医療機器メーカー勤務の薬剤師

薬剤師の職能の幅を広げる! 医療機器メーカーへの転職

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師と医療機器メーカーって仕事としてどこで結びつくのだろうか考えておられる人も多いと思います。ところが、薬剤師の中にもすでに医療機器メーカーで活躍している人がいます。また、薬局などから医療機器メーカーに転職を考えている人も結構、多いようです。
薬剤師と医療機器メーカーは全く違うような業界に思えるのですが、よく考えてみると、調剤業務も医療機器も「人間の体を通す」という意味では共通しています。

医療機器メーカーと薬剤師のどこに接点? 何故、薬剤師の求人募集がある?

薬剤師は医療機器に直接に触れることはないにしても、常に医療機器を身近に感じながら仕事をしています。例えば処方箋に抗凝剤のワーファリンがあれば、ペースメーカーを埋め込んだ患者さんなのか、そうではないかなど、必ずお尋ねします。あるいは座薬が処方されているけど、この患者さんは人工肛門だったなどと考え、医師に疑義照会したりします。このようなことからも薬剤師の専門的知識を利用した雇用は、医療機器メーカーにとって大変歓迎すべきことです。
医療機器メーカーに雇用された薬剤師が病院、調剤薬局に営業で出向いた場合、そこの医療スタッフと同レベルで営業や医療用具の安全性や開発の話ができることを考えれば、医療機器メーカーが薬剤師を求める理由は明らかです。

薬剤師の職能が発揮される医療機器メーカーでの仕事とは?

医療機関等の営業

医療機関に出向き、当社製品の営業活動を行います。薬剤師ならではの専門知識を駆使して、当社製品の販売に力を注ぎます。

製品開発、生産技術、品質維持のための管理

メディカルテストなどで出たデータを収集して申請を行います。
そのデータは自社の技能工たちと共に分析して、生産技術の向上や品質管理にも利用します。

薬事関連

・医薬品医療機器総合機構(PMDA))への承認、特許等の申請関連業務
・薬事に関連するリコールや品質問題の処理
・医療機器の市場調査をし、分析して次の製品開発に繋げます。

調剤薬局、ドラッグストアよりも医療機器メーカーは年収が低い?でも昇給は勝ち目あり!?

福利厚生などは企業ということもあって小規模薬局などに比べるといいと思われます。また、休日、有給休暇もしっかりあります。年収例を挙げてみます。ある薬剤師がドラッグストアで勤務していて医療機器メーカーに転職したけど、450万円で前の職より下がったと言っていました。しかし、頑張り次第ではかなり昇給もありとかで頑張ってみるつもりですと話していました。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら