医師が持つ転職サイトへの「3つの誤解」と悪質サイトの回避方法とは

医師転職サイト選びを迷う

転職サイトで仕事を探すのはピンとこない

悪質な転職サイトもあるのでは?

医師の世界でこういった誤解がひろがっている。しかし、それは本当に正しいのだろうか?この記事では転職サイトに鋭く切り込み、実態を紹介していく。そして、転職サイトが今や「使って当たり前」の時代になった理由にも触れていく
HOPおすすめの転職サイトランキング
転職サイト名 特徴 オススメ雇用形態 求人を探す
m3キャリア
エージェント
希望医師登録実績
5年連続NO.1
常勤

詳細を見る

非常勤
リクルート
ドクターズ
キャリア
高収入・好条件
バイト求人豊富
常勤

詳細を見る

非常勤
マイナビ
DOCTOR
老健・産業医など
希少な求人が充実
常勤

詳細を見る

非常勤

1.多くの医師がしている3つの誤解とは?

まず、転職サイトに対して多くの医師が誤解している「3つの誤解」を解消していこう。

誤解1:転職サイトで転職ををするとマージン分で給料が減る?

転職サイトで転職をすると、エージェントへの報酬(マージン)分給料が下がってしまうと誤解している医師が多い。しかしそれはまったくの誤解。転職サイトを経由して転職しても、医師の給料が減ることはない

むしろ、エージェントが転職先に交渉し、転職者の希望年収額を叶えるよう尽力してくれる。一方で、知人の紹介で転職する場合は紹介者の手前、給与交渉はしづらいものだ。

転職サイトで転職すれば、エージェントに交渉をまかせられる。マージンを抜かれるどころか、転職のプロが自分に代わって条件交渉をしてくれるので給与アップが狙えるのだ。

誤解2:転職サイトに登録すると転職を急かされる?

転職サイトというと、エージェントが成績を上げたいがために転職を急かされるイメージを持つ医師が多い。これも大きな誤解と言える。

そもそも医師は頻繁に転職をするものではないので、エージェントとしても「数」で勝負しているわけではない。何よりも転職者の希望をかなえ、ミスマッチのない転職を実現することで転職サイトのブランド向上、信頼獲得に努めている。

医師を急かして転職させ、ミスマッチが起きて早期退職してしまうとエージェントは医師からも、そして施設側からも信頼を失ってしまう。だからこそ、絶対的に「量より質」を大事にしているのだ。

誤解3:転職サイトを使うと転職活動が周囲にバレる?

転職活動は人に知られず進めたいものだ。相談できるのも仲の良い同僚などに限られるだろう。一方で、転職サイトに登録すると「個人情報が漏れ、転職活動をしていることが周囲にバレてしまう」というイメージを持っていないだろうか。

これも大きな誤解だ。転職サイトのエージェントは会社の規則として、個人個人のコンプライアンス意識として、求職者のことを外部に漏らすことはない

医師が患者の話をよそで漏らさないように、エージェントにも固い守秘義務がある。「自分が転職活動を考えていることを今の職場に知られるのではないか」「地元の医療関係者にバレるのではないか」と心配するのは当然のことだ。しかし、エージェントは個人情報を厳重に取り扱っている。

安心して転職サイトを活用してほしい。ここで、情報漏洩を心配しながらも転職サイトを使い、転職に成功した医師の体験談を紹介する

【転職サイト利用者体験談】(40代 男性)
個人情報が漏れないか心配だったけど…

転職サイトに登録する時、もっとも心配していたのは「転職活動をしていることが周囲にバレないか?」という点でした。私の場合、どうしても周囲に転職活動を知られたくなかったのです。エージェントに「名前を出さずに転職の情報だけ集めたい」「今勤めている病院には知られたくない」と伝え、そのように動いてもらいました。

気になる病院へは「40歳代の男性で○○の資格をお持ちの先生」という形で交渉してくれたようです。匿名であれば、もし条件が合わずこちらから「お断り」をした場合でも、地元で居心地が悪くなるといった心配がなく、安心できました。

こうしてたくさんの病院に打診し、本当に良い条件の病院を選ぶことができました

私が思っている以上に、エージェントは守秘義務をしっかり守り、個人情報を大切に扱ってくれました。より厳密に守秘義務を確認したいなら、その転職サイトが個人情報の取扱いを適切に行っている証である「プライバシーマーク」を取得しているかを確認すれば良いと思います。

