会社を辞める前に絶対読みたい!退職理由7選&円満退社の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社を辞めたいけど、辞める勇気がない…」「会社に伝えるタイミングや言い方、手続きってどうすればいいの?」会社を退職するためには、勇気とちょっとしたコツが必要です。

この記事では退職を検討している方に向けて、あなたが本当に退職すべきなのかといった判断基準や、辞める場合のタイミング、退職理由の伝え方などをお伝えします。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 求人を探す
リクナビNEXT
(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

私、会社を辞めるべき?みんなの退職理由7選

こんな会社、辞めてやる!

そう決断しても、いざ職場に退職の意を伝えるとなると、勇気が必要ですよね。

会社を辞めるか迷っている方は、次のいずれかに当てはまる方が多いのではないでしょうか。焦って転職して後悔しないためにも、代表的な退職理由を通して、あなたが「なぜ辞めたいと思っているのか」を冷静に考えてみましょう。

仕事内容に不満がある

配属されたのは希望とは違う部署」「思っていた仕事内容と違った」というのは、よくある話。

働くなかでやりたい仕事が見つかり、新しいフィールドに飛び込みたくなる方もいるでしょう。

将来的に希望部署に異動できる可能性があれば、やる気も出るものですが、本来やりたかった仕事と程遠い部署に回されると、モチベーションを維持するのも大変です。

会社に異動希望を伝えても相手にされず、「それなら転職してしまおう」と退職を決意する人もいます。

職場のパワハラやセクハラがひどい

近年いろいろなハラスメント(嫌がらせ)が話題になっています。

上司から罵声を浴びせられたり、異性の上司から付きまとわれたりするなど、パワハラ・セクハラの手法はさまざまです。大企業になれば相談窓口が設けられていることもありますが、小さな会社だと誰にも相談できず、我慢をしいられることも。

会社によってはパワハラがまん延しており、周囲が「それが異常なことだ」と認識していないこともあります。

一時的に仕事をする相手ならまだしも、長期に渡って一緒に仕事をする相手だと、精神的な負荷も大きくなります。心が壊れないうちに、退職を検討しましょう。

労働時間が長すぎる

あまりに労働時間が長いと、気付かぬうちに身体を壊してしまうこともあります。いわゆる「ブラック企業」と称されるような企業の働き方です。

毎日仕事の夢ばかり見る」「疲れて食欲がない」「たまに休みが取れても寝てばかり

といった異変が現れたら要注意です。繁忙期に業務が集中することはやむを得ないかもしれませんが、心身ともに異変が生じるような働き方は、絶対に避けましょう。

給与が低い

働くなかでは給料も大事なモチベーションです。なかなか昇給しなかったり、ボーナスカットが何年も続いていると、働くモチベーションが下がるばかりか生活にも影響が出てきます。

ひさびさ会った友人の暮らしぶりを見て、自分の給与の低さを痛感することもあるでしょう。

次こそ絶対年収が高い会社に行ってやる

そんな悔しい思いを抱え、転職を決意する人もいます。

社風が合わない

若手でも遠慮なく意見を言える会社、上層部の意向が絶対である会社、体育会系の会社など、会社によって社風はさまざまです。

一概にどれが「よい社風」とは言えませんが、あなたに合う社風のなかで働いたほうが、あなた本来の能力を発揮できるというもの。

入社前に思い描いていた社風とかけ離れている会社だと、どこか違和感を抱きながら働くことになります。働くなかで順応できればよいですが、人によっては息苦しさや違和感が拭えず、退職という選択肢を選ぶようです。

人間関係に問題がある

働くうえで大きなストレスとなる「人間関係」。上司や部下、同僚、取引先など、仕事を進めるなかでは周囲の人々とのコミュニケーションが欠かせません。

毎日顔を合わせる会社のメンバーだからこそ、一度関係がこじれると修復が難しく、やっかいなものです。「派閥」が生まれやすい女性が多い職場であればなおのことしょう。

人間関係の問題が多い環境では、スムーズにいくはずの仕事が進まなかったり、職場の人と接していても嫌な気持ちになったりと、何かと気苦労が絶えません。

純粋に仕事だけしたいのに、余計な心労から退職を考える人もたくさんいるのです。

会社に将来性がない

会社や業界によっては、業績不振で厳しい戦いを強いられていることもあります。外からは順風満帆に見えても、いざ入社してみると経営に大きな課題を抱えていた、という場合もあるでしょう。

働きながら、会社の将来性をまったく感じないというのもつらいものです。

「業績回復に向けて、皆でがんばろう!」といった前向きな雰囲気があるならまだしも、「どうせ売上は伸びないだろう」「沈みかかった船だ」といった言葉が社員から出るようであれば、働くモチベーションも上がりません。

せっかく働くのであれば、希望ある未来を描ける会社が一番よいですよね。

このほかにも会社を辞める理由は人それぞれ。

まずは自分の気持ちを見つめ直し、「本当に退職することでしか、自分の悩みは解決できないのか」「辞める前に、今の職場でできることはないか」という点を考えることが大切です

とはいえ無理は禁物です。「自分が辞めたら迷惑がかかる」「新卒で雇ってもらったし、働き続けなければ…」といった責任感は、自分を苦しめることにつながります。 転職するにしても、働き続けるにしても、心と体の健康を一番に考えましょう。

会社を辞めるベストタイミングはいつ?

