転職サイトの求人はブラックばかり?失敗しないホワイト求人の探し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットを見るといろいろな転職サイトがたくさん出てきます。そんな中、「転職サイトにある求人はブラック企業の求人ばかりなのでは?」「転職サイトを上手に利用して転職を成功させるためにはどうすればいいの?」と悩む人も多いと思います。

ここでは、転職を考えている方がブラック企業へ転職しないための方法と、膨大な求人の中でブラック求人を見極めるコツをお伝えします。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

なぜ転職サイトにはブラック求人が多いと言われている?

ここではなぜ転職サイトの求人にブラック企業が多いと言われているのか、その理由を簡単に説明します。

ブラック企業やブラック求人ばかりと思われる理由

転職サイトにブラック求人が多いと言われている理由は、転職エージェントとの掲載料金の比較からよく分かります。

転職サイト 比較項目 転職エージェント
自分で求人を探して、希望企業に申し込む サービス内容 プロが求人選定し、選考をサポート
平均1ヵ月間の掲載で約25万~40万 求人掲載料金 入社決定1人につき年収の30%(約100万~300万
大量に応募が欲しい場合 どういう時? 自社に合った人が欲しい場合

このように転職サイトは、求人掲載にかかる費用が安く済むため、人手不足の企業が大量に人を集めたい場合などに利用されます。ブラック企業は離職率が高く、常に人手不足なので転職サイトを多く利用しがちと言われています。

転職でブラック求人を回避する方法

ここでは、可能な限りブラック求人に当たる確率を下げるための、二つの方法を紹介します。

転職エージェントサービスを利用する

転職エージェントというサービスをご存じでしょうか。一般的に人材紹介仲介会社と言われており、こちらも仲介手数料を取っており、あまりいいイメージを持っていないかもしれません。

しかし転職市場においては、少々事情が異なります。転職エージェントは、先の表でも記載した通り完全な成功報酬型です。しかも入社後3か月間は問題なく働いた後に、年収の30%を報酬として受け取るというところもあります。

数をこなせば売り上げが上がると思われがちですが、実際には転職希望者と企業の両方からの信頼なしには成り立たないのです。そのため転職エージェントを利用することで、ブラック企業に入社してしまう可能性は非常に低くなります。

・エージェント利用の豆知識
大手の転職エージェントは、紹介して欲しい企業から紹介依頼が来ますが、その中でも厳選し、非公開求人と呼ばれる好条件求人を持っています。しかしデメリットとして、転職アドバイザーを選べないという点があります。

反対に、最近では相談に乗ってくれるコンサルタントを選べるサービスも出てきています。真剣にキャリア相談などを望むなら、こちらを利用した方が気持ちのいい転職活動が出来るでしょう。

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

全年代 実績
求人エリア 求人件数

全年代対応の人材業界最大の求人数を誇る、大手人材紹介会社です。リクルートエージェントでは、定期的にキャリアアドバイザーに対して研修や勉強会を実施していて、エージェントの質も高いのが特徴です。

リクルートエージェントで求人を探す

求職者が転職エージェントを個人指名!キュージェント

転職サポート 20代・30代
女性 書類添削

転職希望者が相談相手を個人指名して、入社決定とその後まで二人三脚で転職活動を進めるための、新しいマッチングサービス!

キュージェントで求人を探す

気になる求人を複数の転職サイトで検索する

もう一つ、ブラック求人を回避する方法として、複数の転職サイトを利用することをおすすめします。

ブラック企業の特徴として、離職率が高く常に人手不足である傾向があります。そのため複数の転職サイトに常に求人を出している可能性が高いのです。

そのため2つ以上の転職サイトを同時に利用し、気になった求人を別の転職サイトでも検索してみるといいでしょう。手間が少なくブラック求人を避けることが出来ます。

転職者の8割が利用!一つ目はここ、リクナビNEXT

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

転職成功者の8割が登録。求人情報数は日本最大級!転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくべき。登録後「レジュメ登録」をすれば企業からのスカウトを受けとれるのでオススメ。

リクナビNEXTで求人を探す

ブラック求人を簡単に見極める方法

ここまでブラック求人を回避する方法を説明してきました。ですが人に相談するのは、ちょっとなど思う方もいると思います。そんな方のために、一つの転職サイトしか利用していなくても、求人内容からブラック企業を判断するコツを説明します。

ポイント三つで簡単見極め!