2.知人の紹介と転職サイトを併用するのが正解

転職サイトのメリットについて紹介してきたが、医師の転職といえば「知人の紹介」が多いのも事実。知人の紹介も転職サイトもそれぞれメリットがあるので、並行して活用するのがおすすめだ。具体的に説明していく。

紹介と医師転職サイトを併用するメリット

知人の紹介による転職は、病院の内情も把握できるので問題のない転職方法のように思われがちだ。しかし、もし実際に働いてみてミスマッチがあった場合、退職に踏み切るのは相当な勇気が必要になる

なぜなら紹介者の顔を潰すことになってしまうからだ。紹介者の立場が先上の場合はなおさらだろう。大事な人間関係まで損ねてしまうことすらありえる。

だからこそ、知人には「どこか良い病院ないかな?」と軽く相談しておくにとどめ、メインの仕事探しは転職サイトを活用すべきだ。知人の紹介と転職サイトを併用することで、良い職場が見つかる可能性はぐんとアップする。何より転職サイトの求人数は圧倒的で、活用しない手はない

求人数が多い転職サイト比較表

転職サイト 求人数(公開数) おすすめ勤務形態
エムスリーキャリア
エージェント
23,000件 常勤
医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイト。コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。年間利用者も1万人と業界大手の転職サイトである。常勤で転職する予定なら登録していて間違いないだろう。
⇒公式ページはこちら
リクルートドクターズキャリア 18,700件 非常勤
【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方にはオススメ。また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。
⇒公式ページはこちら
マイナビDOCTOR 12,000件 常勤・非常勤
運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、取引先企業とのパイプを活かし、産業医などの企業求人も充実している。また、老健などの希少な求人もあるのが特徴である。転職先を幅広く見たいという医師にオススメ。
⇒公式ページはこちら

3.知人の紹介にはない転職サイトの5つのメリット

1.多くの選択肢から希望の転職先を見つけられる

他の医師とは違う選択をして転職成功を収める

知人の紹介では、限られた選択肢で職場を決めなければならない。しかし、何事でも選択肢は多い方が良い結果を生むことになる

医師転職サイトでは、自分の経歴や条件などを入力することで、希望通りの転職先情報を複数入手できる。

転職サイトによっては、当直の有無(オンコール当番の有無)や専門医取得のための認定施設か否か、あるいは学会参加費用の援助の有無といった「かゆいところに手が届く」ポイントまで絞り込むことができる。

2.転職希望先の病院の内情を知ることができる

求人情報からなかなかうかがい知ることができない「職場の内情」。人間関係、経営者の方針、医療に対する意識など、気になる点はたくさんあるはず。

知人の紹介であればこれらを把握できるが、すべてを知ることは難しいだろう。では転職サイトではどうか?知人の紹介と転職サイトで聞き出せる情報はどのように違うのかまとめた。

知人の紹介でわかる病院の内情

  • 現場レベルの人間関係
  • 実際の働き方

転職サイトでわかる病院の内情

  • 事務長など経営陣の人柄や考え方
  • 人員配置などの体制

「なぜ、転職サイト経由の転職でそんなことがわかるのか?」と疑問に思う医師も多いだろう。ヒントは転職サイトのエージェントにある。

エージェントは日々クライアントである病院に通っているので、その雰囲気や経営者の考え方、人員配置などを「プロの目」で観察し、情報を収集しているのだ。場合によっては人間関係のウラまで把握しているケースも珍しくはない。

病院のウラ側をもっともよく知っているのは、第三者の冷静な目を持つ転職エージェントであると言えるかもしれない。貴重な情報が得られることは間違いないはずだ。

可能であるならば、転職サイトのエージェントから客観的な意見をもらい、さらに知人から現場の情報を聞くのが理想だろう。

3.契約書関連や面接日程調整などをまかせられる

多忙な医師にとって、仕事をしながら転職活動をするのは肉体的にも精神的にも厳しい。特に、転職活動において面倒なのが面接や見学の日程調整だ。しかし、転職サイトに登録してエージェントが付けば、これらもすべておまかせできる

さらに転職サイトによっては、エージェントが求職者にヒアリングして履歴書などの書類を作成してくれる。また、病院側から一方的な条件変更をされないように雇用契約書まで作成してくれるのだ。

