賢い医師はなぜ転職サイトに登録する?紹介にはないメリット3つとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
医師の転職は”紹介”が常識」「転職サイトで転職なんてイメージできない」 医師の皆さんはこんなふうに思っている方が多いのではないでしょうか?しかし、転職サイトをうまく活用すれば、医師として最高の転職をできる可能性がぐんと高まるのです。しかも「紹介」には思わぬリスクも潜んでおり、医師のキャリア形成に大きな壁になってしまうことも・・・。この記事では、賢い医師が使っているベストな転職方法を紹介します。
HOPおすすめの転職サイトランキング
転職サイト名 雇用形態 特徴 求人を探す
m3キャリア
エージェント
常勤 転職希望医師の登録実績
5年連続NO.1

詳細を見る

リクルート
ドクターズ
キャリア
非常勤 高収入・好条件の
医師アルバイト求人豊富

詳細を見る

マイナビ
DOCTOR
常勤
非常勤
非公開求人・産業医などの
希少な求人が豊富

詳細を見る

実は医局よりも転職サイトの方が求人数は多い?

医師のための転職サイトと言われても、いい求人があるとは思えない」という声がよくあがります。

昔から人材業界会社としていくつかの転職サイトはありましたが 、基本的に医局人事が主流だったため、余程のことがない限り、転職サイトが利用されることはありませんでした。

しかし、2004年度から施行された新医師臨床研修制度により医局人事にこだわらない医師が増え、医師転職サイトの需要が一気に高まりました。

現在では、非常勤やスポットなどの求人情報集めに転職サイトに登録している人は年々増えているようです。

病院側も求人を出す手段として、医局に頼む割合が28.2%なのに対し、インターネットや民間業者へ依頼する割合は43.1%となっています。(情報元:病院等における必要医師数実態調査の概要)

医師の転職サイトはどんな人が使うのか?

実際にこんな悩みを抱えた人が転職サイトを利用しました。

  • 医局の人間関係に疲れ切ってしまった。(30代男性)
  • 激務で家族の時間を取れないので、勤務先を変えたい。(40代男性)
  • 開業するために他の診療科目を経験したいけどツテがない(30代男性)

このような悩みを抱えた人は、医局人事で希望通りの転職をするのが厳しいため転職サイトを使うのはわかります。ですが、最近では下記のような悩みを抱えた人も転職サイトを利用するようです。

  • 今の年収よりもっといい待遇の所で働きたい。(30代男性)
  • 紹介だと給料などの交渉がしにくいので。(30代男性)
  • 実家もしくは地方で勤務したいのでいい求人を探している。(30代男性)

このような悩みでも転職サイトを使用し転職するようです。なぜ、転職サイトの利用者は増え続けているのでしょうか?転職サイトに登録するメリットについて見てみましょう。

医師転職サイトを使う3つのメリット

転職サイトを使った転職は、医師にとってなじみが薄いかもしれません。まずはそのメリットについてみていきましょう。

1.条件にあった転職先を見つけてくれる

医師転職サイトに登録し、自分の経歴や条件などを入力すれば、最適な転職先の情報が複数入手できます。激務に追われる医師にとって、これは大変助かるのではないでしょうか。

転職サイトによっては、当直の有無(オンコール当番の有無)や専門医取得のための認定施設か否か、あるいは学会参加費用の援助の有無といった細かい点まで設定できます。

2.コンサルタントは「病院の内情」を知っている

どの医療機関も医師募集の求人には良いことしか書かないものです。「人間関係が最悪な職場です」「当院でのキャリアアップはほぼ望めません」などネガティブなことを書くはずがありませんよね。

しかし現実として、どの職場もなにかしらの欠点を抱えており、それは外部からはほとんど見えないものです。コンサルタントは、クライアントである病院に通って担当者や経営陣と話し、その雰囲気を肌で感じ、情報を蓄積しています。

たとえば医師同士の人間関係、理事長や事務長といった経営陣の人柄や考え方、人員配置などなど…。転職する前にこれらの情報を把握しておけば「やめときゃ良かった…」と後悔することもないでしょう。

