転職先の探し方ってどうするの?自分に合う仕事や会社に出会う方法

転職先の探し方に悩む男性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とりあえず今の職場に入社したけど本当にやりたいことが自分でもまだ良く分からない。「どんな職種が自分にあっているのかはどうやって探せばいい?」「もし転職をするなら転職先の探し方は?」職業選びや将来の転職についてお悩みの方に是非一度読んでもらいたい転職先の探し方についてお届けします。

             
★転職先探しにおすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT転職成功者の8割が登録!
自分のペースで気軽に求人を探せる

詳細

doda利用者満足度NO.1のサポート!
希望に合う求人を紹介してもらえる

詳細

リクルートエージェント業界最大級の求人数!
未経験向け求人を紹介してもらえる

詳細

転職先の探し方にはどのような方法がある?

そもそも、転職先の探し方としてどのような方法があるのか、転職の際に何が必要かわからず、転職に踏み出せないという方もいるかと思います。

まずは転職先のおもな探し方と、それぞれの特徴についてご説明していきます。

転職先の探し方の主な4つの方法とその特徴

転職先探しは、自分自身で求人を探すだけではなく、希望条件を伝えたらそれに合うような求人情報を紹介してもらえるものもあります。

◇転職先を探してもらう・・・転職エージェント、ハローワーク

◇転職先を自分で探す・・・転職サイト、求人誌(フリーペーパー)

転職エージェント転職エージェントアイコン 【特徴】
担当のアドバイザーが付き、求人紹介から面接対策まで転職活動をサポートしてくれる
【おすすめの人】
転職初心者で転職先の選び方などのアドバイスが欲しい人
転職サイト転職サイトアイコン 【特徴】
自分の希望条件で自由に求人検索・応募ができる
【おすすめの人】
まだ転職を検討中で、とりあえず求人情報をみたい人
ハローワークハローワークアイコン 【特徴】
地元の求人が豊富で職業訓練を受けることができる
【おすすめの人】
離職中で未経験転職を目指す人
求人情報誌(フリーペーパー)求人誌アイコン 【特徴】
各地の駅やコンビニなどで簡単に手に入り、特定の地域やエリアの求人情報を知ることができる
【おすすめの人】
気軽に求人情報を知りたい人

さらにそれぞれの探し方にも、注意点やコツがあります。

詳しくご紹介しましょう。

転職先の探し方(1) 転職エージェント
「転職初心者の人におすすめ」

転職エージェントの特徴

転職エージェントは無料会員登録後、登録者にキャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントと呼ばれるような担当者が付きます。

そして担当者へ転職先に求める希望条件を伝えた後に、転職エージェントが保有する非公開求人を紹介してもらう仕組みです。

コンサルタントに履歴書、職務経歴書の添削、面接対策などのサポートをしてもらえるので、転職活動の進め方に不安がある転職初心者の方におすすめです。

◇転職エージェントの強み

  • ・希望条件を伝えるだけでそれに合う求人を紹介してもらえる
  • ・どんな業界や職種、会社が自分にあっているかを教えてもらえる
  • ・履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削をしてくれる
  • ・面接対策として想定質問を教えてくれる
  • ・年収交渉などの条件交渉を代行してくれる

◇転職エージェントの弱み

  • ・エージェントが紹介してくれる求人にしか応募できない
  • ・担当者との連絡(メールや電話)が必要
  • ・担当者との相性が悪いとスムーズに転職活動が進まない

◇転職エージェント利用の注意点

大手の転職エージェントの場合は特に担当者一人が受け持つ求職者が多いため、転職意欲が高くないと判断されると、満足なサポートを得られない可能性があります。

またコンサルタントと二人三脚で転職活動を進めていくので「相性が合わない」と感じることもあるかもしれません。

ほとんどすべての転職エージェントが担当者の変更が可能なので、そのような場合は申し出て担当者を変更しましょう。

◇転職エージェントをうまく使うコツ

担当者にはウソをつかずに伝えることが大切です。

これまでの経験や実績、転職理由を素直に伝えて不安や悩みが解消できる職場を紹介してもらえれば、 長く働けるようなマッチング率が高い職場を紹介してもらいやすくなるはずです。

人気の転職エージェント

  • リクルートエージェント・・・全年代OKの業界大手転職エージェント
  • doda・・・転職者満足度NO.1、20代後半のキャリアアップ向けエージェント
  • ハタラクティブ・・・第二新卒、フリーター、既卒の正社員転職向けエージェント