まるで専属のマネージャーが付いたかのような、至れりつくせりのサポートが受けられる。

繰り返しになるが医師はハードな仕事だ。診療が終わってクタクタになって帰宅したあと、眠い目をこすりながら仕事を探したり、書類を作成する必要がないというのはありがたいことだ。

4.自分のキャリアについて相談することができる

あの人転職活動してるらしいよ」なんて噂が今の職場で、そして地元の医療関係者間に広まってしまったら…色々と面倒なことになってしまうだろう。

だからこそ、医師は転職を決意しても誰にも相談できず思い悩むものだ。相談できる相手といえば気心の知れた同僚くらいだろう。

しかし、転職サイトを活用すればエージェントに無料で相談ができる。エージェントは多くの医師の転職を成功させてきた転職のプロ。転職先を探してくれるだけでなく、医師として今後どのようなキャリアを積むべきか、といった相談にものってくれる。

また、最新の業界動向やトレンドなども把握しているので、しっかりと今後を見据えた意見が聞けるはず。転職したい、キャリアアップしたい医師にとって頼もしい味方になってくれるだろう。

医師転職サイトに登録して相談に乗ってもらう

5.転職の情報収集として気軽に登録できる

医師が転職サイトに登録している

転職サイトに登録というと、なんとなく大ごとのように考えてしまう医師もいるだろう。しかし、「無料で気軽に登録」できるのが転職サイトのメリットのだ。

今現在、転職を考えていなかったとしても、自分の働き方に近い求人情報の条件を見て「自分の市場価値」を計ることもできる。また、思わぬお宝求人を発見できるかもしれない。

まずは、手軽に使える情報収集の手段として、無料登録してみてはいかがだろうか

転職サイトならではののメリットまとめ

  • 仕事選びの選択肢が大幅に増える
  • 気になる病院の内情を詳しく知ることができる
  • 契約書やアポイントなどをおまかせできる
  • キャリアについて相談できる
  • 気軽に登録でき、情報収集ができる

4.悪質転職サイトを回避するには複数登録すると良い

医師は転職サイトを使うのは不安

転職のコツ:転職サイトに対する不安と解消法

転職サイト・エージェントの「良いところ」を中心に紹介してきたが、懐疑的な印象を持っている医師も多いはずだ。「医師業界のことを何もわかっていない人が医師を商品として扱っている」「望んでいないのに連絡が頻繁に来る」「希望とずれた求人を紹介してくる」など、人によってはどうしてもイメージが悪いようだ。残念ながら、そういった転職サイトが少数ながら存在しているのは事実だ。

そこででおすすめしたいのが、転職サイトを2~3社ほど登録し、エージェントを比較してみること。また、実際に電話で話してみて「なんだか自分と合わなそうだ」と感じた場合は「他の転職サイトを使う」と正直に伝えよう

少し気まずいが、転職サイト側にとっては案外よくあることなので受け入れてくれる。

転職サイトを利用するなら複数登録がおすすめ

また、転職サイトの複数登録によって「転職サイトを効率的にフル活用する」こともできる。具体的には以下2点のメリットが得られる。

理想の職場が見つかりやすくなる

たとえば高待遇の○○病院は転職サイトAにしか求人を出していない、というケースもあるので、求職者が転職サイトBにしか登録していなければ求人に気づくことすらできない。

たとえて言えば「より広くアミを張ることができる」ということだ。できるだけ多くの求人情報を集めて比較し、自分にとって希望通りの病院に応募すればいい

より良い条件で契約できる可能性がアップ

複数の転職サイトに登録するということは、それだけ優秀なエージェントに巡り合える可能性が高まるということだ。優秀なエージェントは病院との交渉力も高い。それは転職後の年収など、条件面に大きな影響が出てくる。

たとえば、転職サイトAのエージェントは交渉が下手で病院側の要求を丸呑みにしてしまう、一方で転職サイトBのエージェントは求職者の希望をしっかり病院側に伝え、納得させることができる、いう具合だ。

同じ病院の求人が複数の転職サイトで紹介されているとしても「どの転職サイトから応募するか」が重要になる。より頼りがいのある、信頼できるエージェントを見つけるためにも、複数の転職サイトへの登録は大きな意味があるだろう。