3.時間がない医師の方なら特におすすめ

転職活動で意外と面倒なのが面接や見学の日程調整です。多忙な医師ならなおさらです。

しかし、転職サイトに登録してコンサルタントが付けば、これらもすべておまかせできます

さらに転職サイトによっては、履歴書などの書類も、ヒアリング結果をもとにコンサルタントが作成してくれます。まさに至れりつくせりといえるサポートが受けられるのです。

医師転職サイトに登録してフォローしてもらう

転職サイトを利用する際に気を付けなければならないポイント

このように、転職サイトは転職時に大変役に立つものです。単に求人情報を得るだけではなく、転職後の活躍まで考えた活用ができるでしょう。

しかし、なかには個人情報を収集する目的で魅力的な求人情報を掲載するような転職サイトも存在します。また、営業成績を伸ばしたいコンサルタントが、医師の希望を聞かず、望んでいない転職先を勧めてくることもあります。

それらの罠にかからないよう、優良転職サイトを選ぶ必要があるのです。

優良な医師転職サイトに登録してみる

医師の優良転職サイト3社を徹底比較

医師転職サイトのメリットを紹介しましたが「実際にどのサイトを使ってよいかわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。

現在、医師転職サイトは100近く存在しています。これは特定地域に特化したサイト、特定診療科のみを扱うサイトなど大小織り交ぜての数字ですが、「多すぎてどれを選んでよいかわからない」というのが正直な感想ですよね。

転職サイトを選ぶ際にもっとも重要になるのは「信頼に値するサイトかどうか」です。

その基準としては以下の3点が挙げられます。

  • 転職関係だけでなく医療業界に関わる事業をしている
  • 人材紹介業を長年に渡って営んでいる
  • 有名な大手企業である

これらに該当する転職サイトとして筆頭といえる3社の転職サイトを紹介します。

転職サイト名 おすすめ 特徴
エムスリーキャリアエージェント 常勤 医師会員25万人を誇る大手転職サイト
リクルートドクターズキャリア 非常勤 高収入アルバイト案件豊富
マイナビDOCTOR 常勤
非常勤
産業医などの多様な求人が豊富

エムスリーキャリアエージェント

運営会社の特徴は?

エムスリーは2000年9月に設立され、医薬品、疾病、治療など医療に関する情報を医療機関・医療従事者向けに提供しています。医師の中でも知名度が高く、情報ネットワークも整備されています。

「m3.com」は会員数が20万人を超え、様々な医療情報のポータルサイトとしてネットワークが拡大しています。医師にとっては旅行・生命保険・自動車購入・教育など生活に関する様々な情報が提供されるサイトとして利用されています。

医師に絶大な知名度を誇るエムスリーだからこそ、信頼性や安定感は抜群です。

求人やサービスのメリット

エムスリーの強みは、病院コンサルティングで培った病院への交渉力です。医師が職場に求めることは一人ひとり異なります。たとえば育児や家事に専念したい女性医師であれば残業がないことが最も重要な条件になることもあります。その場合は、コンサルタントが事前交渉して残業回避に動いてくれます。

男性医師の場合は、残り番(当直医師が来るまでの1〜2時間残業)やオンコール当番をすることで当直業務を免除するという交渉をしてくれます。この交渉力がエムスリーならではの強みなのです。

またエムスリーのコンサルタントは、全員が医療経営士の資格保持を義務付けられているため、医療業界の知識が豊富です。医療機関と高次元な交渉ができるため、医師側、病院側の双方にとってwin-winになるような「パイプ役」になれるのです。

面接時には、医師に代わって、少し聞きにくい質問や言いにくい要望などをうまく伝えてくれます。さらにエムスリーは圧倒的な求人数も特徴です。

これは「病院側からの依頼を待っている」だけでなく、コンサルタントが求人を創出しているという背景があるからです。転職を希望する医師の特性を見極め、病院側に「こういった先生がいらっしゃるのですが、こういった部門を作って活躍していただいたらどうでしょう?」と病院側に提案しています。

エムスリーキャリアエージェントに登録をしてみる

リクルートドクターズキャリア

運営会社の特徴は?