ブラック求人見極めポイント3つ

  1. ネットで社名を検索すると、ブラックっぽい
  2. 給与の上限と下限の差が大きい
  3. 労働時間・休暇についての記載があいまい

上記のような特徴をもっている求人はブラック企業の求人の可能性が高いです。では具体的になぜこれらのポイントが、ブラック企業の特徴なのでしょうか?

1.ネット検索でブラック判明

ネットで会社名を検索してみましょう。ブラックの可能性が高い企業なら、検索候補として「会社名 ブラック」や「会社名 2ch」などが出てくる可能性が高いでしょう。

2.給与の上限と下限の差が激しい

求人情報を見るときに気をつけて欲しいのが、給与の上限額と下限額です。例えば未経験大歓迎など、ハードルの低さを強調しているのに年収が高かったら怪しいですよね。また下限が低い場合も、基本給は低く、歩合給で給料が上がっていく給与形態の危険があります。

3.労働条件にまつわる記載があいまい

求人の掲載情報でもう一つ注意して見て欲しいのが、労働時間や休暇にまつわる労働条件欄です。特にみなし残業の記載や有休消化率などが不明な場合は疑ってかかってみる方がいいでしょう。

【より詳しく1】求人情報の文言に注意!

求人情報に次のような文言が入っている場合は、要注意です。

「明るい職場です!」「和気あいあいとした雰囲気です!」
→それくらいしかアピールできるポイントがない。
「未経験者歓迎!」「誰にでもできる簡単なお仕事です」「年齢不問」「学歴不問」
→単純作業ばかりで昇給の見込みが全くない。
「若い社員ばかりの活気あふれる職場です」
→社員がすぐに退職してしまうため、若い社員しかいない。
「提示されている給料の額がやたら高い」
→嘘の給与額を提示しなければ人が集まらないほど、待遇や条件が悪い。
「あなたの頑張りを評価します!」
→ノルマがきつく歩合率が高い。
「社員が家族のような雰囲気のアットホームな職場です」
→社長の一族の意向ですべてが決まる同族会社である。
「試用期間が異様に長い」
→安い給料のまま長く働かされる可能性がある。
「幹部候補募集中!」「店長候補の募集です」
→すぐに幹部や店長になれるが、安い給料でこき使われる。

もちろん、本当に和気あいあいとした雰囲気の職場かもしれませんし、しっかりと経験を積めば幹部や店長になれる職場なのかもしれません。

上記のような文言が求人情報の中にあるからといって、全てがブラック求人ではありません。しっかりと求人情報を見極めることが重要です。

【より詳しく2】年中求人を出している会社は要注意!

ブラック求人を見極めるためには、求人情報に書いてあることをしっかりと確認する以外にも、求人掲載期間をチェックするという方法もあります。

いつ見てもこの企業の求人は掲載されている求人の掲載期間がやたら長い、という求人は高い確率でブラック求人です。

なぜなら、その企業は常に求人を出し続ければならないほど人手が不足しているからです。経営状況が良く人手が不足しているならば、新店舗や新支社を設立しているはずです。

そうではないならば、採用してもすぐに人が辞めてしまうということです。ということは、その企業の労働条件や待遇が悪いから退職者が多いということが考えられます。

しかし、一回や二回転職サイトの求人をチェックしているだけでは、求人の掲載期間まで確認できません。

ある程度の期間転職サイトの情報をチェックするか、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに求人の掲載期間について確認してもらうかしなければならないでしょう。

【より詳しく3】再掲載される頻度が高い!

求人の掲載期間が短くても、何度も何度も同じ求人情報が頻繁に掲載されることがあります。これは、一度求人情報を出して採用が決まったとしても、その人が辞めてしまったということを意味します。

何度も同じ求人情報が再掲載されるということは、採用されても採用されてもすぐに辞めてしまうということです。

ですから、よほど待遇が悪いか給料が安いか、人間関係が悪いか、激務であるかという可能性が高いのです。

つまり、求人情報が再掲載される頻度が高い企業は、高い確率でブラック企業であるということが言えます。

掲載料が無料のため中小企業やベンチャー企業の求人が多く、ブラック求人が多いことで知られるハローワークですが、ハローワークにはいつ確認しても掲載されている求人が存在します。

転職サイトはハローワークほどブラック企業が多くありませんが、求人情報に書かれた文言や掲載期間や再掲載の多さをしっかりチェックすることで、ブラック求人を見極めてください。

ブラックばかりな求人からホワイト企業を見つけるには?