転職サイトに登録すれば専属のエージェントが付くので、求職者みずからが求人情報収集をする必要はない。医療業界に精通し、数多くの医師を転職成功に導いたエージェントが、希望通りの転職を果たすために全面バックアップしてくれる

まずは気軽に無料登録をしてみてはいかがだろう。以下のサイトであれば転職サイトに不安を抱いている医師を「良い意味で」裏切ってくれるはずだ。

転職サイトに複数登録する

5.おすすめ転職サイトランキングを3社徹底比較

日本には、医師専門の転職サイトだけでも100社以上存在する。悪質な転職サイトに誤まって登録しないためにも、おすすめ転職サイトを比較しながら紹介していく。

転職サイト 求人数(公開数) おすすめ勤務形態
エムスリーキャリア
エージェント
23,000件 常勤
医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイト。コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。年間利用者も1万人と業界大手の転職サイトである。常勤で転職する予定なら登録していて間違いないだろう。
⇒公式ページはこちら
リクルートドクターズキャリア 18,700件 非常勤
【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方にはオススメ。また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。
⇒公式ページはこちら
マイナビDOCTOR 12,000件 常勤・非常勤
運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、取引先企業とのパイプを活かし、産業医などの企業求人も充実している。また、老健などの希少な求人もあるのが特徴である。転職先を幅広く見たいという医師にオススメ。
⇒公式ページはこちら

1位:エムスリーキャリアエージェント

おすすめ度

公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
内科系科目
  • 一般内科
  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 呼吸器内科
  • 血液内科
  • 心療内科
  • 神経内科
  • 内分泌内科
  • 腎臓内科
  • 老人内科
外科系科目
  • 一般外科
  • 消化器外科
  • 心臓血管外科
  • 呼吸器外科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 乳腺外科
  • 婦人科
  • 美容外科
施設形態
  • 一般病院
  • 精神病院
  • 大学病院
  • 地域中核病院
  • 急性期
  • 療養
  • 老健施設
  • ケアミックス
  • その他
企業・会社
  • 一般企業
  • 製薬企業
業務内容
  • 待機
  • オペ
  • オペ麻酔
  • 人間ドック・健診
  • 巡回健診
  • 往診
  • 個人宅往診
  • 施設往診
  • 予防接種
  • 検診
  • 心カテ
検索可能なこだわり条件
  • 当直応相談
  • 当直なし
  • 週4日以下の勤務
  • 専門医取得・学会認定施設
  • 医療機器・設備充実
  • 女性医師におすすめ
  • 60歳以上OK
  • 手術・症例件数が多い
  • 高度・先進医療
  • 特殊医療
  • 専門医
  • 土・日・祝日休み
  • 通勤便利
  • 住宅手当有り
  • 年収1800万円可能

m3CAREER AGENTの3つの特徴

  • エムスリー独自の情報で病院の内部事情がわかる
  • 保有求人数最大級!相場より好条件の非公開求人多数
  • 医療機関との強いパイプを生かした条件交渉力が強み
  • 専任コンサルタントによるサポート
  • 募集がない病院にかけ合って採用枠を確保

こんな方が利用してます

  • 当直・オンコールなしでも年収は維持したい
  • 専門医を取得したい
  • 非常勤ではなく常勤を希望している
  • 勤務が忙しくて求人を探せない
  • 今後のキャリアプランを相談したい

M3キャリア登録・詳細はこちら

運営会社の特徴は?

エムスリーは2000年9月に設立され、医薬品、疾病、治療など医療に関する情報を医療機関・医療従事者向けに提供し、医師の中で抜群の知名度を誇っている。

医師にはおなじみ「m3.com」は会員数が20万人を超え、様々な医療情報のポータルサイトとしてネットワークが拡大中。医師にとっては旅行・生命保険・自動車購入・教育など生活に関する様々な情報が提供されるサイトとして利用されている。

医師に絶大的な知名度を誇るエムスリーだからこそ、信頼性や安定感は抜群だ。

求人やサービスのメリット

エムスリーの強みは、病院コンサルティングで培った病院への交渉力。たとえば育児や家事に専念したい女性医師であれば勤務時間がネックになるはず。そんな場合はエージェントが事前交渉し、残業回避に動いてくれる。交渉力がエムスリーならではの最大の強みなのだ。