リクルートドクターズキャリアは、リクルートグループという確固たる土台があるため、人材流通の仕組み・ノウハウが整っています

前身となる企業は、1980年にドクター紹介部門を開設しています。歴史的にも申し分ないキャリアと安心感があります。

求人やサービスのメリット

無料登録をするだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴です。非公開求人には思わぬお宝求人が隠されていますので、まずは気軽に登録し、病院の求人情報を眺めてみましょう。

リクルートドクターズキャリアは、なんといってもリクルートグループのノウハウを活かした転職サポートが強みです。医師の希望に沿った求人情報を的確に引き出し、最適な求人を紹介してくれるはずです。

転職先に明確なイメージを持っている医師ならば、スムーズにマッチングできるはずです。一方で、なんとなく、ぼんやりとした転職イメージしかないとしても、コンサルタントとのやり取りを通じて明確なビジョンが見えてくるはずです。

リクルートという企業ブランドは、求職者だけでなく病院側からも信頼が厚く、「リクルート経由で採用されたドクター」という良いイメージで迎えられることもあるようです。

リクルートドクターズキャリアに登録をしてみる

マイナビDOCTOR

運営会社の特徴は?

人材紹介の大手企業「株式会社マイナビ」が母体となっています。新卒者向けの就職情報誌の発行開始も昭和48年と歴史面でも信頼できる会社です。

単に転職支援をするだけでなく、読みごたえのある医療業界ニュース、第一線で活躍する医師のコラムが提供されていますので、なじみやすく、ユーザー目線に立った転職サイトといえるでしょう。

求人やサービスのメリット

運営会社である「マイナビ」の強みは、医師だけでなく一般職向けの転職サービスも運営している点です。だからこそ様々な転職ノウハウが蓄積され、同時に取引企業と太いパイプを持っています。

その強みを活かし、産業医などの企業求人も充実しています。面接対策なども一般企業向けのノウハウを医師向けに応用し、高い内定率を誇ります。直近での転職を考えていないとしても、早めに登録しておいて損はないはずです。

マイナビDOCTORに登録をしてみる

賢い医師は知っている『転職サイトの活用方法』とは

転職サイトといえば、求人情報をメールで教えてくれるだけと思っている人が多いようです。そこでここでは、あまり知られていない『転職サイトの賢いテクニック』をお教えします。

1.医師転職のプロに「相談役」となってもらう

転職サイトを活用すれば直接コンサルタントに相談ができます。コンサルタントは多くの医師の転職を成功させてきた転職のプロです。

転職先を探してくるだけでなく、医師として今後どのようなキャリアを積むべきか、といった相談にものってくれます。医療業界の動向に敏感なコンサルタントならではの意見を聞けるでしょう。とても頼もしい味方になってくれるはずです。

2.転職サイトの利用は複数登録が鍵

転職サイトは1つだけでなく、複数の登録をおすすめします。たとえば高待遇のA病院は転職サイトBにしか登録していない、というケースもあるので、求職者が転職サイトCにしか登録していなければ求人に気づくことすらできないのです。

たとえて言えば「より広くアミを張ることができる」ということです。できるだけ多くの求人情報を集めて比較し、自分にとって最高の病院に応募すればいいのです。

しかも、転職サイトに登録すれば専属のコンサルタントが付きますから、求人の情報収集はそれほど手間ではありません。医療業界に精通した経験豊富なコンサルタントが、最高の転職を果たすために全面バックアップしてくれるのです。

まずは気軽に無料登録をしてみてはいかがでしょうか。

紹介と医師転職サイトは同時に使うべき?

転職サイトのメリットについて紹介してきましたが、医師の転職といえば「知人の紹介」が多いのが事実です。

転職サイトも紹介もそれぞれメリットがあるので、並行して活用するのが正解です。具体的にみていきましょう。

紹介と医師転職サイトを併用するメリット

知人の紹介による転職は、条件面も魅力的な場合が多く、病院の内情もそれなりに把握でき、問題のない転職方法のように思われがちです。

しかし、視点を変えてみると意外な弱点も見えてきます。もし紹介によって転職し「話が違う!再転職したい」という事態になってしまった場合、なかなか辞めることはできません。

なぜなら紹介者の顔を潰すことになってしまうからです。目上の方であった場合は尚更です。なかばヤケクソで転職したとしても大きなしこりを残し、今後のキャリアにも大きな影を落とすことになるでしょう。