その他、マイナビエージェント、パソナキャリアなど

転職先の探し方(2) 転職サイト
「自分のペースで自由に求人を選びたい人におすすめ」

転職サイトの転職先の探し方

転職サイトは無料会員登録後、日本全国にある求人情報を自由な検索条件で探せます。

転職エージェントとは異なり担当者は付かないので、自分のペースで転職活動をすすられめるのも特徴です。

さらに、自身の経歴をまとめたレジュメを登録しておくと、企業の採用担当者や転職エージェントから直接スカウトが来る、スカウトサービスが充実している転職サイトが多くあります。

◇転職サイトの強み

  • ・全国の求人を自由に探せる
  • ・気になる求人のすべてに応募することができる
  • ・レジュメを登録しておけばスカウトメールが来る
  • ・自分のペースで転職活動をすすめられる
  • ・「とりあえず求人がみてみたい」というように今すぐ転職しなくても登録可能

◇転職サイトの弱み

  • ・第三者のプロのアドバイスが受けられない
  • ・公開されている求人しか閲覧できない
  • ・自分自身で応募要件などを分析しなくてはならない
 

◇転職サイト利用の注意点

募集企業へ自由に応募することができるので、手当たり次第に応募してしまうとスケジュール調整も難しくなり、履歴書や職務経歴書の準備や面接対策も忙しくなります。

すると十分に対策できずに、なかなか内定がもらえない事態になりかねません。

例えば一度に応募する企業は3~5社程度にとどめておき、第一志望は先に受けるなど、優先順位もつけておくとスケジュールが立てやすいでしょう。

◇転職サイトをうまく使うコツ

転職活動の自由度が高い分、しっかりと転職ノウハウなどの情報を調べる必要があります。

転職サイトのサイト内で紹介されている職務経歴書の書き方や面接でよく聞かれる質問などは自分自身で調べておきましょう

さらにレジュメには実績を数値で表記するなど詳しく書いておくことで、スカウトメールも多く来る傾向にあります。

人気の転職サイト

その他、キャリアトレック、indeed、エン転職など

転職先の探し方(3) ハローワーク
「地元で就職したい人のおすすめ」

ハローワークで相談する求職者

ハローワーク(公共職業安定所)は全国各地に設置されています。

職業紹介だけではなく、失業保険の給付手続きや職業訓練など公的な支援を受けられる場所です。

転職エージェントや転職サイトには載っていないような地元の求人情報が豊富なので「とにかく家から近いところで働きたい」という人は利用してみるといいでしょう。

◇ハローワークの強み

  • ・中小企業や零細企業の求人の取り扱いが多い

◇ハローワークの弱み

  • ・相談のたびに担当者が変わる可能性がある
  • ・求人の募集内容と実際の内容のズレがある

◇ハローワーク利用の注意点

ハローワークの求人は、募集する事業所が作成し無料で掲載されています。

最低限必要な記載条件はありますが細かなハローワーク側で求人内容のチェックはありません。

そのため「経験不問と書いてあるのに、面接では経験が必要と言われた」など募集内容と実際に面接で伝えられた内容が異なることもしばしばあるようです。

◇ハローワークをうまく使うコツ

担当者によってアドバイスが異なることもあるので、相談内容を毎回記録しておくと情報が整理されるので、転職活動に活かしやすくなります。

転職先の探し方(4) 求人情報誌(フリーペーパー)
「地域求人を簡単に知りたい人におすすめ」

求人情報誌は地域ごとに作成され、駅やコンビニなどで無料配布されています。さらに、新聞の求人広告欄や折込チラシなどでも地域の求人を知ることができます。

◇求人情報誌の強み

  • ・特定の地域の求人情報を見つけられる
  • ・シニア向けや主婦向けの仕事探しに強い
  • ・新聞の折込チラシは急募の求人広告が多い

◇求人情報誌の弱み

  • ・細かな労働条件などの情報が記載されていないことがある
  • ・幅広い地域の求人を探すことは難しい

◇求人情報誌利用の注意点

求人情報誌などの紙媒体の求人の場合、記載できる情報量に限りがあったり発行後の修正ができません。

そのため、選考前に会社の事業内容を事前に調べたり、採用元に確認するなど情報収集が必要です。

さらに正社員求人がよりもパート求人の方が多い傾向があります。

◇求人情報誌をうまく使うコツ

求人情報誌や折込チラシはには飲食業界や接客、サービス業界の求人が多くあるので、こまめにチェックするといいでしょう。

自分にあった仕事の見つけ方は?明確にすべき2つのこと

ここまでご紹介してきたような転職先の探し方を選んでも、自分に向いている仕事がわからなかったり、転職先の希望条件が具体的に決まっていなかったりする場合は、どうすればいいのでしょうか?