またエムスリーのエージェントは、全員が医療経営士の資格保持を義務付けられており、医療業界の知識が豊富なのも特徴だ。医療機関と高次元な交渉ができるため、医師側、病院側の双方にとってwin-winになるような「パイプ役」として機能してくれるだろう。

さらにエムスリーは求人数の豊富も大きな特徴だ。その背景には病院の依頼を待つだけでなく、「こういった先生がいらっしゃるのですが、いかがでしょう?」と病院側に提案し、求人を「創出する」力を持っている。

エムスリーに登録して相談する

2位:リクルートドクターズキャリア

おすすめ度

公開求人数 18860
非公開求人数 非公開
内科系科目
  • 総合内科
  • 一般内科
  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 呼吸器内科
  • 血液内科
  • 心療内科
  • 神経内科
  • 老人内科
外科系科目
  • 一般外科
  • 消化器外科
  • 心臓血管外科
  • 呼吸器外科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 乳腺外科
  • 泌尿器科
  • 婦人科
  • 甲状腺外科
  • 胸部外科
  • 肝胆膵外科
  • 大腸・肛門外科
  • 産婦人科
科目
  • リハビリテーション科
  • 新生児科
  • 精神科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 皮膚科
  • 人工透析
  • 麻酔科
  • 緩和ケア
  • 救命救急
  • 病理科・病理診断科
  • 臨床検査科
施設形態
  • 一般病院
  • 大学病院
  • 地域中核病院
  • 急性期
  • 療養
  • 老健施設
  • 健診センター
  • その他
企業・会社
  • 社医
  • 製薬医
役職その他
  • 施設長
  • 院長候補
業務内容
  • 人間ドック・健診
  • 往診
  • 検診
  • コンタクト診療
雇用形態
  • 常勤
  • 非常勤
サポート内容
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 勤務先との条件交渉
  • 転職コンサル
  • 新着求人メール
  • スケジュール調整
  • 履歴書添削
  • 面接サポート
  • 面接同行
  • 入職フォロー
  • キャリアプラン相談
検索可能なこだわり条件
  • 当直応相談
  • 当直なし
  • 症例数・手術件数が多い
  • 医師研究支援
  • シニアレジデント・後期臨床研修医
  • 人気エリア

リクルートドクターズキャリアの3つの特徴

  • 好条件の高収入求人が豊富
  • 医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
  • 無料登録で非公開求人の閲覧が可能
  • 大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
  • 専門医資格取得求人、開業支援求人豊富

こんな方が利用してます

  • 専門医・認定医の資格を取りたい
  • クリニックで経営を学びながら開業準備したい
  • もっと年収アップしたい
  • 家族との時間をもっと大切にしたい
  • 家事や育児と両立させたい

リクルートドクターズキャリアの
登録・詳細はこちら

運営会社の特徴は?

リクルートドクターズキャリアの特徴は、なんといってもリクルートグループという確固たる土台がある点だろう。そのため人材流通の仕組み・ノウハウが整っているのだ

求人やサービスのメリット

無料登録をするだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。非公開求人には思わぬお宝求人が隠されているので、まずは気軽に登録し、病院の求人情報を眺めてみよう。

さらに、言わずと知れたリクルートグループのノウハウを活かした転職サポートも大きな強みだ。医師の希望に沿った求人情報を的確に引き出し、希望通りの求人を紹介してくれるだろう。

特に、転職先に明確なイメージを持っている医師ならば、スムーズにマッチングできるはず。一方で、なんとなく、ぼんやりとした転職イメージしかないとしても、エージェントとのやり取りを通じて明確なビジョンが見えてくるだろう。

リクルートという企業ブランドは、求職者だけでなく病院側からも信頼が厚く、「リクルート経由で採用されたドクター」というだけで良いイメージで迎えられることもあるようだ。

リクルートドクターズキャリアに登録して相談する

3位:マイナビDOCTOR

運営会社の特徴は?