一方で医師転職サイトを通した転職の場合は、そこまで「義理」に左右されることはありません。とはいえ、知人の紹介は魅力的な転職方法ですから、それをメインに考えながら転職サイトも活用するのがベストな方法です。

知人に紹介してもらった病院の条件が本当に「高待遇」といえるかどうか、転職サイトに登録して情報を収集して確認するという方法もあります。

そのうえで転職サイトのコンサルタントに相談しながら、最適な選択を探っていきましょう。

エムスリーキャリアエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイトで、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。 エムスリーの病院コンサルティングの実績から、病院への交渉力があるという点が大きな強み。年収などの交渉はもちろん、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)を交渉してくれることもある。 常勤の求人をお探しの方におすすめのサイトです。

リクルートドクターズキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

3社の中でも【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」という方、また「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方の登録が多い。 また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。まずは軽く、病院の求人情報を眺めてみようという人にもオススメ。

マイナビDOCTOR

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

国内トップクラスのお仕事紹介実績を誇る転職支援サービス。運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、取引先企業とのパイプを活かし、産業医などの企業求人も充実しています。また、プライバシーマーク取得企業であり、個人情報の取り扱いに関して厳密な基準をクリアしているため、安心して利用できるのもメリット。

DOCTOR VISION

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

東証一部上場の日本調剤グループに属する医療総合人材サービス会社が運営する転職支援サービス。 先生のご希望やパーソナリティなどを適切に理解した上で、求人のご紹介から履歴書作成・面接対策はもとより、"必ず面接同行"しお力添え。ミスマッチのない最適な医療機関へのご転職を実現しています。 非常勤女性の医師の方への支援も整っています。

関連記事

医者から他業種への転職は要注意?転職に失敗しない方法を調べてみた

ほとんどの医師は医師を辞めません。しかし「激務から離れたい」「ビジネスに挑戦したい」といった理由で他業種への転身を考えている医師もいます。 ところ…

医師が転職を成功させるポイントは3つ?悪徳コンサルにはご注意を

転職サイトに登録すると、「転職エージェント」「キャリアコンサルタント」などと呼ばれる人から連絡が来ます。この人があなたの転職をサポートしてくれる「担当者」となる人。デキる人だといいですね!

医師の転職エージェントに違いはあるのか?厳選3社の特徴を徹底比較

かつてのように紹介制で転職するのではなく、各自の希望に合った転職先を、ネットを通して見つける「転職エージェント」が人気です。ドクターの転職だけに限っても、数多くの転職エージェントがあり、どのサイト…

医師向け転職サイトを徹底比較!サイト選びでハズせないポイント6つ

さて、一般転職と比べて圧倒的に転職が困難と言われる医師。医師の先生って、インターネットでサービスを検索して比較検討し、申し込んで活用するっていうことを日常的に行っている人ってあんまり多くないと感じ…

実際どうなの?「医師専門の転職サイト」で求人情報を探すメリット…

医局内でのつながりや学生の頃の人間関係をベースに、コネをつたって転職活動をするぐらいしか方法がないという医師も多いようです。しかし近年では「医師向けの転職支援サービス」が数多く存在します。そこで

  1. m3CAREER AGENT

    転職希望医師の登録実績5年連続NO.1

    • エムスリー独自の情報で病院の内部事情がわかる
    • 保有求人数最大級!相場より好条件の非公開求人多数
    • 医療機関との強いパイプを生かした条件交渉力が強み
    • 専任コンサルタントによるサポート
    • 募集がない病院にかけ合って採用枠を確保

    M3キャリアの登録・詳細はこちら

  2. リクルートドクターズキャリア

    医師の支持率83%

    • 好条件の高収入求人が豊富
    • 医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
    • 無料登録で非公開求人の閲覧が可能
    • 大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
    • 専門医資格取得求人、開業支援求人豊富

    リクルートドクターズキャリアの登録・詳細はこちら

  3. マイナビDOCTOR

    高年収・好条件求人が豊富

    • 希望に合致する求人をできるだけ多く紹介してもらえる
    • プライバシーマーク取得企業なので情報漏えいの心配なし
    • 地域密着を重視しており、全国11拠点で対応
    • 常勤、定期非常勤からスポット・アルバイトまで、様々な勤務形態の求人がある

    マイナビDOCTORの登録・詳細はこちら

最新記事