老健の求人

医師の転職!老健の求人の魅力と探し方

高齢化社会が進むにつれ、老人医療や老人介護の施設も増えてきました。その中でも、常勤の医師を必要とする介護老人保健施設(老健)への注目が高まっています。老健での業務と老健で働く魅力、そして求人の探し方についてご説明いたします。

”老健”とはどこで何をする場なのか

老人介護を提供する施設には、介護老人保健施設(老健)以外にも特別養護老人ホームや有料老人ホーム、ケアハウス、グループホームなどの施設形態があります。

老健の入所の条件

その中でも老健は介護保険制度に基づき運営されていますので、介護保険が適用されている高齢者が施設利用できます。具体的には要介護1~5の方が入所者となりますので、入所後に「要支援」「自立」と認められると、それ以降は退所しなくてはなりません。
基本的には老人施設ですので、65歳以上が入所の条件となりますが、認知症や関節リウマチなどの特定疾病の場合は40歳~64歳の方でも入所が認められます。

老健が目指すこと

老健はリハビリ活動などの医療サービスを通して、在宅復帰することを目指しています。総合的な医療を提供するために、ドクターだけでなく看護師・介護士・作業療法士・理学療法士などのスタッフが配属されています。また、快適で健康的な日常生活を送れるように、栄養管理スタッフや相談員が配属されている施設も少なくありません。

老健における医師の役割

介護老人保健施設施設長は医師である必要があります。大抵の老健では医師は1人ですので、施設長が施設入所者のかかりつけ医となります。
また、老健に勤務する医師は、入居者の健康管理や定期的な健康診断・予防接種、介護支援専門員と協力して自立支援を行うこと、回診と治療の必要がある方への処方箋の発行、外部医療機関との連携も行います。これらの業務を1人でこなしますので、診療だけでなく書類作成業務も比較的多くなる傾向にあります。

老健の魅力

老健で医師が働く場合は、たいてい「施設長」として働きます。代表者として自分のペースで仕事ができることも、老健で働く大きな魅力と言えます。また、健康管理業務を通して、1人1人の患者に深く接することができるのも、老健ならではの魅力です。利用者が在宅復帰できるようにスタッフたちと管理プログラムを立てることも、深く接しているからこそできることです。
また介護施設は都市部だけでなく地方にも数多くあります。勤務地を様々に選択できることも、老健に勤める魅力です。

老健の求人情報は転職サイトで手に入れる

一つの施設に1人の施設長募集となりますので、そう多くの求人があるわけではありません。また、一般の転職サイトでは、人気が集中しがちな条件の募集は公開されていない恐れもあります。
そのような募集数が少ない求人や非公開求人は、医師専門の転職サイトで探すことがおすすめです。医師専門転職エージェントサイトでは、エージェント独自のコネクションを通して、非公開の案件も情報量豊富に取り扱っているのです。
専門のコンサルタントが、医師の希望や勤務条件から最適の案件を見つけてくれるサービスもありますので、忙しい方も気軽に利用することができます。転職に悩んだら、まず転職情報サイトに登録して見ることから始めましょう。