人材紹介の大手企業「株式会社マイナビ」が母体。新卒者向けの就職情報誌の発行開始も昭和48年と歴史面でも信頼できる会社だ。単に転職支援をするだけでなく、サイトには読みごたえのある医療業界ニュース、第一線で活躍する医師のコラムが提供されている。なじみやすく、医師目線に立っている転職サイトといえる

求人やサービスのメリット

運営会社である「マイナビ」の強みは、医師だけでなく一般職向けの転職サービスも運営している点。だからこそ様々な転職ノウハウが蓄積され、同時に取引企業との太いパイプ構築に成功している。

その強みを活かし、産業医などの企業求人も充実。面接対策なども一般企業向けのノウハウを医師向けに応用し、高い内定率を誇る。直近での転職を考えていないとしても、早めに登録しておいて損はない転職サイトだ。

マイナビDOCTORに登録する

エムスリーキャリアエージェント

求人数(公開数)
23,000件
おすすめ勤務形態
常勤

医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイトで、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。 エムスリーの病院コンサルティングの実績から、病院への交渉力があるという点が大きな強み。年収などの交渉はもちろん、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)を交渉してくれることもある。 常勤の求人をお探しの方におすすめのサイトです。

リクルートドクターズキャリア

求人数(公開数)
18,700件
おすすめ勤務形態
非常勤

3社の中でも【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」という方、また「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方の登録が多い。 また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。まずは軽く、病院の求人情報を眺めてみようという人にもオススメ。

マイナビDOCTOR

求人数(公開数)
12,000件
おすすめ勤務形態
常勤・非常勤

国内トップクラスのお仕事紹介実績を誇る転職支援サービス。運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、取引先企業とのパイプを活かし、産業医などの企業求人も充実しています。また、プライバシーマーク取得企業であり、個人情報の取り扱いに関して厳密な基準をクリアしているため、安心して利用できるのもメリット。

DOCTOR VISION

求人数(公開数)
10,000件
おすすめ勤務形態
非常勤

東証一部上場の日本調剤グループに属する医療総合人材サービス会社が運営する転職支援サービス。 先生のご希望やパーソナリティなどを適切に理解した上で、求人のご紹介から履歴書作成・面接対策はもとより、"必ず面接同行"しお力添え。ミスマッチのない最適な医療機関へのご転職を実現しています。 非常勤女性の医師の方への支援も整っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

転職したい、医者を辞めたい…その前に知っておくべきたった1つの方法

医師の転職エージェントに違いはあるのか?厳選3社の特徴を徹底比較

かつてのように紹介制で転職するのではなく、各自の希望に合った転職先を、ネットを通して見つける「転職エージェント」が人気です。ドクターの転職だけに限っても、数多くの転職エージェントがあり、どのサイト…

医師向け転職サイトを徹底比較!サイト選びでハズせないポイント6つ

この記事の目次医師転職サイトをどこで比較すると良いのか医師の転職サイト選び(1):医師専門の転職サイトを選ぶこと医師の転職サイト選び(2):なるべく「公開の」求人情報数の多いところを!医師の転職サイト ...

医師が転職を成功させるポイントは3つ?悪徳コンサルにはご注意を

転職サイトに登録すると、「転職エージェント」「キャリアコンサルタント」などと呼ばれる人から連絡が来ます。この人があなたの転職をサポートしてくれる「担当者」となる人。デキる人だといいですね!

実際どうなの?「医師専門の転職サイト」で求人情報を探すメリット…

医局内でのつながりや学生の頃の人間関係をベースに、コネをつたって転職活動をするぐらいしか方法がないという医師も多いようです。しかし近年では「医師向けの転職支援サービス」が数多く存在します。そこで

  1. m3CAREER AGENT

    転職希望医師の登録実績5年連続NO.1

    • エムスリー独自の情報で病院の内部事情がわかる
    • 保有求人数最大級!相場より好条件の非公開求人多数
    • 医療機関との強いパイプを生かした条件交渉力が強み
    • 専任コンサルタントによるサポート
    • 募集がない病院にかけ合って採用枠を確保

    M3キャリア登録・詳細はこちら

  2. リクルートドクターズキャリア

    医師の支持率83%

    • 好条件の高収入求人が豊富
    • 医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
    • 無料登録で非公開求人の閲覧が可能
    • 大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
    • 専門医資格取得求人、開業支援求人豊富

    リクルートドクターズキャリアの
    登録・詳細はこちら

  3. マイナビDOCTOR

    高年収・好条件求人が豊富

    • 希望に合致する求人をできるだけ多く紹介してもらえる
    • プライバシーマーク取得企業なので情報漏えいの心配なし
    • 地域密着を重視しており、全国11拠点で対応
    • 常勤、定期非常勤からスポット・アルバイトまで、様々な勤務形態の求人がある

    マイナビDOCTORの登録・詳細はこちら

最新記事