が多くなることは間違いありませんので調剤室での管理薬剤師と同じイメージを持つとギャップが生じる可能性は高いかもしれません。

3.医薬品卸の管理薬剤師は高給料?平均年収とメリット6選

医薬品卸の管理薬剤師ならではのメリット

  • 正社員なので福利厚生が充実しており、給与、ボーナスが調剤薬局よりはいい
  • GW、盆、年末年始など長期の休暇がしっかりとることができる。
  • 働く時間が規則的。残業も決算時期以外はまれ。自分のプライベートな時間もしっかりととることができる。
  • 地方の営業所では比較的にのんびりと仕事ができます。
  • 最新医学情報が常に入る。医学、薬学と幅広い知識を身につけることができる。
  • 実績次第では本社勤務になり、経営部門で働くこともある。

マイナビ薬剤師に無料登録

気になる給与は?卸の管理薬剤師平均年収

ブタさんの貯金箱

医薬品卸の平均年収は、一般的に500万円程度といわれています。しかし、スズケンなど大手の医薬品卸になると、600万円を超えるともいわれます。 基本的には、MSのより管理薬剤師のほうが給料は上です。管理薬剤師になり役職がつけば、年収700万円も夢ではありません。

4.医薬品卸の管理薬剤師求人を転職サイトで探した方が良い理由

一般企業での管理薬剤師求人、となると薬局薬剤師ほど求人はありません。大手企業であっても全従業員に占める薬剤師の割合は平均2~3%程度。また、最近は医薬品卸の吸収合併も多く、会社の数が減少しています。その分、募集が少ないわけです。

加えて管理薬剤師を募集している企業がどのレベルでの経験を求めているかも異なります。調剤薬局での管理薬剤師経験が必須か、それとも未経験でも大丈夫か。中途の場合は新卒時とは求められる経験や能力が異なるためその求人の内情を知りにいくことが内定までの近道でもあります。そうなると転職サイトに登録し、キャリアアドバイザーと相談することは必須とも言えます。

薬剤師専門サイトは会員限定の求人を多く保有しています。非公開求人は

  • 本当にその求人にマッチした人材を採用したい
  • 退職者が出ることを社員に知られたくない
  • 採用予定人数が少ないため応募が殺到しても困る

などの理由で一般には非公開となっているのです。

管理薬剤師の求人などは上記に当てはまることが多く条件の良さなどを考慮すると非公開求人であるケースがほとんどです。「レア求人」です。

もし医薬品卸の管理薬剤師への転職に興味があるのであれば、登録して相談してみてはいかがですか。これまでとは違う、新しいキャリアを掴むチャンスです!素敵な転職ができることを心から願っています。

関連記事

企業で働く薬剤師|品質管理の仕事内容と年収、良質な求人を探す方法

「品質管理の仕事って具体的にどんな仕事するの?」 「未経験でも働ける?」 薬剤師が活躍する場といえば調剤薬局や病院ですが、なかに…

倉庫勤務の薬剤師、私もなれる?仕事内容や待遇、必要なスキルは?

「調剤業務や服薬指導がない仕事をしたい」 「医薬品企業の物流部門で働いてみたい」 そんな方に向いているのが、医薬品の品質・在庫管…

超レア求人「企業内診療所薬剤師」!その実態を探ってみた

一般大手企業が社内に設置している「企業内診療所」企業内診療所のある企業は少なく、環境の良さから薬剤師に人気の職場です。働きやすいと評判だけど、情報も求人も少ないし、「実際どうなの…

薬剤師がMRに転職!仕事の違いは?未経験でも年収高い?求人ある?

調剤薬局、病院、ドラッグストアなどで働く薬剤師のみなさんが「MR」に転職するとしたら?「高収入?」「忙しそう…」「営業未経験で難しそう」「仕事内容は?」このページではそんな気になる疑問を解決したいと思い…

薬剤師過剰時代で生き残る薬剤師は英語スキル持ち

国際化社会の時代、薬剤師にとって英語は必須の労働条件ではありませんが、どんな職に就いていても、英語を話せることが無駄になるわけありません。薬剤師もそうです。海外から観光目的や移住目的で日本国内の外…