では、飲食業界のようなブラック求人が多い業界で転職する際に、ホワイト企業を見つけるためにはどうすれば良いのでしょうか?

ホワイト企業求人の特徴

ホワイト企業の求人の特徴について、ご説明しましょう。

「給与に関して明確な規定がある」
基本給に関する規定や、残業手当や休日手当などの各種手当に関する規定が明確に定められている企業は、ホワイト企業である可能性が高いです。
「勤務時間に関する明確な規定がある」
ブラック企業の場合、勤務時間は「残業あります」などというざっくりとした書き方しかしていません。しかし、ホワイト企業なら、「基本勤務時間は9時から18時まで。それ以降は残業手当がつく」などと明確に規定があります。
「福利厚生制度が整っている」
有給休暇の制度や子育て中の女性に対する育児休暇制度、昇給制度やボーナス評価の仕組みなどに関する制度がしっかりと整っている企業はホワイト企業です。求人情報にも福利厚生制度についてしっかりと明記されており、問い合わせると明確な回答が返ってくれば、問題ないでしょう。
「所属する社員の平均勤続年数が長い」
求人情報には書いていないかもしれませんが、企業のホームページなどで確認してみましょう。社員数や社員の平均年齢、勤続年数などの情報を確認して社員たちが長く勤めているようであれば、ホワイト企業である確率が高まります。その企業は、居心地が良い企業だということを示すからです。

ホワイト企業のチェック方法

求人情報を見れば、ある程度その企業がブラック企業なのかホワイト企業なのかを推測することはできます。

しかし、確実にホワイト企業であることを確認したい場合は、もっとしっかりと確認する必要があります。

最も良い方法は、企業に直接確かめることです。企業に電話して、「御社の勤務時間や給与、有給休暇の規定はどうなっていますか?」と聞いてみるのです。

そこで、あいまいな返事しか返してこなかった場合は、ブラック企業である疑いが強くなります。 しっかりとした規定があるのであれば、明確に答えられるはずだからです。

とは言っても、自分で企業に電話して確認するのは勇気がいることです。転職エージェントを利用すれば、担当のキャリアコンサルタントに頼めば企業に直接確認してくれます。自分で確認する手間を省いて信用できる情報を得ることができるのは、大きなメリットです。

自分で選んだエージェントがホワイト企業をご紹介!キュージェント

「あの会社気になってるけど、社内の情報が得られない...」そう思ったことはありませんか?キュージェントはエージェント会社ではなく、エージェント個人を指名することができるマッチングサービスです。どのエージェントも優良企業の求人の紹介、気になっている企業の情報提供を積極的にしてくれるます。あとは、あなたの相性に合うエージェントを見つけてみるだけです。

まずはエージェントを見てみる

ブラックばかり紹介されたらどうする?転職エージェントの対処法

明らかにブラック企業の求人なのに、転職エージェントがゴリ押しして来たらどうすれば良いのでしょうか?転職エージェントに対する対処法について、ご説明しましょう。

ブラック求人は断固拒否する!!

まず、ブラック求人をすすめられても、断固とした姿勢で拒否するということが大事です。転職エージェントのキャリアコンサルタントはさまざまな転職案件をさばいてきた経験がありますから、強気でどんどん求人を進めてくる人も中にはいます。

そんな強気なコンサルタントに対し、「後で見ておきます・・・。」「考えてみます。」などという弱気な対応を取ると、少しは脈があるのかもと勘違いしてさらに強気で進めてくるかもしれません。

その求人に興味がないならば、「その求人に応募する気はありません。」ときっぱりと断るのがコツです。きっぱり断らないと、担当コンサルタントは、この求人に興味があるのかもと勘違いしてしまうかもしれないのです。

「興味がある時は、こちらから言います。」「この求人には、全く興味がありません。」と、きっぱり話すことをおすすめします。

担当エージェント変更可能!

もし、明らかにブラック求人なのに担当コンサルタントがしつこく進めてくるならば、担当者の変更を願い出ましょう

断っても断ってもまた同じ求人を進めてくる、そもそも、担当者と相性が全く合わない、などという場合、そのまま転職活動を進めても成功する可能性は限りなく低くなります。

転職エージェントを利用するということは、求人のあっせんから企業選びや今後のキャリアパスに関する相談、履歴書や職務経歴書の添削、企業との交渉や企業への推薦など、転職活動のほとんどをキャリアコンサルタントに任せるということです。

それなのに、相性が合わず希望とは異なる求人ばかり進めてくる担当者を使い続けても、転職が成功するとは思えません。

でも、そんなことをしたら、良い求人を回してもらえなくなるのでは?」と心配する人もいます。しかし、そんな心配は無用です。

なぜなら、転職エージェント側としても転職がうまくいかなければ、報酬がもらえないからです。「この担当者では転職できない」と言えば、担当を変えてもらえます。

また、良い担当者に巡り合うためには、複数の転職エージェントに登録するのもおすすめです。いくつかのエージェントの担当者と話をしてみて、自分に合うエージェントを選ぶと良いでしょう。

ブラック企業を避けて転職を成功させる!優良転職サイト選び

では、そもそもブラック求人が少ない優良転職サイトとは、どのようなサイトなのでしょうか?

優良サイトを見つけるのは難しい?

そもそも、どんな転職サイトが優良転職サイトなのかということは、人によってかなり異なります。次から次へと求人を紹介してくれて、スピード勝負で転職を決めてくれるサイトが良いという人もいます。

一方で、じっくりと話を聞いて、時間をかけて転職先を決めさせてくれる転職サイトが良いという人もいるでしょう。

どんな転職サイトが自分に合っているのか?ということを知るためには、いろいろな転職サイトにまずは登録してみてサービスの内容を比較してみるのが良いでしょう。

上場企業や大手企業に転職してキャリアアップをしたいと考えるならハイクラス向けの質の良い求人を扱う転職エージェントが、20代の若い人が未経験の業界に飛び込みたいなら若い人向けの求人が多いきめ細かなサポートが受けられる転職エージェントがおすすめです。

また、職種や業種ごとに特化した転職サイトも存在します。IT系は、専門性が高い技術職であるので、IT業界不動産業界、営業職で転職したいなら営業職の求人が多い転職サイトというように、自分が目指す職種や業種に強い転職サイトを選びましょう。

複数登録すれば絶対に良い求人に出会える?!

自分に合った転職サイトを探すためには、複数の転職サイトに登録するという手もあります。

複数サイトに登録するメリットには、

  • 求人の比較ができる
  • 自分の転職市場における価値がわかる
  • 転職サイトの比較ができる
  • メリットの良い所を取り、デメリットをカバーできる

ということがあります。一つのサイトからの情報しかないと、「あなたの実力ではこの程度の求人しか紹介できない」と言われても、本当にそうなのかを判断することができません

しかし、他のサイトに聞いてみると、「そんなことはありません。もっと良い条件の求人をご紹介しましょう。」と言われるかもしれません。複数サイトに登録することで、情報を比較してより正確な情報を得ることができるのです。

例えば、転職エージェントと転職サイトを併用すれば、「転職エージェントは自由に求人を選べないが、転職サポートを受けることができる」「転職サイトはサポートは無いが、新着求人を自由に検索できる」というどちらのメリットも享受しつつ、デメリットをカバーできるのです。

複数の転職サイトを利用してみて、自分に合ったサイトを選んでください。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

DODA
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

転職サイトのスカウト機能は意味がない?機能の仕組みと上手い使い方

転職サイトに登録すると日々送られてくるスカウトメール。活用できなければ、意味はありません。 しかし、スカウトメールの仕組みを知ることで、転職…

大手転職サイトを使わないと失敗する?大手5社の特徴と使い方を紹介

「転職サイトはどこを利用しても同じなの?」「会員数も多い大手転職サイトは求職者の競争率が高そうに感じるけど、優良求人が多いのかな?」 …

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事