自分に合った仕事を見つけるためには「1.現状への不満」「2.自分のキャリアプラン」の2つを明確にしておくと転職先探しがよりスムーズになるはずです。

1.現状への不満

不満や不安といったものは、仕事にはつきものです。今の職場で、一番不満に思うことは何ですか?

「職場での人間関係が上手くいかなかった」「残業時間が長すぎる」などのように、具体的にどこに不満を感じていたのか明らかにしましょう。

2.自分のキャリアプラン

例えば「スキルを身に付けキャリアアップする」「○○万円年収アップ目指す」というように、自分の将来像をイメージできると希望条件も明確になり、転職先探しの際には求人が絞り込みやすく簡単に探すことができます。

「転職したけど前の方がよかったかも…」というような事態を防ぐためにも、なぜ転職したいのか?や将来はどのような働きをしたいのか?が明確になれば、長く働ける職場探しに役立つはずです。

もしこれらが自分自身で行うのに不安な場合は転職エージェントのキャリアアドバイザーに無料相談してみるといいでしょう。

転職エージェントでは過去の転職事例をもとに、ていねいなアドバイスをしてもらえるるので転職活動の強い見方になってくれるはずです。

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

全年代 実績
求人エリア 求人件数

全年代対応の人材業界最大の求人数を誇る、大手人材紹介会社です。リクルートエージェントでは、定期的にキャリアアドバイザーに対して研修や勉強会を実施していて、エージェントの質も高いのが特徴です。

リクルートエージェントで求人を探す

転職先探しのコツ!ブラック企業の見分け方のポイント

条件に合うような求人を見つけても「入社したらブラックだった」という事態にならないためにも、ブラック企業求人とホワイト企業求人はしっかり見分けなければいけません。

例えば離職率が高ければブラック企業の可能性が高いと判断できますが、離職率が求人票に書いてあることはほとんどありません。

そのため簡単に見極めるポイントとして常に求人募集をしているかどうかを確認してみましょう。

なぜならブラック企業は採用してもすぐに人が辞めてしまい慢性的な人手不足であることが多いため、常に求人募集をしていることが多いからです。

そのほか、裁量労働制を取り入れているとサービス残業の温床になっている可能性が高いこともあるので、求人情報をしっかり読み解きましょう。

またブラック企業の求人に出会わない方法として、転職エージェントの利用もおすすめ。

転職エージェントでは多くの求職者支援の実績から企業のとつながりも強く、離職率などの情報も保有しているので企業情報を聞いてブラック企業かどうかを判断することもできます。

転職エージェントは求人紹介をした求職者が実際に数か月間働いた後に、採用企業側からエージェント側へ報酬が支払われる仕組みのため、転職エージェントにとっても、求職者に長く働いてもらえる企業を紹介することが目標でもあるので、サポートもしっかりとしてくれるはずです。

女性の転職先の探し方|働きやすい会社選びのコツ

女性の転職先の探し方

キャリアアップやキャリアチェンジだけではなく、結婚や出産などが理由で転職を考えることも多い女性には、女性転職者のサポート実績がある女性向け転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職の目的が変わると転職先の希望条件や選ぶポイントも変わります。

例えばフルタイムで働ける場合は給与や年収重視だったのが、子育てのために時短勤務やリモートワークができるような働き方重視の希望条件になったりなどです。

このように転職のタイミングによって、転職先の希望条件や選び方が変わる女性の転職は難易度が高いので、転職のプロに相談すれば転職活動がスムーズになるはずです。

さらに女性をターゲットとしている人材紹介会社には、女性が働きやすい環境が整っている企業求人や女性人材を求める企業が集まっているので、女性求職者はぜひ利用してみてください。