いざ「会社を辞めるぞ!」と決意しても、いつ、誰に、どんな言い方で退職の意思を伝えればよいのでしょうか。まずはタイミングのお話です。

会社を辞めるタイミングとしては、次の3パターンがあります。

  • 転職先を決めてから、今の会社を辞める
  • 今の会社を辞めてから、転職活動をする
  • 転職活動と並行して、今の会社を辞める手続きをする

いずれのパターンにしても、退職するためには次のようなステップを踏む必要があります。

  • 退職の意思を上司に伝える
  • 退職を認めてもらう
  • 引き継ぎをおこなう
  • 取引先に挨拶する
  • 退職

業務内容によっては引継ぎに時間がかかったり、上司に退職を認めてもらうまでに時間がかかることもあります。そのため、遅くとも退職日の2ヶ月~1ヶ月半前までには退職したいと申し出るのがベストと言われています。

なお、繁忙期に退職の意向を伝えることは避けましょう。忙しさのあまり、退職の話自体忘れられていた、という状況もありえます。

あなたのなかで区切りがよいタイミングかどうか、という点も大切です。「今担当しているプロジェクトが終わってから」「貯金が貯まる半年後には」など、いろんな観点から考えてみましょう。

転職理由の上手な伝え方は?

退職したいと伝える際、大きなポイントとなる「転職理由」。伝える際には、いくつか抑えるべきコツがあります。 まずは基本的には直属の上司に直接伝えるということ。

電話やメール、LINEで伝えるのはNGです。大切なことだからこそ、直接伝えることが大切です。

転職理由は、会社への批判は避け、角が立たないように伝えましょう。今の会社にいてはできないことに挑戦したくなった」といった前向きな理由がベターです。

上司も深く質問してくるため、嘘や言い訳めいた理由は禁物です。あなたの言葉に矛盾があると、余計な詮索をされてしまいます。

場合によっては「待遇をよくするから残ってくれ」「せめてあと半年後に考えてくれないか」と引き止めにあうこともあります。トラブルを避けるためにも感情的な表現は避け、冷静に自分の気持ちを伝えましょう。

退職の手続きの進め方は?

退職の相談を受けた上司は、部長や社長に相談します。その後、場合によっては何回かの面談を経て正式に退職が決まる、というケースが一般的です。

辞める2ヶ月~1ヶ月半前までに退職の意向を上司に伝え、1ヶ月前までに退職日を決定し「退職届」を提出します。

注意したいポイントは、上司と相談し、退職することが決まってから「退職届」を提出するということ。

ドラマではいきなり「退職届」を上司につきつけるようなシーンがありますが、円満退社のためには順序立てて進めることが大切です。

会社側は、「退職届」の提出を受けてから初めて、退職の手続きを進めてくれます。

有給休暇が残っている場合は、有休を消化してから辞めるのがベストですが、辞める負い目から有休消化しないまま退職する人もいます。

どうしても決断できないときは…会社をうまく辞める方法

この記事の読者のなかには、「今すぐ辞めたいけど、辞める勇気がない…」「会社から引き止められて、なかなか辞められない」など、退職について悩みを抱えている方が多いはず。

会社を辞めるというのは、とても勇気のいる決断です。長い人生のなかで、我慢しながら今の職場で働き続けるのか、思い切って新しい職場に飛び込むのか、最終的に決断するのはあなたです。

次の仕事が見つかるか不安で辞められない方は、まずは無料で利用できる転職エージェントに相談してみましょう。あなたの経験やスキルが活かせる職場があることがわかれば、きっと辞める決断ができるでしょう。

円満退職の方法について悩んでいる方も、転職エージェントに相談するのがベター。転職エージェントに求人情報を探してもらう際、会社を辞めるときのアドバイスももらえます。

退職したことを後悔しないためにも、慎重にステップを踏み、よりよい社会人生活を送ってくださいね。

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別のおすすめ転職サイトを紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化し、いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」特有のノウハウを有する。また、他の人材大手ではあまりない、一人のコンサルタントが企業と転職サポート双方を担当するため、企業と転職者のミスマッチが生じにくいのも特徴。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

転職の進め方|好条件求人の探し方3選とメリット・デメリット比較

「転職なんてしたことないし、どうやってすれば良いのかもわからない」こんな悩みを抱えている人は多いのでは無いでしょうか? 通常、転職活動はどんな…

転職でキャリアアップを目指す人必見!成功談と失敗しない3つのコツ

「給料上げたい」「出世したい」などキャリアアップを目指す理由はさまざまです。しかし、具体的にどのようなことをしたらキャリア…

既卒は就職しにくいは嘘?職歴なしのあなたが就職できない3つの理由

「就職できないのは既卒だから」と既卒のせいにしていませんか?既卒と新卒とでは大きな差があると言われますが、決して就職できない理由にはなりません。では、

不安な復職も心配いらず!休職から復職への流れと3つのポイント

育休や病気療養明けの方、就業ブランクがある方が職場に復帰する場合、以前と状況が大きく変わっているため不安に思われる方が多くいます。 「どうしたら復帰できるの?」と…

ベンチャー企業とは...?転職のメリットと不向きな人の特徴を徹底解説

昨今の就職活動でスタートアップやベンチャーという言葉をよく耳にします。「自分の能力を試したい!」「活躍したい!」という思いからベンチャー企業へ…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事