これまで多くの女性転職者のサポートをしてきたアドバイザーのサポートがあれば不安な転職活動も心強いですね。

キャリア女性 転職サポート
条件検索 スカウト機能

『リブズキャリア』は、仕事もプライベートも大切にしたいキャリア女性のための会員制転職サービス。コンサルタントに手軽に相談でき、求人情報を自分で検索して応募をすることもできる。

リブズキャリアで求人を探す

キャリア女性 転職サポート
企業との条件交渉 求人数

type女性の転職エージェントは、利用者の71%が年収アップを成功させている人気の転職エージェントです。
各職種や業界の専任アドバイザーのていねいなサポートにも定評あり!年収や待遇などの言いにくい条件交渉も代行サービスがあるので安心です。

type女性の転職エージェントで求人を探す

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約20万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートが受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者との強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

転職の相談は誰にする?おすすめの相談先とやっておくべき3つの準備

転職を考え始めた段階では、悩みや希望、転職によって解決したいことがぼんやりしているのが当たり前。 そんなときに相談できる相手といえば家族や友人、同僚などが思い浮か…

  • 🕒
  • 2019.11.08更新

【職務経歴書】2社以上の職歴がある場合の書き方とサンプル

職歴が2社以上ある場合の職務経歴書の書き方がわからない... 2度目以降の転職の際、職務経歴書の書き方がわからない人が多いのではないでしょうか? そこで、今…

  • 🕒
  • 2019.11.08更新

転職先の探し方ってどうするの?自分に合う仕事や会社に出会う方法

とりあえず今の職場に入社したけど本当にやりたいことが自分でもまだ良く分からない。「どんな職種が自分にあっているのかはどうやって探せばいい?」「もし転…

  • 🕒
  • 2019.10.31更新

フリーターのための職務経歴書の書き方見本とNG例文【プロ直伝】

監修:川畑 翔太郎(株式会社UZUZ 専務取締役) フリーターも職務経歴書を出すべき? 職歴がほとんどない場…

  • 🕒
  • 2019.09.27更新

職歴なしで職務経歴書を出すとマイナス印象?職歴なしの場合の書き方

「職歴がないのに職務経歴書を出したらかえって不利になる…」 「職歴がない空白時代をカモフラージュして職務経歴書を書きたい!」 職…

  • 🕒
  • 2019.09.24更新

【保存版】簡単!職務経歴書の書き方を徹底解説【見本・フォーマッ…

「職務経歴書をどう書いたら受かるんだ...」 「書類選考を突破したい...」 転職の第一関門である書類選考を突破す…

  • 🕒
  • 2019.09.24更新

【派遣社員の職務経歴書】職歴欄に書くのは派遣元ではなく派遣先!

「派遣先が何回も変わっていると不利…?」 「職務経歴には派遣元と派遣先のどちらを書くの?」 このページでは、職務経歴書の書き方に…

  • 🕒
  • 2019.09.24更新

【職務経歴書】転職回数の多い人のための書き方見本・テンプレート

「転職回数が多いから書類選考で落とされてしまいそう…」 このような不安をもっていらっしゃる方は多いと思います。 しかし、「転職回数が多い=書類選考に不利」と…

  • 🕒
  • 2019.09.24更新

【職務経歴書】市販の用紙はここで買える!用紙をダウンロードの場…

この記事の目次市販の職務経歴書の用紙はここで入手できる!職務経歴書の用紙はネットからもダウンロード可職務経歴書の用紙サイズはA4で決まり!職務経歴書を手書き作成する際の注意点これから職務経歴書を作成さ ...

  • 🕒
  • 2019.09.24更新

【職務経歴書】ニート期間の書き方|テンプレや自己PRのポイントを…

監修:川畑 翔太郎(株式会社UZUZ 専務取締役) 「職務経歴書の提出を求められたけど、ニートだから書くことがない…」 「

  • 🕒
  • 2019.09.24更新

会社を辞める方法を知りたい!退職理由の上手な伝え方とタイミング

「会社を辞めたいけど、辞める勇気がない…」「会社に伝えるタイミングや言い方、手続きってどうすればいいの?」 会社を退職するためには、勇気…

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

転職したいけど不安!職場探しを失敗しないための転職活動のポイント

「転職はしたいけれど、実際に動き出す勇気が出ない」 という人は意外と多いのではないでしょうか? 勇気を出して転職してもかえって年収など…

  • 🕒
  • 2019.08.01更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト